« 旅本が三刷決定眞鍋さんのゴールデンラジオ | トップページ | 眞鍋さんの握手会報告 »

2013年12月12日 (木)

眞鍋さん旅本のあとがき的なもの?

 

絶賛発売中、眞鍋かをりさんの旅本

「世界を一人で歩いてみた」

あとがきがないのはなんでやねんの質問が寄せられた

とかで眞鍋さん、OfficialBlogでその解を説いている。

 

うんうんそうかそうだよなぁと

またしてもジジイになってしまうのだけど、

「自分探し」という言葉には否定的な眞鍋さん。

常に持ってるものなんだし、旅に出たからといって

見つかるもんでもなかろう捜しものではなく、

「前を向いていたい」

という気持ちの表れだったそうな。

 

だから、あの二年間のことが苦労話にはならないんだ。

うんうんそうだよなぁ・・・・じゃなくて、そこにこそ

決してねじくれない真っ直ぐ感の秘密がある。

 

何か壁にぶつかったなと閉塞感を感じた時、

そんな時こそ、うじうじ内向きにならず

外に向かって己を開放し、

何かに取り組んでみる。

向かい風に遭っても真っ直ぐ背筋を伸ばし、

心の健康を維持すれば

やがて道は開ける。

この眞鍋流、大いに参考になりそうだ。

 

眞鍋さんの心の成長的なものはメルマガにも見て取れる。

ただ流れに乗るだけではない何故と問う心。

いやいやひねくれではない、

これぞ科学する心だ。

本質を見極めんとする心は何事においても大切なもの。

旅本もメルマガと併せて読むのがお薦めだ。

 

旅本第二弾も著すつもり満々なようだしね。

 

|

« 旅本が三刷決定眞鍋さんのゴールデンラジオ | トップページ | 眞鍋さんの握手会報告 »

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 旅本が三刷決定眞鍋さんのゴールデンラジオ | トップページ | 眞鍋さんの握手会報告 »