« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月31日 (金)

検索アクセスの話

 

ココログのアクセス解析が変わるということで

どうなるのかの様子見もあり~の

検索ワード・フレーズの多い順まとめは中断していた。

続けようと思えば続けられる気配なのだが、

以前の様な形でやるかどうか、ちと考え中。

 

この一月は過去最多のアクセスがあったのだけど、

勿論、「逃走中」での眞鍋かをりさん逃げ切り成功と

やしきたかじんさんの訃報があったから。

検索フレーズでもこの二つが圧倒的に多く、

「ごきげんよう」「ハッとしてキャーな話」

「ヒルナンデス」「ビブリオバトル」など出演番組が続く。

 

ただ上の二つが桁違いに多いので

単純に順位をつけても意味がないような。

眞鍋さんにとって良いこととそうでないことが

同時に起こったこの年末年始。

眞鍋さんは前向きに乗り越えてくれると信じるし、

励ましの言葉は送り続ける。

でも、それしかできない。

 

なのでこの件を当ブログ的に引きずるのは止めておく。

眞鍋さんを信じて眞鍋さんに任せようと思う。

別段、急ぐことでもないし、ゆ~っくりでいい。

慌てず騒がず、静かに見守ってゆきたい。

ただし、いつでも飛びだせる態勢で。

 

ってことで

一月度検索アクセスのまとめとしてはこれくらいで。

 

来月で旧タイプのアクセス解析は終了し、

蓄積データは継承されない。

累積アクセス数が99万件くらいで止まりそうで

何ともちゅ~と半端な感じ。

まぁいいけど。

 

ただ、新解析に出てくるアクセスの男女比、

70%近くが女性ってホンマかぁ?と疑問大。

オッサンギャグが女性受けするとは思えないのだが

・・・・まぁいいか。

 

| | コメント (0)

2014年1月30日 (木)

「愛媛じゃがね」眞鍋さんの名演技

 

地元を愛する芸能人大会ということで

眞鍋かをりさんは愛媛代表で出演「ナカイの窓」

 

1401291_010_01

 

大阪の千林商店街(どこやねん)に行ったらね

「オバハンしかいてない」

で?オバハン何してるの?

「取り敢えず自転車乗ってますわ」

なんやねんそれ

 

てな感じのどこか自慢やねん的な

中川家・礼二さんのひとくさりがあっての眞鍋さん。

 

1401291_002_01

 

「愛媛じゃがね」とまず一発かましたものの

あまり愛媛のイメージないね、出してないんじゃない

・・・・って、そんなことあるかい。

47クイズでも愛媛代表だったし、

局は違えど同じチャンネルで放送の「ケンミンSHOW」

5年以上前から愛媛代表で出てるの知りまへんか?

眞鍋さんが二十歳の頃から西条の話、

色々話してるの視てるけどなぁ・・・・・

 

1401291_018_01
  

と思ったら、アリャリャどうしました眞鍋さん、

「出してなかった」って、んなことないでしょう。

 

どうやら冒頭、中居正広さんが「そうでもない人がいる」

なんて言ったように、

「そうでもない人」を捜すのが真の狙いだったみたい。

それも、大きい声では言えないが、

台本的にはコイツと決まっていたっぽい。

つまり、眞鍋さんはその前フリ役だった訳。

 

1401291_026_01

 

なので言ってしまったのは「それ『だけ』は」発言。

怪しげなそぶりをしないといけないんだけど、

これだけは譲れないぜ、みかんは愛媛産だぁっ!

なんせ箱買いしてるもんね。

 

でも、友近姉さん、

そんなに絶対的な愛媛利権持ってるのかな?

すんごい大阪弁なんだけど。

まぁいいや。

 

1401291_042_01

 

ってことで愛媛の男性と結婚したいかどうか

って無茶ぶりに?マークが二つ三つの躊躇っぷり、

これも眞鍋さんの名演技ってことで間違いなし。

御見事でした。

 

でも、郷土愛満点眞鍋さん、

本音では不本意だったかもね。

 

| | コメント (0)

2014年1月29日 (水)

風邪にも負けず眞鍋さんのゴールデンラジオ

 

ムッ、眞鍋かをりさん、熱を出していたとな。

誰かに熱を上げてということではなく、

39度の発熱だったそうな。

でも一日で直ったと。

昨年末にも似たようなことがあったような・・・・

うめの散歩の時、落ち葉や汚泥が溜まってる所には

近付かない方がいいと思うなぁ、念の為。

 

20140128a

 

うめといえば梅が咲いたとかで日中は暖かくなって

取り敢えずは元気そうな眞鍋さん。

 

一方、大竹まこと翁は

ノロウィルスだのインフルだの流行ってて

「歳で弱ってるからね」と、警戒感露わだが

「シャレにならないですから」とは眞鍋さん。

いやいやシャレでしょう。

爺さん、なかなかコケそうにありません。

 

さてさてNHK会長の酔っ払いみたいな会見、

さっそく欧州で懸念の報道。

米は元からだが、ここんとこ欧州世論がきつい。

特に「政府が右というものを左とは言えない」

って部分に驚いている様子。

 

集団的自衛権で米と手を結べば

相殺できるという読みなのだろうか?

でも集団的自衛権で日米同盟強化って

オバマ政権の政策じゃなくて前政権の政策じゃなかったっけ?

読みが外れてる予感大。

日米同盟 vs 中国の図式には

そのまんまの形では乗ってこなさそう。

 

NHKに限らず報道とは両論併記が基本。

「重大な気がするねぇ」と思うのは

大竹翁だけではないだろう。

 

NHK経営委員のオバハンの哺乳動物として

女は育児と家事に専念するのが当然的発言には

湯浅さんが噛みついた。

眞鍋さんは子育てと仕事が

両立できない状況をこそ改善すべきだ

という主張と理解したみたいだけど、

そーゆー趣旨のことは全く言っていないらしい。

 

哺乳動物だけどライオンの母親はよく働くぞ。

親父はテリトリー防衛に専念していて、

敵が来ない時はボサーッとしてるが母ライオンは

子育てに狩りにと忙しいったらありゃしない。

1950年頃は日本人の80%が農民だったが、

女房が家から出てこないんじゃ田植え稲刈り大変だ。

 

赤ん坊をおんぶしてでも野良仕事

なんてのは貧しかったからで、

これは今と変わらないね。

 

何を言っても安倍さんが守ってくれるから

って感じだけど安倍さんは誰が守るのだろう?

読みを間違えると気付いたら

グローバル社会の孤児になっていたってなりませんように。

 

 

 

ところでiTuneがおかしくなって

再インストールしようとしてもエラーばかりという由々しき事態。

来週、聴けるか不安。

 

| | コメント (0)

2014年1月27日 (月)

色々見えてきたかポストオルフェーヴル

 

アメリカJCCといえば一昨年のルーラーシップを思い出す。

最強の騎士にふさわしい凄い早さだった。

その年のJCでも伝説ともいうべき女王と王者の対決、

上がり32秒台の高速勝負をする中で、実は

上がり最速だったのはルーラー卿。

いかに最強といえど、決して王にはなれない

騎士の宿命を感じさせたのもルーラー卿だった。

 

1401261_008_01

 

思い出話はそれくらいにしての「競馬BEAT」

「美馬ちゃん」なんて(局アナの方の)川島君に呼ばれてしまった

美馬怜子さん、久し振りのゲスト登場。

本名なのかそれとも競馬ファンだからの芸名なのか

どっちでもいいけど皆さん四歳馬推し。

 

いやいやここはヴェルデグリーンでしょう。

「中山が好きという感じが出ている」(高橋賢司さん)

「分かりますか?」(杉崎美香りん姐さん)

「言ってみただけ」(「だけ」かいっ!)

なんてやり取りもあり~のだけど、外がいいよのデータ通り、

コーナー途中から外に持ち出し、仰る通りの外差し。

あれ、ホンマに勝ってしもたがな。

 

しかし四歳馬諸君も僅差で頑張っていたから

まぁいいとしようではないか。

 

1401261_012_01

 

眞鍋さんカラーのブルーで決めた美香りん姐さん。

麒麟の方の川島君加入でトークは盛り上がるのだが、

生放送なので、姐さん、進行に気を遣うことも多くなったような。

どうってことないだろうけど。

 

どうってことありそうなのは来月の産経大阪杯。

キズナ、エピファネイア、メイショウマンボが激突する。

去年通りの走りをするとは限らないから

いい見本市になりそう。

 

前年通りの走りができなくなった見本みたいなのが

昨年のジェンティルドンナだったけど

そのお陰なのかスタミナ勝負ができるようになった。

今年もドバイに行くみたいだけど、

やっぱり切れ味で勝負して欲しいような。

 

昨秋休んだフェノーメノの復帰戦は三月の日経杯。

宿敵ゴールドシップはどうするのか?

