« 横綱のいない五月 | トップページ | スーパー40歳と眞鍋さんのびっくりジャージコーディネート »

2013年5月22日 (水)

元気な眞鍋さんとわらび餅のゴールデンラジオ

 

わらび餅の季節って、突然話題が変わった

昨日の「大竹まこと ゴールデンラジオ」。

 

わらび餅は家で作るものだと力説する髭男爵、

「スーパーには売ってなかった」と言うのだが、

「売ってたよ」と眞鍋かをりさん。

「嘘つけー!」って、ふっふっふ、髭男爵、

本当は兵庫県出身ではないのでは?

 

幼少の頃は雪深いヒマラヤの山中で

イエティとして暮らしていたのであろう。

そりゃふもとの村にもわらび餅はないはずだ。

バレたな。

 

20130521

 

今週も元気いっぱいな眞鍋さん。

早くもノースリーブ。

声も凄く元気で、花粉症はもう大丈夫なのかな?

 

ちなみに、何故か蕎麦屋でわらび餅づくりを見たことがある

という眞鍋さん

「めっちゃ大変ですよ」

「肩壊すくらいやらないと」

そんな作業をかつて男爵の細君が、

と思って言ったら変な顔されて・・・違う人だったらしい。

 

そらデブ男爵が食うんだから量も半端じゃなかろう。

それをやり抜くとはアッパレではないか。

誰だか知らないけど。

「肩壊すんですよ!できる頃には腕が倍くらいにパンパン」

んなアホな的に話を広げる眞鍋さんだ。

 

ところで男爵が言うワラビ粉って本物だろうか?

山菜のわらびの根が原料だが凄く高い。

生産効率が低いのだ。

仕上がりが透明だったら多分、芋でんぷんだ。

眞鍋さんは本わらびのわらび餅、食べたことあるのかな?

 

 

ついでに山口一臣さんは政府が閣議決定した

生活保護法改定案について。

生活保護は憲法が保障する健康で文化的な最低生活基準。

よく生活保護基準より収入が低い人がいるから

保護基準を下げるなんて当たり前みたいに言ってる人がいるが

基準に達しない分は保護費で補てんするのが本来の形。

年金でも保護基準に達しない場合は保護費から穴埋めされている。

勿論、諸々の事情や条件を満たしている場合のことだが

要するに制度上の不備や社会の歪みにツギ当てしてるのだ。

勘違いしないようにしたい。

 

悪い奴は何処にでもいるもんで、

大した金額じゃないのに詐取してやろうとする奴がいる。

件数で0.5%、金額で1.5%。

件数の割に金額が多い所が悪事の証明だが

持ってる奴の悪事はそんなスケールではない。

億単位で脱税してる企業や資産家の脱税額、

一説によると総額で生活保護費総額をはるかに超えるとか。

大騒ぎの対象を間違えないようにしたい。

 

|

« 横綱のいない五月 | トップページ | スーパー40歳と眞鍋さんのびっくりジャージコーディネート »

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 横綱のいない五月 | トップページ | スーパー40歳と眞鍋さんのびっくりジャージコーディネート »