« 状況深刻な大雪被害 | トップページ | どうなる女王の輝き »

2014年2月17日 (月)

「とくダネ!」がやったらしい

 

伊藤隼也さんが積極的に動いていたのでやるだろうなぁ

と思っていたらやっぱりやったらしい「とくダネ!」。

「らしい」というのは視るつもりでいたら

早起きし過ぎて二度寝して

肝心の場面を見落としてしまったというお粗末で。

 

なんのことかといえば豪雪被害報道。

山梨はフジテレビが映らないらしいが

ケーブルで見た人がいたらしく

「初めて真っ当な情報が流れた」

「他局は猛省せよ」のツイが。

 

そのせいかどうかは分からないが昼のニュースでは

現地との温度差が若干縮まったように思える。

「とくダネ!」のスタッフは徹夜だったらしいが

さすが災害報道に強い「とくダネ!」だけの事はある。

NHKを超えた。

 

だが、千を超えるともいわれる孤立地帯には

まだカメラクルーは入れない様子。

現地の人々が撮影したネット経由の映像の他は

空撮に頼るしかないようだ。

  
  

Bgkjjdeciaatzlt

 

これもネット経由の一枚。

電信柱のあたりが道路らしいのだが、雪崩で埋まっている。

山梨県大月市賑岡町奥山の中村という所。

木と雪ばかりでどこが民家かも区別しにくいが

こんな所が無数にあるらしい。

 

山梨に投入された自衛隊は練馬の隊らしいが、

夏用の手袋でマフラーもしていないと

心配する地元の声があった。

富士河口湖町に到達した偵察隊も

レンジャーどころか特科の隊員たちだった。

 

スキーの上級者で編成したのだろうか?

御苦労なこと極まりないが、

装備もちゃんと揃えたれよ。

そんな装備で上の写真みたいなとこに投入されたら

病人が出るぞ。

 

ハウスの倒壊で農業被害も甚大。

甲州ワインも大打撃だ。

被害の実態が明らかになって初めて

「わっ!大変だ」みたいなことにならないよう願いたい。

 

|

« 状況深刻な大雪被害 | トップページ | どうなる女王の輝き »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 状況深刻な大雪被害 | トップページ | どうなる女王の輝き »