新旧対決と共に見どころになりそうだ。

 

| | コメント (0)

2014年1月26日 (日)

「マネー」儲け話SPと眞鍋さんのひとこと。

 

さて「たかじんNOマネー」は儲け話SP。

本来新春第一弾として予定されていたもの。

 

1401251_003_01

 

「第三回目を迎えることができました」という

眞鍋かをりさんの声もそれ故に明るい。

 

「話が小さい」と言われながらのゲスト、荻原博子さん

「堅実なのをお願いします」という眞鍋さんにしたがって

ふるさと納税とはこれまたまさに堅実。

 

1401251_012_01

 

でもよく聞いてみると、3万円をふるさと納税すると

税金控除となるので2万8千円が還付される。

ふるさと納税を受け取った自治体からは5千円相当のお返し。

1万円ずつ三自治体にふるさと納税すれば、

1万5千円相当の商品が貰えてコストは2千円。

「小さい」といえばそれまでだがリスクゼロで確実に得する。

 

長野県阿南町みたいに3万円の納税で米60kgも貰える所も。

「転売したらもっと儲かる」の声に

「それ、ヤミ米ですよ」と眞鍋さん。

でも、一人暮らしだったら2年くらい持ちそうだ。

 

1401251_014_01

 

でもその後は、

売りに出てるタクシー会社を安く買い取って喫煙タクシー

って「車余ってるのにわざわざそんなの呼ばん」。

 

最低10億のキャッシュが用意できれば

六本木の土地を買い占める。

第二六本木ビルの計画があるから・・・って

「そんな計画はない」と一蹴。

提案者の森永卓郎さんが「がっちり」なんてやるもんで

眞鍋さん、「番組違うよ」とひと声。

 

なかなかいい話はないなぁと思っていたら

「基本的に『上手い話はない』が弁護士の立場」

と言いつつ八代はん、TPPで著作権保護期間が延びるかも

ってことはそろそろ切れそうなのに目をつけといて、

延長前に買っておけば・・・・

 

1401251_037_01

 

「それどこに行けば売ってるんですか?」

思わず本気質問の眞鍋さん。

狙うは今年切れる東京オリンピック映像の著作権

・・・・売ってくれないと思う。

 

1401251_044_01

 

そんな眞鍋さんの提案はYouTube。

広告表示の契約をしておけば

1万回の再生で1千円の収入、100万回なら10万円。

マーケットは全世界だからまんざら不可能ではない。

現にそれで飯食ってる奴がいるのだと眞鍋さん。

 

ビックリドッキリ衝撃ネタでなくても

ペット映像とか日本のキャラ弁なんかもうけてるよ

って話に黒田はん以外は乗り気。

 

1401251_060_01

 

「キャラ弁食うてる子供、アホみたいな顔してへんか」

っていわれても、

「それはイイじゃないですか」の眞鍋さん。

子供がアインシュタインの顔だったらビックリする。

ガキのくせしてハゲてるし。

 

黒田はんの反対票があったので

結局、満票はふるさと納税だけ。

やっぱ堅実は強い。

 

 

 

この日は夜も生特番で

「たかじんNOマネーGOLD」があった。

2時間番組だったけどラストに尽きる。

還暦記念パーティーで歌うたかじんさんのライブ映像。

勝負服の赤いスーツに入魂の歌唱。

 

懸命にこらえていた眞鍋さん、

途中から号泣してしまったけど、

たかじんさんの歌だから仕方ないし

恥ずかしいことでもなんでもないから

堪えなくていい。

 

黒田はんと八代さんが代わりに進行してくれて

笑顔を作ろうとけなげに頑張る眞鍋さん。

「たかじんさん、本当にありがとうございました」

番組を締めた眞鍋さんのこの言葉が全てだった。

 

| | コメント (0)

2014年1月25日 (土)

ソモサン眞鍋さんは解説者

 

昨夜の「ソモサン・セッパ」はポンコツ大会

って、なんで眞鍋かをりさんやねん!

と思ったら解説者だった。

 

1401221_006_01

 

しかし、さすがはポンコツ大会である。

アナウンサーが正解を連呼し、文字にもなっているのに

答えを聞いても「なんでやねん」の人、約一名。

同じく解説者の本学OB、サバンナ高橋君の相方。

 

これはサバンナ・八木さんの圧勝かと思ったら、

中途半端な順位で勝ち抜け。

「なんでやねん」

お陰で一青妙先生がお気の毒にも最強ポンコツに。

 

1401221_009_01

 

そうはいってもアホでないことは職業で証明されている一青先生。

眞鍋さんのきつい注文も笑って「そうでんなぁ」と言える訳だ。

てなことで来週は眞鍋さんも解答席らしい。

ポンコツにはならないと思うけど

楽しみにしておこう。

 

| | コメント (0)

2014年1月24日 (金)

遂に雪辱!トレンド女王の眞鍋さん

 

トレンドのマストアイテムを捜す「ヒルナンデス」のコーナー

苦戦の眞鍋かをりさん、今まで三連敗中

だったのだが

 

1401221_089_01  

 

オオッ!昨日放送の「ヒルナンデス」では

幸先よく第一問正解。

 

初めてのお店ということでまずはぶらぶら

安さに驚いたり

 

1401221_070_01

 

靴もありかと履いてみたり

美脚だったり・・・はいつもと一緒。

 

1401221_074_01

 

「スタジャン流行ってるしなぁ・・・・」と着てみたり。

するとなんと、これが大正解。

眞鍋さん、凄い喜びよう。

 

最初は「後厄を引きずる女だからですかね」

なんて今までの敗因を振り返っていたけど  

 

1401221_095_01
  

後厄脱出宣言!  

でも早過ぎはしないかい、

ということで二問目は落としてしまった。

 

「優勝しなくちゃ意味がない」

気を取り直した眞鍋さん、意欲的に情報収集。

「凄くガーリーな」との謎の言葉を引き出して・・・

といってもニンニク臭いという意味ではないらしい。

 

1401221_104_01

 

それが証拠に盗み聞き・・・・というよりは、

いつの間にか隣に来て会話に加わっていた

平愛梨さんと同じ柄の色違いという選択。

これは際どい勝負。

 

1401221_111_01

 

これが大成功眞鍋さん、歓喜の坩堝。

おー

いよいよホントに後厄脱出か。

 

1401221_118_01

 

カメラスタッフの皆様方を含め

暖かい祝福おおきにだっせの眞鍋さん。

同情というよりは人徳のなせる技と理解しましょう。

ってことで第22代トレンド女王に輝いた眞鍋さんだった。

 

| | コメント (0)

2014年1月23日 (木)

温泉にエスニックエステと火、水曜眞鍋さん

 

さてさて火曜日は「温泉宿アワード2014に

スタジオ出演していた眞鍋かをりさん。

 

1401221_002_01

 

お正月は何処の温泉宿で過ごしたのかな。

よく分からないけど、

番組は一万円台で宿泊可能な宿のベスト10。

条件付きというところを押さえておかないと

暴れる地域の人も出てくるだろう。

杉崎美香りん姐さんは冷静を保つはずだが、

故郷の皆さん、やっぱ面白くないって人いるだろなぁ。

 

1401221_017_01

 

秋田県は乳頭温泉、妙乃湯は、どう見ても純和風なのに

ウェルカムサービスは紅茶とケーキ。

甘辛両党眞鍋さん、これはイイぜをぽちり。

やっぱり時期が時期だけに雪景色もポイント高そう。

 

1401221_029_01

 

ってことで岐阜県新穂高温泉の野の花山荘も雪景色。

でも、出てくる料理は眞鍋さん向けということでもなく

チーズを使ったりと洋風テイスト満載。

 

1401221_037_01_2

 

ギャップはお宿でも大切ですと眞鍋さん。

ランキングは四位だった。

 

 

昨日は「世界行ってみたらこんなトコ」

今注目のマレーシアだが、ん?

