« ゴールデンラジオはちょっと真面目に放射性廃棄物の話 | トップページ | ふんわり眞鍋さんのオトナイト乱入 »

2013年11月14日 (木)

眞鍋さんとラーメン話のジェネ天

 

人生はラーメンだ!覚めてはイカン、伸びたらマズイ

と言っても、そう何時もいつも熱いと

なんたら修造さんになってしまうのだが

取り敢えずラーメン特集だった月曜ジェネ天。

 

1311111_002_01

 

あまりラーメンのイメージがない眞鍋かをりさん

やっぱ九州ラーメンは東京に来てからだったそうな。

臭いにやられて「この店ダメです」なんて

最初は言ってしまったそうな。

 

当方、親友が九州男児なので、最初に食ったのは博多。

その後も呑み歩きながら「ここはうまか」とあちこち案内された。

当地の九州ラーメンは独自に進化したものの様で

クリーミーさを強調した店が多い。

薬味に韮のラー油漬けがあるのも特徴か(博多では見なかった)。

 

1311111_011_01

 

ほ?インスタントにもWスープがあるのか眞鍋さん。

けど、札幌ラーメンも九州ラーメンも以前は

インスタント麺がブームを牽引したものだった。

「味の三平」を継承するサッポロ一番は偉大なのである。

 

ちなみに、元祖札幌ラーメンの店や

元祖東京ラーメン来来軒から暖簾分けされ

唯一生き残ってる店、どちらも兵庫県に今はある。

 

1311111_027_01

 

さて、横浜国大時代の眞鍋さん、

ラーメン博物館にも行ったそうだけど

ハーフサイズを数人がかりでシェア、

一店舗当たりの分量を減らして全店制覇したそうな。

 

1311111_038_01

 

なに、旨そうじゃないって?

なにを言うか、中国でも南の方に行けば麺類は茶碗サイズ。

腹を満たしたければ何杯でも食うのが古よりの習わしだ

文句を言うでない。

ちなみにレンゲでミニラーメン作るのも中国でもやる。

文句を言うな。

 

1311111_058_01

 

環七に住んでたことがある眞鍋さん、

なんでんかんでんのオッサンの看板を

拝みながら帰宅していたそうな。

さすがに行列には並ばなかったかな?

 

それと、流行っているという鳥白湯、

坂本龍馬がひいきにしていた

下木屋町の水炊きの店のスープも鳥白湯だね。

九州でもそうだと思うけど、アレ、歴史は古い。

 

|

« ゴールデンラジオはちょっと真面目に放射性廃棄物の話 | トップページ | ふんわり眞鍋さんのオトナイト乱入 »

眞鍋かをり・テレビ(娯楽2)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ゴールデンラジオはちょっと真面目に放射性廃棄物の話 | トップページ | ふんわり眞鍋さんのオトナイト乱入 »