« 女子心もブラックにと「マネー」女子会開催 | トップページ | ペース狂ってもハッとする眞鍋さんのキャーな話 »

2014年7月27日 (日)

味わい深い亀戸水神と眞鍋さん

 

うぅむ・・・なかなかそそられるではないか亀戸水神。

博多や京都では江戸時代からあり、

坂本龍馬も好物だった鶏白湯は最近、

あちこちで流行ってるみたいだけど

紅生姜と玉葱と春菊のかき揚げもいい。

パンチのきいた紅生姜と玉葱の甘味、

春菊の香りのコラボは想像しただけで旨そう。

 

004

 

ということでの「アド街ック天国」だが、

普通の住宅街であまり有名どころではない、

ってこともあって眞鍋かをりさんも最初は?マーク。

でも、チーズ餃子に「いい!ワインにも合う」

など、やっぱり色々そそられた様子。

 

010

 

いやぁなかなかに衝撃的やおまへんかの眞鍋さん。

既製品のコアラのマーチを自家製パンの部品に使うという

「禁じ手をやっちゃうところが凄い」 

 

「メロンパンみたいなもの」という謎のパンを試食すると

「水分吸収される感があるから牛乳あって正解ですね」

「牛乳がなきゃ食えない」とは土田さん。

ある程度想像はつくが、どんなんだ。

 

014  

 

93歳の婆様が営むちょっと見では

何の店だか分からない駄菓子屋にも

「まだこんなとこあるの?」
  

古い街でないと駄菓子屋ってないよなぁ。

 

当方の母方の婆様が姫路城内でやってた売店は

何を売っていたのであろうか。

城内があまりにも広く、ガキだったこともあって

売店に辿り着くまでに飽きてしまったので

全く覚えていないのが残念。

 

019

 

90過ぎの現役婆様は寿司屋にもいて

職人衆はその娘御達。

オッサンはいない。 

眞鍋さんもほっこりした様子だが、

120くらいまでお元気でいて頂きたいものである。

味わい深い回でありました。

 

|

« 女子心もブラックにと「マネー」女子会開催 | トップページ | ペース狂ってもハッとする眞鍋さんのキャーな話 »

眞鍋かをり・テレビ(娯楽3)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 女子心もブラックにと「マネー」女子会開催 | トップページ | ペース狂ってもハッとする眞鍋さんのキャーな話 »