インドネシアよりイスラムの戒律に厳しい国

と聞いていたけど、中国屋台もたくさんあって、

食うもんには困らなさそう。

 

1401221_044_01

 

行ったらエステにいきたいと眞鍋さん。

う~む。

イスラムの国で飲んで騒いではやっぱやり難いしね。

なんちゃって。

 

| | コメント (0)

2014年1月22日 (水)

マンガを喋~る眞鍋さん

 

出張公開収録だった「写ね~る」、テーマはコミック

ということで

ダメな恋愛漫画が好きという眞鍋かをりさん。

 

1401201_004_01

 

ダメ恋愛の話もカラッと話せるようになって今は昔話。

でもその当時はダメ恋愛漫画に共感してたそうな。

 

当方、小学校卒業後は

松本零士作品の幾つかくらいしか読んでないので

タイトルを言われてもピンとこないマンガ音痴なのだが

小学校時代は山ほど読んで自分でも画いていた。

恋愛は出てこないけど(ガキだし)。

 

1401201_031_01

 

なので平安マンガで古文の成績が上がったという

眞鍋さんの体験談には「あるある」。

理科の基礎知識はほとんどマンガだったような・・・。

 

「あるある」といえば本の置き場に困るという件も「いやホンマ」

永久保存版以外はデジタル版にしているという眞鍋さん。

 

1401201_024_01
  

絶対に持ち続けるのは三国志だけときっぱり。

 

でも芸能界の裏側を描いてるヤツとかは

「大体大袈裟ですよね」

台本読んでて気分盛り上がってチューとかは「ないない」。

そらそうだ。

喧嘩のシーンでいちいちぶん殴ってたら

本読みに救急隊が待機してなきゃならんぞ。

 

でも入れ込んだ登場人物へのなりきり願望はあるみたいで

眞鍋さんはお馴染み「黒執事」。

しかしまぁ髪の毛黒くしたのがそれだったとは。

 

1401201_041_01_2

 

だからといってマンガ持って「これにして下さい」って

でも大丈夫。

「30過ぎてそれやったんで『痛いな』と思われたと思います」

言われなくたって分かっているのが眞鍋さんだ。

 

で、恋愛シーンの胸キュン台詞。

出演者に順番に役が回ってきて

眞鍋さんにはちょっと高飛車な「オレ様」風。

 

1401201_050_01
  

「女の子ってオレ様好きですよね」

一応共感は示すものの

「現実世界でオレ様の人って本当どうしようもない」

仰る通り、ろくな奴おらん。

 

長短すべて受け入れてくれる人がいいとは言うが、

最近は男の方がそれを要求するとか・・・なのだが、

富永愛さん「甘いね!」ときっぱり。

さすがのオットコマエ。

 

架空と現実の区別さえついていれば

役に立つこと色々ある。

師匠にだって出逢えるのだと眞鍋さん。

 

1401201_066_01

 

いつ出てくるのかと思っていたら

ここに出ました「ドラゴンボール」。

孫悟空師匠は「親みたいな存在」。

マンガも「その人の人格を形作る一部」なのだ。

 

つまりいい作品に出逢わなくてはいけないということか

ってことで思い出したのは「火の鳥」。

やっぱ手塚治虫先生は偉大だわ。

 

| | コメント (0)

2014年1月21日 (火)

眞鍋さん、至福の越前蟹旅行

 

越前海岸の眞鍋かをりさん、

サスペンスドラマのラストシーンみたいだと思っていたら、

ホントにやってた三田村邦彦さんと。

 

1401182_003_01

 

でも、ドラマではなく「おとな旅あるき旅」。

実際のドラマでは断崖の下から雪が吹き上げてくる

凄い天候の時ばかりで、そんな時に

「何でそんな込み入った話をしなくてはならんのだ」

監督にぼやいていたという裏話に眞鍋さん爆笑。

 

でも、断崖の上は足がすくんで怖いので

「もう限界」と、とっとと退散眞鍋さん。

街に行けばそれはもう「海産物の臭いがする」と

鼻をくすぐられる眞鍋さん。

 

1401182_020_01

 

中でも王様は当然コレだぜ越前蟹。

「触らせて」と眞鍋さん、とびきりデカい奴を手に。

ってことで、まずはこれをいかなきゃと甲羅酒立ち飲み。

 

1401182_024_01

 

蟹ミソたっぷりなんだから、そらこんな顔になりますわ。

 

でも忘れてはいけない、

福井といえばこれだっせ、鯖の浜焼き。

一本丸ごと焼いた名物で、眞鍋さんが手にしたのは

脂が滴り落ちるどや顔の一品。

 

1401182_034_01

 

「脂が、脂が・・・」とうなされる三田村さんの横で、

大口開けてパクリの眞鍋さん。

あまりにも旨そうで、

あまりにも気取りがなさ過ぎて、

画面に映っていない店のオバハンの笑い声が。

何がおかしいっ・・・・ではなく、嬉しかったんだろう。

 

オバハンといえば、おぼろ昆布を売るオバハンの名調子

「ジャパネットたかたとかに向いてません?」 

なんて言ってた眞鍋さんだけど

 

1401182_037_01

 

買っちまったぜ乗せられて。

 

しかし待てまて、冬の日本海といえば

忘れちゃいませんかの甘エビだぁっ!

 

1401182_043_01

 

もう、文字でコメントするのがアホらしくなります。

 

「生きてて良かった」

んな大袈裟な

「冬の間ここに籠りたい」

分からんでもない。

 

1401182_065_01

 

ってな訳で最後は芦原温泉で蟹宴会

って、まだ食うんかいっ!

いやいやこれからが本番だと

下からぱくつきそうな眞鍋さんに

「パン食い競争じゃないんだから」

 

さすがは還暦ダンディー、パン食い競争って、

間違いなくやった事ないだろう眞鍋さん、分かるかな?

 

1401182_072_01

 

もういいです、どんどん食べて下さい眞鍋さん。

でもふわふわの蟹ミソってどんなんだろう?

「こんな蟹ミソ初めて」

冬の日本海にはよく行ったけど、

当方も想像がつきません。

 

だが、ふっふっふっ、これで終わりと思うなよと

 

1401182_092_01

 

お宿のべにやさん特製、せいこ蟹蒸しご飯。

オオッ!と歓喜と驚きの眞鍋さん。

せいこ蟹とはせこ蟹、こっぺ蟹ともいう

メスの子持ち蟹のことで・・・・知っとるわい!

つまり外子も内子もまんま載った蟹飯。

 

 

1401182_082_01

 

「まだ食べたらいけない食べ物かもしれない、33歳では」

だが、食ってしまったのだ眞鍋さん、もう遅い。

 

至福の時を過ごした眞鍋さん。

つられてこっちも・・・・と思ったけど

ズワイ蟹は高いので紅ズワイ蟹で

いっぱいやっちまったぜ。

 

| | コメント (0)

2014年1月20日 (月)

地方競馬の星登場に美香りん姐さんも大喜びの「競馬BEAT」

 

1401191_027_01

 

さて昨日は日経新春杯と京成杯。

実は京成杯には地方競馬出身の奴が出ますねんと

「競馬BAT」の杉崎美香りん姐さん。

 

番組ではそのプレイアンドリアルが所属する

川崎厩舎地区を訪ねたのだが・・・・・

昭和の雰囲気濃厚な、というか、

はっきり言ってボロい。

姐さん、気持ちが入るのも当然か。

 

でも5番人気とイマイチでスタジオでも

推したのは麒麟・川島君だけ

だったのだが

 

1401191_030_01

 

オオッ!これが的中!

というより、鮮やかな勝ちっぷりに姐さんも大喜び。

 

首が横を向くのが気になっていたのだが、

外を向いてたのをジョッキーが内に振り向かせたら

途端の猛ダッシュ。

どーゆーこっちゃ。

何かの合図なのか。

 

ダービーという大目標もジョッキーから飛び出して

さてはともかく注目してゆこうか。

 

1401191_041_01

 

京都競馬場の方は堅い決着となって

なんやねん的な川島君。

まぁそう言わずにの美香りん姐さん、

顔の大きさは別として息は合ってる感じ。

 

今年から下の空いたテーブルになって

アレアレとちょっとだけ気になったものの

椅子の座面が高いので姐さんも

足元に気を遣わなくて良さそうでヤレヤレ。

あれなら少々脚を出しても大丈夫そうだ。

 

| | コメント (0)

2014年1月19日 (日)

不安だらけの「マネー」ニュースを疑え経済編

 

さあっ!元気だしていつも通りに行こうぜと

「たかじんNOマネー」はニュースを疑え経済編。

 

1401181_007_01

 

久し振りに復帰の岸博幸さんに初登場の上念司氏、

常連の三橋貴明氏と噛み合うのかどうなのかの面々がゲスト。

始めはアベノミクスで景気は上がってんのかほんまにの話。

一般人が実感を感じるまで時間がかかる。

「景気回復とはこういうものだ」とは言うけれど、

結局、給料下がりっ放しだった構造改革時代の先例もあるし。

 

1401181_011_01
  

 

当事者だった岸さんも

アメリカの中流層の所得が下がっている例を出す 。

当時と違って日銀がアクセル踏みっ放しで

貨幣供給量を2倍に増やすと上念さんは言うけれど、

アメリカは確か3倍にしたんじゃなかったっけ?

