« 天皇賞は予想外れの名勝負 | トップページ | 輪ゴムでパチられた眞鍋さんの秘密 »

2013年10月29日 (火)

眞鍋さん、旅本のタイトルも決まったそうな

 

12月に発売されるという眞鍋かをりさんの旅本、

タイトルが決定した。

「世界をひとりであるいてみた~女30にして旅に目覚める~」

ふむ。

意外とストレートな感じ。

でも、その真っ直ぐな感じが眞鍋さんらしいとも言える。

 

眞鍋さんが書いたものをよく読めば、

自分のことを見つめる目が意外に厳しくて、

弱点や欠点をよく自覚していることが分かる。

色々とちゃんとしてないこともあるのだけど、

本人は先刻承知。

だからいつの間にか直っていたりする。

「あぁそういう事だったのか」

「余計なこと書かなきゃよかった」と、

こっちが恥ずかしくなったことも二度三度。

 

ツイッターを通じて日本にいるフォロアーも同時体験した

アメリカ珍道中の顛末

眞鍋さん、しっかりしてる感全然ないし、

オイオイそんなこと言ってる場合かいと

ハラハラドキドキもしたものの、

瞬発力と機転であららと乗りきってしまった。

 

きっと旅本にはそんなこんなのエピソードが

他にも色々込められてるんじゃないかと

ちょっとおっかなびっくりの期待感大。

 

てなことで

 

1310252_018_01

 

これは25日、「所さんのそこんトコロ」の眞鍋さん。

一時はひやっとさせられたけど

無事に復帰してます大橋美歩さんとは久し振り。

伊勢海老のソフトシェルを食べられてこれはラッキー。

でも専門業者がいたとはね。

松葉蟹のソフトシェルにも専門業者いるのかな?

 

1310252_030_01

 

ダークな色調に、足元の赤を合わせるコーデ、

時々やる眞鍋さん。

今頃、文化放送のスタジオだろうけど、

どんなファッションなのだろう。?

 

|

« 天皇賞は予想外れの名勝負 | トップページ | 輪ゴムでパチられた眞鍋さんの秘密 »

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

眞鍋かをり・書籍・雑誌」カテゴリの記事

眞鍋かをり・テレビ(娯楽2)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 天皇賞は予想外れの名勝負 | トップページ | 輪ゴムでパチられた眞鍋さんの秘密 »