« 人は食わない眞鍋さんのハッとしてキャー | トップページ | 終わっても終わらない蘇りに感銘眞鍋さん »

2013年5月 2日 (木)

かぶせる眞鍋さん、蝶の舞

 

眞鍋かをりさん、余計(?)な一言が、

妙に拡散されている「大竹まこと ゴールデンラジオ」

女性は月に四回性格が変わるというけれど、

眞鍋さんは全然変わらないよという話なんだけどね。

 

20130430

 

ってことで眞鍋さん、蝶の舞。

春ですね~

寒いけど。

 

元気な眞鍋さんに対し、大竹翁は旅公演の疲れか

放送局の中が暗く感じるという。

「生理ですか」って、なんでやねんの眞鍋さん。

そうであっても変わらず元気な眞鍋さんかもしれないけど

大竹翁は歳ともう一つの理由で、それは来ないし。

来たら事件だ。

 

相変わらず考え過ぎの髭男爵、

ラファエロ展の広告にルネッサンスの文字があるので、

自分がその近くにいたら笑われるのではないかとマスク着用。

「ルネッサ~ンス」のギャグと広告を結び付ける?

それ、思い付くの本人だけじゃないか?

チャンスではないか。

「グラス持って下に立ってろ」という大竹翁こそ正しい。

 

でも、眞鍋さん爆笑の

カーネルサンダースの横に立つ大竹翁の方がいいかも。

「リボン付けていいですか」と眞鍋さん。

「ケンタッキーに行くことありますか?」

「チキン持ってきていいですか?」

どこまでかぶせんねん!

 

眞鍋さんも蝶と並んでみましょうか。

間違ってもモスラと間違われないように。

あれ、蛾だし。

 

|

« 人は食わない眞鍋さんのハッとしてキャー | トップページ | 終わっても終わらない蘇りに感銘眞鍋さん »

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 人は食わない眞鍋さんのハッとしてキャー | トップページ | 終わっても終わらない蘇りに感銘眞鍋さん »