« 虎徹と言論、過去・現在とその先 | トップページ | 最後の〆は眞鍋さんの「目線ダレ」 »

2014年3月26日 (水)

散るか飛ぶかの桜吹雪ゴールデンラジオ

 

桜もちらほら咲き始めた昨今、しだれ桜を愛でつつ

天を向いてる銀杏はいいなと思ってしまう大竹まこと翁。

別に寄る年波に負けてしだれてる訳ではないと思うのだが

「しだれ桜も上を向くかもしれませんよ」と眞鍋かをりさん、

なんの励ましやら。

 

20140325

 

ってことで鶴竜の横綱昇進を讃えて土俵入り。

なんでやねんの「大竹まこと ゴールデンラジオ」

体重は既に横綱、デブ男爵も昇進。

魚に喩えてハマチ、ブリは分かるけど

カンパチ、コハダは違うし「ヤゴ」って眞鍋さん、

それ魚ですらないし。

 

喫煙室での話相手がいなくなって、

さぞや大竹翁、寂しかろうとうそぶく横綱男爵だが

「30にして煙草覚える」(眞鍋さん)

「世界を一人で旅しちゃう」(大竹翁)

えぇと・・・・皆さん、全然寂しくないようで。

 

ゴールデンラジオ出演は二年間で

「最短じゃないか」と大竹翁。

では最短男爵の新番組はどんくらい続くか

「2クール!」とド短期予想の眞鍋さん、

なんぼなんでも短すぎるやろうと言いたいものの、

ド短期男爵、制作発表でいきなり滑ったらしい。

花と散らぬよう、健闘を祈る。

 

さて湯浅誠さんがケアラーって知ってまっかと提起。

ケア=介護してる人だろうと予想はつくが

プロではない家族介護の人をケアラーと称するらしい。

80代の老老介護夫婦宅で溺死

なんて入浴事故があったばかり。

当該市の訪問介護入浴業者に話を聞くと、

自宅を訪問してみて

「へ!?このお風呂で今までどないしてはりましたん?」

と驚くことが少なくないという。

 

だが、湯浅さんの話では子供ケアラーが

それが理由で学校に行けなくなる例があるという。

何故にそうなる。

要介護認定を受ければヘルパー派遣を要請できるはずだが

学校と役所が連携すれば対策が見付かる様な気がするが

やらないんだよなぁ・・・・

 

何を今さらの家族制度復活みたいなことを言うかと思ったら、

他方では核家族化をさらに進めるであろう

労働力流動化政策推進と政府の方は

支離滅裂どっちやねん。

これも極右復古主義と新自由主義の矛盾なんだけどね。

 

|

« 虎徹と言論、過去・現在とその先 | トップページ | 最後の〆は眞鍋さんの「目線ダレ」 »

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 虎徹と言論、過去・現在とその先 | トップページ | 最後の〆は眞鍋さんの「目線ダレ」 »