« 緊急生放送「マネー」も落ち着いてさばく眞鍋さん | トップページ | ありゃまと驚きありの5月度検索アクセスのまとめ »

2013年6月 3日 (月)

再戦あるのかスプリントエースと稲妻の激突

 

ロードカナロアとショウナンマイティの参戦で

俄然風雲急を告げた安田記念。

やっぱこの二頭は凄かった。

赫々たる戦歴を誇る世界のスプリンターと

上がり上等ラスト200mの速さなら無敵、漆黒の稲妻。

それに比べるとマイルの本職組は

ちょっと線が細いというか凄味に欠ける。

 

1306021_012_01

 

「今回は難しい・・・いつもやけど」の寛平兄さん

カレンブラックヒルと本命推し。

でも他の皆さんはロードカナロアと

ショウナンマイティに分かれた「競馬BEAT」のスタジオ。

マイティの艶やかな馬体に感心しきりの杉崎美香りん姐さんに

川島アナも「強そう」。

 

実際に強かった。

スプリントエースは難なく折り合いをつけ、機を見て抜け出す

距離が延びても何ら変わらぬいつもの戦法。

ショウナンマイティも後方からいつも通り、とはちょっと違って

最後尾ではなかったので馬群からなかなか抜けられない。

外に出したと思ったら前が詰まりを繰り返すこと二度三度。

やっと大外に出て前が空いた時には

200mの標識をとうに過ぎていた。

 

だが、ここから黒き稲妻一閃!

瞬時に7~8頭をパッシングしてロードカナロアに迫った。

それを感じ取ったカナロア騎乗の岩田はん、

最後まで気が抜けなかったというが、あの重量級の巨体だし、

蹄の音は聞こえていたろうなぁ。

上がり最速32.8sec!

残り200m過ぎてもフル加速出来なかったのに

これで二走連続の32秒台。

首差で首位を守ったカナロアもあっぱれだが、黒い稲妻が

あと10m早く炸裂していたらどうなったか分からない。

 

この二頭、これからどうするのだろう?

オルフェーヴルのいないマイルに来たらカナロアが邪魔しに来て

なんでやねんとか思っているだろうかマイティ陣営。

スプリントに戻っても勝てるカナロア、

敢えて稲妻との再戦を選択するのか。

どちらかが避けるのか、それとも再度激突するのか。

刮目せねばなるまい。

 

|

« 緊急生放送「マネー」も落ち着いてさばく眞鍋さん | トップページ | ありゃまと驚きありの5月度検索アクセスのまとめ »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 緊急生放送「マネー」も落ち着いてさばく眞鍋さん | トップページ | ありゃまと驚きありの5月度検索アクセスのまとめ »