« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月31日 (木)

グァムと長崎の違いって的眞鍋さんと美香りん姐さん

 

う~む、やっぱマリアナのグァムとハワイは全然違うんだなぁ

なんて思った「世界行って見たらこんなトコ」グァム篇。

食い物が酸味と唐辛子のタイ風エスニックだ。

 

1301301_005_01

 

「暑いところで食べたい」と試食した眞鍋かをりさん。

眞鍋さんのかつてのグラビアのお仕事については

あまり詳しくないのだが、グァムロケとかなかったのかな。

ベリーショートには小ぶりな帽子ってことで

上手く合わせている眞鍋さんだ。

 

不動産価格もハワイの半分らしいってことで

「最悪グァムに住んで通いで仕事したら」

なんて日村さんに勧めていた眞鍋さん。

日本から三時間半だから不可能ではない。

 

長崎に住むのと変わらんではないかと思ったら、

杉崎美香りん姐さん、母方の実家が長崎だとか。

っというのは今日の「ケンミンSHOW」の話。

目をくりくりさせて話していた美香りん姐さん、

すんごくいい表情だったのに、しまった

旧型レコーダーに録画したのでアップできない。

 

ちなみに長崎卓袱料理では乾杯の前に吸い物を飲む。

吸い物と汁物の違いはすましか味噌仕立てかではなく、

一汁一菜の様に食事の席に出すか

酒宴で出すかの違いであったというから、

その伝統を残しているのであろうか。

 

などとしょーもないことを書いている場合ではない。

次週は眞鍋さんが出演する。

ちゃんと録画しよう。

 

| | コメント (0)

2013年1月30日 (水)

16穀米で眞鍋家は美女揃い?

 

脚も長けりゃ手も長いスレンダー眞鍋かをりさん、

「大竹まこと ゴールデンラジオ」のスタジオで腕長ポーズ。

 

20130129

 

なんたって便通爽やか十六穀米おにぎり持参なのだ。

「大竹さんは雑穀と聞くとトラウマがある」

「そうそう、稗とか粟とか食ってたから…馬鹿野郎」

自称老人の大竹翁とはいえ、

白米が食えなかった(幕府によって禁止されていた)

江戸時代の農民よりはちと若い。

 

「軍隊は飯が上等」を強調する為

三度の飯を銀シャリにしたら脚気が増えた、

というのは明治の話だが、とある書物によると、

日本人の食い物は長い間一日五合の穀物だったとか。

今のように野菜も豊富ではなく、

肉や魚が手軽に入手できる訳でもない。

穀物しか食わないなら白米では栄養が足りないのは道理。

 

しかし、眞鍋さんの場合、貧しい農村で育ったからではなく

白米が食べられないタイプのようだ。

時々出逢う白米の食べ方が分からないという人。

愛媛は結構味が濃いという話も聞いていたのに何でだろな。

逆に、何でも白米と一緒に食う手合いもいる。

うどん、焼きそばは当たり前、ビーフンでも飯と一緒に食う。

ビーフンの原料も米なんだけど、だからどうした、

炒飯をおかずに飯食うぞって猛者もいるとか。

要するに味が濃いので白米で中和してるのだろうけど。

 

「白米をバクバク食う女性の方がいいなぁ」

という髭男爵の妻君、「デブなのか」と鋭く突っ込む大竹翁に

「言い方は色々あるけど」まぁ仰る通りってとこらしい。

「焼肉食べに行って、まずご飯を頼む方ですか」

眞鍋さんの誘いに髭男爵、なんと

飯も食わずに酒なんぞかっ食らってるらしい。

けしからんではないか。

「髭男爵はご飯から食べて欲しかった」

眞鍋さんがっかり。

「白米をバクバク食う」オッサンでもないのにデブってどーよ。

 

 

そんなこんなの昨日だが、本日はTBSで偶然にも

眞鍋姉妹がばったり鉢合わせしたそうな。

妹殿のさゆりさん自身はタレントさんではないのだけど、

テレビで何度か見たことあるし、まぁいいだろうとこんな感じ

 

T1301301
  

眞鍋一族は美女ぞろい ・ ・ ・ なのでしょうか。

 

| | コメント (0)

2013年1月29日 (火)

青好きスタバ好き眞鍋さんのお薦めカスタマイズ

 

おっと、これは眞鍋さん自身のRT

ハロマグ掲載、眞鍋かをりさんに聞く

スターバックス冬のお薦めカスタマイズ。

 

M331_img_02_l

 

最近、ブルーが多い眞鍋さん。

確かに好きな色と言ってたね。

スターバックスでほっこりの図。

 

甘いものは普段、あまり飲まない眞鍋さん、

ってか辛党だしねってことで

チョコチップスをプラスする分、

ミルクとホイップはノーファットで

なるほど。

 

ってことで思い出すロスでカード使えなくなったぞ事件、

取り敢えずスタバで落ち着いての顛末も披露。

リアルタイムでやり取りに参加していた当方

当ブログ記事にも書いたけど、

スタバで気を落ち着けてと言いつつ眞鍋さん、

それが為に道に迷ってしまったり ・ ・ ・ 。

 

まぁ終わりよければ全て良しってことで、なんだかんだ言いつつ

落ち着ける場所がある(それも世界中に)ってのはイイことだ

ということにしましょう。

 

| | コメント (0)

2013年1月28日 (月)

こんな日もある競馬と美香りん姐さんと眞鍋さん

 

1301271_006_01

 

あらら、一人でオープニングの杉崎美香りん姐さん。

昨日の「競馬BEAT」、相方の川島アナ、

なんと初実況に挑戦ということで。

こんな日もあるとはいえ、

大変ではないか。

 

実況に台本はないし、競馬の場合

1~3分の間に伝えるべきことが実に多い。

ベテランアナでも3着争いを喋ってる間に先頭がゴール、

間の抜けた実況になることがたまにある。

変な名前の馬も多いし、だからといって吹き出す訳にもいかないし

ダイワデッセーをホンマデッセーと言い間違えてもいけない。

 

1301271_011_01

 

そーゆーミスもなく無事に終えた川島アナ、

美香りん姐さんのねぎらいを受けてほっとした様子。

 

一方レースの方はといえば、京都も中京も東京も

メインは全て際どい接戦になった。

こんな日もあるんだ。

特に東京の根岸杯、いや~山の上にあったホテルは

まだあるのかなぁなどと懐かしい・・・・は、どうでもいい

横浜は根岸の思い出。

 

レースは本命ガンジスが決めたかと思ったら

ちょっと待てと4番人気のメイショウマシュウ

外からやってきてセンチ単位の鼻差勝ち。

逆にシルクロードSは外から飛んできたダッシャーゴーゴー

数センチ届かずドリームバレンチノに先んじられた。

 

スタジオはといえば、常連ゲストの間寛平さん、

メインではなかったけど珍しく予想的中。

シルクロードSは坂口さん、根岸杯は高橋さんと

解説陣がそれぞれ的中させる好調ぶり。

こんな日もあるのである。

 

 

一方、眞鍋かをりさん、ケツメイシのコピーグループ、

ケツメルシーのDVD特典映像に出演したらしい。

ケツメルシーYU-KIさんのブログによると、

有吉さんや河本さん、若林さんら

芸人さんも一緒だったようだ。

 

一緒にギャグやってしまいそうだけど、

さてどんな撮影だったんだろうね。

こんな日も・・・・そりゃあるさ。

 

| | コメント (0)

2013年1月27日 (日)

バイオ6を楽しんだ眞鍋さん

 

昨日、バイオハザードフェスティバルに

ゲスト出演していた眞鍋かをりさん。

ツイッター上でも

眞鍋さんとディレクターのバトルを中継していた人がいたけど

INSIDEというサイトに当日の様子が紹介されている。

 

TVゲームとかそっち方面のことは、

正直、さっぱり分からない当方なので

眞鍋さんがゲームに興じる様子を想像するのみだけど

それじゃあ愛想なさ過ぎるので写真を拝借。

 

N131262
  

 

