« 気付いた時には遅かった怪物に土つけたオークス | トップページ | 眞鍋さんのちゃちゃ入れまくりマンデー »

2014年5月26日 (月)

ボケてる場合じゃありません「駆け込みドクター」の眞鍋さん

 

さて昨日の「駆け込みドクター」

テーマは認知症だったのだが、

忘れ物をすることあるかの質問に眞鍋かをりさん

 

1405251_003_01

 

酔っぱらって記憶をなくすって、それ、

認知症じゃなくてボケ突っ込みのボケでしょう。

案の定、それちゃいまっせと言われつつ

「20代の頃はなかった」

と眞鍋さん、懸命の訴え。

目が覚めたら「全然知らないアイスの棒が落ちてたり」

 

1405251_010_01

 

だが、出席の先生、海馬がダメージを受け続けると

その内、戻らなくなると厳しい宣告。

年に二回以上酔い潰れる人は

アルツハイマー型認知症の発症率10倍以上!

ありゃまの眞鍋さん、気を付けましょう。

 

認知症といえば、同じ病室の爺さんが、突然、

「社長が待ってる」とか言い出して

パンツ一丁で出勤しようとしたことがある。

 

認知症の病棟ではないし、

担当医もそっちの専門ではないということで

とっとと退院させてしまったが、

奥方の後を追いかけた当方、

セカンドオピニオンや公的扶助について話した。

でも奥方、「仕方ない」と繰り返すばかり。

 

仕方ないことあるものか。

 

当方の母も何言ってるのか分からなくなったことがあるが

「仕方ない」という親父を退け、別の医師を捜した。

「投薬ではなくリハビリ中心でゆきたい」

という医師に出逢い、入院させたところ、毎日1~2時間、

言語療法士が会話をつなげる訓練を施して下さった結果、

半年でほぼ完治した。

 

最初の診断は明らかに誤診だったのだが、

その筋では知らぬ人のいない権威ある大教授。

それでも「仕方ない」ことはないのである。

 

ちなみに番組では同じ事務所の住吉さんと一緒

ってことで

 

10247368_314349522053342_41073238_2

 

FBに載ってた楽屋ショット。

衣装からしてこの日の「ドクタ-」の収録だね。

 

|

« 気付いた時には遅かった怪物に土つけたオークス | トップページ | 眞鍋さんのちゃちゃ入れまくりマンデー »

眞鍋かをり・テレビ(報道・情報3)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 気付いた時には遅かった怪物に土つけたオークス | トップページ | 眞鍋さんのちゃちゃ入れまくりマンデー »