« 旅祭り眞鍋さん、地震をかわす | トップページ | びっくり眞鍋さんのTV2題 »

2014年9月17日 (水)

眞鍋さんの不思議体験とゴールデンラジオ

 

旅祭でひと暴れ(?)した眞鍋かをりさん、

今度は東京のど真ん中で

白昼夢のような不思議な祭り体験をしたらしい。

 

自転車で爆走している時、ふと耳に届いた祭囃子の音。

何事やならんと音のする路地に分け入ってみると、

な、なんとこんな所に櫓が!

その前で無心に盆踊りに興じる人影四つ!!

怪しい・・・・

都会に迷い込んだ狐が化けたか

はたまた都市が産み落としたニュータイプの精霊か

 

通行人は何も目に入らかぬかのように通り過ぎてゆく。

幻か?眞鍋さんにしか見えず聞こえずのあやかしなのか?

だがよく見ると、眞鍋さんが厄払いなどしてもらった神社の名が。

そして奉納金を収めた企業や個人の名もみえる。

そうか、奉納金への感謝の意を込めて化けて出たのか。

 

納得した眞鍋さん、自分もお世話になっているからと

その場で奉納金を献上。

だが、黙って受け取るのかと思いきや、

おお、眞鍋はんから奉納金がと

櫓の上から思いっきり大音量で報告されたとな。

 

おいおい、照れるではないかと思いつつ

たった一軒開店していた屋台、一杯100円の

それで稼ぎになるんかい的かき氷屋から

イチゴのかき氷を御礼にと頂戴し、どら焼きまでくれたそうな。

神社の狐もキップがいい。

 

O20140916

 

てことで大OKと眞鍋さん、太田アナ。

「大竹まこと ゴールデンラジオ」だけど

大竹翁は神経痛でお休み。 

 

だが、大OKとはいかないのは鎮守の狐たち。

二日間の祭りというに、

眞鍋さんが訪れる前日は参加者ゼロだったとか。

これはイカンと眞鍋さん、事務所も近所にあることだし、

事務所ぐるみで祭を「大きくしようかな」

 

い~ではないか。

「元々あるものを見直す動きが

過疎化の歯止めになりつつある」

と湯浅誠さんも言っていた。

都市の中にも田舎はある。

古より土地を守る氏神様や狐たちも喜んで

御利益おごってくれるかもしれない。

 

不思議体験の続編に期待しよう。

 

|

« 旅祭り眞鍋さん、地震をかわす | トップページ | びっくり眞鍋さんのTV2題 »

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 旅祭り眞鍋さん、地震をかわす | トップページ | びっくり眞鍋さんのTV2題 »