« 三連チャンだった美香りん姐さんと春到来の競馬界 | トップページ | 乗っかり眞鍋さんの「女神ビジュアル」はワンピがテーマ »

2013年3月27日 (水)

クリステルな眞鍋さんの上京物語的ゴールデンラジオ

 

そうか3月26日は眞鍋かをりさんの上京記念日だったのか。

今を去ること14年前、フジという名のうらぶれた ・ ・ ・ 

かどうかは知らないが、

そーゆー名前のスーパー前のバス停から深夜バスに乗り

走ること10時間の逃走 ・ ・ ・ じゃなくて上京劇。

ついたところが浜松町。

 

「ここじゃないですか」

「あっホントだぁっ!ここだーっ!」

毎週来ていてなんで気付かなかったんだと

嵐の様な突っ込み食らう眞鍋さんの「ゴールデンラジオ」

「私の東京はここから始まりましたーっ!!」

 

20130326

 

大竹まこと翁は神経痛でお休み(ホントは舞台の為)。

眞鍋さんは斜め45度の「眞鍋クリステル」とかで

しっとり始まってみたものの何か違うのポーズ。

 

髭男爵の上京も15年前とほぼ同時期。

愛媛大学を脱走し、住んだところが家賃8千円。

「そんなとこなかった」という眞鍋さんだけど、

大家の婆さんの自宅2階、3畳程の隙間に潜り込んでいたらしい。

 

脱走した愛媛大学には退学届も何も出してないので

どういう扱いになっているのかと今さらながら

学生課で調べてみるに、な、なんと

大学からどうなってるのだと連絡が行ったんでしょうな、

御両親が4年分の学費を払っておられたとか。

 

「いい話」と自画自賛の髭男爵だが ・ ・ ・

いい話かぁ?

「いい話&親不孝」と眞鍋さんの鋭い指摘。

仰る通り!

 

眞鍋さんは学生時代、保土ヶ谷近辺のライオンズ・・・

え?ま、マンション!?

マンション住まいの学生がいると噂は聞いていたが、

眞鍋さんそうだったのか。

 

当方が在籍していた頃の立命は、

今でも若干その傾向はあるようだけど、

しかし、多分それの比ではないプアマンズカレッジだった。

当方を含め貧乏人の小倅小娘ばかりで、

書物購入で下宿代が払えなくなったと

布団担いで構内に棲んでいた奴がいたくらいだ。

だがその男、ヘーゲルの大小論理学を

一週間ほどで読破したとこで力尽き、病院に搬送された。

仕送りを全て書物に使ってしまった為、

飯を食っていなかったのだ。

そういうバカが普通にいる時代であった。

 

でもまぁ、眞鍋さんに注ぐ御両親の愛情の深さの表れだし、

これはイイ話としておこうではないかって言ったら、

髭男爵怒るかな?

 

|

« 三連チャンだった美香りん姐さんと春到来の競馬界 | トップページ | 乗っかり眞鍋さんの「女神ビジュアル」はワンピがテーマ »

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 三連チャンだった美香りん姐さんと春到来の競馬界 | トップページ | 乗っかり眞鍋さんの「女神ビジュアル」はワンピがテーマ »