« 山で胡麻チーズフォンデュの眞鍋さん | トップページ | デトックスはない!仰天「マネー」の医療相談所第二弾 »

2014年11月30日 (日)

栄光に幕を閉じた女帝と混乱の予感のJC

 

003

 

オーッと驚く麒麟・川島君

「いつか爆発するとは思っていたが、まさかここでくるとは」

オールスター集結のドリームゲームとなった今年のJC、

伏兵エピファネイアがまさかのぶっちぎり勝利だ。

エピファネイアが伏兵ってどーよだが、

それほど実績馬が揃っていた。

 

「馬場がパンパンだったらまた変わっていてかも」

と杉崎美香りん姐さんだが、

確かに一昨年のJCと同タイムで、あの時、

女帝・ジェンティルドンナは上がり32.8秒

超速でオルフェーヴルに競り勝った。

やや湿気を含んだ馬場が明暗を分けたかもしれないが、

それは時の運だ。

 

008_3
  

「競馬BEAT」MCに就任して最初のレースが

ジェンティルドンナが勝ったシンザン記念。

女王へと上り詰める姿を見守ってきただけに

思い入れもひとしお。

 

ってことでJC三連覇に挑む女帝を訪ねて栗東へ。

陣営へのインタビューを終えたら当人に御挨拶。

女帝にも姐さんの気持ちが伝わったのか

姐さんの手から人参をぼりぼり。

 

010

 

レースは4着に終わったものの

牝馬三冠獲得馬はその後GⅠで勝てない

というジンクスを覆し、史上初のJC連覇。

日本産牝馬として初のドバイ制覇など

歴史を作ってきた名馬だ。

事実上、これがラストランとなるのだろうが

長く記憶に留まるだろう。

 

さて、終始かかり気味だったエピファネイア

あの爆発ぶりはなんだろう?

さすがに最後尾はダメと

位置取りを変えたハープスターも追いつかず5着。

スピルバーグは3着に入ってこれは本物か。

これから来る混戦のネタが増えたレースだった。

 

|

« 山で胡麻チーズフォンデュの眞鍋さん | トップページ | デトックスはない!仰天「マネー」の医療相談所第二弾 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 山で胡麻チーズフォンデュの眞鍋さん | トップページ | デトックスはない!仰天「マネー」の医療相談所第二弾 »