« 没してなおの気遣い、たかじんさんから眞鍋さんへも | トップページ | ついでの思い出話 »

2014年1月12日 (日)

アリャリャの事件

 

アリャリャ!?BDレコーダーがつむじを曲げている。

残る手立てはアレだが、

「競馬BEAT」の録画が消えてしまうかも。

「ええかげんにせい!」

と騒いだらたかじんさんみたいだ。

 

思い起こしてみると

「味の素がない」事件も「一味くれ」事件も

「まぁええやん」的な小さなことが

たかじんさんにかかると大騒ぎになってしまう。

 

「一味くれ」事件はラジオの生放送で

たかじんさん自身が語るのを聴いていたのだが

餃子のたれに一味唐辛子を欠かさないたかじんさんが

店員に「一味くれ」と頼んだのが発端。

 

何を聞き違えたのか中国人らしき店員が

「差別するのか」と答えたもんだから

「誰がそんなこと言うとんねん」

激怒するたかじんさんに店員が110番。

やってきた警察官がたかじんさんに

「まぁ落ち着いて」

「落ちついとるわっ!」とたかじんさん

「俺はな、『一味くれ』ゆうただけや」

ホテルに帰った後も腹の虫がおさまらず

「あの巡査捜せ」

とマネージャーだか付き人だかに指示。

夜中じゅうかけて捜しだし、文句言いに行ったという話。

 

1401121_039_01

 

競馬といえば馬主でもあったたかじんさん。

でも、購入した三頭、結局まともに走ったのは一頭もなし。

「騒ぎを起こして警察沙汰になるのは三十歳までや」

「四十、五十になってそんなことやっとったらカッコ悪いぞ」

と言いつつ

「俺は52歳で警察沙汰になった」

 

競馬も事件も最後は自虐風にオチをつける。

暴言といっても威張りっ放しではない。

だから笑えるし憎まれない。

そこんとこ、分からずに真似してもダメだよな。

 

なんて言いつつ・・・・アッ

やっぱり「競馬BEAT」が消えてしまった。

杉崎美香りん姐さん、

今日はとびきりいい表情をしていたのに

残念!

でも、暴れずにおこう。

 

|

« 没してなおの気遣い、たかじんさんから眞鍋さんへも | トップページ | ついでの思い出話 »

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ごめんなさい。例によって、この場に書かしていただくことではないのですが、今になっても、成人式を仮設住宅で迎える方がおられるそうです。
この国の行政は何かおかしい…。

投稿: MNB33 | 2014年1月12日 (日) 23:13

いえいえ、そういうお話、どんどん書き込んでいただいて結構です。当方、京阪神に避難されている皆さんと一貫して連帯しておりますので。

投稿: KenNagara | 2014年1月12日 (日) 23:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 没してなおの気遣い、たかじんさんから眞鍋さんへも | トップページ | ついでの思い出話 »