« 髭鯨と鼠爺さんと眞鍋さんのゴールデンラジオ | トップページ | 愚痴だらけのサラリーマン大会と愚痴らない眞鍋さん »

2013年8月 8日 (木)

辛口眞鍋さんの弁当批評

 

少年ジャンプはさっぱりだったけど、

こちらは想像力が湧き過ぎて困った「キャサリン三世」

誰やねん!

ということではなく、

眞鍋かをりさんが出演していた番組。

そりゃそうだろ。

 

1308062_008_01

 

男子製作の弁当を女子軍が評価する趣向だが、

最初の又吉弁当、見た瞬間グリーンがないと思ったら、

眞鍋さんも開口一番「茶色い!」

赤いタコ足ウインナがなかったら「ホント悲惨」

「ブロッコリーとか入れて欲しかった」

名付けて

 

1308062_018_01
  

眞鍋さん、にこやかに辛口批評。

 

先鋒玉砕の後を受けて次鋒、

チュート福田はんはやっぱり京都出身料理好き

注文通りにブロッコリー。

海老チリの赤も加わって彩り良し。

 

1308062_024_01

 

色々な味が楽しめるので

「デートでも色々なとこに連れて行ってもらえそう」

でも「色々完璧すぎて疲れちゃうのかな」ってのは

買いかぶりだっせ眞鍋さん、あいつ大酒飲みで身体壊したし。

いっこも完璧やおまへん。

それにそんなんじゃ終わらない頑張り過ぎが以下続くのだ。

 

1308062_044_02_3

 

器からして気合が入っているカレー弁当に歓声を上げたものの

我に返ってこんなん持ってこられたらどやねんの話。

もう絶対そいつには料理作らないと断じる眞鍋さん。

「味だけではなく女心も分かってるよ」感があって

「イケメンにしか許されない弁当」。

 

イケメンでなかったらプロでっさかいの言い訳が必要

ってことでイケメンシェフの作品かと思いきやさにあらず、

次の作品を見た瞬間、それに気付いた眞鍋さん。

 

1308062_057_01

 

「ウケル!」と立ち上がっての大爆笑。

プロらしさを見せないように気をつけたつもりだけど、

いやぁやっぱり出ちゃうんだよねってことなら嫌味な仕上がり。

「デートとか絶対変なとこ行きそう」「絶対変態」

ってことでイケメンシェフ作品への命名は「変態弁当」に決定。

やったね。

 

どうでもいいことだが、番組が終わる頃には

当方の脳内妄想弁当も出来上がっていた。

生野菜は屋外に持ち運ぶことなど想定すると避けたい。

さりとて揚げものは時間が経つと酸化する。

 

ほな焼き野菜はどないだ。

ナスにカボチャにパプリカにアスパラガス等

酒だけで茹でた豚バラブロック白肉片のスライスで

くるっと巻いてプラスティックピンか爪楊枝で留める。

 

べたつくソースは別添えで、

練りゴマと酢、醤油、ラー油のゴマだれにバジルソース。

茹で玉子と春菊、ピクルス代わりの水茄子の漬物、

それぞれみじん切りをマヨネーズで和えたのを挟んで

サンドイッチ、それに

バケットのガーリックトーストでもつけますか。

 

それはともかく、女性陣が選んだのは

やっぱりチュート福田はん。でも

工夫もあって味もいいけど常識人を踏み外さなかった

・・・・ホントに喜んでいいのか?

まぁいいや。

 

|

« 髭鯨と鼠爺さんと眞鍋さんのゴールデンラジオ | トップページ | 愚痴だらけのサラリーマン大会と愚痴らない眞鍋さん »

眞鍋かをり・テレビ(娯楽2)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 髭鯨と鼠爺さんと眞鍋さんのゴールデンラジオ | トップページ | 愚痴だらけのサラリーマン大会と愚痴らない眞鍋さん »