« 「マネー」毒舌王は言ってしまったあの人に | トップページ | 「腕を上げた」眞鍋さんの危機管理 »

2014年5月18日 (日)

お帰りなさいと初日の出のヴィクトリアマイル

 

さて本日の「競馬BEAT」は・・・ウッ!マ、まぶしい!!

と思ったらツルぴかハゲヒロさん、ゲストとして登場。

実は昔、競馬実況してましてねと当時の映像見たら、

「50歳くらいに見えますねぇ」と麒麟・川島はん。

確かに、既にして頭髪の後退著しい。

 

1405181_002_01

 

「だからあの後、ヅラかぶったんや」

杉崎美香りん姐さんは知らないであろう

かぶったヅラを棄ててからのハゲハゲビーム。

 

本日は目移りするメンバーのヴィクトリアマイルだが

「知らん馬ばっかり」

「今の競馬界では有名な馬ばっかりですよ」

美香りん姐さんの指摘に、光る頭を捻りつつ

解説の皆さんからも情報収集。

出した答えがストレイトガール。

 

高橋賢司さん、マイルは向いていないと言っていたのだが、

「一枠引いたし、内うちを走れば1200メートルくらいになる」

ならへんならへん。

 

当方的にはメイショウマンボの復活なるかに注目

だが、ヴィルシーナが10番人気と聞くと

禁じえない一抹の寂しさ。

 

1405181_011_01

 

でもやってみたら「お帰りなさい」と美香りん姐さん。

なんなのだろう、ヴィルシーナの健気なまでの頑張りは。

 

内田ジョッキーが押して出ればあっと驚くポールポジション。

ラスト直線、ぐいぐいと脚を伸ばすメイショウマンボに

内から並びかけられてもなお粘る。

外からはハゲハゲビームの効果か直球少女も追いすがる。

それでも負けないヴィルシーナ。

な、泣ける・・・・。

 

思い返せば一昨年のオークス、

後方から超速を飛ばしてきた女帝・ジェンティルドンナに

ジョッキーは馬体を合わせようとしたのに嫌がって

五馬身差をつけられた。

それから根性入れ直して秋華賞では

ハナ差まで迫ったのだが。

勝ちに見放されたこの一年、

借りを返すかのようなポールトゥウインだ。

 

出口が見付からなかったスマートレイヤーはしくじったね。

でもメイショウマンボは復活の糸口を掴んだか。

ってことで、ハゲヒロさんも結果的に一番近かった。

20年ぶりの初日の出、おめでとうさん。

 

|

« 「マネー」毒舌王は言ってしまったあの人に | トップページ | 「腕を上げた」眞鍋さんの危機管理 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「マネー」毒舌王は言ってしまったあの人に | トップページ | 「腕を上げた」眞鍋さんの危機管理 »