右端が眞鍋さんとバトルした佐々木D。

眞鍋さんもかなり「素」になって頑張ったらしいけど

空気を読まずに(?)眞鍋さんに勝ってしまったらしい。

 

バイオハザードは昔からファンで

姉妹弟で楽しんでいたそうだけど、

「最近、上手くいかなくなったのは歳のせい?」

なんて笑いを取っていた眞鍋さん。

 

新しい「バイオ6」には古くからのファンには

「たまらない演出や設定がある」とかで

古くからのキャラクターが歳食ってたりするそうな。

そう歳にこだわらんでも良かろうにとは思うものの、

十分に楽しんだらしい眞鍋さんだ。

 

| | コメント (0)

2013年1月26日 (土)

相性占いじゃないけれどの匿名アンケート、「マネー」使い道考えまSHOW

 

ヤヤヤのヤッ!これは知らなんだ騙された。

といって、「責任者出て来い!」と叫ぶことでもない。

「たかじんNOマネー」の「使い道決めまSHOW」

確かに、事前にネットアンケートがあって当方も回答した。

「何でこの選択肢なんだろう」とも正直思ったが、

なんと名前を隠した出演者の提言だった。

 

1301261_007_01
  

これは困ったぞ、どれが眞鍋かをりさんのだったのか。

人気投票じゃないと言われたらそーなんだけど。

 

困ったのは出演者の皆さんも同様だったようで、

「エッ!大切りじゃないの!?」って

水道橋博士さんが焦ったように、

どこまで真面目に答えるのか。

 

米軍への思いやり予算1867億円にしても

「何でそんなん払わなあかんのじゃ、米軍は出て行け」

って人には、どんな答えも噴飯ものだろうし。

まぁここはそうカチコチにならず、

適度に柔軟に適度に真面目にいきまSHOW。

 

1301261_006_01

 

と言いつつ青山繁晴さん、いきなりの真面目情報。

本国に休暇で帰る米兵、戻ってくるまでの間

電灯も冷房もつけっ放しなんだそうな。

頭悪いのか。

 

頭の悪い米兵に日本語教えて

日本をもっと尊重するようにさせろと青山さん。

だが、自衛隊と海上保安庁の予算に回せという

三橋貴明さん説には「正論言えばそうなる」

つまり、適度にオチャラケたつもりだったらしい。

 

7回払いで空母購入の勝間和代さん。

「周辺諸国がうるさければ米軍に使わせればいい」

に岸博幸さんは

「日本が建造して米軍にリースするのがベスト」

悪くはない。

 

1301261_008_01

 

ここで出ました眞鍋案。

「知らんぷりされないように」と尖閣・竹島防衛費に変更。

使途を明確に、守れなかったら払わんぞ予算。

論客の皆さんからもええじゃないかの声。

 

まだやってるのか中国へのODAについては

イチも二もなく眞鍋案に賛成。

「東北自治体への支援に回せ」

外国に金ばらまいてる場合か自国民を救え

まだ何一つ終わってはいないのだぞ。

 

1301261_018_01

 

一番真面目だった眞鍋案に対し、

何故か超硬骨漢の青山さんがトンデモ提案

世界の主要空港(!)で

マナーの悪い中国人をとっ捕まえてマナー教育を施すべし!

 

「どうやって見つけるんですか」(眞鍋さん)

「人数多過ぎて金が足りなくなる」(須田慎一郎さん)

マナー悪過ぎて中国人お断りってとこ、

日本にもパリなど欧米にも広がってて

お客さん来るのは嬉しいけど、お客さんしたいのに

ってジレンマはお互いさまみたいだ。

 

1301261_022_01

 

さて居酒屋のお通し、お通し要らない代わりに

「好きなメニューを大盛りにできる」って、

なんだこのお茶目な提言は、と思ってたら

眞鍋さんの案だった。

 

そう言いつつの眞鍋さん

「ビール頼んで、おつまみついてたら嬉しいんですけどね」

そう思うけど、選べた方がいいなぁ。

お通しついてて嬉しい店とそうでもない店って

結構あると思うし。

 

1301261_028_01

 

東京オリンピック招致費用75億円、

「選手の強化費用に回せ」の眞鍋案が

アンケートでも1位。無論、当方も1票。

「どこで開かれようと日本選手が活躍してくれたら嬉しい」

と眞鍋さん。

 

国際会議が開かれるようになるとか

へたっているインフラ整備の起爆剤になるとか

メリット色々は分かるのだけど、大谷昭宏さんの指摘

「放射能を完全に綺麗にできるかどうか」

諸外国もそれを心配している。

 

東京上空を放射線ブルームが通過したことは公表されているし、

集積濃縮され、とんでもない高濃度になっている

ホットスポットが点在している。

何も終わってはいないのだ。

 

1301261_037_01
   

最後はオチャラケにはできない北朝鮮ロケット開発費の使い道。

例え政権の延命につながるとしても子供は救いたい

という勝間さんに青山さんは、

子供を国外に出させて救出する資金にという。

 

金一族は自らの延命の為に

子供の国外移住を認める可能性がある。

いかに飼いならされた人民といえど儒教の国、

子供を国内で養えないとなるとこりゃおかしいと思うはずという。

 

中国の支援がなければすぐに潰れる北朝鮮、

金一族逃亡後は軍部が牛耳る。

親中派が権力を握れば中国軍の介入はないのではないか。

軍部にしても中国以外に頼る相手はいないだろうし。

 

高度な医療施設を作るという眞鍋さんの案も

人々を救わなければという点で勝間さんと通じるところがあった。

 

 

 

ってことで当方、眞鍋さんと一致したのは

対中ODAとオリンピック招致費の2点だった。

真面目に答え過ぎた感じで、もう少しエンタメ的に考えたら

もっと一致できたのになぁは後の祭り。

捲土重来だ!

 

| | コメント (0)

2013年1月24日 (木)

ベリーショート眞鍋さんのふんわりスマイル「こんなトコ」

 

1301231_006_01

 

ベリーショートにした眞鍋かをりさん。

「世界行ってみたらホントはこんなトコ」シーズン2

開幕特番のインド篇だけど、

確かに雰囲気は変わる。

 

超小顔な眞鍋さんなのでボリュームを与えると

顔が髪に埋没したようにもなりかねないのだけど

これだと顔が大きくなったような印象になる。

笑顔だとふわっと頬が膨らむからそう感じるのかもしれないけど。

 

それはともかくインドである。

日本人が大好きなカレーの国である。

ってことで出てくる食い物は全て旨そうに見える。

南部の方が唐辛子が効いてるらしい。

でも、飽きないのかっていう位全部カレーである。

 

1301231_007_01
  

だからということか、

クイズの答えもカレーつながりのボケ回答連発。

だが、「カレーから離れて下さい」に即応した眞鍋さん、

これもあるぞとボケかぶせ。

 

それにしてもフランクな人々である。

飛び込みで取材交渉してもオッサン、オバハン、大企業、

さらにマハラジャまでなんだかんだで応じてくれる。

フトッパラジャ ・ ・ ・ という階級はないらしいが。

 

1301231_019_01

 

ってことでこんなのもありかと眞鍋さん、

今度はつかみのボケ回答。

 

勿論違うけど、厄払い的に木と結婚して

厄を持って行ってもらうとは面白い発想である。

離婚する時はどうするのだろう、

木に慰謝料とか払うのだろうか?

 

1301231_025_01
  

ということで、ふんわり眞鍋さんもう一つ。

眞鍋スマイルにも色々バリエーションがあるけど、

今回は優しい笑顔が多かった眞鍋さんだった。

 

| | コメント (4)

2013年1月23日 (水)

リフレッシュ眞鍋さん、元気の元は・・・

 

お仕事らしいけど、日帰りで

愛媛に帰郷していたらしい眞鍋かをりさん。

愛媛大学の前を通って「お、髭男爵の母校だ」

へ~、髭男爵って愛媛大学出身だったのか。

卒業はしてないらしいけど。

 

20130122

 

そんなこんなで目に沁みる青いセーターの眞鍋さん、

「大竹まことゴールデンラジオ」のスタジオで

なんだかすこぶる元気そう。

床にペーパーがいっぱい散らばってるけど、

暴れた?

