« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月30日 (日)

ドバイも日本も大騒ぎの美香りんBEAT

 

日本馬が五頭も押しかけたドバイクラシック、

なんと二頭も勝ってしもうたがなもし。

前走を見る限り、正直全然期待していなかった

女王・ジェンティルドンナが海外で復活するとはね。

 

1403301_016_01
  

という訳で「競馬BEAT」杉崎美香りん姐さんも表情晴れやか。

 

思えば変なかかり癖がついたのも去年のドバイだ。

以来、畑違いのスタミナ勝負ばかりして

らしさが消えていたのだが

今回は本来の切れ味勝負。

 

囲まれてしまったのでダメかなと思ったが、

一瞬の隙を突いての横っ跳び。

 

1403301_013_01

 

「馬ってあんな動きできるんですね」

驚きの姐さんだが、一昨年のJCでもやってるね。

斜行癖のオルフェーヴルが寄ってきていたので

体当たりみたいな格好になったけど

今回はオルフェもいなかったので一気に抜け出した。

 

へ!?お前、そんなに強かったっけ?

って感じだったのはジャスタウエイ。

コースレコードを2秒以上縮めるぶっちぎり。

奴に何があったのだ。

 

てなことで今日は高松宮杯。

直球少女の人気が抜けているが、

いやいやここはコパノリチャードでしょう。

と思うのにスタジオでは誰一人推さず。

確かにあの筋肉を見てしまうと

直球少女ストイトガールも3着以内には入りそう。

馬場状態が悪いので大穴があるとしたらスノードラゴンか。

 

1403301_022_01

 

なんて言ってたら

「スノードラゴン、来ましたねぇ」と美香りん姐さん。

コパノリチャードは無理に先頭を取らず

二番手追走の態勢になったところで勝ちを確信。

2段加速があるしね。

でも、雪竜があの位置から直球少女まで差すとは思わなんだ。

 

とかなんとか言いつつ、当方の予想はほぼ完璧に的中。

気分がいいぜフッフッフッ・・・・馬券買ってないけど。

来週の産経大阪杯も大騒ぎになりそうだ。

 

| | コメント (0)

2014年3月29日 (土)

眞鍋さん次なる絶景旅はどこ?

 

59万人が「イイね」とポチった世界の絶景を眺めながら

「妄想で」旅のスケジュールなど立ててみようかと

眞鍋かをりさん旅の奨め番組。

59万人がポチッたのは詩歩さんのFB。

でも、御本人が行った所は含まれていない

ってことはやはりこれから行くぜの計画。

 

1403291_012_01_2
  

癒し系ランキングにはオーロラが見られるとこ2カ所。

眞鍋さんの故郷と同じ名前の人が昔歌ってたね

「オォローラ!」って。

そんな古い話は知らん?

さよか。

 

でも天井がガラス張りで室内から見られるとあって

「冷え症だから一生無理」かと思ってた眞鍋さんには朗報。

1位、アイスランドのブルーラグーンは

夜でも温泉に入れるみたいだし、

温泉で温まりながらオーロラなんてこともできそう。

 

1403291_023_01
    

「覚悟を決めて行きたい絶景」ってのは

まぁM様いらっしゃい企画か。

千㍍の絶壁に突き出た「トロルの舌」は

「グランドキャニオンで腰を抜かした」

眞鍋さんにはちょと無理だけど、無理してゆくこたぁない。

 

なので世界一暑いタナキル砂漠、

そのうち行こうと思ったら歳食っていけなくなるから今の内

と眞鍋さん、行きたいなぁと思っている人に推薦の弁。

でも行きたいなぁと思ってる風でもなさそう。

と思ったら、エチオピア料理の凄いまずさを聴いて

「そこまで言われると」と変な興味。

 

1403291_035_01

 

日本の絶景も紹介されたけど、

これは各方面のマニアがそれぞれ持っていそう。

城マニアは雲海に浮かぶのは竹田城だけではないぞ

と知ってるし、鉄道好きは絶景駅とかを知っている。

海が好きなひと山が好きな人、

色んなの集めたら面白いかもね。

 

眞鍋さんの絶景旅といえばグランドキャニオンの他

サントリーニ島とかモン・サン・ミシェルとかあったけど

次なる妄想スケジュールはできたかな?

絶景の近くに旨いものがあれば、だろうけど

 

| | コメント (0)

2014年3月27日 (木)

最後の〆は眞鍋さんの「目線ダレ」

 

「目線ダレ」もこれが最後ということで、

って訳じゃないだろうけど

国会議事堂に向かう女性芸能人、

自民党から共産党まで議員の皆さんと懇意の様子。

 

1403251_002_01

 

あまりにも簡単やおまへんかと眞鍋さん、

「素直に喜べないなぁ~」

だけど春香クリスティーンさん、部屋汚すぎ。

 

でも、このイージー問題にもアリーさん、アリッ!?

罰ゲームは「セクシーに謝罪」とは「初めての需要」

「どんなの出してくれるの?」と眞鍋さんだったけど

 

1403251_008_01

 

まぁまぁよろしいでっしゃろと眞鍋さん、

ちょっぴりフォロー。

優しい先輩です。

 

そして最後の問題、アリーさん、遂に正解!

元子役のデブでかなりのスケベ。

さんま師匠と一緒に出てたあのデブだろう

と思いきや

 

1403251_017_01

 

閉店ガラガラ岡田さん、遂に失敗。

 

ということで、お得意のギャグで罰ゲーム。

スタジオ沈黙の内に凍りついたところで「さてっ」と

番組を代わりに締めたのは眞鍋さんでありました。

 

1403251_025_01
  

またいつか「目線ダレ」でお会いしましょう

パチパチパチ

 

| | コメント (0)

2014年3月26日 (水)

散るか飛ぶかの桜吹雪ゴールデンラジオ

 

桜もちらほら咲き始めた昨今、しだれ桜を愛でつつ

天を向いてる銀杏はいいなと思ってしまう大竹まこと翁。

別に寄る年波に負けてしだれてる訳ではないと思うのだが

「しだれ桜も上を向くかもしれませんよ」と眞鍋かをりさん、

なんの励ましやら。

 

20140325

 

ってことで鶴竜の横綱昇進を讃えて土俵入り。

なんでやねんの「大竹まこと ゴールデンラジオ」

体重は既に横綱、デブ男爵も昇進。

魚に喩えてハマチ、ブリは分かるけど

カンパチ、コハダは違うし「ヤゴ」って眞鍋さん、

それ魚ですらないし。

 

喫煙室での話相手がいなくなって、

さぞや大竹翁、寂しかろうとうそぶく横綱男爵だが

「30にして煙草覚える」(眞鍋さん)

「世界を一人で旅しちゃう」(大竹翁)

えぇと・・・・皆さん、全然寂しくないようで。

 

ゴールデンラジオ出演は二年間で

「最短じゃないか」と大竹翁。

では最短男爵の新番組はどんくらい続くか

「2クール!」とド短期予想の眞鍋さん、

なんぼなんでも短すぎるやろうと言いたいものの、

ド短期男爵、制作発表でいきなり滑ったらしい。

花と散らぬよう、健闘を祈る。

 

さて湯浅誠さんがケアラーって知ってまっかと提起。

ケア=介護してる人だろうと予想はつくが

プロではない家族介護の人をケアラーと称するらしい。

80代の老老介護夫婦宅で溺死

なんて入浴事故があったばかり。

当該市の訪問介護入浴業者に話を聞くと、

自宅を訪問してみて

「へ!?このお風呂で今までどないしてはりましたん?」

と驚くことが少なくないという。

 

だが、湯浅さんの話では子供ケアラーが

それが理由で学校に行けなくなる例があるという。

何故にそうなる。

要介護認定を受ければヘルパー派遣を要請できるはずだが

学校と役所が連携すれば対策が見付かる様な気がするが

やらないんだよなぁ・・・・

 

何を今さらの家族制度復活みたいなことを言うかと思ったら、

他方では核家族化をさらに進めるであろう

労働力流動化政策推進と政府の方は

支離滅裂どっちやねん。

これも極右復古主義と新自由主義の矛盾なんだけどね。

 

| | コメント (0)

2014年3月25日 (火)

虎徹と言論、過去・現在とその先

 

さて、眞鍋さんも読んだという永遠の0

当方、岩本徹三氏を意識して人物設定した様な気がして、

そこが気になっている。

一説に202機撃墜といわれる「零戦虎徹」。

しかし送り狼的なその戦法を批判する人もいるという。

では特攻に志願して死ねばよかったのか。

 

