« 64歳大竹翁怒涛の攻めに便乗眞鍋さんのかぶせ | トップページ | 眞鍋ブルーは15年のかをり »

2013年6月27日 (木)

眞鍋さんは乙女系?な話

 

1306251_003_01

 

局アナは「気絶」と連発していたけれど

眞鍋かをりさんは「失神」と表現した興奮し過ぎ青年。

絶叫マシンに乗ってワォ!と大騒ぎしていたら、

いきなり白目を剥いて意識喪失。

かと思ったらすぐ復活してまたワォ!

 

何かが飛んできて頭ぶつけたという訳ではなく、

完全に内的要因だから眞鍋さんが正しいね。

殴られてるのに「失神KO」って、日頃から

変な日本語使ってるから混乱してきたのか。

あるある探検隊の「気絶~」も間違いだったけど。

 

日本語の乱れをさり気なく正した眞鍋さんは

「世界のありえない映像博覧会」

 

1306251_022_01
  

旅先で見知らぬ人と意気投合してもテンション上がる眞鍋さん。

そういや、バイクの後ろに乗っけてもらって

観光案内してもらったことあったっけ。

 

でも、それ以上にテンション上がってたのは

砂の中から現れて子猫みたいな声を上げるナマカフクラガエル。

カエルというより四足のピグモンみたいな変な奴。

「何コイツ」と眞鍋さん、「カワイイ」連発。

 

1306251_049_01
  

呆れる眞鍋さんは、夫の留守中女房とデキて

ガキまで作っちまった夫の親友。

女房が夫の子と言い張るのを呑気に信じ

「わたいは関係おまへん」ちゅう顔で

テレビにまで出たってどーよ。

 

DNA検査の結果が出るまで言い張っていた

女房もふてぇ奴だが・・・ていうのは

太いと不貞をかけたしょ~もない洒落。

ってのはどうでもいいとして

眞鍋さん、こーゆーのちょっと苦手か。

 

メルマガで恋愛ゲーム製作者の女性陣に取材してるのだけど

わざと振って勝ち誇るシチュエーションはどうかと問われて

「悪役は厭」って気乗り薄な様子で却下していた。

 

だがそれよりアレと思ったのは

バックパッカーで迷っているイケメンを助けたら、

それがまさかのエライ人で・・・って、

どっかで聞いたと思ったら似たようなストーリーを一昨年、

眞鍋さんのツイッターアカウントに連リプしたことがある。

 

当方の設定ではイケメンは

カリフォルニアワインの大手蔵元の御曹司で、

ロスに旅した時に偶然再会するというめぐり逢い二段構え。

その方が眞鍋さん、テンション上がると思うんだけど・・・。

 

1306251_032_01

 

でも、眞鍋さんのストーリーは

向こうの方が眞鍋さんを捜しまくるというシンデレラ風。

眞鍋さん、やっぱり乙女系?

 

ただ、生きている内に相手の髪の毛取るってのは

もしかしてひょっとして宗教的に×かも。

遺髪の発想だし。

失神くらいなら遺髪は要らないしね。

 

|

« 64歳大竹翁怒涛の攻めに便乗眞鍋さんのかぶせ | トップページ | 眞鍋ブルーは15年のかをり »

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 64歳大竹翁怒涛の攻めに便乗眞鍋さんのかぶせ | トップページ | 眞鍋ブルーは15年のかをり »