« 心配なフィリピンの台風被害 | トップページ | 眞鍋さんとラーメン話のジェネ天 »

2013年11月13日 (水)

ゴールデンラジオはちょっと真面目に放射性廃棄物の話

 

なになに、岡本夏生さんのコスプレが凄い

と力説する眞鍋かをりさん。

こっちでは放送してないが、

コメンテーターなのにコスプレってどーよ

って思う時点で既に凄いのかも。

 

でも眞鍋さん、

「カッコいい」「憧れますよね」

なんて言ってたらマネジャー氏に

「ダメですよ」

釘を刺されてしまったそうな。

 

20131112

 

ということで賑やかそうな

「大竹まこと ゴールデンラジオ」のスタジオ。

真ん中におられるのは金子あいさん?

ポッドキャストでは聞けないのでよく分からないが

多分そうかな。

で、眞鍋さんはコスプレを否定されたうっぷん晴らしか。

一人お笑いポーズ。

 

大竹翁と太田アナは昨日まで福島にいた。

昨日の放送は聴けたのだけど、この日は聴けない。

その代わりという訳じゃないだろうけど

原発の放射性廃棄物処理について研究してきたという

田坂広志先生が来演。

 

やはり現状ではこれといった決定打はないらしい。

安定した地盤に埋めるといっても、無害化に10万年。

「人類の計画に10万年なんてありますか?」と

眞鍋さんが疑問を呈するように、

そんな遠い未来のことなんて分からないし、

地中で放射能が漏れ出すと掘り返す事も出来ず

処置なし状態になるという。

 

最終処理なんて地中に埋めればいいんだ

もう解決してるんだぁっ!

なんて某新聞の社説みたいなことは

軽々に口にすべきことではないらしい。

 

手塚治虫さんを始め

原子力に夢を抱いた人は多かっただろうけど、

お湯を沸かして蒸気で機械を動かすくらいしか

未だに出来ていない。

蒸気じゃ鉄腕アトムも空を飛べないし

蒸気機関なんて2千数百年前、アルキメデスの時代に

既に基本原理は解明されていたものだ。

蒸気以外の使い道が爆弾だけってのもなんだかなぁ。

 

で、田坂先生の結論は

取り出せる状態で貯蔵する方法を考えた方がいいとのこと。

先生によると水より土壌汚染の方が深刻で、

福島第一原発でも汚染水による土壌汚染が問題だという。

今検討されている凍土化で壁を作る方法は

凍結を維持する為に莫大なエネルギーとコストがかかるので

あくまで一時しのぎ。

 

土を一度溶岩化してから冷やすガラス化

という技術が使えるのではないかという。

既に実例もあるそうなのでそう遠くない時期に実現しそう。

ちょっと明るい話か。

原子力利用の将来に希望を棄てておられない先生だが

もう一度じっくりお話を伺いたい方である。

 

|

« 心配なフィリピンの台風被害 | トップページ | 眞鍋さんとラーメン話のジェネ天 »

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 心配なフィリピンの台風被害 | トップページ | 眞鍋さんとラーメン話のジェネ天 »