« ハッとしてしまう7月度検索アクセスのまとめ | トップページ | 戦争体験の話 »

2014年8月 6日 (水)

怒られたけど虐待はされなかった眞鍋さんのゴールデンラジオ

 

暑中お見舞い申し上げたい暑さというに

眞鍋かをりさん、「毎日走ってます」ってどーよ。

「馬鹿じゃないか」と大竹まこと翁。

馬鹿ではないが元気過ぎるぞ眞鍋さん。

大竹翁がボーッとする場所で

車を探したりしていたらしいけど

「時間帯が違ってた」

 

O20140805a

 

そんなこんなの「大竹まこと ゴールデンラジオ」 

眞鍋さんのタイトスカートが綺麗だと騒いでいたらしいが

「脚が綺麗だ」が本音では?

まぁそれでもいいやと美脚ポーズの眞鍋さん。

 

それにしても、眞鍋さんの母上が怖かった

というのは著書にも出てくる話だけど

「もし、現場を俺が見ていたら」

「虐待と思ったかも」

 

爪を噛んだだけで

「オッと、爪を噛んだな、さぁケツを出せ」

手にするは母上特製のケツ叩き専用鞭!

チッと舌打ちの一つもしようものなら

「どこまでも追いかけてくる」

「すごい持久力」

母上も毎日走ってたのか?

「高校生になってからも投げ飛ばされた」

黒帯格闘家か?

眞鍋さん、母上の歩んだ道をなぞっているのか?

 

それかどうかはしらないが

「愛情を受けている実感はあった」というから

少なくとも児童虐待ではなかったようだ。

見てくれだけでは判断できないの説。

 

 

で、会社役員というべきか文筆家かなのか

思想家なのかの平川克美さんが御来演。

なのだが、仰ってることがイマイチ呑み込めず。

株式会社も経済成長も終わりだから新しい時代が始まる

・・・みたいに聞こえたのだけど

「だって人口増えないんだから」って。

 

農業の生産性が向上したから職人や商売人になっても

食うものに困らなくなった訳で、人口が増えたからじゃない。

医療に従事したり研究する人も増えるから

結果的に人口も増えたけど。

高度成長期、日本のGDPは倍々ゲームで増えていったけど

人口は1.5倍にしかなってないし。

 

薄利多売の大量生産大量消費から質は変わってくる

とは思うけど、成長が止まる訳ではないと思うんだけどね。

まぁいいや。

人それぞれだし。

 

|

« ハッとしてしまう7月度検索アクセスのまとめ | トップページ | 戦争体験の話 »

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハッとしてしまう7月度検索アクセスのまとめ | トップページ | 戦争体験の話 »