 

雇用政策に触れたところで

正規非正規に関わらず同一労働同一賃金にしろ

という岸さんと正規雇用を増やせの三橋さん。

やっぱりの火花バチバチ。

 

1401181_052_01
    

これは消費増税で景気は中折れするのか

というテーマにもつながっていて、

直後は落ち込むけどすぐ回復するという岸さんと

まぁまぁ同調の上念氏、

増収にならんと断固反対の三橋さんという構図。

 

5.5超円の財政出動するから大丈夫さ

的なこと言ってた上念さんだけど、

ではその財政出動ってどんなんだとなると

 

1401181_059_01
  

アリャリャ、こんなのダメダメと上念さん含めて批判続出。

「皆さんのお話聴いてると中折れするとしか思えない」

仰る通りの国際弁護士。

 

公共事業費が使い切れずに余ってる

と須田慎一郎さんが指摘すると

価格が低過ぎて儲からないからだと三橋さん。

余った分は給付に回せとは上念さん。

 

そんなこと言ってる内に、なんで今消費増税だと

風向き変わってきた上念氏、

「増収になってからでもいいではないか」

対する岸さんは

 

1401181_066_01

 

決まっちまったもんはしょうがないと

さすが元経産官僚。

 

だぶついたマネーが株だ為替だと投機に廻ってる内は空景気。

減税だけで投資できるか、

継続的な景気回復の見通しがなければ賃金も上げられない

というなら政府主導の産業政策が必要なんじゃないのかねぇ。

 

1401181_018_01
  

スマホでガラケーはなくなるかとなると

国際弁護士以外は「んなことあるかい」。

スマホでも三日位充電要らないのもあるぞ、

片手で操作するやり方だってあると

国際弁護士熱弁。

 

ならばこれはどうだと黒田はん、

両手でスマホの眞鍋かをりさんに

「夫婦だとしよう」

「例えばね」

 

1401181_039_01

「やらしてくれよ」

独身の癖に夫婦芝居懇願の黒田はん。

 

何が言いたいのかといえば

絶対浮気がばれないやり方がガラケーにはあるぞという話。

え~と、特に詳しい解説はしないでおこう。  

 

「心配は心配」と眞鍋さんが言ってた

靖国問題の経済への影響。

「中国人の何割がそんなこと知ってるんだ」

と黒田はんが言う通り、中国が国家政策で

アレするなこれやめろと言わない限り影響は出ない。

 

でも、政権運営には影響が出ると岸さん。

アメリカ、ロシア、EU、台湾など

あちこちに飛び火してしまったのは想定外だったろう。

中韓は子供だと世界は思ってたのに

これでどっちもどっち、

子供同士のケンカになってしまったと岸さん。

 

1401181_027_01
    

慰霊の気持ちは人それぞれ。

あれはこうしろとかこれはケシカランとは言わないが、

国立墓苑は要らない、それが靖国だという

上念さんの意見にだけは賛同しない。

 

戦争犠牲者が全て祀られている訳じゃなし、

軍が管理していた軍組織の一部なので

旧軍の価値観で合祀の対象を選別している。

なので空襲や原爆の犠牲者など民間人は祀られていない。

国民共通の慰霊施設にはならないし、

「そうだと思え」と強制するのは違法だ。

 

当家は先の大戦で父方母方合わせて七人の戦死者を出し、

生きて帰って来たのは一人だけ。

それも終戦から7年後のことだ。

墓参りは欠かさなかったが靖国には一度も参拝していない。

民間人は勿論、麾化部隊まで放り出し、

真っ先に逃亡した軍司令部をその目で見たせいか、

軍に祀って頂こうなど露ほども思っていなかったようである。

慰霊の在り方ははそれぞれの心の問題なのである。

 

1401181_085_01

 

ところで眞鍋さんが口走ったBBAって何?

それに乗っかった皆さんの発言が全部ピー音だったので、

ま、あまり追求しない方がイイのかな?

 

| | コメント (5)

2014年1月17日 (金)

寝言でもギャグる「ごきげんよう」眞鍋さん

 

1401171_002_01

 

「ごきげんよう」の眞鍋かをりさん、

今日も元気いっぱいの笑顔で登場。

なんたって「もつ鍋味のかき氷って美味しいらしいよ」

なんて楽屋でマネージャー氏に言った

といっても今日ではないらしいけど。

それもうつらうつらしての寝言だったそうな。

 

眞鍋さんの寝言の話は前にも聴いたことがある。

その時は確か、「東京湾では麦の収穫が最高調」

みたいな話だったけど、

うとうと状態でも寝言言うのか。

エステで「毛が出てきたら言って下さいね」って、

「へ!どこの毛でっか?」ってなるわな。

耳毛や鼻毛はいきなりボワーッとは出てこないし。

 

1401171_023_01

 

しかし、これはリラックスしてる証なので

運気としては開運につながるらしい。

ってことは・・・・

酔っぱらってうつらうつらしてきたら

何か一発かまさねばなるまい。

 

1401171_025_01

 

さてさて眞鍋さん六歳の時、

サンタが母君そっくりの字で書いた手紙と共に

枕元に置いたという

現金二千円也のクリスマスプレゼントの話、

結構うけてたね。

 

「朝です朝です♪朝ですよ~♬」って

妹さゆりさんへのプレゼント、

ドラえもん目覚ましの歌ってそんなんだったのか。

クリスマス前にさゆりさんが覚えてしまうほど歌ったら

あかんわなぁ~母君。

 

1401171_037_01

 

ウーマンラッシュアワーも盛り上げてくれて感謝感謝。

旅本「世界を一人で歩いてみた」の宣伝も

しっかりできた眞鍋さんだった。

 

| | コメント (0)

2014年1月16日 (木)

旅とお酒で爆笑エピソードの「ごきげんよう」眞鍋さん

 

1401161_006_01

 

「ライオンのごきげんよう」は8年ぶりの眞鍋かをりさん。

少し喪中っぽい衣装だけど、そこはテレビなので

華やかさもなくさず表情も晴れやかに登場。

 

1401161_012_01

 

さっそくのエピソードⅠは高校時代。

書き取りの試験に自信がなくて

このままだと居残り確実だぜ、なら「でなきゃいいじゃん」

母の声真似で腹痛でしてと学校にTEL、逃走を図るも

担任の再確認によりあっさりバレたとか。

 

躾に厳しかったという母君のことなので、

かなり厳しくはっ倒されたのではあるまいか。

 

1401161_022_01

 

てなことでさいころタイム。

超小顔な眞鍋さん、やっぱり超美脚。

さいころの目は「甘酸っぱい思い出」。

天津飯とはちょっと違う天津丼ってのがあって

甘酢あんがかかってるんだが、しかしこれが甘くて

という話ではない。

 

1401161_029_01

 

ヴェトナムでバイクタクシーに乗ってやれ

と思ったらボロボロのヘルメット渡されて

月光仮面のオッサンが乗ってたみたいな

イマイチぱっとしないバイクに跨ったら

何か込み上げてくるものが・・・・・

 

おぉ、これはかつて憧れた

ドリカム「未来予想図Ⅱ」の歌詞にあった、

あのシチュエーションではないか。

ヘルメットをコツコツと五回ぶつけたら

「ア・イ・シ・テ・ル」の合図

なんだよなぁ~・・・・・と思ったものの、

前にいるのはヴェトナム人民のオッサンなので

さすがにそれは出来なかったぜの話。

 

あ、甘酸っぱいぜ(ってことにしよう)。

 

1401161_036_01
  

二日目の今日は・・・・

ワンピと水着を一緒にめくったらあかんがな眞鍋さん。

ただし、本人のではなく(当たり前だ)お友達の水着。

も一つただし、ビーチ手前の賑やかな通りでの出来事。

そりゃお友達もキレるでしょう。

 

1401161_043_01

 

旅話の次は飲み話とは眞鍋さんっぽい。

飲み過ぎ吐き過ぎの究極は

「緑の液体が出てきた」

「自分は人間じゃなかったのか!」

「お、終わった・・・・」

 

真実を確かめるべくネットで検索すると

どうやら胆汁だったらしい。

胃弱の眞鍋さん、胃酸が少ないからかな?

慢性胃酸過多の当方、緑の液体は吐いたことがない。

 

1401161_047_01

 

先に医者を調べた方が、との当然の指摘に

反射神経が良過ぎるのか

どこへ飛ぶか分からない眞鍋さん、

笑うっきゃありません。

 

ってことで「ごきげんよう」には明日まで出演だ。

 

| | コメント (0)

2014年1月15日 (水)

ゴールデンラジオはお三方健康宣言?

 

さぁっ「大竹まことゴールデンラジオ」だっ!

って気張る必要はないようなものの、

あれやこれやのタイミングで不本意ながら

当ブログ、二週もスルーしてしまった。

 

その間になんと髭男爵、Tシャツを脱ぎ棄て裸に

・・・ではなく、なんと、

腕が隠れる衣服を着用するに及んでいるとな。

驚くべきことである。

 

20131231

 

大晦日の放送ではそうではなかったはず。

この日は大竹まことさんお休みということで

って訳でもないだろうけど、

眞鍋かをりさん、久し振りの舌出しヘン顔。

 

20140107

 

先週は大竹翁もめでたく復帰して、

眞鍋さん人差し指ポーズ。

なんのこっちゃ。

 

しかし大竹翁、iPadのカバーにIDとパスワードを

でかでかとマジックで書いてあるのを眞鍋さん発見。

「それ、絶対やったら駄目なやつ」との忠告に

「ん?何で?」

銀行のカードにパスワード書いておくのと同じことです、

と言ったかどうかは知らない。

 

20140114
  

 

右手にコート(?)の眞鍋さん。

右手に愛犬うめの排泄物(を拾った何かの入れ物)

を持っていた時、それを棄てるつもりが

左手の携帯を棄ててしまったことがあるとか。

 

そんなこと大したことではないと大竹翁、

トイレの蓋を開けて携帯を投げ入れたことがあると豪語。

しかし、歯磨きの順番を間違えることもなく、

ズボンを頭にかぶることも靴を手に履くこともなく

無事に仕事場に辿り着いたのだから

まぁいいではありませんか。

 

ちなみに正月のテレビで髭男爵が

門前庁をうろついているのを視たけど、

大晦日の日に言ってたのはアレだったのかな?

