« 後悔する前に弾丸旅行、眞鍋さんの奨め | トップページ | 大雨の後はやっぱりの宝塚記念 »

2014年6月28日 (土)

嘘かまことか中国物語の「マネー」

 

ホンマかいなそうチャイナと踊ってる場合ではない

「たかじんNOマネー」は嘘かホントか中国大検証。

 

1406281_007_01

 

ゲストは教授になった富坂聰さんと

前回出演時はあがってしまいましてなの福島香織はん。

そしていきなりの噂は第二の天安門事件はあるのか!?

あるらしいのだ。と言っても

不満を持った人民がわさわさ集まるくらいの話と富坂さん。

 

そりゃ、毛沢東と紅衛兵みたいに

強力な組織と指導者がいないと政府転覆まではいかんだろう。

と思ったら、地下教会を合わせるとキリスト教が

共産党員より多い一億に達しているとか。

教科書では白蓮教の乱とか義和団事件とか書いてあるのは

いずれも少林寺の白蓮門と義和門徒の乱だ。

歴史が変わる時、中国では宗教団体が動くと富坂さん。

 

しかし、それにしてもである。

 

1406281_001_01

 

なんなのだこのハリボテは。

なんと学園祭イベントとかではなく大真面目に行われた

対航空機テロ演習なのだそうな。

「マジッすか」と眞鍋かをりさんの声。

 

だがウイグルのテロと喧伝されているものの中に

実は近平さんを狙った暗殺未遂もあったのではないか

との説もあるそうな。

だったらもう少し真面目に演習せーよ。

 

1406281_065_01

 

「エッ!分かってるんですか」と眞鍋さんも驚くのは

近平さんが公安トップを追い詰め、

既にとっ捕まってるらしいのだが

まだ公表されていないという話。

 

腐敗追及の一環らしいのだが、中国では

公表されると「この辺にしといたろか」となるそうな。

公表されていないということは、まだ終わっていない。

近平さんを消したろかと思うヤツもいるかもしれない。

 

1406281_021_01

 

で、軍はどうなのだというと、

党内抗争に軍がちょっかい出さないよう

指揮権は近平さんに一元化されている、

という意味では掌握してると言えるのだが、

年に数回の会議で細かいことまでは決められない。

 

「自衛隊機に30メートルまで近づいたれ」

「ようやった殊勲甲や」

なんてとこまで近平さんは関わりようがない。

これが中国式シビリアンコントロールなのだと富坂さん。

なので軍の暴発はあり得ると。

かないませんなぁ。

 

1406281_056_02

 

「ここにもいるのかなぁ」と

眞鍋さんが疑いの眼を向けるのは、

中国人の八割はスパイだ説。

 

007みたいなのが秘密兵器を駆使して機密を盗むのではなく、

オッサンやオバハンがちょっとずつ集めてきたものを

一つにするのが中国式なのだそうな。

お前がバイトしてる店に要人の秘書がよく来ておる。

盗み聞きしてリポートにせよ、と命令されると

「本国の家族がどうなってもいいのか」

と言われたくないので断れないらしい。

 

気をつけねばなるまい。

狙われないだろうけど。

 

1406281_072_01

 

「ハズレ引いたみたいなもんですね」の眞鍋さんに

おっしゃる通りと中国通のお二人声を揃える偽札横行。

福島さんもATMで偽札を引いたが

銀行は交換してくれなかったとか。

なんやねんそれ。

 

1406281_086_01

 

ひょっとしたらと調べてみたら、

富坂さんの手元にも混じっていたぞ偽札が。

福島さんによると「雰囲気で二割」は偽札とか。

 

気をつけねばなるまい。

交換してくれないんじゃしょうがないけど。

ちなみに偽札は左。

 

1406281_100_01

 

「無理むりムリ・・・最悪、サイアク…」って、

誰だ眞鍋さんをいじめるのはっ!偽札つかますぞ!

という話ではなく、

食品偽装で地に落ちた食の大国(だった)中国の

これは昔のゲテモノ食いの話。

 

でも、つい最近、犬食祭りで騒ぎになっていたな。

猫族と言われる猫食民族が昔南部にいたらしいが、

ん?福島さん、どっちも食ったらしい。

日本の活けづくりも

肉食民族が見たら相当にえぐいらしいが・・・

 

勝手にやってくれってことで

次週からリニューアル。

 

1406281_106_01

 

黒田はんばかりか眞鍋さんに

国際弁護士までブラックになっているが

そういえばアンケートが来ていたな。

大変だ、ギャグを考えねば

ってことでまた来週。

 

|

« 後悔する前に弾丸旅行、眞鍋さんの奨め | トップページ | 大雨の後はやっぱりの宝塚記念 »

政治・経済」カテゴリの記事

眞鍋かをり・テレビ(娯楽3)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 後悔する前に弾丸旅行、眞鍋さんの奨め | トップページ | 大雨の後はやっぱりの宝塚記念 »