« ポジティブかをりん「若干面倒」美香りんと黒沢さんのおもしろ鼎談 | トップページ | クリステルな眞鍋さんの上京物語的ゴールデンラジオ »

2013年3月26日 (火)

三連チャンだった美香りん姐さんと春到来の競馬界

 

実の話、一昨日の日曜日、近畿地区では

杉崎美香りん姐さん、朝、昼、午後と

三本もテレビに出ていたのである。

二本は録画だから一日走り回ってたって訳じゃないけど。

 

眞鍋かをりさんと一緒の「ボクらの時代」から

午後の「競馬BEAT」までの間に

  
  

1303242_009_01

 

こんなことも。

姐さん、なんぼ控え目やゆうて、そない後ろに下がらんでも

という訳ではない。

ブラマヨ小杉さん、一向にダイエットの効果なし。デカ過ぎ。

 

YTVでブラマヨとくれば川田裕美さんだけど、

番組タイトルに合わせ「ネホりんハホりん」美香りんということか。

んな訳ないってことでこの番組、

二週連続放送で今週末にも続編放送ありだ。

 

1303242_027_01

 

でもっての「競馬BEAT」は、

GⅠ22勝の安藤勝己元ジョッキーがゲスト。

5~6番手から勝負をかけるだろうが、

丁寧に外から行きそうな気がすると

高松宮杯、絶対本命ロードカナロワ騎乗、

岩田はんの手綱さばきを予想する。

 

ほうほう成程と聴いている隣は

姐さんとこの後輩、美馬怜子さん。

付け焼刃ではない競馬知識に

でも知ったかぶらない感じ良さでいいポジション。

 

1303242_038_01

 

似過ぎてるのは美馬さんが描いたカナロア像。

ただ、目はもうちょっと小さくて農村青年風の朴訥感がある。

でも、顔のデカさなどはほぼそのまんまではないだろうか。

んな訳ないってことで

いーではないか、強いんだからのレース開始。

 

安藤予想通りの運びか、でも囲まれてはいないか

と思ったら、外に抜け出したロードカナロワ。

そこからはアラヨッと一気呵成のぶっちぎり。

 

1303242_032_01

 

気付いたらすっかり表情豊かになってる美香りん姐さん、

「筋骨隆々でカッコイイ」とカナロワ評。

 

正面スタンドに戻ってくる時の動きがカッコイイ。

ウイニングランならぬ堂々のウイニングウォーク。

馬術用語でなんというのか知らないが

慌てず騒がず落ち着き過ぎず

全く乱れのない足さばきである。

顔デカイけど。

 

何時出てくるのかと思っていたフェノーメノは

前日の中山で重賞三勝目。

そして今週末はオルフェーヴル始動。

昨年は絶対ではないとこを見せた帝王だが、

今年はどうなるのか。

 

他方、昨年は女帝と熾烈な戦いを演じたヴィルシーナ、

今度は帝王に挑戦か。

よっぽど強い相手と戦いたいらしい。

そして前回、久し振りのレースで

暴走してしまったショウナンマイティ、

「漆黒の稲妻」の切れ味復活なるか。

 

主役級続々登場で春到来だ。

 

|

« ポジティブかをりん「若干面倒」美香りんと黒沢さんのおもしろ鼎談 | トップページ | クリステルな眞鍋さんの上京物語的ゴールデンラジオ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ポジティブかをりん「若干面倒」美香りんと黒沢さんのおもしろ鼎談 | トップページ | クリステルな眞鍋さんの上京物語的ゴールデンラジオ »