« ナチュラルチャーミングな眞鍋さんと妄想ガールズ | トップページ | 番組名検索多数に驚きもありの二月度検索アクセスのまとめ »

2013年2月27日 (水)

電撃眞鍋さんはオフェンス重視とゴールデンラジオ

 

井戸で水汲んで滝で水浴び?

何処の山の中で暮らしていたのか大竹まこと翁

「昔は静電気なんてなかった!」

そうかぁ?

工業製品とかじゃないしなぁ。

「時代ですね~って話じゃないですよ」と眞鍋かをりさん。

「大竹まこと ゴールデンラジオ」のオープニングだ。

 

20130226

 

新ポーズ開発中の眞鍋さん。

これは「ディフェンスよりオフェンス」のポーズか。

静電気がバチッと来ても「やってやった」と解釈するそうな。

怪獣か。

 

見た目怪獣の髭男爵は静電気苦手。

「来ないな~」って、眞鍋さん、

スタジオで静電気起こそうと何か擦ってたみたいだけど、

怪獣男爵、「怖い怖い」。

幼児の我が子が近付いてきても

静電気が恐くて抱けないというくらい。

 

はいはいで接近してくるから静電気が起きるのか。

「ちゃんと歩けって言え!」(大竹翁)

「ハイ、バーンって立ったりしないですよ」(髭男爵)

根性のないお子さんである(んなアホな)。

 

乾燥すると静電気も起きやすいそうだが気温も低い。

大竹翁、芯まで冷えて「骨まで冷えた」とな。

「そこまで行ったら死にますよ」って、黒眞鍋さん。

しかし、「これこそ生きてるってことだ!」と

大竹翁、さすがの返し。

死んだら寒くないしね。

 

 

さて、メルトダウンした溶融燃料をどうやって取りだすか

原発作る前にあって当たり前の技術開発に今着手、

2021年に福島第一原発での取り出し作業スタートを目指す。

「呆れる」とは大竹翁だが、それを通り越して

馬鹿丸出しである。

 

「事故は起きないから対策しなくていい」

なんてバカ理屈が通用していたのは原発だけだ。

ありとあらゆる事態を想定し、

絶えず訓練するからこそ事故は起こらないのであって

対策のない所に事故が起こらないのはたまたまである。

 

事故は起こらないから避難計画は必要ないとか

この期に及んでまだ「たまたま」頼みを主張する

なんとか電力の人はウルトラクレージーという他ない。

 

|

« ナチュラルチャーミングな眞鍋さんと妄想ガールズ | トップページ | 番組名検索多数に驚きもありの二月度検索アクセスのまとめ »

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ナチュラルチャーミングな眞鍋さんと妄想ガールズ | トップページ | 番組名検索多数に驚きもありの二月度検索アクセスのまとめ »