« 「リアル日本人」じゃなくてもいーじゃないかの眞鍋さん | トップページ | 女帝はやはり女帝だったジェンティルドンナのラストラン »

2014年12月27日 (土)

間もよくコント風にヒルナンバスツアー

009

 

お馴染み「ヒルナンデス」の100円バスツアーは

渋谷からスタート。

 

関ジャニの横山添乗員はよう知りまへんなぁ

ということだが、さて眞鍋かをりさんはというと 

渋谷はちょっと裏道に入ると意外に静かでしてね、

隠れ家的なお店もいろいろおまっせと我が庭的様子。

というのも

 

004_2

 

何っ!ランニングしてるのか。

まぁ渋谷と言っても広いから待ち伏せするのは難しかろう。

でも、気を付けてね。

 

てなこと言ってるうちに「降りますか」とピンポン眞鍋さん。

「仕事が早い」「助かりますわ」と

今回も横山添乗員とイイ呼吸。

 

013

 

でも、そこで待っていたのが相川七瀬さんということで

つまり、そこで降りることは決まってたってことだが流れは自然。

DJ.KOOさんと並べば30代にはたまらないスーパースター

ということで眞鍋さん「興奮しちゃう!」 

 

でも、神社にロッカーは似合わない。

「賽銭箱蹴倒してるイメージ」ってコレコレ。

実は神社通で本も出してる。

神女っていうのだろうか?

色んなのがあるもんだ。

 

025

 

音楽といえば、作曲家の草川信先生が

悪餓鬼どもにロックを教え・・・ではなく

普通に音楽を教えていた小学校があるということで、

ほんじゃまぁと眞鍋さんたちも

先生の代表作「夕焼け小焼け」を餓・・・ではなく

健全な少年少女と共に合唱してみたり。

 

トッピングオーダーフリーのピザ屋を

目ざとく発見した眞鍋さんに「助かります」と

横山添乗員、ここでも感謝。

そして水卜アナは御期待に応えての全部乗せをオーダー。

トマトソースと見せてのチリソースに

ガーリック、厚切りベーコン、玉葱、ピーマン

ていう当方好みはないようだった。

 

で、最後はまだ食うのか焼肉屋。

その名も「おやじの焼き肉 むすこ」

「ややこしいな」って横山添乗員、おっしゃる通り!

でも、ただじゃあ食わせないぞとダジャレ大会。

眞鍋さんのお題はカルビだったのだが・・・

 

037_2

 

オチの前にKOOさん大爆笑で「そこじゃない」と眞鍋さん。

でもそれがオモロイってことでクリア。

KOOさんとも息が合ってきたね。

 

てなことでまたいつかの次回へ。

 

|

« 「リアル日本人」じゃなくてもいーじゃないかの眞鍋さん | トップページ | 女帝はやはり女帝だったジェンティルドンナのラストラン »

眞鍋かをり・テレビ(娯楽3)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「リアル日本人」じゃなくてもいーじゃないかの眞鍋さん | トップページ | 女帝はやはり女帝だったジェンティルドンナのラストラン »