« どやねんアベノミクス第一弾は「ニュース深読み」 | トップページ | 眞鍋哲学の名言ありのスタジオパ-ク »

2014年4月13日 (日)

花の競馬は桜餅よりハープスター

 

桜吹雪の阪神競馬場、

桜餅はやっぱ桜の葉の塩漬けで包んでないとね、

そうそうクレープみたいなんあきませんで

と言いながらの桜花賞。

 

1404131_014_01

 

ヤヤッ!杉崎美香りん姐さん、前回の屋外中継で

強風に煽られたことに慄いたか

がっちり髪を固めての「競馬BEAT」

でも小顔。

 

ハープスターを止める奴いるのかが焦点だが、

パドックを見るとデカって感じの竪琴星。

牝馬ばかりなのでせかせかしてるのも多いけど

こいつだけは何食わぬ顔をしてる。

パドックに伸びてる枝から桜の花を食おうとしたって

飯食ってる場合か。

落ち着きがあるというよりボーッとした性分らしい。

 

今年がラストイヤーのジェンティルドンナの後を継ぐ

新女王候補なのだが性格は正反対。

三歳の頃の女王は「やってやるぞ、見てろ、ウリャッ!」

って感じで、勝てば勝ったですんごい鼻息で

「見たかぁっ!」ってどや顔してたのだが。

 

でもやってみたら予想通りの完勝だった。

最後尾からの一気呵成のスパート。

「最後の直線、どうですかっ!」と美香りん姐さん。

坂口正大先生も「はらはらした」とおっしゃるが

生意気にも当方、最終コーナー出口で大外に出た瞬間、

あぁ勝ったと確信してしまった。

 

最下位人気、フクノドリームがなめんなよと

大逃げを打ったので距離があるように見えたけど、

フクちゃんはいずれ馬群に呑まれるので

実際の距離は大したことない。

前が空いていて遮るものもないし。

 

だが、レッドリヴェールが何糞と馬体を合わせてきて

さすがに「オッ」と思ったが、お陰で竪琴星、

ボサッとしてる場合じゃないと気付いたらしい。

遂に本気を出したかって感じだが

本気の本気は最後の競り合いだけのようにも見えるので

まだまだ全力振り絞ったとまではいってないんじゃなかろうか。

オークスが楽しみである。

 

|

« どやねんアベノミクス第一弾は「ニュース深読み」 | トップページ | 眞鍋哲学の名言ありのスタジオパ-ク »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« どやねんアベノミクス第一弾は「ニュース深読み」 | トップページ | 眞鍋哲学の名言ありのスタジオパ-ク »