« 鬼が笑うか年の瀬眞鍋さん | トップページ | イヴに何食った論戦かまびすしくの「ゴールデンラジオ」 »

2012年12月25日 (火)

有馬終わって振り返る今年のGⅠ

 

杉崎美香りん姐さんが来てくれたお陰で

久し振りに競馬に入れ込んだ一年も

先日の有馬記念で終わり。

それも掉尾を飾るにふさわしい一戦。

それまでも強かったタフネス金船ゴールドシップだが

「マジで強い」と実感したのは実はこれが初めてだった。

 

マイペースで走り、そのままゴールしてしまうので

派手さがなかったからだが、あのメンツの中でもマイペース、

同じ勝ち方ができるのだから、これは本物と認めるしかない。

マイペースで戦えないのが最強ナイトのルーラーシップ。

スタートと同時にゲートの中でまさかのキャパリーノランパンテ、

フェラーリの紋章状態だが、

馬上槍試合と間違えたかルーラー卿。

だが、走り去る敵の背中を威嚇しても、相手はビビらない。

見えてないし。

 

天皇賞にJCと、いずれも後方から

すさまじい追い上げを見せたルーラー卿だが、

結果的にそうなってしまっただけで

本来の戦い方ではないのではないか。

香港でのQEⅡ杯や宝塚記念のように

前方占位から追跡無用の猛スパートをかけるのが

勝ちパターンのような気がするのだが、いかんせん

ゲートが最大のライバルではいかんともし難し。

 

その点、タフネス金船は無尽蔵のスタミナがあるので

スタートでいい位置が取れなくても、まぁいいやと様子見。

ペースを見て、さてこの辺でと勝てる位置に上げてゆく。

有馬記念では残り700mからのロングスパートだった。

無駄に体力を浪費したルーラー卿は

これを差し切るには至らず、もはや定位置と化した三着。

 

ダービーでは5、6番手キープで

速いペースに流されてしまったタフネス金船。

上がり勝負となって三位にポジションを上げたものの

スピード勝負に強いフェノーメノにかわされ、五着。

やっぱマイペースでいかなあかんわと

戦い方を変えたのが秋以降のレースだったような。

 

ダービーで鼻差の二着まで追い上げたフェノーメノは、

秋の天皇賞でも二着と惜しい勝負をする。

タフガイと同じ三歳馬。

台風の目になりそう。

 

1212231_007_01  

 

ってなことで、盛りヘアー美香りん姐さんの「競馬BEAT」

ファンの選ぶGⅠベストバウトは画像の通り。

やっぱオルフェーヴルのファンが多いのか

マイルCS以外の全てがオルフェーヴル絡み。

 

だが、新しいスターが誕生したのも今年の特徴。

来年はジェンティルドンナとゴールドシップ、

そしてオルフェーヴルが話題の中心になるだろう。

ってことでこの三頭のベストバウトを挙げると、

 

勝ってれば凱旋門賞だけど逃したし、次もあるので

オルフェーヴルは復活の狼煙を上げた宝塚記念。

ジェンティルドンナは「マジ速い」を

これでもかと見せつけたオークスもあるけど、

レースとして見ると、

打倒女王に秘術を尽くした戦いとなった秋華賞の激戦か。

ゴールドシップは文句なしに有馬記念。

 

で、一番のレースといえば、やはりキングとクイーンが

ガチンコで文字通り雌雄を争ったJC。

あとひとつは去りゆく者に敬意を表し、

ディープブリランテ最初で最後のGⅠタイトル

日本ダービーを挙げたいと思う。

 

さて来年、あの三頭が相まみえる機会はあるのだろうか?

それに何より「競馬BEAT」、

来年も美香りん姐さんにやって欲しいなぁ。

楽しい中にもピシッと一本筋を通す

美香りん姐さんのそこが素晴らしいし。

 

|

« 鬼が笑うか年の瀬眞鍋さん | トップページ | イヴに何食った論戦かまびすしくの「ゴールデンラジオ」 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鬼が笑うか年の瀬眞鍋さん | トップページ | イヴに何食った論戦かまびすしくの「ゴールデンラジオ」 »