 

もしかして、元気の元はへそのゴマか。

なんと、綿棒とピンセットを駆使して

へそのゴマを取ったというのだ。

だが、意外に手強かったらしい。

策を練り、ベビーオイルを塗って攻撃再開。

 

「タオルを噛んで力を入れ」

それってあの時みたいな

「子供産む勢いで」

それそれ

「凄いのが出てきた」とかで

「新しい自分になったようなリフレッシュ感!」

 

エエ~ッ!?と思ったら大竹翁

「何やってんだお前ら」

 

 

アベノミクスについて再三話題になるのだけど、

イマイチ論点が定まらない感じ。

そもそも財政金融一体化政策と言っていたものが、

安倍内閣が発足すると成長戦略を加えて三本の矢になった。

 

当ブログも持続的成長を促す産業政策が必要だ

と言ってきたので、それはまぁいいのだけど、

中身がよう分からん。

ひょっとして、まだできてないんじゃないかと疑ったり。

 

インフレターゲットを決めても給料が上がらなくては意味がない、

とは大竹さん指摘の通りなんだけど、

どうも真逆のことやろうとしてる気配もあるし

波乱含み覚悟で注視するしかないね。

 

| | コメント (0)

2013年1月21日 (月)

今も青春、眞鍋さんの思い出バトル

 

「懐かし世代バラエティ」と称した「青春思い出バトル」

30台代表は眞鍋かをりさんだ。

 

1301202_004_01_2
  

何歳くらいまでを「青春」と呼ぶのか。

昔、いい歳こいた歌手が「青春時代の~」と歌っていて

「オッサンやないかい!」と突っ込んだ事があったが、

どうやら番組では高校生くらいを差しているらしい。

 

眞鍋さんがその年齢の頃はコギャルブーム。

ギリギリまで短くしたスカートにルーズソックス。

美脚な眞鍋さんなら無敵でしょう。

 

1301202_015_01
  

と思いきや、敵は学校の先生。

校門で服装チェックの日があって、

「ルーズソックスが見えないように高速で走る」

「漫画じゃないよ」と久本さん、待ってましたの突っ込み。

 

決めポーズというと何かの一つ覚えみたいに

「ピースサイン」をしていた時期があった。

勝利のVサインと平和のピースサインが

何処で混同されたのか定かではない。

親指と人差し指を伸ばして「ピース」と叫んでいたのは

1980年代ではなかったかと思うのだが、

日本のどこかでVサインと合体したらしい。

多分、欧米人は平和のサインとは受け止めないと思う。

 

 

だが、眞鍋さんの決めポーズは「ピースサイン」ではない。

これだ。

 

1301202_021_01_2
  

眞鍋さんの美脚ポーズ!

ではなく、両手を広げて前に伸ばすエッグポーズ。

小顔に見せる為って、十分過ぎるほど小顔な眞鍋さん、

そんなん要らんがな。

 

さてさて、思い出デートの話になると

サプライズ好き眞鍋さんの誕生日サプライズデート。

 

1301202_026_01
  

ディズニーランドに行って

スプラッシュマウンテンに乗るのだけど、

最後の落下のところ、

今まさに落ちんとするその瞬間に「おめでとうっ!」

とプレゼントを渡すと

 

1301202_039_01
  

「ええっ!今かいっ!?」

と仰天したところを写真に撮られるんだって。

やるなぁ。

「それイイ」「やりたいやりたい」-出演者にも大好評。

 

悪戯はイタズラでも人を喜ばせるイタズラが大好きな眞鍋さん。

今も何か考えているのかもしれないね。

その点では、ずっと青春眞鍋さんだ。

 

| | コメント (1)

なんやかやで頼りになる美香りん姐さんの「競馬BEAT」

 

1301201_005_01

 

アレ?意気消沈の杉崎美香りん姐さん、どうした?

「競馬BEAT」出演者が総力を挙げて購入したW5

最初のレースでまさかの結果となってしまったので。

姐さんのブログによるとトータルでマイナスにはしない!

去年もトントンかちょこっとプラスだったそうなのだが、

まーそーゆーこともあるだろう。

 

単発で見たら、美香りん姐さん、

東海Sのグレープブランデー、見事に当てている。

この馬、去年も何度か見ているし、

グレープのブランデーって、そりゃそうだろ、

リンゴならカルバドスだし、

とか一人突っ込みをしていたもんだが、

いつの間にあんなに速くなったのか。

要注意である。

 

1301201_006_01

 

ってことで気を取り直していきます美香りん姐さん。

メインはアメリカジョッキーCCだったのだが、

これまた予想を覆すダノンバラード。

「決めたるんじゃ!」とラストスパートで思い切りブロック。

「おわっ!なにさらすんじゃ」とのけぞったトランスワープ、

突進を阻まれての二着。

 

モータースポーツならよく見る光景だが、

馬の場合、足が絡まって大事故になりかねないし

当然、審議。

でも、バックミラ-がある訳じゃなし、

意図的にブロックしたのではないだろう。

それよりトランスワープのよけ方が人間ぽくて「へ~」だった。

 

そういえば、眞鍋かをりさん、

美香りん姐さんと熱く語ったはずのお仕事の話、

姐さんのブログを読んで思い出したらしい。

よかったヨカッタ。

眞鍋さん、美香りん姐さんには甘えっ放しらしいけど、

頼りになる姐さん、来週も楽しみにしております。

 

| | コメント (0)

2013年1月20日 (日)

多士済々の景気対策論者に軽快眞鍋さんの「マネー」

 

「たかじんNOマネー」今回は、NHKよりよっぽどまともな

アナリスト対抗「コレで景気を良くしまSHOW」。

三橋貴明さん、朴一大阪市大教授に勝間和代さん初参戦

他VTRに多士済々のオッサン、オバハンが登場した。

 

1301192_001_01  
  

 

アベノミクスで勢いに乗ってるかと思いきや、

新自由主義者が入り込んで警戒を強めている三橋さん、

「官僚が成長を潰すようなことを考えている」

「このままでは絶対ダメ」という

勝間さん、岸博幸さんとあれまの意見一致。

 

前説部分だけで番組が一つできそうだが、

そうも言っていられない。

三橋さんの提言は中韓の反日で景気回復、

なんじゃそりゃあ。

 

1301192_015_01

 

「反日が強まると他の被害が出ますよね」

ここは大真面目に受け止めた眞鍋かをりさんだけど、

要するに膝を屈してまで依存する必要はないということ。

 

日本からの部品輸入に依存してるので

反日を強めればどちらも自滅する。

対中輸出はGDPの2.7%、対中投資残高は

米の20兆円に対し6兆円に過ぎない。

カントリーリスクを避けて生産拠点を他所に移すべきという。

 

満点評価を出した眞鍋さん、その理由を問われて

 

1301192_019_01

 

VTRでの三橋さんの演技を高く評価。

なんじゃそりゃあの見事な落ち。

 

一方、勝間さんは配偶者控除の廃止を主張。

妻の収入が103万円を超えると税率が上がり、

それ以上働けなくなってるのが経済的損失。

夫婦の所得を合算して2等分した額に課税したらいい。

 

裕福ではないが専業主婦でもなんとかやってるとことか

子育てで働けないとことかは損するような気がするが

103万円超えたら合算二等分にするとか

併用制ではいかんのか?

 

1301192_028_01

 

眞鍋さん、合算二等分案にはかなり乗り気な様子。

雇用の確保を並行して進める必要があるけど、

時代逆行的労働環境の悪化が甚だしいので

女工哀史的低賃金労働力として

使い捨てにされないようにしないとね。

 

1301192_036_01

「話が見事過ぎる」と眞鍋さんが感嘆したのは

例によっての漫談調、藤井聡京大教授。

過度な競争は止めて業界で協力しろ!

