« 拡散するかしないかの眞鍋判定人 | トップページ | 御嶽山も気がかりだけど「マネー」は臨時国会特集 »

2014年9月28日 (日)

順当と見せての波乱含みは嵐の予感?

 

さて競馬は神戸新聞杯。

飛び脚ボニータの快勝を受けてのワンアンドオンリー

圧倒的一番人気だが、何か波乱は起きないのか。

起きて欲しいようなそうでもないような

と思っていたら

 

030_2

 

新潟10Rは訳の分からない団子レースでしばし唖然の

杉崎美香りん姐さんと麒麟・川島君は「競馬BEAT」

ヒデタダって誰やねん、徳川二代将軍か?

いやいや今年のトレンド、ブービー馬。

 

これは阪神でも何か起こるか。

サトノアラジンがオンリーに一泡吹かせるのか

と思ったら

誰やねんサウンズオブアースって。

 

019
  

 

いやいやそんなこと言ってはいけない。

パドック解説で鈴木由希子師匠が第3位に挙げていた。

さすがは師匠である。

師匠の解説を聞いていたのか、

10番人気から8番人気に格上げされてはいたが

そのあおりで9番人気から10番人気に落ちていた

トーホウジャッカルがまさかの追い上げ。

 

サトノアラジンとの競り合いから抜けた時は

オンリーで決まったかに見えたのだが、

外から差しに来たのが地球の音。

ところがその二頭に前をふさがれて、ええい邪魔じゃと

ゴール直前思い切った進路変更がトーホウジャッカル。

あれで差し切ったらとんでもない奴だが、

さすがに届かず三頭団子ながらの3着だ。

 

凄い勝負だったが、ダービーの時と同様、

並んでからが強いワンアンドオンリー。

一つのレースで二度も競り合うなんて滅多にないが

二度とも先に行かせなかったのは流石だ。

とはいえやっぱ、

トーホウジャッカルって誰やねん・・・である。

覚えておこう。

 

038

 

次週はいよいよ凱旋門賞。

美香りん姐さんも昨年に引き続きパリへ。

日本馬には手強いライバルが多そうだが

ここは一つ、大波乱の種をあちらでも蒔いてきていただこうか。

 

|

« 拡散するかしないかの眞鍋判定人 | トップページ | 御嶽山も気がかりだけど「マネー」は臨時国会特集 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 拡散するかしないかの眞鍋判定人 | トップページ | 御嶽山も気がかりだけど「マネー」は臨時国会特集 »