« どうなる女王の輝き | トップページ | 中華思想と大人思想の間 »

2014年2月19日 (水)

雪と金メダルと眞鍋さんのゴールデンラジオ

 

オオッ!眞鍋かをりさんの首に金メダル。

そーかソチのかんじきマラソンで優勝したのか。

な訳ないか。

 

20140218a

 

「大竹まこと ゴールデンラジオ」のプレゼントだって

なんと豪勢な話ではないか。

だが、合点がいかない表情の大竹翁、

先週、雪ではしゃいでしまったのを後悔してるそうな。

 

冬眠から覚めた熊五郎男爵は

暑いので貴族らしき衣装は帽子だけ。

裸族の酋長か。

だが、雪で電車が止まり、違うバスに乗ってしまったりで

帰宅に三時間を要したそうな。

体温で雪を溶かしながらの行進、御苦労さま。

山梨に応援に行けば良いのに。

 

本日正午の段階でも未だ2500世帯が孤立。

もう五日だぞ。

「家から出られないお年寄りの方が多いから心配」

と眞鍋さん。

月曜になるまで交通情報くらいしか報道されなかったことに

大竹翁は大いなる疑問符。

地元からも「どうなっているのだ」の声が

ツイッター上に溢れていた。

 

一方、「ヒーローですよ」と番組も絶賛のヤマザキパン。

何日も立ち往生を余儀なくされた車列の皆さんに

パンを配ったりの活躍。

委託業者ではなく自社配送だからできるのだ、

と眞鍋さん、さすがの解説、その通り。

 

一方、越後の龍、新潟除雪車軍団も

西に東にと獅子奮迅の活躍。

路上ロータリー車なんての初めて見た。

スゲー

群馬、山梨からの要請に応じたものだが、

「雪を割ってでも援軍に参る」との

上杉謙信公もかくやの雄姿である。

 

ところで吃音のゲストが登場されて、

顔面筋の減少によりまともに喋れなくなってしまった当方、

言いたいことが山ほどあるが、指が動かないのでこの辺で。

(バレンタインカードは当方にも無事届いておりますよ)

 

|

« どうなる女王の輝き | トップページ | 中華思想と大人思想の間 »

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« どうなる女王の輝き | トップページ | 中華思想と大人思想の間 »