談合も全て悪い訳やない。

やったらええがな。

 

エーッ!って話だが、

不況下で疲弊している企業に競争を強いると

当然、負けた企業は倒産し失業者が増える。

苦しい時はシェアをして

弱い人もしっかり働けるようにする。

これが景気回復への道やおまへんか。

 

長距離バスの過当競争、過密労働で

大きな事故が起こったばかりだし、一理ある。

 

1301192_038_01

景気が悪いから少子化なので

少子化だから景気が悪い訳ではない

という話から突然、地方公共事業に話が飛んだりしたけど、

あの辺りはもう少し詳しい説明が欲しかった。

 

これもちょっとしか触れられなかったけど

グローバル化といっても平等対等に

国境を失くしましょうという話ではなく

超大国アメリカが覇権を求めて追及している

大国主義、経済帝国主義であって、実態は

一国主義なのだということは押さえておきたい。

 

1301192_027_01

 

岸さんと三橋さんが対立するのは分かるとして、

何故か双方意見が一致したり、

三橋さんと共同戦線を組んでいたかに見えた勝間さんが

外国人労働者の扱いでは対立したり、

国民経済重視のアンチグローバリズムで

青山さんと三橋さんが共闘したり色々だったけど

「対立構図が分からなくなってきました」と

眞鍋さん、軽妙な進行。

「TVタックル」のたけし師匠に似てきたような。

独特の味が出てきたようだ。

 

| | コメント (0)

2013年1月19日 (土)

とんでも未来予想と賢い眞鍋さん

 

今朝の「週刊ニュース深読み どうなる日本?」

2050年の日本を予想して課題を探る趣向だったのだが、

それがまぁとんでもな中身で突っ込みどころ満載。

 

例えば「経済成長は人口動態によって非常に左右される」

ってどんな統計に基づいているのか?

同じ論者が90年代末に破綻した韓国経済が

その後V字回復したと言っていたが、

確かにGDPは倍増したけど、その間

人口はほとんど増えていないんですけど。

 

日本の1950年以降は人口ボーナスって、

おいおい戦争で労働人口がごっそり減った時代ではないか。

ベビーブーム世代が成人するのはもっと後、60年代末で、

高度成長が終わるあたりじゃないかい?

高度成長期は固定相場制で

為替を気にせずインフレ政策ができた時代だ。

人口論じゃなかろう。

 

1301191_002_01

 

「損な世代に生まれちゃった」という眞鍋かをりさん。

そりゃあ議論の前提が間違いだらけなんだからそうなる。

でも、眞鍋さん、実はあることに気がついてる。

「弱肉強食の世の中になっちゃう」

そう、間違った前提から湧いて出てくるのは

新自由主義教義のオンパレードだ。

 

労働人口が減ると言いながら海外へ出稼ぎ。

技術のない人は途上国に日本人村を作って

原地の給与水準で働く。

で、日本には移民を受け入れって、なんでやねん。

 

国内の職場には正社員はいなくなり、

フレックスタイムで自由に出勤。

一人で足りる仕事を何で何人もでやらねばならんのか。

労働人口が減ってるんじゃなかったのか。

 

都合よく前提を変えて導くこれら、ベクトルは

ひたすら人件費を減らす方向に向いている。

これで得をするのは誰なのか。

株主である。

 

それも日本人とは限らない。

韓国の国策大企業も株主の大半は外国人なので

韓国国民の所得向上には興味がない。

よって格差は拡大する一方だ。

 

「未来予想」が矛盾だらけなのは

新自由主義的結論に導きたいからである。

素直に考えるなら生産性向上と

一人当たり国民所得の増大が目標となるはずだし、

それなら人口が減っても内需も税収も減らない。

 

成長しないし所得も増えないと勝手な前提を作る割には

環境・エネルギー、先端産業など成長分野も視野に入れている。

労働力流動化に関わる部分は、

次元の違う話を無理やり挿入した感をぬぐえない。

 

世の中そう単純には進まない。

グローバル化の進展と同時に独立国の数は増えたし、

ロボット化の一方でクラフツマンシップの重要性も増している。

時代は絶えず対立物を生み出しながら進むのである。

グローバル経済にしても個人である株主の意思に左右される。

国民経済との矛盾は既に顕在化しているし、

株主資本主義で世界が統一される事はないだろう。

 

| | コメント (0)

2013年1月18日 (金)

年末年始注目度一番手はやはりアレだった検索アクセスまとめ

 

2012年12月度検索アクセスのまとめ、といっても

実はなし崩し的に15日締めになってしまっているのだが、

年末年始ということでそれも良かろうという、

どっちにしてもいーかげんなまとめ。

 

1301132_023_01

 

年末年始といえばやっぱりと予想通り

「逃走中アルティメット」が3位に入ってきた。

いつものように痛快にミッション達成とはいかず、

ハンターの壁に阻止された面はあったけど、

注目したいのは眞鍋かをりさんの声。

 

この番組ではいつもそうなのだけど、

他の番組ではあまり聴かれないシリアス声で

眞鍋さんの真剣な心の内が伝わってくる。

そんなとこに眞鍋さんの誠実さを感じてしまうのは当方だけか。

 

1212261_047_01

 

同じく特番の「超タイムショック」は8位。

珍しく早押しでオリラジ中田さんを完封したのは

「ヌメロン」の前兆だったか。

 

今回はトルネード食らう出演者、やたら多かったけど

眞鍋さんも最後はしっかり貰った。

何をやっても見せ場を作る眞鍋さんだ。

 

1212111_022_01

 

特番ということでは実は

こっちの方がホントはアクセスが多かった

「世界行ってみたらホントはこんなトコ」。

眞鍋さんがイタリアにドッキリ参加したもの。

 

VTRを見てるより

ホントは自分で行きたいだろう旅好き眞鍋さん。

今度始まる新シリーズで、またドッキリ現地行き、

あったらいいね。

 

1212051_021_01

 

意外にアクセスが多いのが「女神ビジュアル」。

やっぱり色々と気になることが皆さんも多いのか

需要に応えた企画が多いということなのだろうか。

だとしたら紹介の仕方も考えないといけないか、

なんて思ったりもする。

気取らず飾らず背伸びせずのぶっちゃけ眞鍋さん、

番組の趣旨に合ってるし眞鍋さんらしい笑いもある。

 

ちなみに番組でテーマになったこともあるブーツ、

眞鍋さんとブーツのフレーズが単独で12位に入っている。

「女神」と一票差で11位になったのがテレ東の選挙特番。

「ゴールデンラジオ」は13位になってしまったけど、

特番の時期だから仕方ないね。

 

1212081_022_01

 

定位置の2位を守った「たかじんNOマネー」でさえ、

「逃走中」に僅差まで迫られた。

 

既に収録したものの中には

三橋貴明さんが出演した分が含まれているので、

何かと話題のアベノミクスも俎上に上ることになるだろう。

番組の切り口にも注目だ。

 

521e2e55s

 

親友でもある杉崎美香りん姐さんは上位定着の4位。

いつの間にかワインエキスパートの資格を取得したそうな。

チーズプロフェッショナル眞鍋さんとの美酒美食の美女コンビ。

眞鍋さんは覚えていないらしいけど、

二人で番組できるぞなんて話もしたそうな。

実現したら楽しそうだけど、スケジュール調整が大変かも。

でも、見てみたい、是非。

 

眞鍋さんの髪型に関するアクセス、いつも多いのだけど、

先月は特に顕著だった。

それも現在のそれにとどまらず、

昨年の髪型全般に関するものが多かったような。

昨年はストレートにしたり短くしたり、もっと短くしたり

毛先を燃やしてしまったりと

確かに色々ありました。

 

 

ってなことで12月度検索アクセス多かった順は以下の通り。

 1位:眞鍋かをり 美脚
 2位:たかじんNOマネー
 3位:逃走中アルティメット
 4位:杉崎美香
 5位:眞鍋かをり 髪型
 6位:競馬
 7位:世界行ってみたらホントはこんなトコ
 8位:タイムショック
 9位:眞鍋かをり ミニスカ
10位:女神ビジュアル

 

| | コメント (0)

2013年1月16日 (水)

雪に人型つけた眞鍋さんのゴールデンラジオ

 

「芸人なのに何故コケなかったのだ」

よく分からない理由でいきなり始まる髭男爵攻撃は

昨日の「大竹まこと ゴールデンラジオ」。

 

20130115

 

これは何のポーズなのか眞鍋かをりさん。

スキー?

