« 眞鍋さん旅本発売は12月4日じゃけんね・・・ということで | トップページ | ゴールデンラジオはちょっと真面目に放射性廃棄物の話 »

2013年11月12日 (火)

心配なフィリピンの台風被害

 

心配なのはフィリピンの台風被害である。

被害者数が三桁から五桁と幅が大きいのは

被害が大き過ぎて把握できていないからだ。

 

阪神淡路の震災の時もそうだった。

当日昼までに判明した数字が

最終的に20倍にも膨れ上がったのである。

平均風速86メートル超、最大105メートルというのは

想像を絶する。

これに5メートルの高潮(気象津波というらしい)が加わると

・・・・・・これは

救援する側も相当に腹をくくらねばならない。

 

道路も通信も途絶という状況は東日本の震災と同じだが、

フィリピンに日本ほどの大規模なヘリ運用能力はない。

近隣友好国でそれができるのは日本だけだ。

 

ヘリとホバークラフトの運用が可能な海自の輸送艦には

フィリピン側の要請を待つまでもなく

出動準備を下令すべきであろう。

準備は早過ぎても構わない。

現場海域への到着時間を鑑みるなら、今すぐに、である。

 

マニラまでは移動手段が確保されているようだが、

そこから先は日本の震災と同じと見ていい。

移送手段の確保と被災者収容施設、

救援拠点の確保が何より急がれる。

被害の大きいレイテは島。

船とヘリである。

 

|

« 眞鍋さん旅本発売は12月4日じゃけんね・・・ということで | トップページ | ゴールデンラジオはちょっと真面目に放射性廃棄物の話 »

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 眞鍋さん旅本発売は12月4日じゃけんね・・・ということで | トップページ | ゴールデンラジオはちょっと真面目に放射性廃棄物の話 »