1ミリにも満たないペラペラのジュラルミンで作られた飛行機。

あれで戦争すること自体ぞっとするが、

エンジン出力が同じなら軽い分、

上昇力、航続距離、運動性で有利ではある。

ただし、犠牲覚悟の短期決戦の場合。

長期の消耗戦には不向き。

実際、母艦航空隊は開戦から一年を経ずしてほぼ壊滅した。

 

そんな中、真珠湾、珊瑚海海戦、ラバウルと

熾烈な戦場で闘い抜き、生き抜いた岩本氏。

死ねばよかったとは思えない。

「お国」の為に「一億特攻」などと言っていたのである。

一億国民が「玉砕」した後の「国」に国民はいない。

愛する人も家族もいないのだ。

 

上はどうであれ現場の人々は全力を尽くす。

樺太で眞鍋さんの御祖父様も巻き込まれたソ連侵攻に際し、

北方領土の日本軍は極めて頑強で、ソ連軍を驚かせたし、

骨抜きになっていた関東軍でさえ

蜘蛛の子を散らすように逃げだした訳ではない。

逃げたのは司令部だ。

司令部が逃走した為、終戦の連絡が届かず、

終戦後も断固として陣地を守り抜いた部隊もあった。

しかも、終戦を確認した後は整然と降伏に応じたのである。

これがあるべき姿である。

 

だが、現場が立派だったからといって

上層部が免罪される訳ではない。

特攻も同じだ。

特攻は作戦の外道である。

それしかないという状況は

これ以上の抵抗は無駄だという状況だ。

上層部が決断すべきは

現場の将兵を家族の元に無事に返すことだ。

作品の評価とは直接関係ないことだが、

実在の岩本氏は生き抜いた。

それで良いと思う。

 

 

一方、総理のお友達人事の結果なのか

NHKの報道姿勢が変わったと

週刊誌でも取りざたされる事態になっている。

総理に批判的な識者はテレビから消えている

とも言われ、そこまでやるか?とは思うものの

博物館の展示を現政権の立場に沿うよう変更させたり

発売もされていない雑誌記事に注文をつけたりと

検閲・統制ともとれる動きが平行して起こってくると

「まさか」とばかりも言っていられないかと思う。

 

総理に耳の痛いことも言えるかどうかが

ジャーナリズムの試金石になりそうだが、

屈服しない奴を取り締まる法律とかも

今の勢いでは作りそうだ。

 

自由、人権、平和と民主主義など

憲法原則を攻撃している間はいいとして

これがアメリカ資本や投資家に日本市場を開放する

グローバリズムを進める段階に(必ず来る)来た時、

国粋主義者たちはどうするのだろう?

それが理由で維新の会から離れた議員も既にいるが

安倍さんの取り巻きはどうなのか?

 

中国の脅威と集団的自衛権で日米同盟を堅持しよう

としているようだが、日米同盟は安保だけではない。

米は中国に人権外交を仕掛けているし、

米世論は人権には厳しい。

軍事同盟にも米が望まない紛争に米が巻き込まれる

と危険を説く世論もある。

自信満々でいいのか総理。

 

識者、コメンテーターの中で、次に誰が消えてゆくか

注意しておかねばなるまい。

 

| | コメント (0)

2014年3月24日 (月)

ブームにも色々ありましての「マネー」ブームを疑え!

 

ブームといえばグラビアブームなんてのもありましたなぁ。

真っ只中やったんちゃうのと黒田はんがふれば

「イイ時代だったなぁ」と眞鍋かをりさん。

 

1403231_005_01

 

カラシニコフ・・・じゃなくてAKBとかのアイドルに

ブームが変わりましてね、昨今は

と解説する眞鍋さんの「たかじんNOマネー」

ブームを疑え特集だ。

 

でも卒婚ブームにはイマイチ納得いかない眞鍋さん。

金があって信頼関係もあるなら

「一緒にいたらいいじゃん」

恋愛禁止?いや、そんなん建前だよっていうなら、

離婚したらええがな。

 

1403231_022_01

 

いやっ帰る場所は欲しい、はイイとして、

看取ってくれる人が欲しいとは黒田はん、

それは甘えだっせ。

なんでそんな悲しいことをさせねばならん。

わたいは一人で死にますわ。

 

それに恋愛禁止を破って離婚なんてなったら

財産取られるぞと国際弁護士指摘すれば

「トラップだ!」と眞鍋さん。

黒田はんも引っかからないように・・・というより

「結婚ですよ、まず」(眞鍋さん)

 

1403231_040_01

 

デビュー10周年を記念して自分への御褒美に

フランクミューラーを買った眞鍋さん。

黒田はんもロレックスを持っているそうだが

「2時間半くらい狂う」って

本当に本物か?

 

永遠のなんちゃらとかいう本の作者がブームとかで

眞鍋さんもなんちゃらは読んだらしい。

戦史や戦記に馴染んでいる人程フィクションと知りつつ

土台となった史実との違いが気になるようだ。

詳細に検証記事を書いている方もおられるが、

そこまでいかずとも気になる点は当方にもある。

でも面倒なので別記事に。

 

それと、思想信条、趣味嗜好など人それぞれなので

それ自体は何の問題もない。

ただ公共放送の経営委員としては不偏不党、

公平公正の原則を守らなくてはならない。

なのにあのオッサン、

寄らば大樹の陰、強い後ろ盾がいるんだぞと

そんなこと一向に気にしてないのはどうなのという話。

 

須田慎一郎さんの暴言ともとれる発言は

明らかに論点がずれているが、わざと悪役を演じて

荻原博子さんの発言を封じたのかもしれない。

「空気を読め、テレビに出れなくなるぞ」という意味で。

言論統制の動きは看過できないレベルに達しているが

これも別記事で。

 

1403231_049_01

 

仮想通貨で儲けた須田さんに「超イイ」と眞鍋さん。

でも仮想通貨それ自体は本質的に無価値。

フランクミューラーとは違うので

ご利用は決済手段に限りましょう。

 

さて、デブがブームってホンマかいの話。

男どもは無責任なこと言っておるが、

それは胸とか太腿とかの話であろう。

でも実際は、まず顎に来るのだ!

 

1403231_059_01

 

厳しく指摘する眞鍋さん。

「若いコは違う」との荻原説に同意してたけど、眞鍋さん、

人生最大体重で顎がちょっとぽっちゃりしたのは

確か25歳頃だったような・・・・

まぁいいや。

 

「デブが温和なんて嘘やで」と声を大にする黒田はん。

オオッ!強欲の証だ・・・・と言いたいが、

それってオッサンの話じゃないかえ?

 

1403231_067_01

 

ニンカツって忍者の修行かと思ったら違うらしい。

「妊娠の予定がなくても不妊予防してる」人が多い

と眞鍋さん。

「食事に気をつけたり漢方飲んだり」

 

配偶者控除の廃止とかいろんな問題が絡んできそうで

簡単じゃない話。

貧乏で子供作ってもなんとかなる

「俺がなんとかなったんやから」と黒田はんだが

「なんとかなってないかもしれませんよ」って

眞鍋さん、どーうゆーこっちゃ!

