« マイルドヤンキーと「一つ上」の「マネー」論争 | トップページ | 三十分の一でひと笑いの眞鍋さん »

2014年5月 4日 (日)

ビックリ眞鍋さんの新CMと天皇賞

 

や、やったぁーっと思わず拳を突き上げてしまったオッサン

それはわたいだすの天皇賞。

 

1405041_013_01

 

眞鍋かをりさんもビックリ。

「うわぁぁぁ・・・」って走り過ぎだっせ。

いくら「データでケイバが走り出す」からといって。

 

でも、気持ち的には応援したいフェノーメノだったけど

データ的には正直、ないかなと・・・・・

前走、久し振りの実戦とはいえパッとしなかったし、

対するゴールドシップ、キズナ、ウインバリアシオンは

絶好調っぽかったし。

 

1405041_007_01
  

好天に誘われて今日も屋外スタジオの「競馬BEAT」。

ここでもフェノーメノ推しは一人もなし。

だよなぁ。

 

フェノーメノに昨年の力がないとしたら

3200という距離からして最右翼はタフネス金船。

キズナの武豊騎手がそれをどう突き崩すか、

と思っていたらタフネス金船、ゲートで大暴れ。

絶対やってはいけないスタート出遅れで最後尾に。

 

金船の前に、これは最後尾につけるつもりだった

予定通りのキズナ。

先手必勝の金船、まさかの自爆だ。

となるとフェノーメノは?と捜したらこれは絶好のポジション。

勝機あり!

 

無駄なくインを回って最終コーナー、

スッと出口を見出すところは昨年のプレイバックを見るよう。

ウインバリアシオンが並びかけてきたところでスパートすれば、

いかにキズナといえど追いつける距離ではない。

出遅れ金船はともかく、武さん、ちょっとなめたかな?

 

ってことで

 

1405041_022_01

 

小顔な眞鍋さんもどや顔。

けど、なして眞鍋さんが?といえば

 

1405041_028_01

 

JRA-VANの新CMでした。

JRA-VANのホームページでも公開中。

多分、続編も引き続きアップされる模様だ。

例によって眞鍋さんのポスタープレゼントもあるよ。

 

|

« マイルドヤンキーと「一つ上」の「マネー」論争 | トップページ | 三十分の一でひと笑いの眞鍋さん »

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マイルドヤンキーと「一つ上」の「マネー」論争 | トップページ | 三十分の一でひと笑いの眞鍋さん »