« 出でよスーパーサイヤ人?眞鍋さんの人生行路~『婦人公論』インタビュー | トップページ | ピリリと辛い山椒より、じわりと味出る眞鍋味的アド街ック »

2013年8月26日 (月)

環状線みたいに丸くは収まりません「マネー」誰が一番悪いでSHOW

 

眞鍋かをりさん元気いっぱいのオープニング、

その隣で冴えない顔の底辺黒田はん。

 

1308241_009_01

 

ゲストの篠田恵里香弁護士は司法研修所45期、

エリート国際裕福お坊ちゃん弁護士が61期ということで

それならワシはNSC10期と応じた黒田はんだったのだけど

「拘置所にはないんですか?」

「ないよっ!番号はあるけど」

てな応酬でちょいテンションダウン。

 

でも世の中もっと悪い奴がいるぞと「どっちが悪いでSHOW」

テーマを3本に絞ったので即興漫才も入れつつの

そこそこ議論は尽くした感ありの回。

 

1308241_030_01

 

まずは痴漢サイト(なんじゃそら)になりすまし書き込みをして、

それを真に受けたバカがホントに実行、逮捕されたけど

騙されたということで不起訴、書き込みした奴がとっ捕まった話。

 

そもそも痴漢されたい希望書き込みがあったからといって、

ほんまにやるのってどやねんの黒田はん、仰る通り。

しかし、情状酌量の余地が全くないのは書き込んだ奴、

「お前が悪い」とゲストの藤井聡京大大学院教授。

 

そこに一石投じたのが眞鍋さん

 

1308241_018_01_2
   

ホントの痴漢プレイヤーはどうしたらいいのだと

「そこに行きますか」の方向転換。

でもこれが意外に難しい。

 

双方合意の上なら犯罪にならない

と聞いてなんでやねんの黒田はん、

例えば電車の中で裸になって・・・・

「それは公然わいせつです」

 

では境界線は何処にあるのかとミニコント

「ねぇ何線にする?」(眞鍋さん)

「そやなぁ丸く収めたいから環状線」(黒田はん)

 

1308241_040_01

 

眞鍋さんのフリも良かったけど

綺麗に応じた黒田はんも流石の一席。

 

我に返って自分が被害者だったらと眞鍋さん、

「仕返ししていいんだったら

書き込みした人に仕返ししたいですね」

うんと頷く識者諸氏。

 

でも、妄想の範囲かどうかの判別が難しい

痴漢サイトの規制には課題が残るものの、

やっぱ実行に及んだ奴もとっちめるべきだった

と諸氏の見解は一致した。

 

1308241_048_01

 

お次は福島原発事故。

私企業にやらせた政府が悪いのか、

安全対策手抜きの最終判断をした東電か。

 

「予見できなかった」「想定外」

などという言い訳は一切通用しない。

貞観地震の大津波の事は知っていたし、知っていたからこそ、

福島第二に追加した非常用電源のひとつを高台に置いた。

(貞観みたいな津波は来ないと思いたいが、もし来たら困るから)

だから第二は爆発を免れ、何もしなかった第一は爆発した。

 

より震源に近い女川原発が爆発しなかったのも、

東北電力が地質調査で貞観地震の津波の規模を調査し、

それなりに対策をしたから。

東電だけ知らなかったは通らない。

東北電力は知っていたけど東電は知らなかった

というなら単なるボンクラの証明。

 

しかし、国会で全電源喪失なんて考える必要はないなどと

傲然と答弁したのは安全保安院。

総理(当時も安倍さん)も同様の答弁をした。

答弁書を書いたのは通産官僚。

 

安全保安院のメンバーだった学者が

事故直後だというのにニタニタ笑いながら

「完全な安全対策をしたら凄いお金がかかるんですよ」

なんてことを平気で言っていたのを思い出す。

なにがそんなに可笑しいのかさっぱり分からなかったが、

利益優先で手抜きしないよう見張るのが

お前らの役割だったのではなかったのかと感じたものである。

 

政財官学が金と利権で結びつき、

国民の生命と安全を犠牲にした結果である。

将来のエネルギーを真剣に考えた人もいるだろうが

それが貫徹されていたら全電源喪失はなかったし、

ケチった安上がりポンコツタンクから

汚染水が大量に流出することもなかった。

 

1308241_067_01

  

「一番悪いところ以外は悪くないということではない」

と国際弁護士。

「責任のバランスですね」と眞鍋さん。

 

福島の子供たちの甲状腺異常が報じられて一年以上経ち、

18人に甲状腺癌が見つかった。

可能性を含めると40人以上に及ぶという。

因果関係が証明できない

などの世論操作が行われるだろうが

因果関係が科学的に証明されていないことなど

世の中にはいくらでもある。

それがこと人の健康と安全にかかわることならば、

あらゆる可能性を否定せず対処するのが当たり前である。

 

「原発は安全」は間違っていた。

全電源喪失も現実に起こった。

「メルトダウンしていない」は嘘だった。

時間が経てばいずれバレる嘘を平気でつく(小学生か)。

それでもなお安全安全と言い続ける。

そうであって欲しい心理につけ込むかのようで

誠実とは言えない。

原発も放射能も安全ならどれだけほっとするだろう。

 

1308241_089_01   

 

さて、最後は万引き少年が現場で警察官から逃げ

踏切で電車にはねられ死亡。

被害者の書店店主が

当事者でもない人々から非難を浴びノイローゼ。

一時は店を閉じたという話。

 

少年に全責任を負わせることはできないから

保護者と保護すべきだった警察官の責任だろう

と思ったけど同意見は現れず。

なんでや?

 

まぁ選択肢になかったからなんだけど、

スタジオでも一般アンケートでも誰やねんお前的赤の他人が

義憤に駆られてというより面白がって非難したことを一番とする。

「匿名で非難するのは卑怯な行い」と藤井教授が言えば

篠原弁護士は「非難ばかりする層が社会の中にある」と指摘。

先日「とくダネ!」が取り上げてた連中だ。

文句つける対象を常に捜していて

カモを発見すると数百件の書き込み。

「すーっとする」とのたまう病んだ人々。

 

「実名顔写真入りだったら書き込まない人がほとんどでは」

と藤井教授の説に同意する眞鍋さんだけど、

須田慎一郎さんによると最近は

数日で収まるケースが多いそうで

しつこく粘着する重症患者は減ってるらしい。

軽症患者はスルー、重症の奴は本人の為にも

じゃんじゃん摘発してもらうのが一番か。

 

ところで、自分のガキが万引きしてるのに

店に文句言いに行くバカ親もいるらしい。

 

1308241_099_01

 

「自分の子どもは可愛いか知らんが

他人から見たらいっこも可愛くない」

黒田暴れ節で取り敢えずまた来週。

 

|

« 出でよスーパーサイヤ人?眞鍋さんの人生行路~『婦人公論』インタビュー | トップページ | ピリリと辛い山椒より、じわりと味出る眞鍋味的アド街ック »

眞鍋かをり・テレビ(娯楽2)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 出でよスーパーサイヤ人?眞鍋さんの人生行路~『婦人公論』インタビュー | トップページ | ピリリと辛い山椒より、じわりと味出る眞鍋味的アド街ック »