雪つながりということで。

 

「昨日、私コケましたよ」

ちょっと得意気(?)な眞鍋さん、

ごみ出しに出た時に駐車場で誰も踏んでいない雪を発見、

「バターって」人型を作ってやろうと試みたそうな。

 

さすがである。

でも、既に凍っていたらしい。

だ、大丈夫か?

思いついたらまず実践の眞鍋さんではあるが、

安全確認をお忘れなく。

 

しかし、髭男爵を交えたトリオ漫才、

なかなか完成度が高くなってきた。

「成人式で頭に鳥居を載せてる奴を見た」(大竹翁)

「歩いてる内に頭に雪が積もったんじゃなくて?」(眞鍋さん)

「それ、気付かんかったら成人になったらいかん」(髭男爵)

 

先輩芸人と同席する際は決してトイレで中座しない髭男爵、

だが、我慢し過ぎて限界を超えた経験を暴露され

「先輩の話は聞き洩らさなかったけどおしっこ漏らしちゃった」

「眞鍋に座布団一枚!」(大竹翁)

 

冴えていた眞鍋さんだけど、髭男爵の反撃

「俺の言うことは耳の空」

「上の空だろう」は、マジだったのか

突っ込み待ちのボケだったのか。

 

だが、髭男爵のお陰で

アサリバターで一杯飲みたくなってしまった。

朝から食おうとは思わないけどね。

 

| | コメント (0)

新美香りんブログと眞鍋さんの話

 

杉崎美香りん姐さん、昨年末に

新しいブログをスタートさせていた。

なんだなんだ、どーゆーことだ、

ブログ復活を強く要望してきたというに・・・って、

それはお前が迂闊なだけだと言われたら、仰る通り。

 

Smileって手書き文字の入った杉崎美香オフィシャルブログ

最新記事は眞鍋かをりさんと飲みにいった話。

ちょっと先に更新されていた眞鍋さんのOfficialBlogにも

同じ話があって「先週末」っていつだろなぁなんて思っていた。

美香りん姐さんは九州と京都だし眞鍋さんは大阪だし、

木曜は週末とは言わないから金曜日かなってのは

美香りんさんのブログでその通りと分かった。

 

さすがキャスター、ということでもないだろうけど、

お二人の似てないとこがよく分かって、ちょっと愉快。

飲みながらお仕事の話など熱く語ったらしいのだけど、

眞鍋さんはなんも覚えとらん!

まーいーけど。

 

酔った勢いでアイデアが湧いてきて、

それを大事にする人もいれば、

「あの時の話だけど」とつなげようとしたら、

「え、そんな話したっけ」って忘れられてることもある。

意味合いがそれぞれで違っていたというだけのことであって、

それでもそれぞれにとって有意義な時間だったということだ。

 

美香りん姐さんの語り口はとても柔らかい。

それでいて説得力がある。

角は立てない。

そうかもしれないけど言い方ってもんがあるだろ的なのとは真逆。

「みかんのじかん」もそうだったけど、

Smileブログも癒しのスポットになりそうだ。

 

| | コメント (0)

2013年1月15日 (火)

ツイてる眞鍋スマイルの「ヌメロン」再び

 

先週はまさかのワンコールヒットを決めた

「ヌメロン」の眞鍋かをりさん。

 

1301141_007_01

 

「まだ震えてます」ってこたぁないだろうけど、

満面の眞鍋スマイルで余勢をかってのAブロック最終戦。

当地でレギュラー放送がなかった時代、

相手のオリラジ中田さんに二度優勝を阻まれているそうな。

へ~。

 

でも今回は、中田さんがアイテムを使い果たしているとあって

かなり楽な展開。

最初のハイ&ロー攻撃であと一手まで追い詰めてしまう。

その一手も四分の一の確率を的中させた眞鍋さん、

これでつみ。

 

1301141_017_01   

 
  

完勝眞鍋さん。

でも、打倒中田さんに燃えていたマリエさんが

眞鍋さん以上の大はしゃぎ。

やり逃げ男に鉄槌って眞鍋さんも深夜ギャグ連発。

 

ルールを完璧に把握していないのだが、

Aブロック最終戦を勝ち上がったってことは、次は決勝戦?

 

1301141_037_01  

 

 

上地さん、強そうなんだけど

アイテム使いきって、まだ最終戦残ってるし

眞鍋さんは朝日杯の馬券を当てて以来

ツキが離れてないみたいだし

この勢いでいけるかな?

 

1301141_039_01

 

次週も眞鍋スマイルに期待しよう。

 

| | コメント (0)

2013年1月14日 (月)

困惑すれど逃げない眞鍋さんの逃走中アルティメット

 

二週連続放送の「逃走中アルティメット」

シード組に入っていた眞鍋かをりさんも

二週目の昨日、遂に出動した。

 

しかし、皆で力を合わせて助け合うという

眞鍋さんが頑張る設定を崩す仕掛け色々で

戸惑いを隠せない眞鍋さん。

 

1301132_006_01

 

前回、ハンターゾーンに突入して

あっさり確保されてしまった眞鍋さん。

「あそこは逃げられないよ」

忍を振り切った丸山桂里奈さんみたいな足があれば別だけど

できないことを決行するのはどうなのか ・ ・ ・ 。

 

おまけに助けてくれって言ってるのが

一人だけ抜け駆けしようとして罠にはまった自業自得な奴。

ってことで、はなっから見棄てる者続出。

しかし、取り敢えずは現場に向かう眞鍋さん。

 

1301132_012_01

 

眞鍋さんが到着したのは的場浩司さんらが突入した直後。

ラッキーなタイミングで自分は突入することなく

アシストすることができた。

 

「どうして助けようと思ったの?愛情?」

眞鍋さんの問いに的場さん、

「仲間だから」って、カッコ良過ぎる答え。

「おぉ~」と眞鍋さん。

 

前回、コンビだった二人、この後もしばらく一緒に行動。

次なるミッションにも「行きましょうか」。

途中で出逢ったガレッジセールのゴリさんとも合流、

「数が多い方がごまける」と

「戦闘中」での「真似してみてる」に似た眞鍋語。

でも、ちゃんと意味は通じたみたい。

 

1301132_013_01
  

しかし、ハンターに阻まれ接近できず。

眞鍋さん、残念。

おまけに人を助けたら損をする

最後の一人になるまでやるぞルールが伝えられ

眞鍋さん、困惑。

 

1301132_023_01

 

「そうだよね、そう簡単には

アルティメットの称号は貰えないよね」

自分を納得させて笑顔を見せる眞鍋さん。

けど、ほなどないすんねんという段になると

 

1301132_034_01
  

ってことになる。

時間内に自首するという手もあったのだけど、

位置情報の通報を防ぐ為の相互顔認証で出逢った

またまた的場さん、きっぱり自首を否定。

 

1301132_033_01

 

何かと縁のある的場さんだけど、

眞鍋さんの腹も決まっていたみたい。

ゲームからの離脱はできない。

何ができるか分からないけど

やれるだけやってみようってとこだろうか?

