« 眞鍋脳の威力みせたジェンダー討論 | トップページ | 罰ゲームもドンマイ眞鍋さんの「目線ダレ」 »

2014年3月 5日 (水)

雛祭りのetc.は多言無用の眞鍋さん

 

「お前ら息吸わなきゃいーじゃないか」

いきなり強気の大竹まこと翁。

花粉の季節到来だが、鶏を抱いて育った翁、

花粉なんてへっちゃらなのだ。

一方、朝起きて目を開けようとすると

目ヤニでバリバリと音を立てる眞鍋かをりさん。

翁は「寝なきゃいーじゃん」って、なんでやねん。

 

20140304

 

でも眞鍋さんは上機嫌。

服は先週とそっくりだけど胃の痛みは遠のいたか。

って感じの「大竹まこと ゴールデンラジオ」。

 

夕方まで今日がその日と気付かなかったらしい眞鍋さんだが

眞鍋家の雛人形は三人官女と五人囃子までの三段だったそうな。

三人官女を三人の患者と間違えていた大竹翁。

「病院じゃないです」と眞鍋さんごもっともだが、

三人の間者よりはイイかも。

成敗しないといけないし。

 

だからという訳ではなかろうが、妹のさゆり殿、

雛人形を恐れてその前を通れず、結果、

トイレにも行けなくなってしまったとか。

間者め。

そこへゆくと髭男爵んちのには間者はいない。

それどころか官女も患者も五人囃子もいない。

「貧乏もやってみるもんだね」と大竹翁。

いいではないか、愛があれば。

 

眞鍋さん、菱餅の形状の話から突如「フロイトちゃん」に変身。

真面目に由来にまつわる説を語ろうとするのだけど、

オッサン達には下ネタなのでヤメレの大合唱かと思いきや

「だったら菱餅は縦に飾れ!」って、

どさくさまぎれに火に油の大竹翁。

油断ならん。

 

 

憲法集会は政治的公平性を侵すと

教育委員会が講演を断った話。

憲法や平和を争点化する政府が現れたので

国民的合意ではなくなったと湯浅誠さん。

なので触れずにおこうとすると

「天気の話しかできない」と大竹翁。

「クレームに気を遣っているのではないか」

と眞鍋さん言うように、

ナチの突撃隊みたいな連中が跋扈し始めた。

 

「マネー」でも中立性のボーダーラインが

分からなくなることがあるという眞鍋さんだが、

両論併記を徹底するしかないね。

言論暴力に怯えて唇寒しではロクな事にならない。

 

内田樹さんではないが当方も寿命はあと僅か。

時流に便乗して騒ぐ気は一切ない。

「戦争したけりゃ外国の脅威を振りまけ」

「多数派をとりたきゃ知性ではなく、バカの感情に訴えろ」

ヒトラーの格言にホイホイと乗る愚だけは避けたい。

 

|

« 眞鍋脳の威力みせたジェンダー討論 | トップページ | 罰ゲームもドンマイ眞鍋さんの「目線ダレ」 »

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 眞鍋脳の威力みせたジェンダー討論 | トップページ | 罰ゲームもドンマイ眞鍋さんの「目線ダレ」 »