あれやったらちゃんと視ましたで。

 

| | コメント (0)

2014年1月14日 (火)

「女神ビジュアル」でビジュアルアップか眞鍋さん

 

この間のあれやこれやでふと気がつくと

放送から一週間も経ってしまった

眞鍋かをりさんの「女神ビジュアル」。

 

1401082_003_01

 

それでも書いておこうかというのは

眞鍋さんの座り位置がいつもの右側から

勝手にホスト席と解釈していた左側に移っていたもんで。

 

「夕方になると変な線が出てることありませんか」

眞鍋さんが言うと、そうだそうだ夕方になると疲れ顔になる

とアラサーとオーバーフォーティーの皆さん。

くすみとしわ、乾燥が原因らしい。

 

1401082_024_01

 

長時間勤務のCAが伝授のくすみ対策テクは

洗顔から30秒以内のパックと3時間おきのミスト。

ティッシュで皮脂を取ってからミストは6回。

オイルや保湿成分の入ってるものを使え!

「やるやる」と眞鍋さん。

 

皺は血流が悪くなって水分が溜まり、重力に負けてくるから

って、足のむくみと一緒ではないか。

それなら運動が一番だ。

 

1401082_033_01

 

ってことで即実行中の眞鍋さん。

慣れれば1分でできるらしいが

「確かに筋肉がほぐれた感ありますね」

効果を実感の眞鍋さん。

 

元々疲れが出やすいタイプだし、

深酒禁止の今年の目標、

頑張って守った方がいいかもね

 

1401082_038_01

 

さて、夜用メイクに思わぬ秘技。

白いアイシャドーで立体感をつけハイライトを生かす

ん?これ、メジャーリーガーが反射よけに塗ってる黒いのと

色が違うだけで場所一緒ではないか

ということで

「逆メジャーリーガーってどうですか」

眞鍋さんの提案だけど

 

1401082_042_01
  

ちょっと言いにくいか。

眞鍋さんの場合、

スタジオなどお仕事現場は昼間より明るいので

逆メジャーリーガー、やる機会は少なそう。

 

毎度のことながら、

芸能人でも意外に知らないテクが出てくるので

眞鍋さんも持ち前の吸収力でビジュアルアップといきましょう。

 

| | コメント (0)

2014年1月13日 (月)

謙虚に素直に真剣だったビブリオバトルの眞鍋さん

 

今日の眞鍋かをりさんはNHKラジオで生放送。

「書評ゲーム ビブリオバトル」テーマは

「成人の日にこれを読め!」

う~む・・・精神年齢二十歳以下のオッサンもいるが

まぁいい。

 

プレゼンテーターの眞鍋さんは一番バッター。

紹介するのは松下幸之助はんの「道を開く」。

謙虚に素直に真剣に、当たり前のように思えても

いやいや世の中そうはいきませんねんと眞鍋さん。

学校では悪いことしちゃいけないと教わるのに

社会に出たらズルして大儲けしてる人がいたり

「理不尽なことに巡り会うと思うんです」

力説眞鍋さんに会場から笑いの混じったどよめきが。

 

「放送では言えないようなことも経験した」

「嘘や悪口を書かれたこともあった」

「復帰できなくしようとした人もいた」

今でもしつこくやってる人いますなぁ。

イベントやニュースや本が売れたりとか

眞鍋さんが話題になると、それが悔しくてたまらない

と言わんばかりのタイミングで悪口の為の悪口的記事を書く奴。

自分がでっちあげたデマを根拠にデマの上塗りをした雑文で、

小遣い稼ぎだか何だか知らないがあんなの書いて、

ライター氏、恥ずかしくないのかねぇ。

 

でも愚痴は言わない眞鍋さん、逆境であれ順境であれ

「素直に生きる」

「悲観しないで受け入れよう」

「楽しんじゃえばいいじゃん」

てなことで旅に出て、

そんな中でも来たお仕事に対しては

「素直に取り組むことができました」

成人を迎えた諸君もこれからの人生、

順風満帆に行くとは限らんぞ。

そんな時にはこの一冊ですわと時間きっかりにプレゼン終了。

 

しかし眞鍋さん、「子供の為の哲学対話」

なる本のプレゼンを聴いた後、

「私みたいにちょっと考えて分からんかったら放っとく人にも

考え過ぎる人にもヒントが見付かるんじゃないか」と

アレレ「眞鍋さんにプレゼンしてもらえば良かった」

なんて言われる敵に塩の逆プレゼン。

そしたらまぁなんですわ、投票の結果、

ガキ・・・いや子供哲学が一位に選出だってさ、あれまぁ。

 

しかしこれも「素直に」「真剣に」取り組んだ結果

ということで「謙虚に」受け止めまひょか。

 

| | コメント (0)

ついでの思い出話

 

ついでってことではないけれど、

たかじんさんの思い出話をもう一つ。

 

たかじんさんといえば

上方お笑い大賞と有線放送大賞の両方で

特別賞を受賞した稀有な人。

上方お笑い大賞も本来大賞だったのだが、

「俺は歌手や」

という当然過ぎる理由で固辞した為、特別賞になったという。

 

「なかなか歌ってくれない」と先日の「たかじんNOマネー」で

黒田有はんがこぼしていたが

「すぐ歌ってくれましたよ」と眞鍋かをりさん。

なんと眞鍋さん、初めて飲みにつれて行ってもらった時、

初めてというのにたかじんさんの生歌を聴いていたのだ。

 

実はたかじんさん、

カラオケではよく自分の歌を歌っていたという。

ただし、歌っている時に同席した人が喋ったりすると

「何しゃべっとんねんアホンダラ」と怒ったそうな。

でも、目の前でたかじんさんが歌っている時に

雑談なんてできるだろうか?

 

出来ないできない、絶対できない。

心を震わせずにおれないたかじんさんの歌声は

人を引き付け雑念の入り込む余地などなくしてしまう。

当方、かつてあるカラオケスナックで

たかじんさんの物真似をした時、ありゃまと驚いたことに

ママさんたちが号泣してしまったことがある。

 

当方の歌が上手かった訳ではない(そんな訳あるはずない)。

ただ、たかじんさん独特の

芯までかかったヴィブラートを模倣しただけで、

ママさん達は当方の歌ではなく、

たかじんさんの歌を脳内再生してしまったのだ。

 

「たかじんさんええなぁ」って、

違う違う、今歌ったのはワシやがなといっても

ママさん達が聴いていたのはたかじんさんなのだ。

たかじん恐るべし、である。

 

| | コメント (2)

2014年1月12日 (日)

アリャリャの事件

 

アリャリャ!?BDレコーダーがつむじを曲げている。

残る手立てはアレだが、

「競馬BEAT」の録画が消えてしまうかも。

「ええかげんにせい!」

と騒いだらたかじんさんみたいだ。

 

思い起こしてみると

「味の素がない」事件も「一味くれ」事件も

「まぁええやん」的な小さなことが

たかじんさんにかかると大騒ぎになってしまう。

 

「一味くれ」事件はラジオの生放送で

たかじんさん自身が語るのを聴いていたのだが

餃子のたれに一味唐辛子を欠かさないたかじんさんが

店員に「一味くれ」と頼んだのが発端。

 

何を聞き違えたのか中国人らしき店員が

「差別するのか」と答えたもんだから

「誰がそんなこと言うとんねん」

激怒するたかじんさんに店員が110番。

やってきた警察官がたかじんさんに

「まぁ落ち着いて」

「落ちついとるわっ!」とたかじんさん

「俺はな、『一味くれ』ゆうただけや」

ホテルに帰った後も腹の虫がおさまらず

「あの巡査捜せ」

とマネージャーだか付き人だかに指示。

夜中じゅうかけて捜しだし、文句言いに行ったという話。

 

1401121_039_01

 

競馬といえば馬主でもあったたかじんさん。

でも、購入した三頭、結局まともに走ったのは一頭もなし。

「騒ぎを起こして警察沙汰になるのは三十歳までや」

「四十、五十になってそんなことやっとったらカッコ悪いぞ」

と言いつつ

「俺は52歳で警察沙汰になった」

 

競馬も事件も最後は自虐風にオチをつける。

暴言といっても威張りっ放しではない。

だから笑えるし憎まれない。

そこんとこ、分からずに真似してもダメだよな。

 

なんて言いつつ・・・・アッ

やっぱり「競馬BEAT」が消えてしまった。

杉崎美香りん姐さん、

今日はとびきりいい表情をしていたのに

残念!

