« ボケて良し答えて良し眞鍋さんの頭脳回転すし | トップページ | アップに耐えるにも努力あり眞鍋さんの女神ビジュアル »

2012年12月 5日 (水)

寒風吹き抜けない眞鍋さんと始まりましたねのゴールデンラジオ

 

なに、愛媛の西条市で寒風が吹き抜けてるって?

どーゆーこっちゃといえば「松山は大都会」

なので松山に寒風は拭き抜けてないって

自虐なのか違うのか。

 

20121204

 

寒風の地からやってきた眞鍋かをりさんの弁。

しかし、例のナイトショップいしづちでは弁当を

「ぬくめる?」「かまん」

なんて会話が交わされてるって、

なかなか暖かい話ではないか。

ちなみに「かまん」とは構わないということらしい。

 

なんでそんな話になったのか「大竹まこと ゴールデンラジオ」

お子さんの世話を焼く髭男爵が自らが芸人たるもの、

そんな日溜まりの温もりにホッとしていてはいけないのだと

ガールズバーなんぞに行ってぼられたという話。

 

「暖かい気持ちを抜くのに何でいいとこ行くんですか」

鋭く追及する眞鍋さん

「場末のおばちゃんとこに行って下さい」

なんて言ったもんだから

場末とはなんだ松山のことかとなったので

眞鍋さんが冒頭の反論。

まぁ冬だし、日本列島どこへ行っても寒風は吹いてるよね。

 

 

総選挙が公示されたねの話、

○○に投票しましょう的な選挙運動は候補者以外でも慎む傾向。

一人だけ例外な方がおられるが、その方が成立させた

政治的中立性を確保するための組織活動の制限に関する条例

ってなんなのだろう?

第二条の(1)に「市長」と書いてあるように見えるのだが。

 

「政策で選ぶといっても民主党政権みたいになったら」

と疑問の眞鍋さん「出来そうな実行力」を重視したいと見解だが、

実行力にも色々ある。

「途中でコロコロ変わって揚句に政策なんて大したことじゃない

とか言われたらどうしたらいいんだ」とは大竹さん。

やらないと言ったことをやったりやるなと言ったことをやってたり

言ったことをやるとは限らないから実行力って言われてもね。

 

どの道、単独過半数は難しそうなので連立か

政策ごとにくっついたり離れたりが予想される。

そういう意味では政策を見ておくことが大切だと山口一臣さん。

原発問題一つとっても先送りなのかすぐに手を打つのか

それくらいは見ておきましょうというお話。

 

「脱原発は大変だから続けようとしても

そっち(先送り)の方が大変かもしれない」

眞鍋さんが言うとおり

ここまで泥沼に足突っ込んでしまった以上、

進むのも抜けるのも容易ではないが、

「引くも地獄」(大竹さん)とは限らない。

崖に向かってただ走るより

新規事業に結び付けて足抜けした方がよい。

そして何より今をどうするのか、

国民の安全と被災者の生活保障について

語らないとこは削除。

 

原発、社会保障、財政、円高デフレ、外交と全てにおいて

整合性のとれた政策を持つ党はないと個人的には見る。

だから議会があるのだし、

政策ごとにキャスティングボードを握る党があった方が

むしろいいとこ取りしやすいのではなかろうか

なんてことを思いつつ、

では当地ではどうしたらと思うとなかなか決めかねる。

最後は直前情勢で判断しようかな。

 

 

 

*:この例を見る限り、候補者本人でなければ

  ネット選挙は解禁になったようである。

 

|

« ボケて良し答えて良し眞鍋さんの頭脳回転すし | トップページ | アップに耐えるにも努力あり眞鍋さんの女神ビジュアル »

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ボケて良し答えて良し眞鍋さんの頭脳回転すし | トップページ | アップに耐えるにも努力あり眞鍋さんの女神ビジュアル »