« 「眞鍋流」特別篇に「漢方BOOK」に温故知新の眞鍋さん | トップページ | 眞鍋かをりさん、故郷を訪ねる「瀬戸内物語」 »

2013年9月 8日 (日)

ご立派富豪もいればそうでないのもいる「マネー」富豪SP

 

世界の富豪1422人の総資産が522兆円!

誰やねんそれ!

ということで今回の「たかじんNOマネー」は

富豪たちの御立派度チェックだ。

 

1309071_003_01

 

「大阪人は貧乏人の方が好きや」

「じゃあなんで黒田さんは好かれてないんですか」

「それはねぇ・・・」

 

恒例のやり取りに「毎回しんどねん」と泣きが入ったら

ゲストのデーブ・スペクターさん、某局某番組を引き合いに

助っ人とばかりに八代さん攻撃。

これが国際弁護士を怒らせたか、

デーブさん、してやったりはこの時どまり。

 

1309071_017_01
 

 

長者番付世界5位のラリー・エリソン、

ご立派ポイントは「さぁあまり伸びず」

と眞鍋かをりさん、

「御立派なとこ少なかったですね」

本人役で映画に出演するとこなど「ちょっと寒い」。

 

須田慎一郎さんが詳しい反面、デーブさん

「ざっくりし過ぎる」と国際弁護士の追及開始。

「細かいことはVTRにあると思ってた」

なんて言うので眞鍋さん

変人らしいけど、「奇行とかないんですか?」

  
  

1309071_024_01

 

「ロスに住んでるから気候はいい」って

ボケてる場合ですかのスぺクター。

 

気を取り直して4位は投資のカリスマ、ウォーレン・バフェット。

利益の99%は社会に還元すると

慈善事業にガンガン寄付してるぞとご立派ポイント多数。

人の金横取りするだけの投機ではなく、

価値そのものを増やす投資だから評価できる

と藤井聡教授。

 

でも、「それでよく83まで生きられましたね」と

眞鍋さんが言う程のチェリーコーク好き

ということでのスぺクター

 

1309071_053_01
  

ウォーレンパフェ?

「絶対言われてないでしょ」(眞鍋さん)

スタジオに響くご~んと梵鐘の音。

 

ギャラを「全額寄付せぇ」とわめく黒田はんだが、

金持ちのオッサン、既に評価されてるのに

なんでここで持ち上げたらなあかんねんと低評価。

「世の中金だけやないしね」って

 

1309071_062_01

 

「今日はずっとその話ですけど」

おっしゃる通りの眞鍋さん。

 

2位はお馴染みビル・ゲイツ。

このオッサンも今は慈善事業が本業みたいになっている。

そんなに寄付するなら税金払えよとも思うが

我が国を省みるに、金が入ったら官僚が

天下り先のなんたら行政法人とかに

無駄使いしそうで信用ならん。

 

だったら使い道まで選べる寄付の方がいい

と言えなくもないが、それは性善説に立つならばの話。

悪役登場の番外編はコーク兄弟

累進課税も国民皆保険も反対だ。警察もCIAも全部民営化

政府は小さくってか要らないんじゃないののやりたい放題宣言。

そんなことになったら世界は終わると藤井教授。

 

公害垂れ流し、自然破壊もやりたい放題、

住民犠牲?それがどうした。

欠陥車が事故起こしまくろうが薬害で犠牲者が出ようが

そんなの自己責任。買わなきゃいいんだ。

そうすりゃそんな会社勝手に潰れるさ。

まぁ法律作ったところで警察も司法も民営だし

買収してるから痛くもかゆくもないだろうね。

 

法則的に考えれば規制を必要としたのは

資本主義自身だと分かる。

そんなに自由放任の昔がいいのなら

金本位制に戻りますか?

インフレもデフレも自動調節してくれて国の出番なし。

ええんちゃいますかなぁハハハ・・・・

 

1309071_047_01

 

さて黒田はん、

「実は僕にもピュアなところがあって」

「え?プア?」

「それ貧乏やがな」

 

それはそれで間違いないとして、

実はNHKのドラマ脚本も書いたことがあるっ!

オオッ!と言いたいところだが眞鍋さん

 

1309071_105_01

 

隠してるかどうかはともかく、

黒田はん演出・脚本の舞台「ポストへ」が

10月5~6日に大丸心斎橋劇場で上演の運びとなる。

ご予約はチケットよしもとへ。

 

|

« 「眞鍋流」特別篇に「漢方BOOK」に温故知新の眞鍋さん | トップページ | 眞鍋かをりさん、故郷を訪ねる「瀬戸内物語」 »

眞鍋かをり・テレビ(娯楽2)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「眞鍋流」特別篇に「漢方BOOK」に温故知新の眞鍋さん | トップページ | 眞鍋かをりさん、故郷を訪ねる「瀬戸内物語」 »