ってことでまた来週。

 

| | コメント (0)

2014年3月23日 (日)

生まれ変わったかタフネス金船

 

オルフェーヴルの弟リヤンドファミユが勝って

ちょっとイイ気分で迎えた阪神大賞典。

 

1403231_023_01

 

髪型も軽やかだけど、声もとても軽やかに感じられた

「競馬BEAT」の杉崎美香りん姐さん。

表情も軽やかだ。

阪神競馬場の桜は来週くらいの開花か、

でもまぁ暖かくなって来たぜ、ようやくに。

 

で、お前はどやねんのゴールドシップ

スタジオ予想は意外に渋い。

分からんでもないが、終わってみたら

「別人(別馬?)みたいでしたねぇ」の声。

 

初騎乗、岩田はんの手綱が鍵とは思っていたが、

スタートで「ボサッとすな」と気合を入れるところは

有馬記念の時のムーアはんと同じ。

違うのは金船の反応。

「いやいやそこまで行けとは言ってない」と

岩田はんが手綱を抑えにかかるほど。

かかり気味の金船を初めて見た。

 

でも、三年前のオルフェーヴルのように行き過ぎることはなく、

岩田はん、上手く落ち着かせることに成功し二番手追走。

スタミナには自信があるからこうなりゃ楽だ。

「やればできるではないか」とスタジオの声。

 

ペースが遅めだったし、

たまたまやる気を出しただけかもしれないし、

予断は許さないが取り敢えずはやればできるとこを見せた。

となるとライバルの調子が気になるところ。

次週はフェノーメノの復帰戦、

その次の週にはキズナが登場する。

いいとこ見せて面白くして欲しいね。

 

 

ところで美香りん姐さん、同じ事務所のお仲間と一緒に

東北未来絵本あのとき あれから それから それから

の朗読をしている。

説明の必要はないと思うが

静かに耳を傾ければきっと感じるものがある。

 

| | コメント (0)

2014年3月22日 (土)

一人旅に必須は二つの目的と方言の眞鍋さん

 

「女30にして旅に目覚め」た眞鍋かをりさん、

今現在、ちょうどその界隈の石川梨華さんが

何がきっかけでしてんと案の定、食いつくと

 

(スケジュールがきつくて旅にも行けない

そんな不満は前からあったんだけど、

一人で電車にも乗れないってのも

いい歳こいてなんだなぁと、

と思ってた頃に)

 

1403202_003_01

 

括弧内すべて省略眞鍋さん、一言で説明完了。

てな感じの「今、この顔がスゴイ!」は、

先週に引き続いての一人旅篇。

 

目的を三つ以上持つと

スケジュールこなしマシンになって面白くない。

よって目的は二つに絞るべし。

 

1403202_016_01

 

例えばどんなといえば

その土地ならではの食べ物と眞鍋さん。

これが食べたくてギリシャに行ったと紹介するのは

タベルナで食べた、かどうかは知らないが

揚げだし豆腐のチーズ版みたいなサガナキ。

 

続いてシンガポール代表は

「ココナツミルクのカスタードみたいな」

カヤジャムを挟んだカヤトースト。

旨そうだがや。

 

1403202_025_01

 

だが東南アジアなどでは

やたら日本語の上手い客引きがウロチョロしていて

これがしつこいのなんの・・・・

で、眞鍋さんが編み出した撃退法は方言じゃワレ!

ということで「歩いて観光しよんじゃけん、

タクシーやか乗らんって言いよるがね」

 

1403202_038_01

 

ほ!?日本人じゃないのかコイツ

ってな感じになって諦めるんだそうな。

 

すると最強は津軽弁あたりか。

大阪弁だと

「しつこいんねんオッサン」

「誰がオッサンじゃあっ!」

って返されるかもしれないし。

 

| | コメント (2)

2014年3月21日 (金)

分かる訳ないだろ総本家で正解眞鍋さん

 

クイズのようでそうでない様な、当てさせる気があるのか、

分かる訳ないだろう的「和風総本家」。

日本を支えるスゴイ機械特集ということで、眞鍋かをりさん

例によってベテランと大ベテランの俳優お二人と共に。

 

1403201_002_01_2

 

オオッ!眞鍋さんイラスト入り解答。

実は正解もほぼこの画と同じものなのだけど

「店頭にある」は要らなかった。

しかし、工事現場で使われる安全策って、

カエルの形したのなんて見た事ない。

 

まぁ東AXは正解したので

「これで分かるの凄い」という眞鍋さんと同感。

色んな工事現場に出入りしてるんだろうな、きっと。

しかし眞鍋さんも惜しいとこまでは迫っている。

 

「土佐の暴走スパイダー」なる装置に

「スパイダーっぽくない」(東AX)

「あまり暴走してない」(眞鍋さん)

等々突っ込みつつ、

漁網と関係しているとこまでは突き止めた。

 

1403201_013_01_2

 

そんなこんながありつつ、

何か思いついたか眞鍋さん。

当方はさっぱり分からなかったが

 

1403201_021_01
  

ヤヤッ!眞鍋さん、正解です。

土嚢製造マシンなんてのがあるんだね。

 

1403201_025_01_9
  

滅多に正答が出ない番組だし

眞鍋さん、素直に嬉しそう。

「これで正解すると凄く気持ちいい」

常に無正解の大ベテラン、元祖仮面ライダーは何を思うか。

と思ったら

 

1403201_032_01_2

 

あのデカイ丸型で消しゴムはないだろうと

眞鍋さんによもやの突っ込み。

かくいう御自身の「シート」って見たまんまなんだけどね。

でも、そこんとこの突っ込み返しは東AXに任せて

爆笑の眞鍋さんだった。

 

| | コメント (0)

2014年3月20日 (木)

イジッて良しの眞鍋さん「目線ダレ?」

 

目線カメラ、えらくあっさり浴室に侵入しますなぁ

ってことで眞鍋かをりさん、

「アリーは温泉NGなの?」

「NGじゃないけど、一応モムじゃん」

 

モムってなんでんねん水沢さん

ってことでひと騒ぎの「目線ダレ?」

「え~やるんですかぁ~」とかなんとか

取り敢えず揉めて見せることらしい。

 

1403191_012_01

 

「胸元が綺麗だからと「シルク姉さん」と

最初、答えた眞鍋さんだけど、

口元に再度閃いてピンポン!

 

一度もんで正解の眞鍋さんに対し、

「一応モム」水沢さんは揉みっ放しで正解出来ず。

目線カメラの主(おかもとまりさん)に謝れっ!

となったのだけど・・・

 

「分かりたかったけど分からなかった~」

「なんかイラッとする」(岡田さん)

「腹立つ謝り方だわぁ~」(眞鍋さん)

今週は水沢さんイジリの日みたい。

 

1403191_021_01

 

二問目のカメラ主はやたらエラソー。

ってことは本物の大物ではない。

それが証拠に請われてやって見せたリフティング

商品にぶつけたりと下手糞でお店の人に「すいません」。

 

グルメリポートみたいな話ばっかりでお前の情報はないのか

と思ったら、よく見たら食ってるのは焼肉。

ってことで眞鍋さんはじめ皆さん次々正解。

 

1403191_027_01_3
  

3連続正解・・・ってことはの水沢さん。

目線主のたむけんさんに

「爆笑の連続だったよ~」

「嘘つけっ!」

ってことでまた来週。

 

| | コメント (0)

2014年3月19日 (水)

今年も来ました「やがて来る春」的ゴールデンラジオ

 

さぁやっとこさ暖かくなってまいりまして

花粉も盛大に飛び散らかして

「目がパンパン」と眞鍋かをりさん。

「顔もパンパン」って、

どさくさまぎれに何言うてはりまんねん。

 

20140318_2

 

これといってパンパンには見えません。

全身パンパンのデブ男爵は太り過ぎの成果で栄転らしいけど。

 

ってことでの「大竹まこと ゴールデンラジオ」だけど

今週はちょいと真面目モード。

「黒子のバスケ」ってコミックがらみの恐喝事件、

犯人自身の一文を抜粋で紹介

なんだけど

 

「分かってもらいたい気持ちがにじみ出てる」

と言いつつも眞鍋さん、

放送で紹介されたことが犯人にとって人生のハイライト

「甘やかしてしまったかも」

 

俺はとんでもない奴だどうしようもない、

と言いながら「でも変える気ないぜ」って

そーゆー居直り方されたんじゃあ

理解してあげようもない。

 

ただ、どっちを向いても八方ふさがりで

自力ではどうしていいか分からない閉塞感

みたいなのは理解できる。

能力あるのに何でここにいるんだろ

みたいな人にはしばしば出逢う。

 

一流企業でバリバリやってた人でも

何かの事情で再就職となると

畑違いの現場作業員しかなかったり

ってのもあるだろうが、昨今は

生まれた時からその後の教育にまで格差があって、

社会が分裂しかねないと湯浅誠さん。

職業安定所と刑務所の間に

駆け込み寺的なのが必要かもしれない。

 

教育は憲法に定められた国民の義務だし、だからこそ

教育の機会均等は守られなければならないのだけど

自由や人権、民主主義といった価値観を縮小し、

封建思想の復元、半分ファシズム、疑似北朝鮮

みたいなのを美しい理想のように掲げる流れもあって

なんだかなぁ~って感じ。

こういう人たちって弱い者いじめ好きだしね。

標的にされた人達はますます居場所がなくなって

爆発してしまうかも。

 

それに比べて華原朋美さん、

今度こそほんとに元気になったみたい。

この人、立ち直る日が来るのかなぁってくらいだったから

まことに喜ばしい限り。

眞鍋さんの妹君、さゆり殿がプロモーションしてるとかで

大竹翁「入れっ!」に「入るなっ!」と姉さん。

 

頭挫いてるとか散らばってるとかボロクソ言われながらも

そんなさゆり殿のサポートの元、

「被害者アピールしてた時期もあって反省しました」

とは華原さん、今回こそ正真復活みたいだしそうあって欲しい。

 

「これからはフラットにいきたいと思わないんですか?」

という眞鍋さんに「思わない」ときっぱり。

「見習え!」と叫ぶ大竹翁だが、

恐喝犯人に言おうぜ。

「皆様のお陰」と言えるような皆様的場があれば

きっとなんとかなるはずだ。

 

| | コメント (0)

2014年3月18日 (火)

「絶対間違えない」突っ込み眞鍋さんのクイズ

 

「絶対に間違えてはいけないクイズ」ってどんなんだ

と思っていたら、例えばこんなの

妻のつくった味噌汁はどっちだ!

