« 墓参帰省だった眞鍋さん | トップページ | イタリア行きはミラノだった眞鍋さんの「こんなトコ」 »

2012年12月11日 (火)

葱とあさりの眞鍋さん再びのゴールデンラジオ

 

そうか、あさりを獲っていた干潟、今はないのか。

眞鍋かをりさんがあさりを獲り、

帰りの道すがら葱を抜いて帰った話は

眞鍋さんがまだ大学生だった頃に出演した

「はらぺこ亭」で聞いた。

 

その干潟、今は造船所になっているらしい。

ランドセルに葱を差し、両手にあさりを持った

眞鍋さんみたいな少女はもういないのか。

 

だが、葱抜いた話を「実話かい」と驚いていた髭男爵、

葱とあさりと来たらぬただろうの説。

でも違う、子供だったので味噌汁だったそうな。

 

20121211

 

大竹さんが子供のころ近所で柿取って食ったって話から

盛り上がってしまった「大竹まこと ゴールデンラジオ」。

ちなみに眞鍋さん宅にはサクランボがなり、

塀からはみ出した枝になった実は

近所のガキのおやつになっていたとか。

お互いさまだったのである。

 

「終戦直後の話ですよね」と眞鍋さんに言われて

怒ってた大竹さんだけど、「練兵場」なんて言うから。

1956年だから直後ではないということだけど、

自衛隊は練兵場って言葉使わないし。

でも、ザクロやイチジクは当方もガキの頃よく食べた。

勿論、他人の家の木だけど、文句いう家はなかった。

 

もう一つ、選挙活動で朝の辻立ちを朝立ちと言って、

アナウンサーが黙ってしまったという話。

「普段からそんなことばっかり言ってるからですよ」と

厳しい指摘の眞鍋さんだけど

違うかも。

 

当方、選挙取材をしている時、ある陣営の選対が

「明日から駅前で朝立ちをするっ!」と

力強く宣言するのを聴いたことがある。

陣営によっては結構、普通に使われてるのかもしれないよ。

 

 

 

選挙といえば田原総一朗さん、ゲストで登場し選挙話色々。

自民もそうは取れない予想だったけど、

各党原発を言い出したので争点がぼやけ、

変化を望まない意識が自民に流れていると分析。

 

公示前はTPPとか金融政策が争点化し、

原発のげの字もなかったのに、

未来の党ができて原発政策が表面化。

独り勝ちは許せんと皆が言いだして

違いが分かりにくくなったのだと思う。

現状、原発は二基しか動いてないのに電気は足りてる。

代替電力なんて切迫した争点にはならないこともあるかも。

 

ただ、福島第一原発をどうするかが語られていない

という大竹さんの指摘はその通りだと思う。

語る候補者や党がいないというのは間違いで

いるけど報道されないのが事実だが、

溺れかけている人がいたら無条件に

身を削ってでも助けようとするのが

人倫というものではないかと思う。

 

そうは言っても弱者叩きに世間も拍手する御時世。

自民圧勝となったら不治の病で重度障害の当方、

新憲法で人権はく奪、尊厳死の対象として

合法的に殺されてしまうかもしれないけどね。

それでもサクランボはまた実るだろう。

 

|

« 墓参帰省だった眞鍋さん | トップページ | イタリア行きはミラノだった眞鍋さんの「こんなトコ」 »

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 墓参帰省だった眞鍋さん | トップページ | イタリア行きはミラノだった眞鍋さんの「こんなトコ」 »