« 一人旅に必須は二つの目的と方言の眞鍋さん | トップページ | ブームにも色々ありましての「マネー」ブームを疑え! »

2014年3月23日 (日)

生まれ変わったかタフネス金船

 

オルフェーヴルの弟リヤンドファミユが勝って

ちょっとイイ気分で迎えた阪神大賞典。

 

1403231_023_01

 

髪型も軽やかだけど、声もとても軽やかに感じられた

「競馬BEAT」の杉崎美香りん姐さん。

表情も軽やかだ。

阪神競馬場の桜は来週くらいの開花か、

でもまぁ暖かくなって来たぜ、ようやくに。

 

で、お前はどやねんのゴールドシップ

スタジオ予想は意外に渋い。

分からんでもないが、終わってみたら

「別人(別馬?)みたいでしたねぇ」の声。

 

初騎乗、岩田はんの手綱が鍵とは思っていたが、

スタートで「ボサッとすな」と気合を入れるところは

有馬記念の時のムーアはんと同じ。

違うのは金船の反応。

「いやいやそこまで行けとは言ってない」と

岩田はんが手綱を抑えにかかるほど。

かかり気味の金船を初めて見た。

 

でも、三年前のオルフェーヴルのように行き過ぎることはなく、

岩田はん、上手く落ち着かせることに成功し二番手追走。

スタミナには自信があるからこうなりゃ楽だ。

「やればできるではないか」とスタジオの声。

 

ペースが遅めだったし、

たまたまやる気を出しただけかもしれないし、

予断は許さないが取り敢えずはやればできるとこを見せた。

となるとライバルの調子が気になるところ。

次週はフェノーメノの復帰戦、

その次の週にはキズナが登場する。

いいとこ見せて面白くして欲しいね。

 

 

ところで美香りん姐さん、同じ事務所のお仲間と一緒に

東北未来絵本あのとき あれから それから それから

の朗読をしている。

説明の必要はないと思うが

静かに耳を傾ければきっと感じるものがある。

 

|

« 一人旅に必須は二つの目的と方言の眞鍋さん | トップページ | ブームにも色々ありましての「マネー」ブームを疑え! »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 一人旅に必須は二つの目的と方言の眞鍋さん | トップページ | ブームにも色々ありましての「マネー」ブームを疑え! »