この第一問に挑戦するのは靴下を履かない石田さん。

 

でも家には靴下がいっぱい。

「テニスをする時とか」って

裸足でやらんかい!

アベベは裸足で金メダル取ったド。

 

それはともかく、

「絶対分かる」と自信のノーソックスだったが・・・

 

1403153_001_01

 

「絶対、ピンと来てませんよね?」

見届け人、眞鍋かをりさん、厳しい突っ込み。

なんたって偽物を作ったのは一流和食店の板長だ。

 

ってことで見事不正解。

二択で間違えるとは運がないが

「美味しいのが好きなんですね」と奥様、

優しいような厳しいような・・・

 

1403153_010_01

 

で、石田さん、出番終わったのに何で座っているのか?

これは最終問題のフリ。

そういえば巨人師匠、番組冒頭に

「後ろからでも先輩は声だけですぐ分からないかん」

なんて言っていた、これもフリ。

 

でも次に登場したのは「大丈夫か?」感満載の鈴木7さん。

「神」と敬う益若つばささんのコーディネートを見破れ!

「デビューのきっかけも益若さんなんですよね?」

話を引き出そうとする眞鍋さんだけど、

例によってオウム返しそのまんまの7さん。

 

1403153_019_01

 

「眞鍋さんに訊いた方が早いわ」

小藪座長の司会に応えて眞鍋さん、縷々説明。

「何でワシが説明せなあかんねん!」

「ワシ」とは言わなかったが概ね似た様な突っ込み。

 

1403153_027_01

 

そこで眞鍋さんが追い撃ち。

ライバルのコーデを選んで益若はんが激怒、

と「最悪のパターン」提示。

よっしゃと期待に応えた訳ではなかろうが

 

1403153_035_01

 

見事なまでのそのまんま不正解。

でも、靴がダサい靴下が変、なんじゃこのスカートはと

三つのコーデ全てに「ダサい」を連発してたから、

正解したとしてもお怒りだったかも。

 

そんなこんながありつつ全て滞りなく終了かと思いきや、

突然司会がノーソックス石田はんに交代。

面食らう小藪座長に最終問題。

後ろから声をかける二人、巨人師匠はどっちだ!

そんなん分かりますわと余裕こいていたら、

もう一人というのがプラマイ兼光!

 

さて他府県の人にどこまで通じるか分かりまへんが、

まぁ~区別つきまへんで。

 

1403153_041_01

 

てなことでいやぁ~眞鍋さん、

相変わらず美脚ですなぁ~

小藪座長?

間違えたに決まってまんがな、はい。

 

こんな次第でなかなかにオモロイ昼下がりでありました。

 

| | コメント (0)

2014年3月17日 (月)

ペテンで済むこと済まぬことありの「マネー」ペテン師選手権

 

さぁ、君はサムラカワチノカミを超えられるかと

「たかじんNOマネー」は世界ペテン師選手権

にぎにぎしく開催。

 

1403152_001_01
  

いやぁ河内守はやっぱ凄い。

マイホームを建てる時は間取りはこうで外壁はこうと

色々注文するが、それを「設計図」とは言わない。

せいぜい発注書若しくは注文書だ。

しょ~もないイメージの羅列を「詳細な設計図」と称し、

著作権取得に含みを持たせるところなどなかなかである。

 

1403152_017_01
  

対戦相手先陣は、医師でもないのに

「iPS細胞の臨床試験に成功した」

と発表してしまったハゲ。

 

山中先生は「勉強したハゲ」だがオッサンは「不摂生のハゲ」

とは黒田はん、謹言也。

大体なんであんな不摂生ハゲの言うこと信用するのだ

「僕は須田慎一郎さんの言うことは信じません」

国際弁護士の弁に

「やっぱ人ですかね~」と眞鍋さん。

「どーゆーこっちゃ」は須田さん。

 

1403152_023_01

 

発掘嘘のオッサンも「これソートーですよね」と

眞鍋さん、舌を巻くが

黒田はん、我が国最古の文明遺跡が

4万年前でも70年前でも「わぁっ!」

と驚くほどではないという。

 

「日本人はどこから来た?元々ここにおったらオモロイのに」

なんて無責任に言っていた当方、70万年前と聞いて

「わぁっ!」と驚いた。

嘘から出たマコトかと半信半疑だったが

やっぱ嘘だったのでちょっとがっかりした。

 
   

   
  

1403152_039_01
  

大体モテる男にはペテン師的要素がある、

と語気を強める黒田はん。

「俺みたいに何でも言う男はあかんのんちゃうの?」

黒田はんの問いかけに遠くを見ていた眞鍋さん

「うん」

 

1403152_050_01

 

「『うん』やあらへんがな」って

なんで怒るのだ黒田はん、

仰る通りと同意しただけではないか。

眞鍋さん、正直だし。

 

なりきりキューブリックなんてオッサンも出てきたが、

なりきりじゃないのに間違われることあるよと眞鍋さん

 

1403152_054_01  
  

 

タクシーの運転手に言われた

「女性にしか見えないですね」

んなアホなと思ったら、国際弁護士まで佐藤かよさんに

間違って挨拶してしまったことがあるとか。

どーゆーこっちゃ。

 

てなことでカワチノカミを超える猛者はなかなか現れず、

唯一人超えたのは吉田清治氏。

誰や?

つらつら思い返すにそういや最近ちょこちょこ聞くけど

読んだ事ないし、よう知らん。

従軍慰安婦強制連行を捏造?

 

だがしかし、この問題

オッサンの本が根拠の全てで

それが捏造だったのだから

全部デマだったのだ、

なんて言えるほど根の浅い話ではない。

 

国連など国際世論が強制連行じゃないならOK

と言ってる訳じゃないし

そもそも日本軍が来たからといって

イスラム教徒のインドネシア人やオランダ人の売春婦が

しめしめひと儲けと、ホイホイ湧いて出るはずもなかろう。

 

それよりこの話、一体いつまで引っ張るのだろう?

批判、反論は諸々あれど、アジア女性基金の事業によって

韓国以外では一応の決着をみたはずだ。

韓国での事業が不十分に終わった原因が

全て日本と基金の側にあったとは思えない。

 

だからといって、

首相の手紙に涙した元慰安婦の方もおられるというのに

「全部嘘でした、アッカンベー」

なんてこと、今さらできないだろう。

ノリ突っ込みじゃあるまいし。

それでどんな落としどころを得られるのか?

 

違いはあれど似たようなことを各国やってたのはその通りだが、

だったら良いのか?

