« 三十分の一でひと笑いの眞鍋さん | トップページ | ワッ!と驚くほどでもないけど4月度検索アクセスのまとめ »

2014年5月 6日 (火)

荒波越える眞鍋さんの女酒?

 

ほぅ、愛媛の酒は女酒とな。

しなやかでまとわりつく・・・ううむ、

まとわりつかれても困る気はするが、

お前にまとわりつく奴はいない?

仰る通り!

 

なんて話は昨日のラジオ「女とオヤジのはしご酒」から。

眞鍋かをりさんが御当地居酒屋を案内するという趣向だが

最初の店は土佐料理。

そこに居酒屋巡りの吉田類さんがオヤジとして登場、

高知の男酒に対するお隣、愛媛の酒を語るのだ。

 

ほんじゃあと今治の純米酒が供されると

「口当たりが優しい。酔わされますね」と眞鍋さん。

だが、出された料理は土佐ということで皿鉢、

すなわちサワチ料理。

カワチ料理ではない、ワレ!

 

ってことで鰹のたたきにはやはり土佐の酒。

対する愛媛はといえば、この時期、桜鯛か。

淡白な白身には、まとわりついてくれた方が良さそう。

飲み方も愛媛は品が良いと吉田類さん。

眞鍋さんも「穏やかな人が多いんです」。

 

太平洋と瀬戸内の違いかという眞鍋さんだが、

ええと・・・しばしば記憶をなくす眞鍋さんは

瀬戸内型と言えるのかどうか

は、この際深追いせずにおこう。

なんたって一泊三日でハワイにも行ってしまったのだ。

 

太平洋を越えちまったぜ眞鍋さん、

「パンケーキ食べに行った?」

森公美子さんの推理的中。

行列ができてたからテイクアウトして

ビーチで食っちまったぜ。

 

土佐の人は太平洋の荒波を眺めながら酒を飲むというしね。

でも愛媛の人なので眞鍋さんはパンケーキ。

当たっているのかどうかは知らないが、

夜はハンバーガーショップでしっかり飲んだぜ眞鍋さん。

ついでにサーフィンデビューもしたそうな。

 

太平洋の荒波を乗りこなしてしまった

かもしれない眞鍋さん、次の御案内は博多だ

ということで博多華丸さん登場。

なのだが、

あれやこれやの邪魔が入り集中して聴けず。

 

ただ、華丸さんの御子息、

「将来何になる?」と問われて答えられないそうな。

そんなの決まっているではないか。

自慢ではないが当方ガキの頃、同じ質問に対し迷わず

「オッサン!」と答えていた。

間違いない将来展望である。

 

|

« 三十分の一でひと笑いの眞鍋さん | トップページ | ワッ!と驚くほどでもないけど4月度検索アクセスのまとめ »

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 三十分の一でひと笑いの眞鍋さん | トップページ | ワッ!と驚くほどでもないけど4月度検索アクセスのまとめ »