 

でもこの後、的場さん、眞鍋さんと

相次いで確保されてしまうのだから、

どうも何かと縁のある二人ではある。

 

1301132_044_01

 

「隠れると怖いから」と動き回る策に出たものの、

「絶体絶命だ」状況に追い込まれ、惜しくも完走ならず。

今回も30人中ラスト5人まで残ったけど、

毎度のことながらのあと一歩だった。

 

しかしなんだ、頑張り難いルールでも

それなりに頑張らないといけないとは

なんとも意地の悪い話だが、

それでも頑張った眞鍋さんだった。

 

 

| | コメント (0)

2013年1月13日 (日)

歴史に残る(だろう)2013競馬も開幕

 

周回遅れになってしまった「競馬BEAT」

気を取り直して新春第二弾目。

 

1301131_002_01

 

杉崎美香りん姐さんも表情晴れやか。

姐さんがいたら鬼に金棒、今年も競馬が楽しいぞ。

 

ってことで日経新春杯だが、

このレースで思い出すのは一昨年

その持てる威力を発揮して圧勝したルーラーシップ。

今一度その破壊力を存分に発揮して欲しかったとも思うが

引退も運命であろう。

 

で、今年はというと「目が~っ!」

眞鍋かをりさんが住んでるラピュタとは

実は関係ないムスカテールに美香りんさんも一票。

でも、ゲートが開いたら何が起こるか分からない。

4コーナー出口で「ココだっ!」と声が聞こえそうな

高倉ジョッキー気合の手綱、鋭くインに切り込んで

カポーティスターをゴールに導いた。

 

武豊はんの3500勝も凄いけど、若いもんも頑張っている。

ただ高倉騎手、ガッツポーズが早い。

馬が怪我する事もあるらしいから怒られるかも。

 

1301131_017_01
  

古代ローマでも中国でも、

諸国の王の上に君臨する王の中の王を皇帝と称する。

JCを制し、女帝への道を歩み始めたジェンティルドンナ、

三歳牝馬として初の年度代表馬も納得だが、

3月にはドバイ、10月には凱旋門賞に挑戦。

帝国の拡大に野望をたぎらせる。

 

凱旋門賞ではオルフェーヴルとの再戦が実現しそうだが、

あのレースではガンガン馬体をぶつけ合うのが当たり前。

ブチブチ不平不満言ってたら勝てないぞ池添はん。

そして、女帝が宝塚記念に出るとなると、

ゴールドシップも交えた頂上決戦となる。

 

今年は競馬史に残る一年となりそうだ。

こんな年に競馬番組MCを務める

美香りん姐さん、ラッキーだなぁ。

 

| | コメント (0)

防衛大臣も楽じゃないと内幕暴露の「マネー」

 

生放送だった昨日の「たかじんNOマネー」

前防衛大臣の森本敏氏に朴一大阪市立大教授、

金慶珠東海大准教授を迎えての

安全保障、日韓関係特集だった。

 

民間登用とはいえ防衛省出身の森本氏、ということで

 

1301121_009_01

 

「大臣になってみて、ここが変わったなと思ったことは」

との眞鍋かをりさんの質問に森本氏

「退官から20年を経て実力が第一級になっていた」。

日米共同訓練をやっても

空も海も自衛隊の方が上なのだそうな。

じゃあ陸はどうなんだというと、

こっちは人員削減で結構大変らしい。

 

1301121_013_01

 

北朝鮮の人工衛星だか何だかのロケット発射、

取り外してるみたいだから発射しないんじゃない?

って騙されたのは韓国だったようで、

森本氏はずっと発射に備えて待機していたらしい。

日本政府としてはトリックに惑わされずに

情報をキャッチしていたということだ。

 

まぁしかし、深夜の2時3時でも

尖閣に中国船が近付いてきたら起こされて

指示を求められるっていうから防衛大臣も楽な仕事ではない。

 

1301121_001_01
  

それは前任者の田中はんではできませんなぁ

ということで一同大笑い。

 

さて、日韓関係では青山繁晴さん、

日本側特使が空港で受けた扱いに激怒。

中国人の靖国放火犯を「政治犯」ということにして

中国に引き渡したことにも怒りをぶつける。

 

金さんによると朴大統領はすんごい保守なのだが、

日韓共に保守本流は日韓関係を重視する。

だが中韓関係も大事。

日韓関係は修復するだろうが、

安倍さんがやってる中国包囲網に加わるのは避ける

ということらしい。

 

なりたてほやほやの大統領だし、

即断せずに様子見するしかなさそう。

 

 

 

ちなみに生放送の後、収録2本分をこなした眞鍋さん、

この内容で3本は大変ですねと

三橋貴明さんに言われたそうだけど

いやいやお疲れ様でしたとその後、

水道橋博士さんや須田慎一郎さん、青山さんらと

新年会に繰り出したらしい。

ってことは、昨夜は大阪泊りだったのかな?

そういや美香りん姐さん、今日は京都だね。

 

| | コメント (0)

2013年1月12日 (土)

受験生に眞鍋流学びのエール

 

前記事にisakazuさんからもコメントいただいた通り、

朝日デジタルの「頑張れ受験生」企画記事に

『鈍感力』で乗り切ろう」と題した

眞鍋かをりさんのインタビューが載っている。

センター試験を前にした

眞鍋さんの体験談と受験生へのエールだ。

 

受験競争経験者にはそれぞれ思い起こす事があるだろう。

眞鍋さんにも赤点ギリギリの科目があったとは驚きだけど、

弟妹がいるので家計への負担を考えセンター試験命。

プレッシャーも大きかったようで未だに夢に見るという。

 

当方も浪人不可、自宅通学可能な範囲という条件があった。

学びたいことが決まっていて、

卒論のテーマも結果的にそのまんまだったくらい。

したがって選択の余地はなく、受験したのは一校のみ。

 

眞鍋さんは、苦手な生物、日本史をまずは丸暗記。

しかる後に問題を解くというやり方。

数学は解き方を先に見たり、教えを請うなどして

理解してから設問に取り組んだそうな。

短期決戦、集中攻撃主義である。

 

好きな科目はどうしていたんだろう?

そっちの方は結構、自信あったのかも。

当方、自分で穴あき問題を作ってそれを解いたり、

解答を見て説明したりしていたが、それは好きな科目だけ。

眞鍋さんみたいに苦手克服の努力はしなかった。

 

眞鍋さんが言うように、

たまたまそれが受験だっただけかもしれないが、

壁を自分の力で乗り越える経験は自らの血となり肉となる。

経験を無駄にしない凄い吸収力を見せる眞鍋さん、

その学びの力のひとつの源として

センター試験もあるのかもしれないね。

 

| | コメント (0)

信じる信じないは貴方次第の「マネー」儲け話2013

 

わわっ!「たかじんNOマネー」今年二回目の放送

今日になってしまったぞ。

周回遅れにならない内に5日の本年第一回放送をおさらい。

 

1301051_004_01  

 

「胡散臭いですね~」なんて声も上がり~の、

だがしかし、そこは「マネー」、

儲け話としてリアルかどうかは貴方次第だが

ちゃんと色々な情報が散りばめられている。

 

「自信がある」と豪語する須田慎一郎さんの提案がまさにそれ。

社会保険コンサルタントが儲かるというのだ。

 

1301051_013_01

 

社会保険未加入業者は下請けにも入れず、

未加入労働者は現場にも入れなくなるという。

社会労務士の資格所持者は多いが

ビジネスにつながる情報を持っていない、生かせていない。

 

言ってしまったから「目指す人多くなるよ~」と眞鍋さん。

だが、須田構想には先があり、

一人親方をコンサルティングしたら

千人から二千人を抱え込んで・・・って、

派遣というか口入れやる気?