原爆投下と無差別爆撃、民間人のシベリア抑留など

明らかな非人道的残虐行為に対し、

日本が賠償請求することはない。

敗戦国の悲哀であり断腸の思いであるが、だからといって

「お互い様でしょ?」で済まされてはたまらない。

 

人道問題に対しては

我が国こそ率先して範を示すべきであろう。

 

| | コメント (2)

2014年3月16日 (日)

桜の開花も近づいてきてのフィリーズレビュー

 

ふむ、ウォッカの仔、ボラーレは初戦7着か。

580kgの体重を持て余しているのか、

これだけデカいと最高速に届くのに時間がかかりそうだし

今後どういったスタイルで戦ってゆくのか、

まだ見極め中ってとこかな。

 

1403161_004_01

 

ってことで杉崎美香りん姐さんの「競馬BEAT」

最近、ブルーが多いような・・・と、

隣の麒麟さんも思っているのか

前向こうぜ。

 

先週、ハープスターを見てしまったので

桜花賞はほぼ決まりみたいな雰囲気になっているが

一着だけが競馬じゃないし、波乱がないとも限らない。

フィリーズレビューの見どころはそんなとこかと思いつつ、

なんか気になるベルカント。

牝馬だからソプラノかメゾかアルトのベルカント唱法

どんな歌声を響かせるのか。

 

さて、1枠だったのに鞍上の武さん、ハナを取らず

でも、人馬ともに不思議なほど落ち着いている。

ふっふっふ・・・我勝てり

勝手に確信した当方の思惑通り、とはいかず、

前を塞がれてダメかなと思ったら、

インをこじ開けてしてやったり。

 

桜花賞で1枠取れるとは限らないし、取ったとしても

大外から来るであろうハープスターには関係ない

ような気もするが

武さんのことだから何か策を練ってくるに違いない。

ちょっと期待。

 

蓬莱の明子はん、馬群からなかなか抜けられないな

と思っていたら、前が開いても出てこなかった。

力み過ぎてバテた?お陰で馬券の方は今日も大荒れ。

天気と一緒で想定外が多い今年。

次週のゴールドシップは?

あのメンツなら勝って欲しいところだけど・・・

ええ加減やからなぁアイツ。

 

| | コメント (0)

眞鍋さん、チーズと餃子の音楽談義

 

1403151_003_01

 

音楽番組の眞鍋かをりさんって数えるほどしか記憶にないが、

それも今宵はクラシック。

ただし、テーマは作曲家と食い物の「ラララ♪クラシック」。

ってことでチーズプロフェショナルの眞鍋さん、

チーズには千年以上製法の変わらぬものもあり、

歴史上の人物が同じものを食べていたりするのだとひとくさり。

 

1403151_016_01
  

しかしまぁロッシーニは贅沢である。

ヒレステーキにフォアグラとトリュフ載せって

大トロに松茸のっけてアワビの肝醤油で食うみたいな

しかし、試食した眞鍋さんによると意外に喧嘩はせず

良きハーモニーを醸し出しているそうな。

オッサン、よう売れとったし金もあったんやろ。

 

ヴェルディが「たまに作曲する農民」

を自称していたとは知らなんだ。

するとなにか、ヴィオレッタ・ヴァレリーのモデルは

近所の村娘だったとか。

まぁ眞鍋さんも田舎のコだから、

全くないことではない。

 

1403151_026_01

 

で、ロッシーニのオッサンが好物だったこのチーズ、

さぁなんでしょうのクイズ、「ゴルゴンゾーラ」と眞鍋さん、

当然のごとく正解。

「ブルーチーズにしては癖がなく、料理にも使えますよ」

 

いいもの食ってなさそうな病弱ショパンはしかし、

パリで人気になった頃はそこそこいいもん食ってたらしい。

でもやっぱり田舎者なので

好物はどう見ても餃子にしか見えないピエロギ。

 

1403151_029_01

 

ショパンを聴く度に餃子が記憶に蘇ってくるかもと眞鍋さん。

ピエロギだっせと軽い突っ込みが入ったけど、

どう見ても餃子なんだからいいではないか。

ただし

英雄ポロネーズを王将ポロネーズと言い間違えないようにね。

 

| | コメント (0)

2014年3月15日 (土)

ミステイクもええボケでっせの眞鍋さん

 

本日は眞鍋かをりさん出演番組が三本あって忙しい。

四本見られる地域もあるのかな?

一本くらいは録画で、なんて考えもあったのだけど

「絶対間違えてはいけないクイズ」がオモロくて

ガッツリ見てしまったら諸々の時間がなくなった。

 

でもそんなことばかりも言ってられないので

一昨日の「今、この顔がスゴい!」

 

1403131_003_01

 

テーマは一人旅。

一人旅といえばの眞鍋さん。

思い立ったらすぐ行くのだ。

人と予定合わせたりしてたら一生どこにも行けないぞ。

眞鍋的旅行哲学。

 

眞鍋さんの旅立ち時期とほぼ同じ年齢になった石川梨華さん。

移動中に携帯画面に集中。

移動中は移動していることそのものに集中しようぜ。

移動も旅だ・・・ってかそこが一番楽しかったりするんだけど。

移動は他人任せ、乗せられてるもの

的感覚が身についてるのかな?

 

1403131_017_01

 

ところで近所の銭湯にもよく行くという眞鍋さん、

オバハンと話したりしてると寂しくないぜとさすがアクティヴ

なのだが

そこでオバハンに勧められたのが「裸の王様」って

それ意味ちゃいまっせの突っ込みが。

正解は「おふろの王様」なのだけど、

軽いミステイクながらええボケ決まりました。

 

 

昨日は瀬戸内震源の地震があって愛媛も揺れた。

予想を当てた・・・かもしれない研究もあって結構な騒ぎ。

当たって欲しくない原発関係者や

当たって欲しくない人と連携してる人らが

そんなことあるかい的なことを言いだすかもしれないが、

少なくとも地震の活動期に入ってることは間違いなさそう。

貞観地震以降十数年の記録を見てもかなり不気味である。

 

眞鍋さんも驚いてブログを更新しているけど妹君のさゆり殿は

大したことなかった旨ツイートしておられたので

眞鍋さんの関係者には被害はなかったようだ。

とはいえ、被害を受けた方もおられるので

良かったとばかりはいえないが。

 

| | コメント (0)

2014年3月13日 (木)

突っ込み突っ込まれ眞鍋さんの「目線ダレ?」

 

1403121_002_01

 

「やめなさい」といきなり突っ込まれる眞鍋かをりさん。

なんか変なこと言ったのかといえばさにあらず。

そもそも閉店ガラガラ岡田さん、なんでパジャマやねん。

 

「パジャマでよかった」とは第一問映像が

グラビアアイドルのものだったから。

ゆったりしてるから(反応を隠す)?と

突っ込みは眞鍋さんの方。

 

そんなこんなの「目線ダレ?」

ベッドの上でグラビア撮影、シャワー映像も公開とあって

 

1403121_008_01

 

はたと気付いた眞鍋さんのグラビアアイドル講座。

人それぞれにOKラインとNGラインがあるのだ。

ほー

ガードが厳しい事務所だとベッドの上の撮影もNGじゃ。

さよか

ってことでこいつしかいないと眞鍋さん、正解。

 

お友達に「優の字入ってるけど何も優秀じゃない」

なんて言われていた手島さん、

もっと褒めてくれる友達呼んだら良かったのに。

 

1403121_021_01

 

第二問もズバリ正解眞鍋さん、

「嵐山に住んどるオッサン」

おぉ

・・・なのに

おぇい!と今度は突っ込み岡田さん。

ん?なんで不正解やねん。

嵐山に住んどる言うとったがな。

あ・・・氏名を答えるんだっけ。

 

渡月橋をジョギングする

元アイドルのマラソン芸人といえば

 

1403121_024_01

 

そやったぁ~やっちまったぜの眞鍋さんに

ノーリアクションの水沢アリーさん、アリッ!?

ブラマヨはんの番組でリアクションの勉強したはずなのに

ひょっとしたら森脇さんの名前と顔を見ても

誰だか分からなかったか。

 

まぁそんなこともあらぁ~ねでまた来週。

 

| | コメント (0)

2014年3月12日 (水)

餅にも色々眞鍋さんのゴールデンラジオ

 

ほう、眞鍋かをりさんの妹君さゆり殿、

早稲田を「サナダ」と読んでいたのか。

志望校だったのに。

「その段階でダメでしょう」とは厳しい姉上。

 

でも聖徳太子を「セイトクタコ」と、

ある意味見事な読みをした猛者もいるというから

上には上がいる。

デブだったからこんな名前付けられたのだ

との解釈も見事な突っ込み待ちのボケではないか。

 

20140311

 

てことで傾きポーズの眞鍋さんは

「大竹まこと ゴールデンラジオ」

まだ引っ張っているのか菱餅の形状解釈。

人体になぞらえた菓子は色々あるぞという話だが、

そういえば御手洗団子もそうだ。

 

本家下賀茂神社のそれは餅五つで一番上の奴だけ離れている。

五体満足の五つで離れているのは頭だ。

餅四つってのは偽物、じゃないがちと違うね。

捜したら色々出てくるだろう。

 

しかししかし、大竹翁、国際基準では

れっきとした聴覚障害者かもしれないという話。

顔面麻痺の薬の後遺症で

かなり激しい耳鳴りと付き合いながらの生活らしい。

眞鍋さんは気付かなかったというから

老骨の意地かあるいは慣れてしまったのか。

 

それはともかく例のサムラカワチノカミのお陰で

聴覚障害者にとんだとばっちりが寄せられている

という話はチラホラ聞く。

 

静かな場所なら会話も普通にできるが

ざわついた屋外だとノイズが激しくて聴き取れないとか

特定の波長だけよく聴き取れるとかで

聴こえたり聴こえなかったり。

なので「ホントは聴こえてるんじゃないの?」

と意地の悪い目で見られるという。

 

制度や仕組みを悪用する輩はどこにでもいるが、

たまにそんな奴が槍玉に挙がると

皆がそうであるかのような「○○叩き」が始まる。

弱者切り捨て、少数者、弱い者いじめを推奨する勢力が

一部にいることと無関係ではないような気がする。

 

だが、カワチノカミ、広島出身なのになんで河内守なのだ。

ん?読み方が違う?

