« 開けっ広げ眞鍋さんの限界トーク「くらべてみました」 | トップページ | どちらさまもお疲れ様でしたの連チャン眞鍋劇場 »

2013年6月 7日 (金)

脚長眞鍋さんの短資訪問「眞鍋流」

 

「たんし」といっても電化製品についてる端子ではない。

「短足」の読み間違いでもない。

ほななんやねん、ということで

「マネーポスト」の連載「眞鍋流」

眞鍋かをりさんが訪れたのはセントラル短資FX株式会社。

お相手は常務取締役でもある阿草龍二営業本部長だ。

 

Img077_01

 

短足とはほど遠い、脚長眞鍋さん超美脚。

 

短資は銀行間取引で一年未満の取引を媒介する会社だが、

銀行間ということで当然信用第一。

格付け会社の格付けも取得しているという同社、

その信頼性の高さから、相場より金利差で

「ちょっとずつでも得が出ればいいという考えの方も多そう」

と眞鍋さん。

 

仰る通りと頷く阿草本部長だが、それなら狙いは豪ドルだ。

それも外貨預金よりFX。

なんせ銀行の外貨預金ほどコストかからないし

期間の制約もなく、24時間取引できる。

かつて豪ドルを持ってた眞鍋さん

「FXはそんな使い方もあるんですもんね」

 

システムトレードなら名監督にもなれる

という話になるほど眞鍋さん。

「名監督になれるよう私も頑張ります!」

なんて宣言もしているが、事の詳細は同誌でご確認を。

『マネーポスト』夏号は定価600円。

 

|

« 開けっ広げ眞鍋さんの限界トーク「くらべてみました」 | トップページ | どちらさまもお疲れ様でしたの連チャン眞鍋劇場 »

眞鍋かをり・書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 開けっ広げ眞鍋さんの限界トーク「くらべてみました」 | トップページ | どちらさまもお疲れ様でしたの連チャン眞鍋劇場 »