 

1301051_014_01

 

ここから先は銭もらわな話せんと、須田さん、本気度高し。

 

岸博幸さんは海外ヘッジファンドの動きも踏まえた不動産狙い。

消費増税の景気条項をクリアする為に財務省も必死、

自民党も参院選までに成果上げようと必死。

二つ必死なのが景気回復。

消費増税が決まる9月までが勝負だ。

 

勿論、上手く売り抜ければの話で

「8月に売ればいいんだ」

あっさりころりと眞鍋さん結論。

 

1301051_033_01
  

「では岸さん、幾らいきましょう」

眞鍋さん、当然の問いかけに岸さん、まさかの回答。

「一度も金融投資したことないんですよ」

 

エ~ッ!って話だが、実直な官僚でおられた

ということでは終わらない眞鍋さん、

「VTRと共に結果は9月にお届けします」

 

1301051_034_01

 

「儲けようと思ったことはない」と硬骨漢、青山繁晴さん。

だけど「敢えていうならば」と

「百万円持ってポーランドに行け!」

ただし、18歳から29歳の青年。

「私たち誰も権利がない」(眞鍋さん)

 

行って何するんだとかビザ取れるのかとか色々あったけど、

要するにポストチャイナとして

有望な企業進出、生産拠点としての投資先に

東欧は有力なのだという話である。

 

森永卓郎さんの恋人型ロボットってどーよの話から、

何故か須田さんのかつての銀座武勇伝に飛び火。

ホステスさんになんか凄い高価な物を買って上げたらしい。

 

1301051_039_01  

 

そこで出ました眞鍋さんのおとぼけフェイス。

「女の人だったらそういう商売するのが一番儲かる?」

「なんだそれぇ~」

 

英会話が儲かるという話も出てきたけど、眞鍋さん、

スカイプで夜な夜なフィリピン人相手に

英会話のレッスンを受けたらしいのだが

「あんまり上達しないなと思ったら」

 

1301051_055_01

 

「この人との会話が盛り上がらない!」

「へぇーっ、そうですのん。ほなこれ知ってまっか?」

とはならないようである。

だったら知ってる単語しか使わなくなるし、

上達もしないよね。

 

で、眞鍋さんの提案はRMT。

なんだそれといえば、

ゲームのアイテムなどをネット上で売り買いするらしい。

 

1301051_066_01

 

だったらネット依存の若い奴を集めて・・・

口入れ屋と化した須田さん、さっそくビジネスモデル化。

やるかどうかは分からないけど。

 

ってなことで今年二回目の本日の放送、

生放送らしい。

昨年末、随分録り溜めしたような気配だったのだが、

まぁ政権も替わったしそうも言ってられんということか。

今年初大阪の眞鍋さん、頑張ってね。

 

| | コメント (2)

2013年1月10日 (木)

今年も美脚な眞鍋さんの一歩前進「女神ビジュアル」

 

昨晩の「女神ビジュアル」、出演者リクエスト

ということで膝がテーマ。

「顔が出てくる」なんて眞鍋かをりさんが言っていた膝。

眞鍋さん、自分の膝に「あっ君」「ゆーちゃん」なんて

名前を付けてるらしい。

 

1301091_002_01

 

VTRに登場する人の膝にも

「笑ってる」とか「犬?」とか言ってた眞鍋さん。

芸能人ならではの感覚という気がしないでもない。

 

というのも、直視や動画など相手が動いている場合、

よっぽどそれと意識して見ていないと

「顔だ!」と気付くものでもなさそうな。

写真のような静止画像で自分を見る機会が多いから

気になるんじゃないかと思う。

それはそれで大切なことだと思うけど。

 

1301091_007_01

 

眞鍋さんもよく着用している透けてる感のあるタイツ、

デムーロ、ではなくデニールが透けてる感の単位だそう。

おまえが知ってどうするんだって話だが、

今のトレンドは透けてる感の強い方。

だが、それでは人面相が目立つ。

 

そこで裏技、ナチュラルの18デニールを下に、

黒の30デニールを上に重ね履き。

眞鍋さんの場合はたるみが原因で

黒ずみとかはないようなのでこれで解消。

やったね。

 

1301091_016_01

 

そしてたるみそのものを解消するには運動だと

膝から下を水平に伸ばすこのエクササイズ。

眞鍋さんはさらっとやってるけど、

年配の方々には難しかったようで

「何で出来るの?」

 

左右交互に5秒間キープ、

これを3分間繰り返したらいいそうな。

眞鍋さん、これで美脚キープは間違いなしだね。

 

| | コメント (0)

2013年1月 9日 (水)

ツキは続くか眞鍋さん「ゴールデンラジオ」事始め

 

「明けましておめでとうございます」

元気いっぱい眞鍋かをりさん。

正月番組は全て収録なので、

今年の眞鍋さんの声を聴くのはこれが初めて

「大竹まこと ゴールデンラジオ」。

でも、大竹翁はお休み。

 

20130108
  

ってことで、ヒマラヤから雪男のイエティさんが御出演。

でもよく見たら髭男爵山田ルイ53世に似てなくもない。

髭男爵、ネットで自分検索よくやってるらしい。

だが、当ブログ、「山田は・・・」などと

失礼なことは書いていない。

「デブ男爵」とは書いたけど。

 

勿論、悪意ではない。

番組でデブネタよくやってるし。

眞鍋さんをいつも盛り立ててくれるので

こちらも盛り立てなくてはと思っただけ。

 

一方、大竹翁は謎のツイート

「ら」

当方、直ちに反応してリプを送ったが、

多分、翁は読んでおられないであろう。

「ダイングメッセージではないか」とは太田説だったけど、

眞鍋さんの鋭利な推理によれば

「押し間違えたんじゃないか」

慧眼である。

 

そして眞鍋さんは、

「ヌメロン」での秒殺ワンコールの反響で

一瞬、ツイッターのホットワードに名前が載ったとか。

年末の「ゴールデンラジオ」忘年会でも

ビンゴ大会でラッキーがあったとかで

「この勢いでロト買おうかな」

 

しかし、今年に入ってからはというと

「電車に一本乗り遅れたくらい」

あかんやん。

 

 

さて、山口一臣さんは国際的にも注目されている

日本の右傾化問題。

自民党議員の38%、維新議員の75%が核武装賛成。

日本の技術を以ってすれば一週間で可能

なんて話もちらほら。

 

核五大国など先進国が核実験をしていないのは

コンピューターシミュレーションで不要になったから。

だが、シミュレーションのデータベースは

過去の実験によって得ている。

一から核兵器を作るなら核実験が必要となるが

何処でやるのか?

 

核兵器持ちたいとか何とかは

もう少し考えてから発言すべきだろう。

 

| | コメント (0)

2013年1月 8日 (火)

今年も止まらない眞鍋さん、進化の道

 

1301091_009_01

 

昨日は「ヌメロン」に登場した眞鍋かをりさん。

新しいヘアスタイルでにこやかに。

丁々発止の駆け引きが演じられるはず。

 

1301091_014_01

 

ほんじゃまぁ取り敢えずはこんなトコで

って感じで、眞鍋スマイルも屈託なくコール。

これがなんとナントのどんぴしゃり。

どうりで放送時間が残り少ないと思ったら ・ ・ ・

 

1301091_017_01

 

504分の1の確率とか。

「2013年の運、全部使っちゃった」

いやいやこれはツキの始まりに違いありません眞鍋さん。

 

ってことで、秒殺で終わってしまったので次なる戦いは次週に。

「逃走中」もシード組に入った眞鍋さん、

本格的な活躍は次回、今週末。

といって当ブログの態勢が整うのを待ってくれた

って訳では勿論なくて、

当方が度重なるアクシデントに苦闘中(今もだけど)も

眞鍋さんは活躍を続けていた。

 

1301091_003_01

 

眞鍋さん、圧力鍋を買ったらしい。

豚の角煮を作ったそうな、ふむふむ。

でも、魔法の様に旨く出来たということではなく、

分量が多過ぎて蒸気と一緒に煮汁が噴出したのだと。

 

4日放送の「その手があったか」

ちなみに当方、角煮は日本酒だけで煮る。

蓋の重い小ぶりな銅鍋で軽く圧をかけながら20分。

酒を足してさらに20分。

後はお好みで時間調整。

調味料は要らない。

なんなら大根などと一緒に煮ても、十分味が染みる。

 

1301091_025_01

 

「これホントの話?」

VTRを見ながらつぶやく「カスベガス」の眞鍋さん。

ちょっと切なかったのは「一発屋」芸人さんへの仕掛け。

 

「バイト始めたらしいな」

「はい、子供が生まれたもので」

仕掛け人、ほんこんさんに素で答える天津・木村さん。

「やるわ」と貰ったカバンの中に三万円入りの封筒が。

これは先輩の厚意なのか忘れただけなのか・・・

会話の流れからして悩むところだが、

熟慮の末、返しに行くその後ろ姿が侘しい。

 

その点、いかにもお人好しな感じの

あるある探検隊・レギュラーのお二人。

「あ、忘れたはるわ」と何の迷いもなく取って帰し、

笑いながら「お金入ってましたで」

お人好しは見かけだけではなかったようだ。

 

1301091_035_01

 

「世界ふれあい街歩きSP」の眞鍋さんは見事だった。

ナレーションも一部交えながらの司会進行。

終始落ち着いた雰囲気ながら、

眞鍋さんらしい明るさや闊達さも生きていて、

大人な眞鍋さんの近未来を見るかのよう。

 

2013年も眞鍋さん、進化の道は止まらない。

 

 

 

やしきたかじんさん、ほぼ体調も戻り、

春の改編期に合わせて復帰との報道が一部に流れた。

「たかじんNOマネー」を一年間、守り続けた眞鍋さん。

もうひと頑張りだ。

「マネー」は地域によって放送日が異なるので、

5日放送分は別記事にしたい。

 

| | コメント (2)

2013年1月 4日 (金)

TVが無理なので眞鍋さん2012美脚特集

 

月曜の夜くらいにならないとテレビの視聴ができない。

だったらこれはどうだ

眞鍋かをりさん2012華麗なる美脚!