でも、暴れずにおこう。

 

| | コメント (2)

2014年1月11日 (土)

没してなおの気遣い、たかじんさんから眞鍋さんへも

 

本日はやしきたかじんさん追悼番組二つ。

12時からの「胸いっぱい」では八木早希さん、

泣きはらした後みたいな顔だったけど笑顔で進行。

途中、落涙してしまったけど最後は笑顔で締めた。

で、1時からの「たかじんNOマネー」眞鍋かをりさんは

 

1401121_006_01

 

もう泣いてるやん!

でも大丈夫。

「お前ら、なに湿っぽくなっとんねんSP」ということで

 

1401121_015_01

 

取り戻します眞鍋スマイル。

緊急生放送ということで

黒田有さんはオープニングに間に合わず。

逮捕された・・・・訳ではなかったようだ。

 

実は「胸いっぱい」にはもっと心配な人が。

この人、立ち直れないんじゃないかと不安だったのが

遥洋子さん。

しかし、たかじんさんは先刻お見通しだった。

「洋子にだけは他のメディアを介して知らせてはならん」

という遺言に従い、奥様が遥さんを自宅に呼び、

直接訃報を伝えたという。

 

自分の死後にまで届けられたたかじんさんの気遣い。

それだけではなかった。

 

1401121_020_01

 

三年前の番組スタート会見。

AKB風のマイクロミニで元気いっぱいだった眞鍋さん

だけど、あの頃は

「結構、一番しんどい時期だったんですよ」

だったら俺の番組に来いやと呼ばれ

 

1401121_033_01

 

「色々あるだろうけど俺の番組ではそんなの一切関係ない」

「好きなようにやったらええねん」

そう言って励ましたたかじんさん。

 

でも、たかじんさん休養となった時、

「絶対無理!」と留守居役に不安を漏らしていた眞鍋さん。

それをどこからか聞きつけたらしいたかじんさんから

「一本だけメールが来て」

番組存続は君らにかかっていると言われたそうな。

 

「一本だけ」というところに

たかじんさんの眞鍋さんへの信頼の厚さが伺える。

現実にその一本で番組を守り続けたのだから

これまたお見通しだった訳だ。

 

1401121_056_01

 

そして「さっき」(エエッ!?)

奥様から伝えられたというたかじんさんのメッセージ

「しんどいことがあってもそれが将来役に立つ」

「これからも活躍しろ」

やはり、自分がいなくなった後のことまで手配していたのだ。

なんと用意周到なたかじんさんではないか。

 

1401121_069_01

 

幾度も眼を潤ませながら、でも頑張りました生放送。

 

一方、昨年12月にたかじんさんに呼ばれていた黒田はん

その時は凄く元気そうだったというが

虫の知らせでもあったのか。

 

1401121_076_01

 

ゲストの国生さゆりさんに

「たかじんさんみたいにも少しダンディーに」と言われ

「ほな、今はどやねん」

「スーツ着て薄汚い言われたらどうしたらええねん」

てな感じで最後は笑いで締めくくって良かったヨカッタ。

 

来週からも「NOマネー」は牙を抜かずに続行だ。

 

| | コメント (3)

2014年1月10日 (金)

ルールも色々食べ方も色々眞鍋さんの火曜水曜

 

1401081_004_01

 

火曜日は「内村とざわつく夜」でざわついていた眞鍋かをりさん。

つまらん男には騙されないぞというテーマなのだが

「ちょっとだけ付き合ったことのある人が」

と語り出す。

 

1401081_010_01

 

とても繊細で・・・・って、

部屋の片隅で体育座りしてたっていうあいつか。

でも何故かカメラは吉本興業の陣内さんを映す。

なんでやねんと思ったら

「よく知ってる人じゃないですよね」

 

1401081_019_01

 

ちゃいまんがな的眞鍋さん。

麒麟の川島君が部屋の片隅で体育座り

って話は聞いたことがない。

 

キリンさんと出逢うより4年くらい前、

「ロンハー」ではリアルタイムに語っていたけど

その後封印。

最近、封印が解けたらしく

再現VTRとかでも紹介されるようになった人のことだ。

 

それなりに色々あるさ。

色々あるといえば眞鍋家にも色々あるようで

 

1401081_025_01
  

 

父上が屁などぶっこきあそばされたら

一族郎党参集して臭いをかぐとな。

あれやこれやと超開放的な眞鍋家だけのことはある。

 

番組では色々しょ~もない男が登場したが、

誠実を気取って近づく野郎に

社内放送で反撃暴露というくだり

 

1401081_035_01

 

そんくらいやっても構わないと思うけどの眞鍋さん、

やり方が足りんとカツ。

どうせまた同じことやるだろうから

二度と立ち直れないくらいの打撃を与えてやれ!

眞鍋さんの檄に皆さん「オォッ!」と賛同の嵐。

 

お友達の犬山紙子さんも斜め後ろにいて

「今年の改革」として「同棲部屋を綺麗にしたい」とな。

ほ!?なんですと、と

ちょいと聞いたら大胆告白みたいだけど

「遊びに行ったことある」と眞鍋さん、

部屋が多少汚くても常にニコニコ穏やかな彼氏なのだそうだ。

 

1401081_058_01

 

眞鍋さんは深酒抑制の方針。

そんなことより、正月にまた

「食べ過ぎてお腹痛い」

をやってしまったそうではないか。

食べ過ぎにも注意しましょうね。

 

 

てなこと言ってる内に水曜日は

「世界行ってみたらこんなトコ」

 

1401081_064_01

 

青の格子柄って、眞鍋さんが出ていた翌木曜

「ヒルナンデス」のコーナーに登場していても

おかしくない衣装。

でも、こちらの「こんなトコ」はオーストラリア。

 

1401081_075_01

 

相変わらず大切りみたいなクイズコーナー。

眞鍋さんは比較的羽目を外さない役割。

でもちょっとはおどけてみたい・・・みたいな。

 

1401081_079_01

 

しかし、豪州人がトーストに乗せるもの、

「カップラーメン」という眞鍋さん回答あながち遠からず。

なんたって正解は缶詰のスパゲティ。

 

そう言えば、焼きそばパンの隣に

そーゆーの売ってたな、日本だけど。

小麦粉と小麦粉、中国語ならどちらも麺。

炭水化物と炭水化物は日本人の専売特許ではなかったのだ。

 

なんて感心してる内に

「女神ビジュアル」と「ヒルナンデス」にも眞鍋さん出演。

放送終わったけどまた後日。

 

 

 

*:明日の「たかじんNOマネー」は

  「お前ら、湿っぽくなってどうすんねんSP」

  たかじんさん恩顧の諸大名が集結するようだ。

 

| | コメント (0)

2014年1月 9日 (木)

たかじんさんの遺志を想う

 

やしきたかじんさんの逝去に関連し、

色んな方々が色々語っている。

だが、現在進行中の番組出演者の場合、

局の意向との兼ね合いもあるし

軽々しく発言できない面はあろう。

 

「後継者指名」などと一部に書かれたことのある

黒田有さんは言葉を選ぶ必要がありそうだし、

東京にいる眞鍋かをりさんも

大阪の空気感を把握した方がいいと思う。

 

その中で、八木早希さんが気丈にも

御自身のブログで思い出を語っておられる。

湿っぽくならないよう気を遣っておられるところ、

さすが分かってるというか、

義理の娘的存在だけのことはある。

 

八木さんと共に番組を守っていたのは北野誠さん。

「たかじんNOマネー」は黒田有さん。

そしてたかじんさん最後の曲

「その時の空」の作曲は小室哲哉さん。

いずれもたかじんさんが復帰に尽力した方々である。

 

逆風に遭っていた眞鍋さんを「マネー」という船に乗せたのも

「逆風に負けずに進んでいけ」という

たかじんさんの後押しであったことは言うまでもない。

たかじんさんとはそういう人である。

 

黒田はんの復帰に関して

常々心を砕いていたというたかじんさん、

それが再び休養に入ったあのタイミングでという点、

諸々推し量れるものがない訳ではないが

それをあまり言うと黒田はんもプレッシャーだろうから

推測は止めておこう。

 

たかじんさんが与えてくれたものを無駄にしないこと。

力強く元気いっぱいに前に進むことこそが一番の供養である。

眞鍋さんも泣きたい時は我慢せず思い切り泣き、

しかし力は落とさずに進み続けてくれるだろう。

 

| | コメント (0)

2014年1月 8日 (水)

たかじんさん逝く

 

やしきたかじんさん、この一月三日に旅立たれた。

帰ってきてくれると信じていた。

悔やまれてならないが

謹んで御冥福を祈りたい。

 

1304271_003_01

 

昨年4月28日の「たかじんNOマネー」

これがたかじんさんと眞鍋かをりさんとの

最後の放送となってしまった。

 

