« バースデーから民主主義まで広がったゴールデンラジオの話 | トップページ | 真っ直ぐに眞鍋さんらしくのHAPPY BIRTHDEAY »

2014年5月29日 (木)

馬鹿馬鹿しさを超えた水曜DT眞鍋さん

 

さぁ、あっけらかんとした馬鹿馬鹿しさに

唖然としつつもどこか引かれてしまう

「水曜ダウンタウン」のこれまた凄い

「鎖鎌最弱説」

「最強」ならいざ知らず・・・・

 

1405281_003_01

 

いやいやそれ以前にテーマが鎖鎌ってどやねん

そんなん誰が興味あんねんの松本人志どん。

どーよと問われて眞鍋かをりさん

「武器の事、一回も考えた事ないです」

 

だが、馬鹿馬鹿しさも追求すれば

馬鹿馬鹿しさを超えた興味が湧いてくるのだ。

題して最弱武器決定戦。

登場するのは棒術、ヌンチャク、トンファに三節棍

なんだそれは「初めて見た」と眞鍋さん。

結構、引き込まれているではないか。

 

1405281_009_01

 

興味なかった眞鍋さんも引きつける闘い。 

鎖鎌は守りに入ると不利だから先手必勝、

鎖を敵の足に絡ませてはどうか・・・なんて、

つい本気で考えてしまう。

登場する武芸者の皆さん、真剣だし。

 

アメリカの番組で似たようなのがあって、

そちらは大真面目に防御点や攻撃の威力などをデータ化。

攻防自在、一撃必殺の威力等の総合点で

「最強の武器、それは日本刀です」

なんてやってたっけ。

 

試合の方は、還暦の爺さんに

オッサン、若手と入り混じってるし、

一度の闘いで決着つけるのはちと可哀想かな

って、真面目に考えてどうすんねん!

 

1405281_018_01

 

最強というならこれこそ早口言葉界の最強

というのが「かえるぴょこぴょこ」のアレ。

眞鍋さん、挑戦するも・・・早口過ぎます眞鍋さん。

 

だが、最強にも天敵はいた。

それはフランス人。

カエルぴょこぴょこどころかぱみゅぱみゅだって平気だ。

へー

馬鹿馬鹿しいけど興味深い。

 

眞鍋さん、フランス人じゃなかったんだね(当たり前だ)。

 

|

« バースデーから民主主義まで広がったゴールデンラジオの話 | トップページ | 真っ直ぐに眞鍋さんらしくのHAPPY BIRTHDEAY »

眞鍋かをり・テレビ(娯楽3)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« バースデーから民主主義まで広がったゴールデンラジオの話 | トップページ | 真っ直ぐに眞鍋さんらしくのHAPPY BIRTHDEAY »