 

T1201243_2

 

どこが華麗やねん!って言われそうだけど、

美脚でひょうきんポーズをしてしまうのも眞鍋さん。

昨年は特に多かったような。

ひょうきん美脚の宝庫「大竹まことゴールデンラジオ」

これは1月のそれ。

 

T1202031

 

でも、決めるべきところは決める。

「世界行ってみたらこんなトコ」収録前か。

妖精風10頭身眞鍋さん、本領発揮(2月)。

 

T1203132
  

しかし、油断してるとこーゆーことになってしまう。

バレンタインデーのお返しに、

大竹翁からシャンパンを貰ったと大喜びの眞鍋さん。

大竹翁もジェントルマンだが踊る眞鍋さんもファンキー。

 

N1203143

 

でもってその翌日にはこんなセクシー美脚。

3月14日、カルビーの新製品発表会でのひとコマ。

美脚だと何でもできしまうもんだと感心するけど、

眞鍋さんとしてはちょっと珍しいショット。

 

Img069_01
  

ってことで、セクシーショットをもう一発。

雑誌「GOETHE」の対談記事に掲載されたもの。

ワインの対談だけど、用意されたワインに

眞鍋さんがチーズを合わせるプロフェッショナルな内容。

写真が大人っぽい雰囲気なのもむべなるかな。

眞鍋さんが目指すという「大人の女性」の片鱗見たりか。

 

1207221_071_01   

 

横長のテレビ画面だと、

全身はどうしても小さくなってしまうのだけど

この1枚は再掲載しておこう、7月22日放送「ヒットの泉」。

細いけど筋肉はあるし軽いので跳躍力もある眞鍋さん。

だけど、ハンマー投げるには向いてないと一目瞭然。

 

N1212094_3
  

最後は全くけれんみのない表情とポージングの眞鍋さん。

12月にあった東京歯科医師会のイベントの折のもの。

気取りが苦手な眞鍋さん、

ひょうきんポーズとは違う意味でらしさが出ている気がする。

たまにちらっとこんな感じ出すのもいいかも

って言ってもそんな計算、眞鍋さんがする訳ないけど。

 

さて今年はどんな美脚ポーズとファッションを

見せてくれるのでしょうか眞鍋さん。

 

| | コメント (0)

2013年1月 3日 (木)

カイゼン、改善、大急ぎ

 

まぁカイゼンといってもトヨタではない(当たり前だ)

当方の住環境のこと。

「そんなんどうでもええわい!」

と言われたら

「おっしゃる通り!」

と返すしかないのだが

元日から事態が急変した結果、

現在、テレビを視聴することができない。

 

痛恨の極みではないか。

眞鍋かをりさんが視られないのだ。

「ほぉ、それは残念でんなぁ」

くらいは言ってもらえるとしたら

「いやぁ、分かっていただけましたか」

と答える。

「河波忠兵衛か!」

と突っ込める人は少ないと思うけど

 

という訳で、しばらくテレビ関連の更新はできない。

しかし、皆様のご尽力よきを得て、

なるべく早期に改善を図る所存也。

 

眞鍋さんの30歳を祝うことを目標に始めたこのブログ。

2年以上予定をオーバーする4年と8カ月、

無事に生き長らえ、続けてこれたのは

ひとえに眞鍋さんの有形無形の励ましあってのこと。

それに恩返しすることが残された人生に課すべき

唯一最大の使命と確信するもの也。

 ・ ・ ・ 重いな。

まぁいいや。体重軽いし。

 

リアルタイムには視られないとしても録画はしている。

記事にするしないに関わりなく、眞鍋さんの活躍、

必ず目と耳と記憶に残す。

でなきゃ死んでも死にきれぬ。

なぁ忠兵衛はん。

 

でも、取り敢えず生きる。

忠兵衛はんの世話にはしばらくならないつもりだ。

 

| | コメント (0)

2013年1月 2日 (水)

「気」が「気」いた眞鍋さんの年賀

 

眞鍋かをりさんが告知していた年賀状。

当方宅にも届いた。

有難う御座います。

 

Img074

 

右の方に思いっきり当方の実名、

それも下の方が書いてあるのでカット。

コッパズカシイし。

 

旅先で撮ったものらしい写真。

一昨年と去年、二回行っているスイスのようであり

そうでないようでもあり。

でもこのブーツ、「アナザースカイ」の時と一緒みたいだね。

気持ち良さそうな眞鍋さん。

大地の「気」を取りこんでいるのか。

 

眞鍋さんの年賀状といえば手作り感漂うものだったけど

今年はちょいとオフィシャル風。

ソフトがグレードアップしたか。

数が多くて手書きが無理だったという宛名は毛筆ソフトだし。

 

しかし、そこには眞鍋さんの「気」が込められているのだ。

むむ ・ ・ ・ 「気」てる「気」てる、これが「気」か。

「気」といっても、明らかに殺気ではない。

かなり「気」くぞ。

 

なんせ、朝と夜、一日に二回も救急隊員のお世話になるという

遂にこういう日が来てしまったか的残念な元日だったのだが、

くだらないダジャレを言う気力は残っている。

爪は剥がれるし全身打ち身だらけだけど、

その分、眞鍋さんが幸せになってくれたら万々歳だ。

 

ちなみに元日に更新されたOfficialBlogによると

眞鍋さん、今年の目標は

「笑いの多い年にしよう」

だったらしいのだが、既に達成してしまったとか。

ええ正月ですがな。笑う門には福来たる言いましてな。

(落語家か)

もっともっと幸せになれ、眞鍋さん!

 

 

ちなみに、当方の年賀に当たりのシールがあった。

おみくじの大吉よりちょっと上かもしれんとな

やったぜ!

 

| | コメント (3)

2013年1月 1日 (火)

2013年になりました

 

1211032_021_01_2  

 

新年明けましてオメデトウ御座りまする。

 

といって、実は現在、まだ夜明け前。

当然、画像は今年の初日の出ではないけど、

だからといって

昨日の夕陽を朝日と言い張っているのでもない。

まぁ、縁起物ということで。

 

実はコレ、眞鍋かをりさんが出演した

「越後の国おやひとさま」に出てきた朝日。

旅番組的レポートや

「世界不思議発見」風な現場報告は今までもあったけど、

本格的に骨太なドキュメンタリーはあまり記憶にない。

 

昨日のまとめ記事には書かなかったけど、

忘れていただけ。

これはやはり、眞鍋さんの一里塚として記憶しておいていい。

 

そういえば去年の正月、眞鍋さんは家族で那須に温泉旅行。

初寝言は「唐揚げいっぱい」

 ・ ・ ・ ・

今年はどこでどんな寝言をつぶやいているのでしょうか。

 

なにはともあれ、健康で元気良く、自然体でのびのびと

気がついたら飛躍しているマイペースながら地に足つけて

しっかり前に進んでくれるでしょう。

「差しいずる朝日の如くに」ね。

 

| | コメント (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »