« 狭い日本に個性突出県ありの「マネー」東西対決 | トップページ | 徒然なるままにあれやコレ »

2013年4月29日 (月)

大波乱ではなかった天皇賞に眞鍋さん乱入(?)

 

さてもやってくれましたねフェノーメノ。

春の天皇賞、ゴールドシップとの直接対決を再度制し

無冠の大器返上のGⅠ初制覇だ。

 

1304271_006_01

 

「おーっほっほっほ」-笑いが止まらない眞鍋かをりさん。

ん?これは関係ないな。

JRA-VANのCMだし。

 

1304282_001_01

 

正しくはコッチ。

「競馬BEAT」は杉崎美香りん姐さんだ。

 

タフネス金船への第一の刺客はフェノーメノ

とは当ブログ、昨年から鋭く指摘(誰でも分かる)していた。

タイム自体は驚くほどでもなく、スタミナ勝負の金船。

速い展開から切れ味勝負になればつけ入る隙あり。

フェノーメノはまさにそれが得意。

だからダービーで先着した。

 

とはいっても今回の天皇賞は初の京都、初の長距離と

フェノーメノにとっては初物尽くし。

データもないし、そう上手くいくのかね、

長距離はタフガイの独壇場では?

そう思うのが当然だし当方もそうだったが

見事に裏切られた。

やるな。

 

多分、最初の1000mが59秒と聞いた時

「お、もしかして」と思った人、多かったんじゃなかろうか。

タフネス金船としてはいつも通りのレース運びだし

タイム的にも決して悪くはない。

ただし、前半速かった分、上りがやや遅い。

だから、必ずしも「伸びを欠いた」訳ではない。

あそこからフェノーメノを差し切るには

レコードに近いタイムが必要だからだ。

それができたらオルフェーヴルも敵ではない。

 

フェノーメノとしてはしてやったりの得意パターンだが、

3200mであれができるとはね。

歴代4位のタイムも大したもんだ。

切れ味勝負となれば上がり32秒台を叩きだす

オルフェーヴルとジェンティルドンナにまだ分があるが

昨日のような無駄のないコース取りをすれば勝機はある。

それに漆黒の稲妻=ショウナンマイティとの漆黒対決も楽しみだ。

 

ってことで

 

1304271_007_01  

 

「豊富なデータで~♪」研究にいそしむべし。

 

|

« 狭い日本に個性突出県ありの「マネー」東西対決 | トップページ | 徒然なるままにあれやコレ »

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 狭い日本に個性突出県ありの「マネー」東西対決 | トップページ | 徒然なるままにあれやコレ »