« 浮いてるギャップに気付きつつ眞鍋さんのジェネレーション天国 | トップページ | テンション上がる眞鍋さんのアド街ック »

2013年6月16日 (日)

水道橋博士さんの芸人魂

 

さて今回の「たかじんNOマネー」、

前回に続く橋下大阪市長応援企画だが、

カチコチに硬直した人がわんさと湧いてきそうで

絡まれても不毛な時間を無駄に費やすだけだし

どうしたもんかと考えている内に

水道橋博士さんの途中退席降板宣言で妙なことになっている。

 

あれ、辞めるのかな?

ってことはツイッターで本番前から感じていたし、

実際、決まっていた事だったらしい。

なので橋下さんが言うように「批判されたから」でも

小金よりたくさんギャラをもらっていたからでもない。

多分、あれでは?と思うことはあるが

博士さんが沈黙している以上、勝手なことは言えない。

 

途中退席という手段に出たのは

橋下さんがサンジャポでやったことをパロッたのだ

とは博士さん本人が言っている。

辞めることは決まっていたが「小金稼ぎのコメンテーター」

という橋下発言に激怒したというより

芸人らしく乗っかって席を立ったというところだろうか。

 

ちなみに博士さんはその後、東京に戻って出演した番組で

「ツイッターで燃えてます」とか

「途中降板しないで頑張ります」とかちゃっかりネタにしていた。

ただ、炎上という程でもないのかもしれないが、

脅迫めいたリプはきているらしい。

やっぱりね。

 

橋下さんのフォロアーにはフォロアーゼロかゼロに近く

アイコンなし(卵)という謎のアカウントが万単位であり、

橋下さんを批判するアカウントを発見すると襲いかかる。

実数で何百人なのか何十人なのかは知らないが

ナチの突撃隊のようで恐ろしくもある。

なので博士さんは多くを語っていないが

何が起こっているかの想像はつく。

 

脅迫に屈するという訳ではないが、

当ブログは第一に眞鍋かをりさんの応援ブログ。

受けて立つぞと胸を張る場でもないので

詳細は余所で書いた方がいいだろう。

ただ、先週の当ブログ記事と直結する部分についてのみ、

別途記事にしたい。

 

取り敢えず、間の悪いことに当方、腹を壊している。

当方の様に歩行困難な人間が腹を壊すと

それはそれは大変な重労働に追われることになる。

てなことで今は水道橋博士さんの名誉の為に

なるかどうかは分からないけど

誤解を招かぬよう取り急ぎ一文をしたためるにとどめまっさ。

 

|

« 浮いてるギャップに気付きつつ眞鍋さんのジェネレーション天国 | トップページ | テンション上がる眞鍋さんのアド街ック »

眞鍋かをり・テレビ(娯楽2)」カテゴリの記事

コメント

NAGARAさんおはようございます。
体調がすぐれないようですが、ご自愛ください。

つまり降板は決まっていたが、追い打ちをかけ橋下氏が水道橋博士を煽った為堪忍袋の緒が切れた可能性が高い。もしくはほど良い燃料を逆手に取り話題性を重視させた可能性も否定はできないが真相は不明だ。

投稿: isakazu | 2013年6月16日 (日) 09:49

生放送討論番組に変更されたことを番組ツイッターで知ったことに「出演者なのになぁ~」って気分になってたみたいですし、東京で一緒にラジオやってる青山繁晴さんも降板になったことだし、とか色々考えることがあったのではないかと思います。

投稿: KenNagara | 2013年6月16日 (日) 10:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 浮いてるギャップに気付きつつ眞鍋さんのジェネレーション天国 | トップページ | テンション上がる眞鍋さんのアド街ック »