それは失礼。

訴えられないように気をつけないとね。

 

| | コメント (0)

2014年3月11日 (火)

念仏を唱えてみたの話

 

観自在菩薩 行深般若波羅蜜多時 照見五蘊皆空

・・・・午後2時46分になったので唱えてみた。

念仏唱えるしかできることないし。

三年前も取り敢えず情報を遮断し、五回唱えた。

阪神淡路大震災の時の経験。

とんでもないことが起こったのは明らか。

それが何であれ受け止める心の準備が必要だ。

 

事実が明らかになるにつれ、

自分の為に念仏唱えてる場合ではないと思い立った。

失われた命の為に・・・とはいっても

僧侶ではないし鐘や木魚を打つ訳じゃない。

時間を見付けてぶつくさぶつくさやってるだけ。

他愛もないことだ。

変なオッサンと思われたかもしれない。

 

そんなしょ~もないことなのに、

一年を経てなお一万回に届かなかった時、鳥肌が立った。

般若心経なんてぶつくさ言うだけなら一分で終わる。

それでも一年で半分も追悼できないとは・・・・

一分で語り尽くせるはずもない生命なのに。

一万とか二万とか漢字二文字で終わらせていては

到底実感することはできないだろう。

写経だったら10年かけても終わるまい。

 

三年経って、取り敢えず二万回は超えたが

正確な数字などどうでもよい。

まだ終わっていない、現在進行中なのだ。

福島第一原発に至っては

当方が生きている間に収束することは絶対的にない。

排便すら自力では完遂できない身では何もできないに等しいが

何かできることはないか探しながら生を全うしたいと思う。

 

| | コメント (0)

2014年3月10日 (月)

眞鍋さん立候補せずの選挙悲喜こもごも「マネー」

 

「選挙を疑え」の「たかじんNOマネー」

「黒田さんは選挙行くんですか」と

さっそくの眞鍋かをりさん。

 

1403081_003_01
  

そら行きまんがな。

「小さなことからコツコツと」師匠や

タコ踊り師匠も立候補してたし。

「選挙権あるんですか?」「あるわっ!」は御約束。

 

ゲストの三橋貴明、堀江貴文、杉浦太蔵御三方は

いずれも立候補経験者。

当選経験なしが二名おられるが

「落選」とは言わない眞鍋さん。

カンペには書いてあったらしいけど

 

1403081_013_01

 

「悪意を感じるな~」と思っての配慮。

実際、勝てないと分かっていても

最後まで勝てると信じて闘うので

「落選したら地獄」と三橋さん。

 

あるある。

当選できる選挙区にしか候補者を立てないとこもあれば

挑戦区と称してとにかく立てるとこもある。

それでも陣営は勝利を信じる。

でないとやる気出ないし。

 

1403081_016_01

 

東京都知事選の雰囲気とかは分からないけど

「原発を取り上げない」をマスコミは徹底したという指摘。

郵政選挙みたいなブームは困る、組織票有利の展開に

って、ハゲ候補の為にマスコミが動いたみたいだが

がんがん文句いえば通るのだとか。

声の大きいもん勝ち?

 

原発しか言わない候補がいたのでそいつだけが得をする

ということかも知れないが、だからといって報じないでは

特定候補に限って報じないのと同じことになる。

それでは不公平だとなると、

結局何も報じることができなくなる。

盛り下げてどうするのだ。もっと盛り上げようぜ。

 

1403081_028_01

 

「あれ、いいんですか?」と眞鍋さん、疑問を呈するのは

「○○候補、圧倒的有利」みたいな選挙報道。

アンケートだからということでOKらしいのだが

あかんやろ。

明らかに投票行動を左右するし。

 

それにしても最近の選挙予想、奇怪なほどよく当たる。

基礎票のウン割を押さえたそうだから○万票、

で浮動票への食い込みが・・・などと取材を進めても

予想つかないことが少なくないのだが・・・

都知事選に関しては基礎票だけで当確ライン(?)

だったのかもしれないが。

 

1403081_031_01

 

さてネット投票、堀江さんは色々アイデアがあるみたいだし

「雪で行けない人もいたじゃないですか」と眞鍋さん。

当方みたいな身動きできない人間には有難いが

本人確認に不安が残る。

 

政策ごとに投票なんていっても何千ページもの資料を

皆が皆読み込んで深く検討する訳じゃないし

対立意見と両論併記でないと判断できない。

「議員は要らない」は無理だ。

 

1403081_045_01

 

三橋さんも堀江さんも眞鍋さんに立候補を勧めるけど

「うかんないですよ」と御本人。

大谷さんからも勧められると

「叩かれるようなことはなるべくやりたくないな」

これは正直眞鍋さん。

やめときまひょ。

 

| | コメント (0)

2014年3月 9日 (日)

佳境に入ってきたか花と競馬

 

いやいや昨日はチューリップ賞、

ハープスターが期待にたがわぬ勝ちっぷりを見せ、

ようやっとスター登場で乱戦模様に花一つ

って感じていたら

 

1403091_034_01

 

おぉ、「競馬BEAT」杉崎美香りん姐さんも華麗に花柄。

ヤバいほどの似合い方ってどーよ。

眞鍋さんも最近、花柄多いけど色合いは単色だったね。

で、足元の方もストレートに脚を出してきた姐さん。

 

1403091_016_01

 

全身が映る時はすっと右に流す

さり気なく落ち着いたふるまいで

かなり美脚に映ってまっせ。

眞鍋さんも最近はかなり落ち着いてきたけど、

落ち着きという点ではやっぱ美香りんさんが姐さん。

オッサン連中にサービスする必要は全くないけど

来週はかなり春めいてくるはずだ。

 

ってことで弥生賞もto the Worldが順当に勝ち

競馬界に落ち着きをもたらすか

って感じていたら

 

1403091_037_01
  

今週もビックリの姐さん、「仕事忘れますね」

to the Worldをぴったりマークのone & only

ワールドがワーッと前に出て決めに行くと

置いてけぼりを食った・・・と見せかけつつ

ラスト200メートルを越えたらエンジン回転数がMaxに

エッ!まさか?なんやねんアレ的加速でほぼ同着。

to the Worldの辛勝とはいえ、数センチの差だろう。

 

ハープスターはオークスではなくダービーに出るらしいし、

ひょっとするとワールドとオンリーとハープが

一緒に走るなんてことになるのだろうか?

だとしたらオモロなってくるやないかいフッフッフッ・・・

 

| | コメント (0)

2014年3月 8日 (土)

前向き眞鍋さんのセカホンとグローブトロッター

 

眞鍋かをりさんの旅のお供、

愛用のグローブトロッターも修理に出されるらしい。

グローブトロッターにこだわっていた眞鍋さん。

眞鍋さんと一緒に世界を旅してかれこれ

4年だっけ?

いつ購入したのかしかと記憶してないけどそんなとこ。

 

そんなとこといえば、旅といえばの

「世界行ってみたらホントはこんなトコ」

マダガスカル篇だった今週、

へ~2CVがまだ元気に走ってるんだ。

バブルの頃、高級車ブームへのアンチとして

敢えてこれに乗ってる人がいたが、

彼の地ではタクシーに使ってる。

オバハン同伴。

暇な時の話相手ってそんなんありか。

 

なんてくだりがあってのセカホンクイズ。

 

1403052_005_01

 

眞鍋さん、笑いをこらえながらのThe かぶせ。

ホントは日本の中古車なので日本語のナビが流れるのだが、

マダガスカルなのになんで東京の道案内しとんねん。

GPSはついとらんのか。

 

蘭仏英の植民地だったのでフレンチレストランもある。

蘭と英のレストランはないんかい。

あってもまずいのか・・・は定かではない。

でもカレーはあるぞ。

 

欧州人が来るまではインド洋は平和な交易の海だったし。

明が進出したこともあるが

朝貢貿易のスタイルにこだわったので赤字。

おもんないし止めじゃと撤退した後に欧州勢がやってきた。

 

なのでカレーも英の影響ではなかろう。

と思ったら、マダガスカルって

鰹漁が盛んなんじゃなかったっけと思い出した。

伝統製法の生節もある・・・・と思う。

 

1403052_012_01

 

ってことでセカホンクイズ。

彼の地の人は日本人の倍も米食うんだぜ

ってなフェイントの後にもかかわらず、

あれま、眞鍋さん正解してもうたがな。

 

ちょっと正解出すの早過ぎたか的眞鍋さん、

やっちまったか顔だったけど、

まぁ三人目だったからいいんじゃないかい。

 

グローブトロッターの中がガラガラだったので

アメリカ入国の際に怪しまれたらしい眞鍋さん。

ロスに行った時?カ-ドが使えなくなった・・・

そんなトラブルもあったんだ。

そんなことも楽しい思い出に変えてしまう眞鍋さん、

やっぱ前向き。

 

| | コメント (0)

2014年3月 7日 (金)

旅レットキャンペーンの眞鍋さん

 

眞鍋かをりさん、昨日は「旅レット8キャンペーン」

パーティーに出ていたんだね。

http://news.mynavi.jp/articles/2014/03/07/ms_his/001.html

勿論、飲めや歌えの大騒ぎってことじゃなく

ゲストとしての登場。

 

飛行機に飛び乗ってからスマホでホテルの予約をしたりと

タブレット端末を使いこなしてきた眞鍋旅。

マイクロソフトとHIS共同のこのキャンペーンも

W8.1搭載のインチタブレットを使うもの。

眞鍋さんはまさにどんぴしゃりの適役。

ガラケーとiPad二台持ちの方がいいぜって意見もあるしね。

 

N1403072_2

 

眞鍋さん、相変わらず脚細くて長いわ。

二社共同で生まれたアプリ

「集めて旅するCollectTraveler」を

「私にとっても嬉しいアプリ」と

その使い方を詳しく語ったようだけど

一番のワガママ旅はスイスだったとか。

 

どっちだろう?

杉崎美香りん姐さんとの二人旅か

「アナザースカイ」で行った方か

まぁいいや。

眞鍋さんの旅シリーズ、まだまだ続きそうだ。

 

| | コメント (0)

2014年3月 6日 (木)

罰ゲームもドンマイ眞鍋さんの「目線ダレ」

 

昨年の年末、忘年会気分で放送された「目線ダレ」

ツキギメで復活したのだが、「視聴者の目線が」

と語る閉店ガラガラ岡田さんに

「目線と目線をかけたんですね。なるほど」

と眞鍋かをりさん。

 

1403051_006_01

 

前回も眞鍋さんのフリで始まったので

これは御約束のパターンか。

 

中身的には今回も目線カメラの映像で

装着主が誰かを当てるもの。

一問目、これは武井壮さんでしょうと思ったら

眞鍋さん、サッカーの武田さんと間違えた。

 

1403051_017_01

 

でも、二問目で雪辱。

親が大スターで歌手で海外留学の経験があって・・・・

 

1403051_009_01

 

そういえば…と呟く眞鍋さん。

「ゴシッパーですか?」(岡田さん)

「まぁゴシッパーです」って、

なんでんねんゴシッパーって。

でもIMALUさんてローバーミニに乗ってるんだね。

もうローバーじゃないけど。

 

1403051_030_01

 

でも一問目を間違えたので眞鍋さんにも罰ゲームが。

青汁的なジュースを飲まされるのって久し振りの様な

二十歳頃に出演した「GO!マウス」

くらいしか思い出せないのだけど、

眞鍋さんもちょっと不安そう。

 

1403051_023_01

 

ドンマイです眞鍋さんっ!

気を取り直してまた来週。

 

| | コメント (0)

2014年3月 5日 (水)

雛祭りのetc.は多言無用の眞鍋さん

 

「お前ら息吸わなきゃいーじゃないか」

いきなり強気の大竹まこと翁。

花粉の季節到来だが、鶏を抱いて育った翁、

花粉なんてへっちゃらなのだ。

一方、朝起きて目を開けようとすると

目ヤニでバリバリと音を立てる眞鍋かをりさん。

翁は「寝なきゃいーじゃん」って、なんでやねん。

 

20140304

 

でも眞鍋さんは上機嫌。

服は先週とそっくりだけど胃の痛みは遠のいたか。

って感じの「大竹まこと ゴールデンラジオ」。

 

夕方まで今日がその日と気付かなかったらしい眞鍋さんだが

眞鍋家の雛人形は三人官女と五人囃子までの三段だったそうな。

三人官女を三人の患者と間違えていた大竹翁。

「病院じゃないです」と眞鍋さんごもっともだが、

三人の間者よりはイイかも。

成敗しないといけないし。

 

だからという訳ではなかろうが、妹のさゆり殿、

雛人形を恐れてその前を通れず、結果、

トイレにも行けなくなってしまったとか。

間者め。

そこへゆくと髭男爵んちのには間者はいない。

それどころか官女も患者も五人囃子もいない。

「貧乏もやってみるもんだね」と大竹翁。

いいではないか、愛があれば。

 

眞鍋さん、菱餅の形状の話から突如「フロイトちゃん」に変身。

真面目に由来にまつわる説を語ろうとするのだけど、

オッサン達には下ネタなのでヤメレの大合唱かと思いきや

「だったら菱餅は縦に飾れ!」って、

どさくさまぎれに火に油の大竹翁。

油断ならん。

 

 

憲法集会は政治的公平性を侵すと

教育委員会が講演を断った話。

憲法や平和を争点化する政府が現れたので

国民的合意ではなくなったと湯浅誠さん。

なので触れずにおこうとすると

「天気の話しかできない」と大竹翁。

「クレームに気を遣っているのではないか」

と眞鍋さん言うように、

ナチの突撃隊みたいな連中が跋扈し始めた。

 

「マネー」でも中立性のボーダーラインが

分からなくなることがあるという眞鍋さんだが、

両論併記を徹底するしかないね。

言論暴力に怯えて唇寒しではロクな事にならない。

 

内田樹さんではないが当方も寿命はあと僅か。

時流に便乗して騒ぐ気は一切ない。

「戦争したけりゃ外国の脅威を振りまけ」

「多数派をとりたきゃ知性ではなく、バカの感情に訴えろ」

ヒトラーの格言にホイホイと乗る愚だけは避けたい。

 

| | コメント (0)

2014年3月 4日 (火)

眞鍋脳の威力みせたジェンダー討論

 

ニコ生での生放送「マナベにマナブ~ジェンダーって何?」

国際協力の「なんとかしなきゃ!プロジェクト」のイベントだが

眞鍋かをりさんは進行役。

伊藤公雄京大教授の基調報告の後、各NGO代表、

え?学生さん?なんて人もあり~のの報告を受けての討論。

 

眞鍋さんは流れてくるコメントを見ながら進めるのだけど、

まずは人の話を聞けよ

ってことなので途中のコメはテキトーなのが多い。

どこへ行ってもワンパターンの受け売りフレーズを

飽きもせず繰り返すしか能のない○○も混ざっている。

 

そんな中で素早くポイントを見付けだした眞鍋さん、

インドやイスラム圏の例が出たけど文化の違いがある。

ジェンダーといってもどこで線引きしたらいいのかと問題提起。

そりゃそうだ。

 

国際協力なのだから協力して欲しいという主体が

それぞれの国になくてはならない。

なんもないのに俺のいうことをきけでは国際協力ではない。

「イラク解放」とか言って攻め込むのと変わらない。

 

伊藤教授は多様性は認めなければならないが

と条件をつけつつ非暴力と人権をあげる。

その「人権」の線引きが問題なんだけどね。

サウジなんて女性一人では入国すらできないというし。

 

