« 難問奇問にハッとしてキャーな眞鍋さん | トップページ | 大吉眞鍋さんの100円バスツアー第二弾 »

2014年7月16日 (水)

一人パーソナリティー眞鍋さんのゴールデンラジオ

 

大竹まこと翁はまだ夏風邪で声が出ないとな。

だもんで「ゴールデンラジオ」は「眞鍋かをりの」

ってことに。

 

妙な人が乱入したようだけど

その辺は眞鍋監督の今週の動画で。

 

O20140715_8

 

骨盤サポートボトムを持つ眞鍋さんのお隣は

発案者の山本千尋さん。

だからって訳ではないだろうけど、

大竹翁がいないので、というよりいない分もと

ニュースも下半身ネタ。

 

なんだデコマンって。

3Dプリンターで自分の真ん中を作って配ったら

データそのものがわいせつ物だと

御用の筋がしょっ引きに来なさったらしい。

御苦労はん。

 

カラーチャートで相撲取りの乳首なんぞを比べ

誰に似てるだなんだと騒いでる

「ウチらの番組はどんだけアナログなんですか」

「振れ幅広過ぎ」と眞鍋さん。

 

まったくである。

五年ぶりに新しいPCを入れたらスマホみたいになっていて

使い難いったらありゃしない。

前のPCが死ぬ直前にバックアップを取っておいたのに

開くことができないし、引っ越しもできない。

同じDYNABOOKなのにね。

最低限復活させないと困るデータとソフトがあるので

ちょっとの間ブログ更新が滞るかもしれない。

 

愚痴はともかく、大竹翁が会いたがっていた

憲法学者の木村草太さん。

なんと眞鍋さんと同い年。

あらまぁ。

 

例によって集団的自衛権の話だが、

国を守る個別的自衛権はかろうじて

憲法73条の行政権の内に入るかな、国内のことだし

って感じらしいが、同盟国の為に国外で

となるとその範疇にも入らず

憲法上の規定が全くないのだとおっしゃる。

 

憲法上の規定がないのだから

好き勝手できることになってしまい、

職権乱用に問われる可能性も将来あるとも。

「私が責任者だ」と「統帥権の独立」を主張したりして。

 

集団的自衛権がいいか悪いかの前に

憲法改定をまず提起しましょうよという御意見のようだ。

その過程で是非が議論されることになるだろう。

集団的自衛権行使に関する過去の実例や

我が国がどのような姿勢で臨むべきなのかの指針など

もう少し材料揃えて考えないと

いいとも悪いとも言いようがない。

 

でもしかし、安倍さんは私が法律

って言ってるようなもんだしなぁ。

憲法停止→全権委任って流れはナチと同じなんだけど

あっちは法的手続きを踏んでる。

せめてヒトラーくらいは法を守った方がいいんじゃないかい?

 

|

« 難問奇問にハッとしてキャーな眞鍋さん | トップページ | 大吉眞鍋さんの100円バスツアー第二弾 »

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 難問奇問にハッとしてキャーな眞鍋さん | トップページ | 大吉眞鍋さんの100円バスツアー第二弾 »