« たかじんさん復帰も美脚には勝てずの三月度検索アクセスのまとめ | トップページ | 蟹は食べなかった豊岡の眞鍋さん »

2013年4月 4日 (木)

エイプリルフールにも思いやりの眞鍋さん

 

今週も大竹翁は痛風、ではなく舞台の初日

ということでお休みの「ゴールデンラジオ」。

何故か口笛の髭男爵。

ポジションを奪おうとしているのか、とあり得ない疑いに、

「ここから取るってどんな下克上だ」

下足番から一気に太閤はないということか。

一夜城を築いたり水攻めしたり色々やらんといかんしね。

 

20130402
  

何処を見ているのか今週も斜め45度の眞鍋かをりさん。

既に終わったエイプリルフール、20代前半の頃は

「結婚します」なんて嘘が流行ったそうだが、

この年齢になると重くなるのでやらなくなったと。

大人になるとそれなりの御祝いもしないといけないし、

ノリでは済ませられぬ儀礼的なこともあったり

確かに邪魔臭い。

 

基本素直な眞鍋さん、すぐ信じてしまう。

信じ過ぎて宝くじ当たったという父上の言が

嘘と知った時のショックが忘れられず

以来、ぬか喜び的な嘘はギャグでも言わないのだ。

いかにも眞鍋さんっぽい話。

 

代わりに言っていたのが

「見てっ!山羊が死んでるよっ!」

 ・ ・ ・ ・ ・ ・

言い方次第って感じ。文字にしたらイマイチかも。

ちなみに杉崎美香りん姐さんのエイプリルフールは

「犬を飼い始めました」だった。

 

嘘ということで突然、記憶が蘇ってきた眞鍋さん、

19歳の時に受けた何かのオーディションで、

未だに真相は定かではないが今思えば

ドッキリ的仕掛けだったのかもしれない

出来事があったという。

 

面接のさなかにADらしき人物がなだれ込み、

超有名アイドルの番組でコントに出演する予定だった

女優さんが来れなくなった、んで貸してくれって、

その場にいたのは眞鍋さんだけ。

スマスマか?

いきなりの出演は現実論としてあり得ないが

誘い水としては十分か。

 

「予は今オーディションたけなわ也。立ち去られよ」

毅然として、かどうかは知らないが

ともかく丁重にお断りした眞鍋さん。

正解かどうかは今でも分からないが、

最終選考の二人まで残ったって、結局落ちたんかい。

 

ドッキリの仕掛け人としては思い出すもの幾つかあるけど、

仕掛けられた側としては、はてあったっけの眞鍋さん。

貴重なエピソードかも。

 

 

ところでゲストの西田ひかるさん関西にお住まいとか。

でも芦屋とか西宮とか北白川、嵯峨野など

上品で趣のあるとこに住んでいるのだろうなぁ。

淀川より南ではないだろう。

我が親族は摂津、播磨に分布しているがあっち方面にはいない。

 

四角四面、と見せて一角をひょこっと丸めて角を立てない

コミュニケーション術に長けた言語で、

お笑いに転用しやすいのもその為

と思っていたので、いきなり攻撃的な

よぉ来たのぉワレ、まぁ上がったらんかい、オンドレ何さらしとんど

っていうのが同じ大阪府下の言語とは子供の頃は知らなかった。

川を渡ればもうそこは河内の国と知った時はビビったもんである。

 

西田息子が河内弁だったら、

それなりにオモロイかもしれないけどね。

 

|

« たかじんさん復帰も美脚には勝てずの三月度検索アクセスのまとめ | トップページ | 蟹は食べなかった豊岡の眞鍋さん »

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« たかじんさん復帰も美脚には勝てずの三月度検索アクセスのまとめ | トップページ | 蟹は食べなかった豊岡の眞鍋さん »