自由に入国できるのに外国人の性暴力の被害者が

独身の癖になんだ、イスラム法に反すると有罪になった

ってドバイの話みたいになるとそれは違うだろうと言える。

そんな国に観光に行けるかと国際社会の圧力もかかる。

それか国内で高まる人権運動を助けるか

しかないんじゃなかろうか。

 

眞鍋さんも驚いていた日本国内での人身取引被害。

「騙されて抜けられない人も含まれているんですか」

と言っていたけど、これは「マネー」でも出た話だね。

家出少女を風俗で働かせる闇組織。

国際的ネットワークを持ってるのも知られている。

悪い組織は何処の国にもあるし。

 

さて日本での女性の管理職登用や高等教育など

ずいぶん進んだように見えて外国はもっと進んでいるらしく

どんどん追い抜かれてジェンダーランキングはかなり低い。

女性が働き続けられる仕組み作りが大切だと

伊藤先生おっしゃる通りの説。

 

働き続けるのもよし、家庭に入るのもよし、

オッサンが主夫になるのも結構、

「フリーに選べるようになればいい」

との眞鍋さんのまとめは御見事。

時間内にきっちり落としどころを作った。

やっぱ眞鍋さん、集中すると脳の回転早いわ。

 

| | コメント (0)

2014年3月 3日 (月)

日曜競馬は順当と思いきやの大波乱

 

三月に入って杉崎美香りん姐さんも阪神に移動。

おっとの眞鍋ブルーに足元はブーツなし・・・春景色か。

 

1403021_004_01

 

「競馬BEAT」も穏やかに・・・は始まらなかった。

伊丹Sでいきなり12番人気がトップゴールで

これは先週に続き大波乱の幕開けか。

なんせサダムパテックが最下位人気の中山記念ってどーよ。

「最下位人気に恐怖」の麒麟・川島君。

 

阪急杯にもコパノ一族が出ていてコパノリッキーに続いて

またまた一発かましたりして、一枠引いたし、

なんて思ってたらホントに来てもうたがな。

おまけにこっちのコパノも横綱相撲。

ゴール手前で後続を引き離す二段加速のポールトゥウィンだ。

 

どないなっとんねん。

まぁ二番人気だから大番狂わせではないし、

勝てる力はあったんのだろうけど

先週のリッキーといい今週のリチャードといい

コパノ一族調子良過ぎ。

 

しかし、小倉ではブービー人気が勝ち、

ひょっとするとサダムパテックの逆襲あるかの中山記念

だったけど、それはなし。

喋りはオッサンの横山ジョッキー、内うちを廻ってラスト直線、

こじ開けるようにインから脚を伸ばして

ジャスタウェイを勝利に導いた。

 

なんだ・・・と思ったら

 

1403021_009_01

 

MCのお二人この表情。

WIN5的中はアリャマの約一名。

2億円だってさ。

こんなところで運を使い切ってどうするのだ。

やむをえん、拙者が引き取ろう・・・って奴が一人はいるだろう。

断られるだろうけど。

 

 

ところで今日はやしきたかじんさんのお別れ会。

3700人が弔問に訪れたそうだけど、

著名人が集まる夜の部、眞鍋さん出られるのかなぁ。

「台本が上がっていない」と司会の宮根誠司さん。

多少の波乱があっても天国のたかじんさん、

ワイン片手に爆笑してそうだけどね。

 

| | コメント (0)

2014年3月 2日 (日)

「なんとかしなきゃ!プロジェクト」ニコ生放送に眞鍋さん

 

眞鍋かをりさんのFBに

「なんとかしなきゃ!プロジェクト」

てのがリンクされて、んが?と思ったら

眞鍋さん、同プロジェクトのイベントに出演、

ニコ生で放送されるのだ。

 

同プロジェクトHPの告知ページによると

イベントは4日、つまり明後日で応募は締めきられている。

学生限定なので卒業済のオッサンには

そもそも応募資格がないのだけどね。

ニコ生の配信は同日19:30~21:00で、

「マナベとマナブ」ってまだ使いますかのお馴染みフレーズに

「眞鍋かをりのジェンダーって何?」というテーマ。

視聴はニコ生のなんとかしなきゃ!プロジェクトchで。

 

同プロジェクトは期間限定の国際協力事業のようで、

著名人メンバーの中には藤原紀香さんや富永愛さんら

国際協力や社会活動でも知られる方々の名前がある。

こーゆーとこにも呼ばれるようになりましたか眞鍋さん。

とかなんとか言いつつ、そうだ

ニコ生に登録してなかったわと気付き、

慌てて登録した次第。

 

| | コメント (0)

不穏な空気だけど「マネー」信用できるかアメリカ特集

 

「アメリカは信用できるのか」

がテーマだった「たかじんNOマネー」。

と思ったらオリンピックが終わったばかりというのに

ウクライナに対しロシアが軍事介入の動き、

というか既に軍は動いている。

番組でオバマ政権の弱腰外交を批判していた青山繁晴さん

だが、さすがに相手がロシアでは即武力で対応とはいくまい。

どうなることやらだが気分が暗くなる話。

 

1403011_006_01
  

でも、番組収録時点ではまだ起こっていなかったこと。

なので眞鍋かをりさんも明るくスタート。

黒田はん、前向きなはれ。

 

ただ、なんとなくモヤモヤ感が残ってしまったのは、

「信用できるか」の主語がいつの間にか

「安倍政権にとって」に代わってしまったからか。

安倍さん絶対支持の人なら「アメリカなんでやねん」も

そうでもない人にとっては「日米関係を壊すな」になるし、

反対派の人には反対派のスタンスがあろう。

日本国民にとってどうなのかの議論がないと

信用できるかどうかの検証にはならない。

 

1403011_017_01

 

そんな中、「明治維新の頃みたいな」

「治外法権みたいな」ことかと思っていた 

と眞鍋さん、黒田はんが顔を見合わせたのが

米兵犯罪の話。

 

日本側が要求すれば即、身柄引き渡しが行われ、

捜査権も第一義的には日本側にあるなど、

最近は変わってきたことを青山さんが指摘。

ただし、繰り返される犯罪に対し折衝を続けてきたからで、

青山さんも「言わなきゃダメです」。

 

1403011_023_01

 

冷戦時代は米ソ外交が世界を動かす面もあったのだし、

アメリカが対中関係を重視しても不思議じゃない。

重視したから仲良しってことでもない。

ただ、余計な紛争は起こして欲しくないという腹があって、

その点で安倍さんと食い違いがあるような気がするのだが

どうなんだろう?

 

スタジオではオバマは信用ならんが多数で

元国務省のケビン・メアさん

「もっと自信を持って下さい」

「あまり好きじゃない彼女に言うみたいな」

と眞鍋さん。

案外、的を射ていたのかも。

 

ってことでちょっと消化不良の感はあったけど

まぁこんなこともあらぁねで次週に期待しまほ。

 

| | コメント (0)

2014年3月 1日 (土)

FB眞鍋さんの思い出

 

目をつぶって自転車を真っ直ぐにこげるか

やってみた眞鍋かをりさん、

自転車ごと用水路に落下したそうな。

その用水路、ストリートビューで見られるとFB眞鍋さん。

用水路の横は青々とした田んぼ。

当時のままみたいだね。

 

目をつぶって・・・ではなく、自転車で暴走し、

用水路ではなくどぶ川に突っ込んだ事がある当方。

横には田んぼではなく畑があり、その先に養鶏場もあった。

だが、道路の反対側は山のてっぺんまで岩肌むき出しの造成地。

畑も養鶏場もやがて姿を消した。

宅地開発に合わせた道路の拡幅で風景も一変。

昔の面影はない。

 

どぶ川から這い上がった当方を親切なオバハンが助けてくれて、

代わりの服まで着せてくれた。

すぐにお礼に行こうとしたのに、

自転車のハンドルが動かなくなっていて途中でコケてしまった。

で、どうしたか、肝心の部分の記憶が抜けている。

なんでやねん。

 

眞鍋さんが落ちた頃は

開発ラッシュは終わっていたのだろう。

だから風景も変わらない。

変化の坩堝に投げ込まれると

ただただ流されるか

アイデンティティーを維持しようとするか

なんでやねんと変化のメカニズムや方向性を知ろうとするか

自ら変化を求めて旅立った眞鍋さんも似たようなもの

・・・・だろうけど帰る場所がある。

いーではないか。

 

で、落ちてずぶぬれになっただろう眞鍋さん、

その後どうしたのだろう?

 

| | コメント (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »