« 久し振りに廻ったよと楽しげ眞鍋さんのタイムショック | トップページ | 無事に大人になった眞鍋さんのひょうきん烈伝 »

2012年12月28日 (金)

左耳で聴く眞鍋さんは騙されない?裏拳炸裂かLOVE VICTORY

 

1212262_005_01

 

いきなり後ろから抱きつかれたら「裏拳ですよ」の眞鍋かをりさん

オオッ!鼻の頭か人中に打ち込んだれっ!

という話ではなく、恋愛テクニックの「V6 LOVE VICTORY」。

右耳に囁くのがコツで

左耳から入る言葉は批判的に受け止めるってホンマかいっ!

 

ちなみに眞鍋さん、電話は左耳らしい。

新聞記者もたいてい左だ。

右手でメモ取らないといけないし。

う~ん、本当かなぁ。

 

1212262_015_01

 

美脚な眞鍋さん、改めて思うのは

スカートの丈が短いことではなくて、手足の長さ。

普通、降ろした手の先はもうちょっと上にあるはず。

これ、自分のスタジオを持っていた時、

モデルさんで何度も実験した。

 

訳の分からない話はともかく、

「気が強いって言われませんか?」

思わないなぁ、サバサバしてるけど気遣い細やかだし。

でも「誤解されやすいのでは?」と言われて

「そーなんですよぉ」

 

なんでだろ?ストレートで開けすけで

誤解の余地なんてなさそうな気がするけど ・ ・ ・

いかにもいい人でしょアピールになりそうなことは

笑いにくるんでしまったりするけど

ほっこり暖かな真心は隠しようがないと思う。

 

1212262_010_01
  

でも、問題はそこではなく、会話中のドリンクの位置関係。

心を許していないとドリンクの位置を遠ざけるのだとか。

それ大当たりの眞鍋さん、驚きの表情。

なんやねんこいつ、ずけずけと人の心に踏み込んでくるなや

とは言っていなかったけど

当たらずとも遠からずの心境だったらしい。

左耳で聴いていたか。

 

1212262_020_01

 

さて、自己評価以上の相手は見つからないよの話。

自己評価70点、相手に求める理想は95点の眞鍋さん。

でも、人と比べて妬んだりしない眞鍋さん

自分が充実していると思ったら自己評価は高くなる

ってのは「たかじんNOマネー」で明らかになったこと。

ホントの自己評価は95点なのかもしれないよ。

 

 

 

ところで、意味はちょっと違うかもしれないが

相手の言ったことを繰り返すとか

共通の敵を作るとかは新聞記者もよく使う。

 

話をちゃんと聞いてるぞアピールの時もあれば、

ポイント部分に念押しを入れる場合、あるいは

表現が適切でないので、それとなく訂正を促す場合。

逆に失言しやがったざまみろって時は

わざと念押しせずに別の話題に振って忘れさせ、

後で失言部分を見出しにしたりする悪い奴もいる。

御注意を。

 

相手が何かに批判的な場合、こちらから振ってやると

そーなんだよと勢いづいて喋り出すのは一種の「共通の敵」。

ただし、わざと乗せて失言を引っ張り出そうとする奴もいる。

味方と見せて実は敵、

これは身内にもいたりするから厄介だ。

 

「後ろから抱きついて右耳に囁く人には気をつける」

という眞鍋さん、こっちにも気をつけてね。

でも、大丈夫そう。

結局、全部左耳で聴いてたみたいだから。

 

|

« 久し振りに廻ったよと楽しげ眞鍋さんのタイムショック | トップページ | 無事に大人になった眞鍋さんのひょうきん烈伝 »

眞鍋かをり・テレビ(娯楽2)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 久し振りに廻ったよと楽しげ眞鍋さんのタイムショック | トップページ | 無事に大人になった眞鍋さんのひょうきん烈伝 »