逆風の中にあった眞鍋さんに

公然と「俺の番組に出てくれ」と放送で呼び掛け、

その言葉通りに用意してくれた

たかじんさん肝いりのレギュラー。

 

あれから三年。

MCとしてもコメンテーターとしても

眞鍋さんの大切なキャリアとなった。

たかじんさんが残してくれたものはとても大きい。

 

眞鍋さんの為に何にもできない当方より先に逝かなくても

・・・・・とは思うけど愚痴っても始まらない。

最大級の思いを込めて感謝の意を捧げたいと思う。

合掌

 

 

 

番組HPによれば、たかじんさんの名前を冠したまま

番組自体は継続するようだが、詳しいことは分からない。

 

| | コメント (2)

2014年1月 7日 (火)

晴れ着も馬券も決めた美香りん姐さんの「競馬BEAT」

 

え~今年の競馬もあっという間に開幕となりまして

「競馬BEAT」と杉崎美香りん姐さんも・・・・

っと、およよ

 

1401052_002_01

 

なんと艶やかな美香りん姐さんの晴れ着姿。

さすが京都競馬場ですなぁ・・・

京の着倒れ大阪の食い倒れ。

お隣の紋付き袴のお方は正真正銘京都出身、麒麟の川島さん。

美香りん姐さんの新しい相方キャスターだ。

 

1401052_008_01

 

いや~それにしても顔がデカい・・・・は、ともかく

初仕事は武豊ジョッキーへのインタビュー。

「想像上の生き物だと思っていた」ってのは

麒麟にかけたジョークだったか。

「それは麒麟やろ」の突っ込みはなかったけど。

 

オルフェーヴルとロードカナロアが去った競馬界、

オルフェーヴルをも破って無敵と思われたジェンティルドンナや

なかなか隙を見せなかったゴールドシップが

思わぬ弱点を露呈した昨年。

最終戦ではそれぞれ復活の兆しを見せたが

今年はどうなるのか。

これにキズナが絡めば盛り上がるが、忘れちゃいけない

フェノーメノはいつ戻ってくるのだろう?

 

とかなんとか言いながらの金杯、

番組で購入した単勝は全部外れで

「一年の計は金杯にあり」と言いつつ暗雲漂ったのだが

美香りんブログによるとなんと姐さん、

別途購入の3連単的中していたそうな。

転んでもただでは起きない不屈の姐さんではないか。

 

眞鍋さんの「逃走中」逃げ切りと

美香りん姐さんの的中が

(放送上は)同じ日だったとは吉兆。

スタートも決まったことだし、

今年一年、幸多からんことを期待しましょう。

 

| | コメント (0)

2014年1月 6日 (月)

真っ直ぐ同士の眞鍋・的場ペア、「逃走中」逃げ切り成功せり

 

ん?まさかのひょっとして、なんて思ってたら

眞鍋かをりさん、的場浩司さんとペアで

「逃走中」逃げ切り成功!

 

1401051_100_01

 

眞鍋さんは昨年の「戦闘中」に続いての勝利。

まさか両方とも制覇するとは・・・・・

そういう人、何人目なんだろう?

 

そうはいってもこれはまさかの敗者復活。

何しろ眞鍋さん、開始早々に一度脱落していたのだ。

 

1401051_022_01

 

何もしないうちに、というか

一歩でも動いたらピーピーなる仕掛けがあって

動けなかったんだけど、なんだいっ!って感じ。

 

解除できるのは野郎どもだけ。

ペアを組めば、一方が生き残れば相方も

同額の賞金が貰えるぞっていう餌もあったのだけど

うっかり立ち上がったら遮蔽物から頭が出ていて

サングラスの兄ちゃんに見付かってしまったのだ。

 

眞鍋さんの救出に向かっていたのは

ペア狙いのラーメンつけ麺、僕ソーメン(違ったか?)

そして、

 

1401051_015_01

 

「眞鍋がそばにいたら行ってやりてぇ」という的場さん。

「何度も助けてもらってるからよぉ」と

過去の「逃走中」でもペアを組んだ眞鍋さんへの

こちらは義理人情の世界。

 

でも間に合わなかった。

それを悔やむ男、的場、

義理と人情秤にかけりゃあの侠客の世界。

 

1401051_029_01

 

「気持ち悪い」と言われながらペア成立の

アンガ・田中さんに激励なのか冷やかしなのか

ギャグを飛ばし時間つぶしの眞鍋さん。

 

今回の「逃走中」、選択の余地もなく

個人指名で課せられるミッションがあって、

それに指名された誰逃れ明美さん、

苦労してかぐや姫を公家の元に送り届けたものの

「お礼なかった」って、そらそうでんがな誰逃れはん、

あいつ、悪人だし。

 

クロウを助けて武器半額券を貰った「戦闘中」の眞鍋さんの事、

ひょっとして頭をよぎったかもしれないけど、

悪人情報を伝えられていなかった誰逃れさん、

「へ!?ワルの手伝いやらされとったんかワシ」

って、放送を視てひっくり返ってるかも。

「ワシ」とは言わないかもしれないけど。

 

1401051_037_01

 

そんなこと言ってる内に眞鍋さん救出のチャンスがやってきた。

行くぜと決意の侠客・的場さん、頼もしいけど顔怖っ。

 

でも、仲間の救出に動いたのは

他には気持ち悪い人だけだったから、

相方選びは大切。

しかもこの時はあくまでも元相方であって

今回はまだペアは成立していなかった。

侠客だぜ。

 

1401051_047_01

 

「迎えに来てくれたら好きになりそう」

なんて言ってた眞鍋さん。

侠客が十のつづらのうち四つを開けて復活券ゲット。

 

1401051_057_01

 

復活券は一枚しかなかったのだからなんたる強運。

やっぱ気持ち悪い人の下心より

義理人情が強いこの世界。

 

1401051_064_01

 

晴れて正式にぺアとなった二人。

残り時間は三十分強。

アレレの可能性が出てきた。

 

でも、気持ち悪い人も気持ち悪いこと喋らなけりゃ

やってることは決して気持ち悪くないんだけどね。

 

1401051_070_01

 

こうなったら眞鍋さんも例によっての真実一路

誠実一途のストレート勝負、ミッション達成に猛ダッシュ。

誰逃れさん、白鳥久美子さんと合流し、

なんでやねんの女子三人組で難題に挑戦。

的場さんは道に迷っていた。

 

1401051_080_01

 

まぁしかし、あれやこれやの仕掛けがいっぱいあって、

こちら立てればあちらが立たず。

時間停止中に兵士の武器を回収していた白鳥さん、

なんと黒眼鏡が目の前に来るまで気が付かず。

「不器用だった!」と言い残して沈没。

おっしゃる通り!

 

「私が行くっ!」と飛び出そうとする眞鍋さんだけど

「まぁまぁわたいが行ってきまんがな」と誰逃れさん。

連係プレイで敵を排除。

 

1401051_083_01

 

残り6分、気合の表情で眞鍋さん、ミッション達成。

 

さてさて、いよいよカウントダウン。

「自分が囮になるのはやめてくれよ」と的場さん。

本当は、助けられるより助けたい人眞鍋さん、

過去の「逃走中」でもそういう場面、何度もあった。

「最悪そうします」とやっぱり眞鍋さん。

 

しかし、結局その機会も幸いなく、最後まで逃げ切った。

おー。

ツキにも恵まれたけど、

打算抜きの真っ直ぐさが一直線に切り裂いたの感。

「的場さんとペアを組めて良かった」と眞鍋さん。

真っ直ぐ同士の勝利でした。

 

| | コメント (2)

2014年1月 5日 (日)

晴れ着で幸先よろしく眞鍋さんのクロカンすごろく

 

1401041_009_01

 

ヤヤッ!晴れ着姿の眞鍋かをりさん。

5年ぶりだろうか、

髪型もショートだけどゴージャスに仕上がっていて

やるなNHK的「歴史秘話秘ストリア」特別篇。

大河ドラマにちなんだ黒田官兵衛すごろくときたもんだ。

 

1401041_019_01

 

軍配を「弓」とか「矢」とか騒いでる人もいたけど

「お相撲とかで見るでしょ?」と優しく眞鍋さん。

軍配師の役割は占い師と正解。

合戦に占いは欠かせなかったみたいだし、

緒方直人さんが演じた大河「信長」では、

八卦見のオッサンが語り手だった。

 

1401041_026_01

 

クロカンが信長から授かった名刀、

眞鍋さんの回答「細切」はホソギリではなくササメギリ。

演歌のタイトル・・・・ではない(ちょっと違う)。

信長のことだから一回切っただけじゃ気が済まないので

「粉々にした」って、ややヤケクソ気味の眞鍋さん。

でも正解は「圧切」だってさ、知らなんだ。

 

クロカンが幽閉されたのを裏切りと勘違いした信長が

ガキを殺せと命じた話は時代劇によく出てくる。

秀吉が機転を利かせてかくまっていた

という美談にされる事が多い。

 

でも、何故かなかなか正解が出なくてアレアレ・・・・

台本かも。

若干、予定調和な流れだし。

だからといってケシカランことはない、いーではないか。

 

1401041_030_01

 

姫路城にやってきた秀吉にクロカンが贈り物

「美女だっ!」とオリラジ中田さん。

秀吉ドスケベ伝説に着目したのだろうけど

「最低だよ」と眞鍋さん。

 

1401041_037_01

 

で、眞鍋さんの答えは「スイーツ」。

砂糖が貴重品だった時代だし、

あながちアホな答えでもない。

でも、「姫路城は元々クロカンの城だった」って

最初に言ってるしなぁ・・・・

 

ちなみに当方の母方の祖母は

姫路城内で売店を営んでおったのじゃ。

ふっふっふ(だからどうした)。

 

1401041_044_01

 

備中高松城の水攻め、河川閉塞作戦に用いたのは

「船でしょ」と眞鍋さん、自信あり。

閉塞作戦といえば船だしね。

釣鐘という選択肢もあったのだけど、

あんなの「重いし超大変」「船ならすぐできる」

 

戦争に詳しいとは思えない眞鍋さんだけど

ここは論理的蓋然性に基く推論により御名答

(んな大袈裟なもんでもないか)

てことで予定通り(?)両チーム横並びで最終問題。

 

でも、やっちまったぜ想定外の正解なし。

だが、奥の手がある。

 

1401041_057_01
  

小田原城攻囲戦で北条方がクロカンに送ってきたものは、

「お前こそ負けるんだから」って「白旗」と答えた眞鍋さん。

白旗=降伏は近代の国際法規だし、

我が国では赤勝て白勝て紅白なんたら合戦、

源平期の源氏の旗印。

 

でもまぁ、徹底抗戦という意味は一緒だし、

決着つけないといけないしで眞鍋さんに得点。

「お正月から幸先がいい」と眞鍋さん。

運も味方につけまして、今年も力強くまいりましょう。

エイエイオー!

 

| | コメント (0)

2014年1月 4日 (土)

尻餅かをりん、餅つき美香りんとお正月

 

さて、三が日も無事に済みヤレやれ。

眞鍋かをりさんはどうしてたのかな?

家族で温泉旅行みたいな話があったようだけど

タモリさんが「父親になりてぇ~」と羨ましがってた

親子風呂、楽しんだのだろうか。

 

1401021_003_01

 

テレビでは二日に「タカトシ最強論」の眞鍋さん。

2014最強イケメンは誰か・・・はいいけれど、

一人で勝手に喋るイケメン君、

「昨日夢で会ったじゃん」とか言って

「そんな夢見てねーよ」って返されたらどうすんだろ。

 

1401021_009_01

 

眞鍋さんの推しはそれではなくて葛城はん。

どこの葛城はんですかいな。

親戚の葛城はんちはデブと短足とハゲしかいてまへんけど。

あ、ピエールのカツラギはんですかいなそうかいな。

 

人気者の兄が結婚したら、ふと我に返った人々が

「え、弟、天使じゃね」となったのだと眞鍋さん力説。

モナコの王子様かぁ~

モナコグランプリをタダで観られるね。

 

ところでこの番組、枠は違ったけど眞鍋さんの元カレ、

麒麟の川島君も出演。

あな珍し哉。

だが川島君、関テレの川島君に代わって新年から

杉崎美香りん姐さんと「競馬BEAT」ダブル司会に。

あらまぁ

 

年女、ウマ年の美香りん姐さん、オフィシャルブログ

ウマ年にウマの番組とはウマくできた話だと洒落てます。

でも、餅つきしてる画像を見ると、

やっぱり真面目感がそこはかと・・・・

 

眞鍋さんならガニ股で面白ポーズとかしてしまいそうだけど、

元日の番組で餅つきならぬ尻餅をついてしまった眞鍋さん、

湯治で傷も癒えたかな?

 

| | コメント (0)

2014年1月 2日 (木)

コケてもダッシュの眞鍋さん「戦うお正月」

 

元日に雄叫びをあげる眞鍋かをりさんと

これはそれが似合う武井壮さん。

「志村&所の戦うお正月」のトリ。

 

1301012_006_01

 

江戸時代の古地図を頼りに今の東京で

当時あった何かの場所を捜せというお題。

 

1301012_008_01

 

歴史は好きという眞鍋さんだけど、

「地図は今のでも読めません」

あれまぁ。

 

でもそこは旅好き真鍋さん、

目印を発見し現場に向かう。

 

1301012_021_01

 

車から降りる時も自慢の脚力を見せる武井さん。

普通でいいよと言いながら眞鍋さんも

この公園抜けたら大岡越前の屋敷跡だと猛ダッシュ!

「オッ速ぇ!」と武井さん。

 

そらそうでんがな武井はん、

「乗り物に乗ってない時の移動手段はダッシュ」

なんて以前は言ってたくらいで・・・と思ったその瞬間、

 

1301012_026_01

 

オーット眞鍋さん、思いっきり転倒!だっ大丈夫かっ!!

でも笑ってます。

 

よく見ると、ダッシュしてたのに前のめりではなく尻餅。

足が絡まって危ない!と思った瞬間、

とっさに足を前に出してばったりを防いだらしい。

なので膝や顔にダメージはなかったけどマイクが・・・・

まぁ怪我するよりはいいということで御勘弁を。

 

1301012_031_01

 

大岡さんちは今は弁護士会館。

なんか由来があるのか否かは不明だそうな。

でも広いねぇと感心の眞鍋さん。

 

1301012_039_01

 

オッサン・・・・じゃなくて大岡さんの勤め先、

南町奉行所は有楽町の駅前だった。

有楽町の有楽って織田信長の次男、

信雄=有楽斎のことだと思うのだが

まぁそんなことは後で調べよう。

時代も違うし。

 

1301012_054_01

 

そんなこと言ってる間に時間が迫ってきた。

目的地、遠山の金さんちが思ったより遠かったので

ここは車と思ったけど車もなかなか来ないってことで

「行っちゃいますか」と眞鍋さん、再び猛ダッシュ!

どぜうも食ったしもうコケないぜの走りにカメラ追いつけず。

 

1301012_059_01

 

でも残念、ダッシュ実らず対決には負けてしまった。

金さんちには着いたんだけどね。

でも鬼の長谷川平蔵と同じ所に屋敷があったとは

時代が違うから不思議ではないけどね。

 

いやぁ~眞鍋さん、お疲れ様でした。

 

| | コメント (0)

2014年1月 1日 (水)

謹賀新年 ハッとしてキャーの眞鍋さん

 

1401011_002_01

 

なんと元旦にふさわしい画ではないか。

世界遺産の初日の出と眞鍋かをりさんに福笑い。

年が替わって45分後の「ハッとしてキャーな話」総集編。

そのまんま当ブログ新年御挨拶に頂戴仕る。

 

総集編といっても過去問題だけではない新ネタもあるぞ。

挑戦するのは誰かといえば福笑い南海山ちゃん。

 

1401011_015_01

 

いっつも上から目線で何やかや言ってるけど、

そーゆー山ちゃんは分かるんかい・・・・

という趣旨をより上品に語る眞鍋さん。

 

1401011_019_01

 

山ちゃんのお株を奪ってさぁどやねんの出題。

会社で上司に怒られたOL。

彼氏なしの一人暮らし、

帰ってきたら飼ってるインコが「お帰り」とお出迎え。

 

上司に怒られたのは「まぁセンスがないんだね」と山ちゃん。

「それだけ?」といびる眞鍋さん。

 

1401011_026_01

 

嬉しそうな眞鍋さん。

インコは飼い主の口癖を真似ている。

一人暮らしなのに「お帰り」って変でしょうの話。

 

続いてもう一問。

夜、鍵を開けて誰かが階段を上ってくる気配。

連続殺人犯が潜伏中というニュースあったな。

これはイカンと窓から飛び降りて逃走。

でも、飛び降りた時にガラスを踏んじまって、

そしたら上の部屋に灯りがついた。

さぁ大変・・・・

 

1401011_032_01

 

悩む山ちゃんに爆笑眞鍋さん。

近所のオバハンがあん肝ポン酢を持ってきて肝が冷えた

・・・・・・ある意味、素晴らしい解答の山ちゃん。

 

でも多分、ホントは答分かってたんじゃないかな?

あるべき正解から逆に組み立てれば、

逃げた奴こそ犯人でしょう。

 

1401011_040_01

 

「でもこれ、人に説明するの難しいですよね」

ハッとしてクイーン眞鍋さんにMC山ちゃんもここは一致。

答え知ってるし、「それがヒント」を先に言ってしまって

簡単に正解されてしまうとか。

 

でも、問題考える方も大変。

当ブログへの検索アクセスがとても多い番組だけど、

さて次はいつやるんでしょうか?

 

| | コメント (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »