« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月31日 (月)

大小色々ありました眞鍋さんの2012年

 

2012年の眞鍋かをりさん、色々ありました。

1月にはやしきたかじんさんが手術で休養。

「たかじんNOマネー」の一人MCとなった眞鍋さん、

途中から青山繁晴さんが協力する形になったけど

ほぼ一年を走り切った。

 

論客でもジャーナリストでもないけれど

テレビとバラエティの経験なら一番の眞鍋さん。

激論が始まれば進行優先。

ここぞという時は笑いを取る。

CMまたぎや時間切れでない限り、

発言を途中でぶち切ったりしないから

論者も視聴者も納得できる進行だったのではないか。

 

1209221_043_01

 

ってことで、9月22日のコメントグランプリ

ベストコメンテーターに選出されてしまったのは、

論客の皆さんからの御祝儀だったのかもしれないね。

眞鍋さんはちょっと困ったな的笑顔だけど。

 

7月には退院の報があったたかじんさん、

復帰もそう遠いことではないと思うけど、

来月は今のスタイルで行く模様。

つまり丸一年。

喜ぶべきことではないけれど、

眞鍋さんにとっては肥やしになったに違いない。

 

 

肥やしといえば、何でも肥やしにしてしまう眞鍋さん。

世界中を旅したり、チーズプロフェッショナルの資格を取ったり

2010~11年の経験もお仕事に生かされた。

 

3月には旅本出版の計画を明かした眞鍋さん、

5月にはVISAカードのイベントに出演、

同じ月にはスイスで橋を作った!

 

T1205121

 

「アナザースカイ」の撮影の合間に、

危なっかしい地元の爺さんを手伝っただけだけどね。

当ブログ記事にも書いたけど、

「アナザースカイ」の眞鍋さん、

知ってる人は知ってるけど知らない人もいるらしい

眞鍋さんらしさが満開で、反響も大きかった。

 

8月にはNHK-BSの街歩きスペシャルのMC

9月にはルフトハンザ航空のエアバスキャンペーンに登場。

雑誌でも旅関連インタビューが多かった。

新春三日放送の街歩きSPにも出演する(19:30~)。

旅本も来年春頃には出版されるらしい。

 

C120928_2
  

ルフトハンザのキャンペーンの一環で

ソムリエ・田崎真也氏と対談した眞鍋さん。

ワインとチーズを大いに語ったのだけど

10月には十勝カマンベールチーズ(明治)

のキャンペーンにも起用されたり11月には

チーズフェスタのイベントにも呼ばれたり、

チーズプロの資格も生かされた。

 

「○タレ」の枠を狙ったとかじゃなくて

やりたいからやっただけのことだけど

それが生きるのが眞鍋さん。

最初のホームページだって

自分で勝手に作ったもんだったしね。

 

そういえば、歯の矯正に着手した、

ホワイトニングもしたぞ!なんて言ってたら

歯科医師会のイベントに呼ばれたりしたのは12月だった。

 

Jravan12112804

 

JRA-VANのイメージキャラクターとして

CMにイベントに活躍した眞鍋さん。

杉崎美香りん姐さんの「競馬BEAT」MC就任で、

当ブログもいつになく競馬記事に力が入ったが、

眞鍋さんもついていた。

 

中京競馬場でCBC賞、朝日杯では

デムーロ騎手のお陰で穴狙い的中。

ちなみにデムーロ騎手へ花束贈呈したのは天皇賞(秋)。

この時は全滅だった眞鍋さん、花束贈呈で

デムーロ騎手を表彰した2年前の朝日杯、

思い出したのかな?

 

1212161_022_01
  

眞鍋さんがCMしてるこのJRA-VANの新サービス

マジで凄いと思う。

調教から当日のパドックまで動画で見られるのだから

「競馬BEAT」で見方のポイントを勉強しておけば

相当役に立つだろう。

 

1209291_005_01

 

9月には「みしらん」にも登場するようになった眞鍋さん。

試食色々の番組だけど、

「食べ過ぎてお腹痛い」が多かった眞鍋さん、

7月には胃弱克服の嬉しい報告があった。

漢方にもちょっと詳しくなった気配。

 

格闘技の方はどうなったか分からないけど(時間なさそう)

街乗り用お手軽ビアンキバイクを購入した

と言ってたのは4月。

適度な運動は必要だしね。

運動して体重は少し増やしましょう。

 

 

てなことで、どんな続きがあるかは眞鍋さん次第。

きっと間違いない余白からもはみ出すほどの

溢れんばかりの充実を!

 

| | コメント (0)

2012年12月30日 (日)

眞鍋さん、からっと爽やか癒し系からエレガントな癒し系に?

 

今年は仕事も遊びも充実していたという眞鍋かをりさん。

本厄もなんのその、無事に乗り切ったそうな。

今日のラジオ「女子とオヤジのはしご酒」で言っていた。

経験した時間が一番多く積み重なった「今」が最高なはず

昨日更新されたOfficialBlogでも、そう書いている。

 

冷凍庫から出した食べかけアイス、

ヨーグルトを食べてる間に忘れてドロドロになってしまった

と、例によっての忘れ物エピソードもオチとしてあったので

眞鍋さんが覚えているかどうか分からないけど、

今年の抱負を「本当にやりたいことが何かを追求する」こと

と言っていた。

見つかったのかな?

 

それはともかく、アイスが溶けた話、ラジオで一緒だった

大島麻衣さんも似たようなエピソードを語っていた。

お酒を飲んでのことらしいからちょっと違うけど。

それに、眞鍋さんみたいに一人でバーには行かないらしい。

バッグの中で焼肉屋の生椎茸が干し椎茸になってる

なんてこともないかもしれない。

 

「妄想は自由ですから」と眞鍋さん、

モナコの王子をそれとは知らずに道案内、

後日、テレビで眞鍋さんを視た王子が「探せっ!」と配下に命じ

なんと眞鍋さんが王妃になるという1950年代のハリウッドで

映画、実話どちらもあったような話。

 

そうなると「ヨッシャーッ!」とノリノリで飲む訳にもいかんと

いうことか、来年は「エレガントな大人の女」になりたいとな。

相手の話を否定せず聞いてあげてって

おいおい、エライ具体的ではないか。

でも、前にも聴いたような。

 

眞鍋さんの目指す「癒し系」がどんなのかまだ分からないけど

単に技術的な課題なのではないかという気がする。

元来、真心いっぱいの眞鍋さんだし。

今が最高である為には自分と周囲が安全で健康であること

ってブログにも書いている。

「それを脅かされている人達がたくさんいらっしゃる」と

広い視野も持っている。

 

仮設住宅で年を越す方も大ぜいおられるし、

何の不手際か暖房器具が行き渡っていない所があるらしい。

福島第一原発からは今日も毎時1000億ベクレルを放出中。

いつもいつも眉間に皺を寄せてる訳にもいかないが、

決して忘れてはならないことである。

 

仕事納めを済ませたという眞鍋さん、

今年の正月は家族旅行だったけど、

来年はどうするのかな?

 

 

| | コメント (0)

2012年12月29日 (土)

無事に大人になった眞鍋さんのひょうきん烈伝

 

1212251_021_01

 

デカい鉛筆持って楽しそうな眞鍋かをりさん。

火曜日の放送だったのだけど眞鍋さんも楽しかったし、

「ありえない映像烈伝9」も残しておこうかな。

 

スキーのジャンプ台みたいなところから

オッサンが体一つで滑って水の上の的に落ちるという

だからどうした的実験映像。

「成功した時はオオッ!って思ったけど」と眞鍋さん、

 

1212251_005_01
  

「よく考えてみたら」と一言。

 

この伝説バスターズ、当方、CSでたまに視る。

先日は忍者の検証とかで水蜘蛛をやってたけど、

使い方が違うんだなぁ ・ ・ ・ 

日本でも間違えることが多いのだが、

アレは両足に履くのではなく、浮き輪みたいに中に乗るのだ。

 

1212251_012_01

 

眞鍋さんが「カッコいい!」と惚れ込んだのは

SWATのスナイパー。

犯人が持っている拳銃だけを撃ち落とすという

映画的任務を成功させたアレ。

 

実行した当時も見た映像だが、スナイパーのオッサン、

すっかり爺さんになっている。

これはバスターズも真っ青、本物の伝説爺さん。

 

精密射撃なんてエアライフルで一度やったきりだが、

空気銃といってもバカにはできない。

的が小さいので中心も糞もない、

全部まとめてただの点である。

 

40的ほど撃って平均8.5点にまとめたら

射場の親父に日曜の大会に出てくれと誘われた。

勿論、断った。

ベンチレストで撃ったし。

競技の三点姿勢だったら半分も当たらない自信がある。

ふっふっふ ・ ・ ・

 

1212251_035_01

 

さて、サンドアートでガキ・・・いや、お子さんの

夢を実現するオッサンもいる。

いろんなオッサンがいるもんだ。

 

「あんな風に夢を実現してくれたら、

将来、絶対なってやろうって思いますよね」

眞鍋さん、取り敢えず教科書的コメント。

しかし、子供の頃の夢は?と問われると

 

1212251_026_01

 

ひょうきんフェイスで爆笑。

いやぁ、笑いの分かる大人になれて

ホント良かったです眞鍋さん。

 

| | コメント (2)

2012年12月28日 (金)

左耳で聴く眞鍋さんは騙されない?裏拳炸裂かLOVE VICTORY

 

1212262_005_01

 

いきなり後ろから抱きつかれたら「裏拳ですよ」の眞鍋かをりさん

オオッ!鼻の頭か人中に打ち込んだれっ!

という話ではなく、恋愛テクニックの「V6 LOVE VICTORY」。

右耳に囁くのがコツで

左耳から入る言葉は批判的に受け止めるってホンマかいっ!

 

ちなみに眞鍋さん、電話は左耳らしい。

新聞記者もたいてい左だ。

右手でメモ取らないといけないし。

う~ん、本当かなぁ。

 

1212262_015_01

 

美脚な眞鍋さん、改めて思うのは

スカートの丈が短いことではなくて、手足の長さ。

普通、降ろした手の先はもうちょっと上にあるはず。

これ、自分のスタジオを持っていた時、

モデルさんで何度も実験した。

 

訳の分からない話はともかく、

「気が強いって言われませんか?」

思わないなぁ、サバサバしてるけど気遣い細やかだし。

でも「誤解されやすいのでは?」と言われて

「そーなんですよぉ」

 

なんでだろ?ストレートで開けすけで

誤解の余地なんてなさそうな気がするけど ・ ・ ・

いかにもいい人でしょアピールになりそうなことは

笑いにくるんでしまったりするけど

ほっこり暖かな真心は隠しようがないと思う。

 

1212262_010_01
  

でも、問題はそこではなく、会話中のドリンクの位置関係。

心を許していないとドリンクの位置を遠ざけるのだとか。

それ大当たりの眞鍋さん、驚きの表情。

なんやねんこいつ、ずけずけと人の心に踏み込んでくるなや

とは言っていなかったけど

当たらずとも遠からずの心境だったらしい。

左耳で聴いていたか。

 

1212262_020_01

 

さて、自己評価以上の相手は見つからないよの話。

自己評価70点、相手に求める理想は95点の眞鍋さん。

でも、人と比べて妬んだりしない眞鍋さん

自分が充実していると思ったら自己評価は高くなる

ってのは「たかじんNOマネー」で明らかになったこと。

ホントの自己評価は95点なのかもしれないよ。

 

 

 

ところで、意味はちょっと違うかもしれないが

相手の言ったことを繰り返すとか

共通の敵を作るとかは新聞記者もよく使う。

 

話をちゃんと聞いてるぞアピールの時もあれば、

ポイント部分に念押しを入れる場合、あるいは

表現が適切でないので、それとなく訂正を促す場合。

逆に失言しやがったざまみろって時は

わざと念押しせずに別の話題に振って忘れさせ、

後で失言部分を見出しにしたりする悪い奴もいる。

御注意を。

 

相手が何かに批判的な場合、こちらから振ってやると

そーなんだよと勢いづいて喋り出すのは一種の「共通の敵」。

ただし、わざと乗せて失言を引っ張り出そうとする奴もいる。

味方と見せて実は敵、

これは身内にもいたりするから厄介だ。

 

「後ろから抱きついて右耳に囁く人には気をつける」

という眞鍋さん、こっちにも気をつけてね。

でも、大丈夫そう。

結局、全部左耳で聴いてたみたいだから。

 

| | コメント (0)

2012年12月27日 (木)

久し振りに廻ったよと楽しげ眞鍋さんのタイムショック

 

いや~今年の冬はなかなかきつい。

寒けりゃセーターでも着ろよって思うのだが、

なんせ筋肉が消滅してゆく奇病持ち。

冬服は重くて持ち上げるにも難儀する。

灯油は危ないので暖房はエアコン主体だが、

阪神淡路の震災後遺症で隙間風吹くボロ屋

10.5畳に8畳用ではちと不十分。

 

そんなこんなで眞鍋かをりさん出演番組、

記事にしないまま4本も溜まってしまったが、

取り敢えず昨日のタイムショック。

 

1212261_036_01

 

廻る気満々だったのに準優勝してしまった09年

途中から滅茶苦茶緊張してしまった眞鍋さん。

今回は、廻る気満々って訳ではなさそうだけど

随分肩の力が抜けた感じ。

 

1212261_022_01
  

一発目は難なくクリア。

リラックスの裏返し的に

「何それ?エーッ!」って賑やかだったけど

始まれば落ち着いた。

 

間違えたタコライスは沖縄だそうだが、

タコ飯は兵庫県の明石が有名。

関係ないけど。

 

1212261_041_01  

 

ロザン・宇治原君への挑戦権をかけた予選は

オリラジ・中田某と同点決勝。

早押しは苦手…のはずだったのに連続正解で完封。

 

これはどうしたことか、肩の力が抜けたら実は早いのか。

まぁシャルル・ド・ゴール空港なら

2010年の正月に利用してるはずだしね。

 

1212261_042_01  

 

しかし、宇治原君との闘いでは、

いきなりシートン動物記が出てこなくて躓いた。

08年以来、久し振りのトルネード。

でも、なんか楽しそう。

 

中田某からよく分からない突っ込みが入って

「あっちゃんのトルネード凄いですね」って

よく分からないままお返し。

そして宇治原君はパーフェクト。

 

1212261_047_01
  

拍手で讃える眞鍋さん、

「ここまでやってくれると気持ちいいですね」

 

この後の決勝でもハードルが一問上がっただけで

皆さんくるくるとトルネード連発。

しかし、クイズ王は独り連続パーフェクト。

さすが本気でクイズやってるだけの事はある。

 

1212261_016_01_2  

 

最初は仲良く並んでいた眞鍋さんと宇治原君。

わざと嫌みたっぷりに自慢して

ホントに嫌味に見える人もいれば

笑えるけど爽やかな人もいる。

宇治原君は後の方。

 

って感じで以前からロザン贔屓の当方、

宇治原君優勝はしてやったり。

決勝ステージでの連続パーフェクトには

眞鍋さんも小躍りしてた。

 

決勝ラウンドには残れなかったけど

楽しけりゃいいさ。

 

| | コメント (2)

2012年12月26日 (水)

イヴに何食った論戦かまびすしくの「ゴールデンラジオ」

 

クリスマスの眞鍋かをりさん、愛犬うめがサンタ服

うめはプレゼント貰う立場ではないかとも思うが、

まぁ気分だ。

昨日の「大竹まことゴールデンラジオ」でのお話。

 

20121225

 

ってことでマッチ売りの少女的眞鍋さん。

ブログでもお披露目していたショートヘア

実はパーマとカラーを同時にやって痛んでしまったのだとか。

 

「失敗?」ってデブ男爵、否、髭男爵何を言うか。

そんなこと言ってるからイヴの晩飯が素麺と牛蒡なのだ。

その点、さすがは大御所・大竹まこと翁、

ケーキに干物と野菜炒めだったというではないか。

各が違うぜフッフッフッ・・・。

ちなみに「干物のしっぽにクリスマスのリボン付いてましたか?」

という眞鍋さんの問いには、力強く否定した大竹翁であった。

 

眞鍋さんちでは母上がローストチキンかなんかを焼き

眞鍋さんがウニのアメリケーヌソースを作ったりしたそうな。

それを「田舎者」とはデブ男爵、何を言うか。

真冬に冷やソーメン食ってる奴に言われたかないぞ。

 

とかなんとか言って、髭男爵も良く眞鍋さんに振ってくれる。

眞鍋さんが面白いからだろうから、

もっとポンポン返してイイかも。

既にかなりやってるけどね。

 

でも眞鍋さん、ゴールデンラジオのスタジオにも

ケーキの差し入れをしたらしい。

サプライズではないけど人を喜ばすこと大好き眞鍋さん。

忘れなくて良かったね。

 

 

ネット選挙解禁の話が出たけど、

選挙が始まると何もできないというのはそもそも

かつての野党、社会、公明、共産などはいずれも動員力があり、

街頭宣伝や全戸配布ビラなどやられると自民が不利だったから

反論ビラの全戸配布ができないってのは金の問題ではない。

 

その点、ネットなら反論できる。

デマ流したりホントのことをデマと言ったりとかは

ネット界では今回の選挙でもやってたし、

候補者が公式に語った方がイイに決まってる。

「公平かもしれないですね」という

眞鍋さんの意見が正しいと思う。

 

| | コメント (0)

2012年12月25日 (火)

有馬終わって振り返る今年のGⅠ

 

杉崎美香りん姐さんが来てくれたお陰で

久し振りに競馬に入れ込んだ一年も

先日の有馬記念で終わり。

それも掉尾を飾るにふさわしい一戦。

それまでも強かったタフネス金船ゴールドシップだが

「マジで強い」と実感したのは実はこれが初めてだった。

 

マイペースで走り、そのままゴールしてしまうので

派手さがなかったからだが、あのメンツの中でもマイペース、

同じ勝ち方ができるのだから、これは本物と認めるしかない。

マイペースで戦えないのが最強ナイトのルーラーシップ。

スタートと同時にゲートの中でまさかのキャパリーノランパンテ、

フェラーリの紋章状態だが、

馬上槍試合と間違えたかルーラー卿。

だが、走り去る敵の背中を威嚇しても、相手はビビらない。

見えてないし。

 

天皇賞にJCと、いずれも後方から

すさまじい追い上げを見せたルーラー卿だが、

結果的にそうなってしまっただけで

本来の戦い方ではないのではないか。

香港でのQEⅡ杯や宝塚記念のように

前方占位から追跡無用の猛スパートをかけるのが

勝ちパターンのような気がするのだが、いかんせん

ゲートが最大のライバルではいかんともし難し。

 

その点、タフネス金船は無尽蔵のスタミナがあるので

スタートでいい位置が取れなくても、まぁいいやと様子見。

ペースを見て、さてこの辺でと勝てる位置に上げてゆく。

有馬記念では残り700mからのロングスパートだった。

無駄に体力を浪費したルーラー卿は

これを差し切るには至らず、もはや定位置と化した三着。

 

ダービーでは5、6番手キープで

速いペースに流されてしまったタフネス金船。

上がり勝負となって三位にポジションを上げたものの

スピード勝負に強いフェノーメノにかわされ、五着。

やっぱマイペースでいかなあかんわと

戦い方を変えたのが秋以降のレースだったような。

 

ダービーで鼻差の二着まで追い上げたフェノーメノは、

秋の天皇賞でも二着と惜しい勝負をする。

タフガイと同じ三歳馬。

台風の目になりそう。

 

1212231_007_01  

 

ってなことで、盛りヘアー美香りん姐さんの「競馬BEAT」

ファンの選ぶGⅠベストバウトは画像の通り。

やっぱオルフェーヴルのファンが多いのか

マイルCS以外の全てがオルフェーヴル絡み。

 

だが、新しいスターが誕生したのも今年の特徴。

来年はジェンティルドンナとゴールドシップ、

そしてオルフェーヴルが話題の中心になるだろう。

ってことでこの三頭のベストバウトを挙げると、

 

勝ってれば凱旋門賞だけど逃したし、次もあるので

オルフェーヴルは復活の狼煙を上げた宝塚記念。

ジェンティルドンナは「マジ速い」を

これでもかと見せつけたオークスもあるけど、

レースとして見ると、

打倒女王に秘術を尽くした戦いとなった秋華賞の激戦か。

ゴールドシップは文句なしに有馬記念。

 

で、一番のレースといえば、やはりキングとクイーンが

ガチンコで文字通り雌雄を争ったJC。

あとひとつは去りゆく者に敬意を表し、

ディープブリランテ最初で最後のGⅠタイトル

日本ダービーを挙げたいと思う。

 

さて来年、あの三頭が相まみえる機会はあるのだろうか?

それに何より「競馬BEAT」、

来年も美香りん姐さんにやって欲しいなぁ。

楽しい中にもピシッと一本筋を通す

美香りん姐さんのそこが素晴らしいし。

 

| | コメント (0)

2012年12月24日 (月)

鬼が笑うか年の瀬眞鍋さん

 

完璧に準備したつもりが大事なことをころりと忘れている

っていう眞鍋かをりさんの自分話によく出てくるアレ、

またやってしまったらしい。

 

更新された眞鍋さんのOfficialBlogに出てきた逸話。 

海外旅行に飛びまわっているという話を聞いた時

一番心配したのはこの癖だった。

出発前に、せめて空港くらいで気付けば何とかなるけど、

海外に飛び出してから「アレッ!」ってなったら大変だぞ

なんて気になったものだけど、

大丈夫だったらしいのでほっとしてたらやっぱし・・・。

 

でも、何かのチケットとかではなくて差し入れのケーキ。

それも都内のことだからまぁいいか。

それよか、来るたびに差し入れもらえる美容室の面々、

なんだなんだの役得だね。

 

これは役得といっていいのかどうなのか

年賀状も無事完成した模様。

写真で見ると100枚はありそう。

最初は東京のイベントに住所入りレターを持ってきた人限定の

それもサプライズだった。

 

眞鍋さん、この手のサプライズが好き。

当方もビックリさせられたことがあるけど、

人を喜ばせること限定のサプライズ。

目じりを下げてニッコニコしてる眞鍋さんの顔が浮かぶ。

 

サプライズ年賀状は20通くらいだったらしいけど、

その翌年にブログで宣言して、増えたのは間違いないだろう。

最初のサプライズを逸した当方の手元には三通ある。

ってことはこれで5回目。

ハードルが低かったので最多になってしまったらしい。

それでも送りたかった眞鍋さんの気持ち、

眞鍋さんが込めたという「気」以上に嬉しい。

 

だがさて、郵便ポストに玄関から手が届きそうで届かない我が家。

玄関先には段差が二段。

危険なので郵便物はヘルパーさん任せ。

三日にならないと誰も来ないなぁ・・・・

といって実は眞鍋さん、コロッと忘れてたりして。

まぁそれも年忘れの初笑い。

 

| | コメント (0)

2012年12月23日 (日)

昔もあったけど今もそこにあるデマと詐欺色々の「マネー」

 

1212221_003_01

 

「たかじんNOマネー」もめでたく100回到達!

ということで、驚き詐欺事件の世界アッパレ事件簿。

100回記念になんでこの企画だと青山繁晴さん。

まぁマネーに詐欺はつきものということで。

 

1212221_023_01

 

さっそく出ましたゲストの山口敏太郎さん

「何ですかそれ!凄い興味ある」

眞鍋かをりさんが食いついたのは

アメリカで流行りのスレンダーマン。

 

「身長が180㎝から3mで・・・」

「ちょっと待って下さい」と眞鍋さん

「差があり過ぎるでしょう」

そりゃそうだということで議事進行。

 

1212221_028_01
  

ケニー・ダンカンなんて三流役者がハリウッドスターとして来日、

パレードしたり映画に出たり大評判をとったことがあったそうな。

負けてないぞとたけし軍団、

偽ドリフターズとして台湾興行やってた人が

誰だか知らないがいたらしい。

 

1212221_033_01

 

K-1に出ていた大男がパッとしないフットボール選手で

格闘家でなかったことは知られているけど、

今、韓国で催眠術師やってるとは知らなんだ。

日本で稼げなくなると韓国に行くのがパターンらしい。

あらま、へ~っと眞鍋さん、唖然。

 

1212221_036_01  

 

有栖川家を僭称した詐欺事件に

芸能人が大勢引っかかったのは記憶に新しいけど

 

かつて眞鍋さんの家に

「実は天皇家とつながりがあって」

とする文書がポスティングされ「一族騒然となった」とか。

須田慎一郎さんによれば系図詐欺だそうな。

 

眞鍋さん、5~6年ほど前に系図を作ったって言ってたけど、

この教訓を踏まえてのことだったのかな?

 

1212221_048_01

 

イランの米大使館人質事件で、こっそり逃げ出して

市中にかくまわれている大使館員を

映画の撮影隊と称して救出したというのは実話。

「アルゴ」ってタイトルで映画にもなってるそうで

眞鍋さん「観た~い」連発。

 

水道橋博士さん、絶賛はするものの、

やっぱり自画自賛アメリカ=善の勧善懲悪らしく

イラン人が見たら「ワシらはそこまでアホやない」

と言いそうなもののようだ。

 

アメリカ映画はアメリカの宣伝だしねという話から

D.スぺクターさんの謀略話まで出たけど、

「裏を知られているからこの番組ではおとなしいのだ」

ってホントかいっ!

 

1212221_056_01

 

眞鍋さん、一番受けていたのが

動物インチキ学説の中の鼻歩き動物がいるぞ本。

 

「でも中身が」と眞鍋さん、

鼻歩き動物授乳の図を見せて

「こんなの信じます?」  

「僕なら信じちゃうな」と青山さん

「(逆立ちで授乳するの)大変だなぁって」

 

定期的にこーゆーのは出るようで、

山口敏太郎さんの口から出たスカイフィッシュは

当方も覚えている。

画像がぶれてるだけで、高速シャッターで撮ればただの虫。

映像いじってる人なら誰でも気付くし、テレビ局のスタッフも

気付いていなかったはずはないのに、何度もやってたよな。

 

1212221_064_01

 

そういえばこれもあった、水というか氷の結晶が変わるという話。

眞鍋さん、まだ信じていたらしい。

音楽だったら波長や響きが影響を与えるかなと思うけど、

優しい言葉とか言われるとね。

でも眞鍋さん、結構周囲に手が伸びていたんだね。

 

1212221_075_01
  

選ばれた人だけを火星に移住させる計画が進行中

という英国テレビ局のエイプリルフール企画を

日テレがエイプリルの注釈抜きで放送したことがあったそうな。

UFOといえばのあの人がわざとそうした。

「エイプリル企画というのは隠蔽工作に違いない」

自分がそう信じるのは勝手だけど

視聴者に押し付けちゃダメでしょ。

 

1212221_050_01

 

てなことで今年はこれでおしまい。

次回この企画の時は

「D.スぺクターさんのCIA疑惑と

エスパー伊藤さんの年収についてやりましょう」

眞鍋さんの「予告」で番組収め。

次回放送は1月5日だ。

 

| | コメント (0)

2012年12月21日 (金)

車で分かる誠実さとは?の眞鍋さんのイベント話

 

昨日は横浜でイベントだった眞鍋かをりさん、

鈴木おさむさんのブログに告知があったのだけど、

前日ではね。

当日の様子については日テレnews24とか

もういっちょ日テレ芸能ニュースとかで垣間見える。

 

車を持ってないイケメンと車を持ってるイケメンじゃない奴

の対決らしいけど、都会にいたら車要らないしな。

車運転して渋滞に飛び込んでも楽しくないし。

だからといって田舎にばかり行っててもどうなのか。

車に入れ込む男は車が恋人だから

同乗者より車が大事で自慢しようとする。

でも、本人が「凄いだろ」と思ってるほどには

同乗者は感動していない。

 

でも、この企画で用意された車は日産NOTE。

1tちょっとの車重に109PSならやっぱ5MTでしょう。

といってぶっ飛ばす訳ではない。

タイヤが185/65だから滑らかな運転で。

コップの水がこぼれないくらいのレベルだ。

田舎のワインディングではさり気なくヒール&トゥ、

シフトショックゼロのシフトダウンを決めてすーっと加速。

熟練したマニュアルレイバーはトルコンATに勝る。

 

運転には同乗者への思いやりが表れる。

移動時間がそこそこ長ければ、

同乗者にも伝わるはずだが ・ ・ ・ 

なんだなんだ、イケメンの勝ちか。

自動車会社のイベントなのに。

イケメンじゃない奴、運転が下手だったのか?

 

眞鍋さんによると、相手の女の子が若過ぎたのだとか。

眞鍋さん位の大人の女性になると

「心のつながりを求めるようになる」から

「君の誠実さも良く分かる」のだという。

だとしたら

運転で誠実さを推し量る選手権なんてのもあっていい

と思うがどーだろう?

 

更新された眞鍋さんのOfficialBlogでは、

意外なお友達におめでたい話が連続している

ってあったけど、

車の運転で相手を見極めるってのも大いにありだと思う。

車を運転させると本性が分かる。

これホント。

 

 

モロゾフのプリンは残念だったけど、

あのカップは色々使い道があるし、

イイとしましょうね。

 

| | コメント (2)

2012年12月20日 (木)

牧場の眞鍋さん再び

 

1212161_010_01
   

牧場の眞鍋かをりさん。

笑顔で語りかけているのは引退した競争馬のハナコ。

そんなシンプルな名前の馬いたっけ、って話ではなくて

JRA-VANのHPでも公開されているCM。

 

このパドック篇は「競馬BEAT」では流れていなかったのだけど

先週、初めて放送中に流れたのでピックアップ。

なんせハナコの子供がデビュー戦を迎えるというのだ。

「パドックで応援したかったね~」と眞鍋さん。

 

1212161_016_01

 

「そうだ、視られるよ!」

スマホを手に気付く眞鍋さん、という例のパターン。

この時スマホに角砂糖を忍ばせてハナコを誘導している。

嗅覚鋭いはらぺこハナコとの演技。

 

しかし、スマホでパドック映像まで視られるってのは

確かに凄い。

鈴木由希子師匠ほどの眼力はなくとも、

パドックで明らかに調子の良しあしが分かる馬もいる。

 

1212161_022_01

 

ラストの「パソコンでもっ!」も衣装が違うのでふた通り。

でも、眞鍋スマイルは同じ。

 

ストレートロングの期間は短かったけど、

牧場というシチュエーションにはこちらの方がよく似合う。

街に出てヘアサロンで、なんて牧場やってたら

そう頻繁にできることじゃないだろうしね。

 

| | コメント (0)

2012年12月19日 (水)

ナニな話にも乗るけどナニな局にも出れます眞鍋さん

 

今朝(昨日)は6時に起きたという大竹まことさん、

毎日だろうと眞鍋かをりさん

「バカ言うんじゃない!」

激高する大竹さんに

「4時か5時だと思ってた」

眞鍋さんの追い打ち

 

20121218
  

大竹翁弄りがすっかり定番になった感じの

「大竹まことゴールデンラジオ」の眞鍋さん。

確かに、スタジオでも一人だけ厚着な大竹翁。

ミニスカ美脚な眞鍋さんは対照的。

 

何とかマッサージの話題で盛り上がったのだけど

ん~意味分かんない。

ローション泡立てるってなんだ?

眞鍋さんが話に乗っかって泡立て仕草をするもんで

「あなたは止める立場でしょ?」

「NHK出られないだろう」

なんて言われてたから風俗系か。

でも眞鍋さん、月曜にNHKの収録があったらしい。

 

眞鍋さんが出演してた「池上彰の総選挙ライブ」

ネットでもちょっとした話題だけど

大竹翁の耳にも入ったらしい。

「凄かったです。飛ばしてましたね」と眞鍋さん。

暴走老人に面と向かって暴走老人って言ったのは

まぁ池上さんくらいか。

 

山口一臣さんは自民大勝による改憲話。

「自民に投票した人は自覚してないかもしれない」

ってのはその通りだ。

MBSがやってた自民に投票した30~40代へのアンケート

原発反対が70%超、改憲賛成は30%くらいだった。

みんなの党、維新の会と改憲で連携するという話は

既に安倍さん自身が表明してる。

麻生さんが参院選後にしろって言ってるみたいだけどね。

 

ちょっと気になったのはゲストの古市憲寿という人。

よく知らないので申し訳ないのだが、

大竹翁がえらく批判的に面と向かって仰っていた。

クールな今時の若者代表的なポジションらしい。

 

でも、誰が政治やったって大して変わらないよ

みたいなこと言ってシニカルを気取る奴は昔からいる。

自分の周囲が大して変ってないというだけで

実際は目まぐるしく変わっている。

小泉政権時代、調度入退院を繰り返していたこともあって、

当方などふと我に帰ったら浦島太郎の気分だった。

 

何を見るかだけの違いで

世代間の問題じゃないような気もするのだがどうだろう?

眞鍋さんが言っていた

ドラゴンボールとワンピースの世代間問題

もうちょっと詳しく聴いてみたかった。

 

| | コメント (0)

2012年12月18日 (火)

さり気なく核心を突く選挙特番の眞鍋さん

 

一昨日の総選挙開票日、

「池上彰の総選挙ライブ」に出演した眞鍋かをりさん。

物知り顔は決してしない眞鍋さんだけど、

実はよく知ってることがよく分かる。

 

安倍さんに訊いてみたいこととして「デフレ脱却」と

ズバリ確信を突いた質問を挙げたのがそれ。

 

「景気が回復してから増税ということだけど、

景気が回復したと実感が湧かないのに

数字だけで回復したと言われたら困る」

 

消費税増税法案の景気条項を踏まえた発言。

まさに肝である。

 

1212162_003_01

 

池上さんがインフレ率2%でデフレ脱却と言っている

と安倍さんの代わりに説明したのだが

「景気が回復したという実感」の説明が抜けている。

 

2%のインフレだけなら単なる物価上昇で家計を圧迫する。

3%の成長率を達成して

所得が物価上昇以上に増えることが条件だ。

「数字だけで」と眞鍋さんが言うように、

小泉政権下の「実感なき景気回復」では、

一部企業の業績は上がったが賃金は下がり続けた。

 

同じことが起こったら内需はさらに冷え込み、

そこに消費増税などやられたら

税収だって上がらない。

法人税は増えるはずだが、

自民は法人減税って言ってるしね。

 

1212162_028_01

 

だがそこに、藤井裕久元財務大臣がゲストに加わって

話が違う方向に。

 

金融政策だけではダメだ、必ずインフレになる。

供給過剰需要不足がデフレの原因なのだから

需要を増やせというのだが

 

金融緩和さえやれば資金需要が民間企業に生まれ、

投資が起こって需要が拡大する、というのは

みんなの党や維新の会の考え方、

いわゆる新自由主義であって、

藤井聡教授ら安倍さんのブレーンの考えではない。

 

金融緩和ならずっとやってるけど

民間の投資意欲は低調で需要不足は改善されていない。

だから公共投資により政府主導で需要を作るのだ

というのが藤井教授らの考えで、

安倍さんはそれに乗ったのだ。

 

中川秀直元幹事長が「インフレは日銀が調整できる」

と言ったのは、日銀が市中から国債を買い上げて

その分だけ貨幣供給量を増やし、

インフレが進み過ぎるようなら市中に国債を売却して

貨幣を回収するという意味だ。

 

インフレ率を超える需要創出ができるかどうかがカギで、

造ったはいいが誰も利用しない施設ばかり。

維持費だけで赤字が累積するなんてことになったら

意味がない。

持続的成長が可能な産業振興策でなければならない。

 

1212162_033_01

 

石破さんに対して

「国軍化と言われると怖い気もする」

と質問した眞鍋さん。

 

ここで石破さん重大発言。

北朝鮮がアメリカまで届くミサイルを持ったら

それを日本が撃墜する能力を持つことが抑止力だ、と。

街頭演説でも言っていたらしいが

電波に乗ったのは初めてか。

 

アメリカが第三国と戦争状態に入ったら

日本は自分への攻撃がなかったとしても

ただちに参戦するということになるので

憲法と安保条約を変えることが前提になる。

 

日本を射程に収めた弾道弾なら

中国もロシアも北朝鮮も既に持っているのだが、

何故アメリカまで届くミサイルをことさら取り上げたのか

ちょっとした議論にはなるかもしれない。

 

1212162_043_01
  

自民大勝とはいっても

大敗した前回選挙より得票を減らしていて

得票率は30%に満たない。

安倍さんの発言が慎重になるのも当然だ。

30%の票で80%の議席が取れるのだから、

来年の参院選で逆のことが起こりかねない。

 

「今度だけは」という気持ちがあるので

ちゃんとやって欲しいと眞鍋さん。

どーも選挙前ではなく選挙後に選択があるのが

最近の選挙みたいな気がする。

 

自民ダメだ、で民主大勝、

民主もちょっとな、で参院選自民勝利、

やっぱダメだ、で民主大敗 ・ ・ ・ 

投票する前に、もちっと考えようぜ

が率直な感想だ。

 

| | コメント (2)

2012年12月17日 (月)

デムーロ騎手と眞鍋さん三度の朝日杯

 

ヤヤヤのやっ!なんということか

ミルコ・デムーロジョッキー、朝日杯を制す!

眞鍋かをりさんがイベント出演した2年前の朝日杯、

ミルコはん騎乗のグランプリボスが勝ったから、

再び眞鍋さんが行く今年も勝つかもね

な~んてテキトーな記事を書いたら

本当になってもうたがなしかし。

 

しかもである。

眞鍋さんもミルコはん騎乗のロゴタイプ

馬券を買っていたらしいのだ。

 

T1212161

 

やったではないか。

馬単の14-5、払い戻しは7770円と

これまたラッキーな七並び。

 

眞鍋さん、今年、デムーロ騎手への花束贈呈は

天皇賞に次いで二度目。

朝日杯でのデムーロ騎手表彰も

二年前に次いで二度目。

これも二度あることは三度ある、の内に入るのか?

よく分からんが入るとしよう。

 

なんやかやと動きの激しいレースだったけど、

惑わされずにペースを保ったデムーロはんの手綱さばき。

圧倒的一番人気のコディーノに競り勝った。

ハイペースだったので最初の位置取りが良かった

ってのもあるけど、コディーノはポジションを変えようとして

バテてしまったらしい。

 

1212161_024_01

 

「競馬BEAT」のスタジオも、なんじゃこりゃあの大騒ぎ。

ロゴタイプって名前も変だけど、事前予想に

ロゴタイプのロの字も出てなかったしね。

恐るべしミルコのハイキック・・・じゃなくて

騎乗っぷり。

 

杉崎美香りん姐さん、やっぱし寛平さんが

オモロくて仕方ないらしい。

姐さん懸命の励ましにも関わらず、本日も全敗の師匠。

逆に美香りん姐さんは生きいき。

 

そんなこんなで次週はとうとう有馬記念。

ありまぁ

 ・ ・ ・ ・ 

え~と、今年も終わりという感じだが、

スタミナに課題の残ったコディーノとは対照的に、

スタミナといえばこいつ、

タフネス金船ゴールドシップが出陣する。

 

迎え撃つはエイシンフラッシュとデムーロはんの天皇賞コンビ。

そして、最強の騎士サー・ランスロット!てかルーラーシップ。

本気を出せばアーサー王より強いランスロット卿、

これは手強い。

 

ランスロット卿と引き分けたテダレといえば

白鳥の騎士ローエングリン。

ムッ!ローエングリンといえばロゴタイプの親父ではないか。

ってことはロゴを勝利に導いたデムーロはん、

またも勝ちを手繰り寄せるのか。

 

とかなんとかアホなこと言ってると一週間経ってしまうので

今日のところはこの辺で。

 

| | コメント (2)

2012年12月16日 (日)

なに言ってもイイことないよと眞鍋さん、マネー続編はメディア論

 

さて今回の「たかじんNOマネー」、最大のテーマはメディア論。

今回の選挙、党が多過ぎてやり難い

って話は色んなとこから流れてきたが

それなりに苦労しているらしい。

 

1212161_002_01
  

横並び並列にしか報道できないのは

「問題を掘り下げ、突っ込まないからだ」とは

東京新聞・中日新聞の長谷川幸洋論説副主幹。

でも、田原総一朗さんは「何言ったっていい」

「謝る為にプロデューサーいるんだから」

ふむふむ・・・エッ!

 

1212161_008_01
  

はっと気付いた眞鍋かをりさん、

「今日はダメですよ!」

 

説明省略で結論のみをぽんと叩きつける田原さんに、

田原総一朗研究家の水道橋博士さん

説明に入ることしばしば。

田原さんやたかじんさんのように

「暴走する人」がいないと無難にまとまってしまうのだ

という説は一理ある。

 

思うに、テレビは簡単にチャンネル替えられるけど

新聞は全紙個人で購読すると金がかかってとんでもない。

なのにテレビの方が公平性の規制が厳しいってどーよ。

自由読売新報とか安保産経とか日本経団連新聞に

名前変えてくれればいいのにね。

(特に左派系とも思えない朝日毎日はいい名前が思い付かない)

 

1212161_017_01  

 

よく聞く圧力もホントにあるらしい。

田原さんの番組で「5分しか出演できなかった」

という須田慎一郎さんに

「須田さんにはあまり喋らせるなと某金融会社が言ってきた」

田原さん、あっさり暴露。

 

「人権は守るべき」という青山繁晴さん、

例外は権力を相手にする時だけだというのだが、

長谷川さんによると一番人権が守られているのは官僚とか。

「人権は力なき人々のものだ」と語気を強める青山さん、

超正論。

そういえばTPP推進官僚・宗○氏、

一般マスコミには全く名前出てこないね。

    
  

 

 

「原発問題でまともに答えられる党はひとつもない」

と、田原氏は断言しておられたが

これは当たり前である。

 

放射性廃棄物の最終処分場一つとっても

30年以上先送りにしてきたのだ。

先送りにされてきた課題山積みの上、

解決策の一つになるかもしれなかった核燃料サイクルは失敗。

30年かけて出来なかった妙案がポンッと出てくる訳がない。

 

放射性廃棄物の問題は原発を続けるにしても止めるにしても

避けられない課題で「脱原発」の為だけの課題ではない。

まず答えを出すべきは

先送りを続けるのかきちんと考えるかではあるまいか。

 

 

 

てなことで眞鍋さん、立ち上がる青山さんをまぁまぁと静めたり

予想を上回る大変な展開になったけどCMにも無理なく誘導、

頑張ったんじゃないでしょうか。

てか、あそこまでできたら上出来だっせ。

生放送の後もたっぷり溜め録りしたみたいで

お疲れ様でした。

 

| | コメント (2)

NOマネー外伝的憲法の話

 

「たかじんNOマネー」生放送は

先週の続きにもなった憲法論議。

選挙中ということで具体的にどこのアレが

とは触れられないこともあって、

前提省略的分かり難さは仕方ないか。

 

例えば、青山繁晴さんは

戦争をしたいと言ってる訳ではないのだが

それは青山さんの日頃の主張を知っているから分かることで

今回の放送だけ視たのでは分からない。

当ブログが補足するにしても間違えたら大変だし、

スルーしようかとも思ったが、今後、議論が始まった時の為に

番組記事の別項としてこれを書いておくことにした。

 

田原総一朗さんは9条の第一項は変えない方が良いが

自衛権は入れた方が良いという見解。

つまり改憲の中身の話。

改憲を具体的に主張しているのは自民と維新。

維新は選挙戦でこれを大きく争点にしなかったが

石原代表は自民と連携して改憲すると語った。

 

自民の改憲草案は、憲法は国家機構のあり方を規制するもの

という立憲主義というか近代民主主義の基本を完全否定。

国家ではなく国民に対する規制となっているのが特徴。

某参院議員のツイートによると、

基本的人権は誰もが生まれた時から持っているもの

という自然権的考えを棄て、

国民は国家維持の為に何をすべきかの義務を重視したという。

 

よって97条の基本的人権の項を削除、

結社、言論の自由も公の秩序によって制限されるとする。

前段の流れからいって「公の秩序」が人権に由来するものでなく

国家の為のものであると読み解くのが正解だろう。

いずれにせよ9条だけを取り上げて云々できる類のものではなく、

大枠で見なければならないと思う。

 

 

決めたことは守りましょう的な小学校のしつけじゃあるまいし、

権利を主張するなら義務を果たせなんてことを

いい歳こいた大人が最高法規について言うのはおかしい

と個人的には思う。

 

現行憲法にも国民の三大義務が記されているが、

権利の代償としては位置付けられていない。

でなければ、勤労の義務を果たしていない子供や老人、

場合によっては主婦までも「お前らに人権はない」となってしまう。

権利と義務は対のものでも代償でもなく別個のものである。

 

 

維新は明治憲法復活論の石原さんと

地方分権重視の橋下さんでかなり違うようだが、

自民と共同で改憲を提起するようになれば

いずれもっと色々な議論が出てくることと思う。

 

その時の枕としてこの項はこれでお終いにしたい。

 

| | コメント (0)

2012年12月15日 (土)

運命的な出会いと世界と眞鍋さんの「ナゼそこ日本人」

 

1212151_053_01

 

眞鍋かをりさんと杉崎美香りん姐さん、

「逃走中」とかで共演したことはあるけど、

美香りんさんMCでとなると、え~

かれこれ5年ぶりくらいになるのかな?

「世界ナゼそこに?日本人」

 

今や世界中どこにいたって不思議ではない日本人だが、

一角千金当ててやろうとか大企業の出張でとかではなく

コツコツと地元で活動している人も多い。

 

特に困ってる人の為に何かできないかという

純粋な気持ちに端を発している例。

日本国内では弱い者いじめに拍手喝さいが流行りだが

差別や貧困に正面から向き合う人々もいる。

 

1212151_028_01
 

「一緒に世の中の為に何かを成し遂げる人が多い」

と続けた眞鍋さん。  

う~ん、誰だろう。

 

いや、偉人変人、奇人の類である必要はない。

実はそういう人、いーっぱいいそうだ。

ボンクラな我々、いや当方が気付いていないだけで。

 

1212151_017_01  
  

 

それはともかく、唐揚げを旨いと感じるのは世界共通らしい。

南アフリカにカーネルサンダースはいないのかな?

和風唐揚げもカーネルオジサンの向こうを張って

世界進出したらどうか。

 

だが現地人考案の寿司、カマンベールチーズ握りは

眞鍋さんのチーズ飯と似ていて「おいしそう」だったのに

試食に出てきたのはイチゴとか入った奇妙なもので

眞鍋さん、明確に一言、「まずい」

 

1212151_008_01

 

一方、ブラジルで人気の日本食材は蒟蒻。

KONYAKU表記ではコニャクになりそうな気がするが

製造も現地でやってる。

蒟蒻芋も栽培してるのか?

 

流行りの理由がローカロリーのヘルシー志向

ってのは日本と同じだねって ・ ・ ・ 

何であんなにデブが多いのだブラジル人。

カーニバルで踊れないぞ。

 

1212151_048_01  

 

糸蒟蒻の調理法は蒟蒻パスタ。

マカロニの代わりに捻じり糸コンはどうだろう?

普通の糸コンよりソースが絡みやすいよ。

 

ファストフードでまたも出ました現地寿司は手巻き。

チューブからマヨネーズみたいに絞り出してたチーズは

なんだろう、クリームチーズだろうか?

サーモンと合わないことはないような気がする。

 

1212151_004_01

 

「ラジオ体操第一~♪」には「何でなんで」の眞鍋さん

「分かってるのかな?」と疑問提示だが、

分かっているらしい。

日本語分からなくてもできるしね。

 

一方、アメリカ人建立の本格金閣寺、

ちゃんと納骨堂になってるのにいちゃつくカップルが

「そういうとこじゃないよ」の眞鍋さんだがブラジリアン

分かってないらしい。

 

ところで眞鍋さん、「本当に運命的な出会い」

できたのかな?

 

| | コメント (0)

2012年12月13日 (木)

定着と意外のアレコレ11月度検索アクセスのまとめ

 

さて11月度当ブログ検索アクセスのまとめ、

といっても12月まで跨いでしまっているのだが、

その辺は御口汚し程度の話ということで。

 

眞鍋かをりさんの「とくダネ!」卒業後、

新たに上位定着となったのが競馬関連と杉崎美香りん姐さん。

美香りん姐さんは「競馬BEAT」のMCだし、

それしか記事にしていないので当然ダブりも多い。

それに加えて

 

1209301_041_01
  

眞鍋さんのCMやイベント出演、ポスターでの検索も多く、

それにJCやジェンティルドンナなど

純粋に競馬そのものも検索もある。

全部ひとまとめにしてしまっていいのか考え中。

考えるほどの話じゃないといえばそれまでだけど。

 

1211251_015_01

 

「競馬BEAT」もパッドックレポート、鈴木由希子師匠の

エリ女杯三頭的中で俄然注目度アップ。

先週のジェベナイルでも三頭中の一頭が一着だったし。

記事にできていないのは、もっぱら当方の体力の問題。

 

美香りん姐さんがこの番組一本しか書いてないのに

5位以内に定着してしまったのはちょい驚き。

ブログもSNSもないからだろうか?

11月は競馬3位、美香りん姐さん4位。

 

1211101_038_01
  

2位は例によって「たかじんNOマネー」。

テーマによってはギャグれない時もあるけど

11月10日の究極の選択の巻は、らしさ満開。

 

チャンピオンになるとしたら団体競技か個人競技か

という設問なのに

フライを落としただけでボロクソ言われるとか

負けた時の話ばかりするコメンテーター諸氏に

「何で?」と眞鍋さん。

 

チャンピオンなんだから負けた時のことなんて考えない、

引退後の生活は個人競技の方が有利かもなんて

前向きのことしか思いつかなかった眞鍋さん。

自分が充実していれば他人と比べないし

人を羨んだり妬んだりもしない。

眞鍋流は心も健康なのだ。

 

1212051_022_01

 

「女神ビジュアル」の検索が多かったのは予想外。

女性層に完全に的を絞った番組なのだけど

ピンポイントのテーマ絞り込みの結果か。

女性票、甘く見てはいかんのである。

 

「眞鍋かをり 髪型」検索も同じ流れかもしれない。

放送があってもなくても常に検索される「逃走中」、

「眞鍋かをり ミニスカ」もしぶとい。

でも、これは女性票ではなさそう。

 

1212021_031_01

 

防寒対策も重要ということで

それ特集だった「ヒットの泉」もランクイン。

なんたって眞鍋さん曰く「冷えると老ける」そうだしね。

 

で、あと一歩及ばなかったのが「みしらん」。

10位の「大竹まことゴールデンラジオ」とは

わずかに3票差。

 

1211171_046_01

 

ローカルの朝番組にしてはといっても、

情報量が多い番組だし、眞鍋さんが好きな

シェフのアイデア料理対決が注目されたようだ。

サッポロ一番塩ラーメンが

如何にしてふかひれ姿煮になるのか、

まだ試してないけど。

 

 

11月度検索多かったでっせ順位は以下の通り。

  
  
 1位:眞鍋かをり 美脚
 2位:たかじんNOマネー
 3位:競馬関連
 4位:杉崎美香
 5位:眞鍋かをり 髪型
 6位:逃走中
 7位:女神ビジュアル
 8位眞鍋かをり ミニスカ
 9位:ヒットの泉
10位:大竹まことゴールデンラジオ
11位:みしらん

 

| | コメント (2)

2012年12月12日 (水)

イタリア行きはミラノだった眞鍋さんの「こんなトコ」

 

「世界行ってみたらこんなトコ」のSPで

イタリアに行ったらしいとは聞いていたけど、眞鍋かをりさん、

ロケ中の庄司Dを突然、襲撃したのはミラノだった。

ミラノ、ミラノ公国、ミラノ大公ヴィスコンティ家、

それアルファロメオのエンブレムになってるアレ?

いやいやミラノ市の紋章にもなってるぞ。

 

1212111_008_01

 

無駄話はともかく、眞鍋さん、久し振りの海外旅行。

だからという訳でもないだろうけど生きいきスマイル。

だけど庄司Dの照れっぷりときたら ・ ・ ・ 

ざっくばらん、気さくな眞鍋さんのことは知ってるだろうに。

「なんですか、この温度差」とテンション高めの眞鍋さん。

 

1212111_012_01

 

ちょっとちょっととオープニングトーク的に眞鍋さん

立ち姿と表情にも飾りがないけど、

やっぱスレンダー。

 

1212111_020_01

 

照れるオッサン尻目にタレント力発揮のカメラ目線。

人気ジェラート店で試食サービス。

あっちにも試食あるのか。

 

購入したのはミルクチョコチップとラムコーヒーのダブル。

いつ頃のロケだったのかジャケットとブーツの眞鍋さん、

寒そうではなさそうだけど暑そうでもない。

 

1212111_022_01

 

外でジェラート食べてるくらいだから

と思ったら

何故かオッサンのジェラートだけ溶けるのが早い。

 

「手が暖かいんじゃないですか」「そんなことはない」

手を重ね合わせて「あ、あったかいわ」って

なんじゃそれ。

眞鍋さんと手に手をとってってやりたかった?

まぁ、分からんでもないけどね。

 

1212111_033_01

 

ファッションの街でもあるから当然ショップにも行き、

揚げパンの中身がピザの具みたいなファストフードを

これまた立ち食いしたり、でも、

トリュフを探しにいった場面がカットになってたと

ショックの眞鍋さん。

 

そりゃ視たかった。

ひょっとして、突然マヤ暦の話になったから?

例の2012年人類滅亡説。

 

1212111_042_01

 

で、結局、マヤの暦づくりのオッサン、

自宅では7千年分用意してたという話、

聞いたことあるけど取り敢えず世界は大丈夫。

カレンダーが12月31日で終わってるからと言って

正月が来ないってことないしね。

 

で、眞鍋さん、見つけたトリュフ、どうしたんだろ?

密かに持ち帰って自宅に保管、だったらいいけど

ないだろうなぁ。

 

| | コメント (0)

2012年12月11日 (火)

葱とあさりの眞鍋さん再びのゴールデンラジオ

 

そうか、あさりを獲っていた干潟、今はないのか。

眞鍋かをりさんがあさりを獲り、

帰りの道すがら葱を抜いて帰った話は

眞鍋さんがまだ大学生だった頃に出演した

「はらぺこ亭」で聞いた。

 

その干潟、今は造船所になっているらしい。

ランドセルに葱を差し、両手にあさりを持った

眞鍋さんみたいな少女はもういないのか。

 

だが、葱抜いた話を「実話かい」と驚いていた髭男爵、

葱とあさりと来たらぬただろうの説。

でも違う、子供だったので味噌汁だったそうな。

 

20121211

 

大竹さんが子供のころ近所で柿取って食ったって話から

盛り上がってしまった「大竹まこと ゴールデンラジオ」。

ちなみに眞鍋さん宅にはサクランボがなり、

塀からはみ出した枝になった実は

近所のガキのおやつになっていたとか。

お互いさまだったのである。

 

「終戦直後の話ですよね」と眞鍋さんに言われて

怒ってた大竹さんだけど、「練兵場」なんて言うから。

1956年だから直後ではないということだけど、

自衛隊は練兵場って言葉使わないし。

でも、ザクロやイチジクは当方もガキの頃よく食べた。

勿論、他人の家の木だけど、文句いう家はなかった。

 

もう一つ、選挙活動で朝の辻立ちを朝立ちと言って、

アナウンサーが黙ってしまったという話。

「普段からそんなことばっかり言ってるからですよ」と

厳しい指摘の眞鍋さんだけど

違うかも。

 

当方、選挙取材をしている時、ある陣営の選対が

「明日から駅前で朝立ちをするっ!」と

力強く宣言するのを聴いたことがある。

陣営によっては結構、普通に使われてるのかもしれないよ。

 

 

 

選挙といえば田原総一朗さん、ゲストで登場し選挙話色々。

自民もそうは取れない予想だったけど、

各党原発を言い出したので争点がぼやけ、

変化を望まない意識が自民に流れていると分析。

 

公示前はTPPとか金融政策が争点化し、

原発のげの字もなかったのに、

未来の党ができて原発政策が表面化。

独り勝ちは許せんと皆が言いだして

違いが分かりにくくなったのだと思う。

現状、原発は二基しか動いてないのに電気は足りてる。

代替電力なんて切迫した争点にはならないこともあるかも。

 

ただ、福島第一原発をどうするかが語られていない

という大竹さんの指摘はその通りだと思う。

語る候補者や党がいないというのは間違いで

いるけど報道されないのが事実だが、

溺れかけている人がいたら無条件に

身を削ってでも助けようとするのが

人倫というものではないかと思う。

 

そうは言っても弱者叩きに世間も拍手する御時世。

自民圧勝となったら不治の病で重度障害の当方、

新憲法で人権はく奪、尊厳死の対象として

合法的に殺されてしまうかもしれないけどね。

それでもサクランボはまた実るだろう。

 

| | コメント (0)

2012年12月10日 (月)

墓参帰省だった眞鍋さん

 

おお、マーテルのコルドンブルーですか。

眞鍋かをりさんのOfficialBlogが更新されて

愛媛への里帰りの様子が書かれている。

例の金髪の御祖父さまのお墓参りだったそうな。

で、マーテルは御祖父様の形見のお酒。

 

5大コニャック家の筆頭だが、バブルの頃、

我が国では「ヘネ水」と称するヘネシーの水割りが流行り、

ヘネシーも日本向けに水割り用の製品を送り出したりして

売り上げトップに躍り出たことがあったが ・ ・ ・ 

御祖父様、やたら流行にはまる方でもなかったのかな

金髪だけど。

 

 

当方の周りのその世代は進駐軍の影響か海軍の影響か

ウイスキー派ばかりで、ジョニ黒とかジョニ赤とかを

自慢げに飾り(ボトルだけ)ながらレッドとかを飲んでいた。

都会に出たのは当方の親父が初めてだったせいもあるかな。

でも、祖父の墓参りに行ったことはない。

中学生の時に逝ったので遠い記憶になってしまった。

 

眞鍋さんとこはホントに家族の絆が強い。

82歳の御祖母様とコニャック飲みながら昔話って

ちょっと考えられない話だけど、そんな温もりが

眞鍋さんの暖かさを育んだのだろう。

 

ツイッターでは眞鍋さんの実家の部屋も公開されてる。

滅茶苦茶に綺麗に、多分、眞鍋さんが

そこで暮らしていた当時のままに守られている感じ。

暖かいね。

 

FBと同じ駅前の写真が載ってるから、

やっぱ駅前角松は事実だったようだ。

凄いぜ西条。

 

| | コメント (0)

ホワイトニングと眞鍋スマイルでスマイル大使の眞鍋さん

 

当ブログ既報のように、

ってか眞鍋かをりさんのブログに予告が載ってた

昨日の東京歯科医師会のイベント、正式名称は長い

「Go!クリニック 白い歯でホワイトクリスマス(以下略)」

の様子がいろんなニュースサイトに載っている。

 

isakazuさんの昨日のコメントにもあったけど、

写真、記事共に毎日JPが一番充実してる感じ。

 

N1212091

 

ホワイトクリスマスというだけあって

白のミニワンピで美脚もバッチリ。

でも、そっちの方は年末恒例(?)の美脚特集に

ってことで、ここでは眞鍋スマイル。

 

眞鍋さん、歯の矯正をしたりホワイトニングしたりと

今年は歯の手入れに乗り出していたけど、

それがまた生きるって、やはりタレント力。

なんたって正しい口腔ケアを促進する

「Go!クリニック スマイル大使」に任命されてしまったのだ。

眞鍋スマイルの威力か。

 

眞鍋さんがブログでもちょい触れていた歯科医師殿、

かなり信頼できる人みたいで「運命の歯医者さん」なんだとか。

持病の胃弱の方もいい医師が見付かったみたいだし、

厄年だったというのに今年の眞鍋さん、結構ついてる。

 

クリスマスのリースは飾ったけどまだ予定はないという話だけど

クリスマスどころではない。

愛媛の西条駅前にはその先を行って

既に角松が飾ってある!

 

Fb1212061

 

ホントに今年の写真かどうかまだ確証はないのだけど、

信じるなら先月の末(先々週)に眞鍋さん、

西条に帰郷したらしい。

 

角松は早い気がするけど、

彼の地ではこうなのかもしれない。

それに眞鍋さん、正月に帰郷できるとは限らないしね。

 

| | コメント (0)

2012年12月 9日 (日)

次週持ち越しもあり~の「マネー」タブー知恵袋

 

昨日の「たかじんNOマネー」はタブー知恵袋第三弾

ってことで風俗、冤罪、東大から憲法にまで

色々話が及んだのだが分からんことも色々。

 

1212081_012_01

 

風俗店を利用したことないので、

何で今さら取り締まりが、と言われてもさっぱりだが

「専門家」の須田慎一郎さんによると

ソープランドの中でやってることは「自由恋愛」なので

あらかじめサービス料を取ってはいかんのだとか。

取ったら売春、お小遣いとして渡すのは自由恋愛

 ・ ・ ・ 難解な仕組みである。

 

1212081_022_01

 

デリヘルとかいうのが流行ってて

ソープからは客足が遠のいているが

あれにはアレの良さがあるとかなんとか

「なんなんですか」の眞鍋さん、強制終了。

 

深刻なのはPC遠隔操作でも問題になった冤罪事件。

飯塚事件では死刑執行後に新証拠が出てきた。

執行まで6年はあると見て再審請求の準備をしていたら

2年で執行されてしまったのだという。

 

大谷昭宏さんによると、

再審請求の動きがあると知られたら刑の執行が早まる、

つまり死人に口なし作戦を取られる可能性大なのだという。

なんと恐ろしい話ではないか。

 

真犯人だったか冤罪だったかの議論をしても始まらない。

それを確かめる前に死刑執行されてしまったのだから。

ここでゲストの元北海道警、原田宏二釧路方面本部長

誰も責任を取らないから冤罪はなくならないのだと直言。

 

さらにDNAのデータベース化を進めているが

指紋と違って法的根拠がない。

そのDNAが何処から出てきたのか形がないから分からない。

え~と、つまりその、

データベースに容疑者のものがあったら

でっち上げだってできるということ?

 

「(DNAを取らせないと)疑われちゃうんじゃあ?」

という眞鍋さんだけど原田氏、

「DNAなんて取らせちゃいけませんよ」

だそうである。

 

1212081_007_01

 

東大が日本を悪くしてるのではの質問に

京大の藤井聡教授がVTR出演。

 

東大の先生は政府の審議会などに呼ばれ

結論ありきの発言を要求されるので

断定できないことも断定し間違ってても認めないのだ

 ・ ・ ・ 藤井先生も今や安倍総裁のブレーンだけど

そういや「こーゆーのもおまっせ」

みたいな言い方してますなぁ。

 

ここで再び原田氏、

現場を知らない東大出のキャリア官僚が

警察トップを牛耳っている実態を告発。

「ドラマで世間にも知られるようになったのに

まだやってるんですか」という指導橋博士さん、

一般人の感覚代弁の素直な意見。

 

間違いを認めない、意見を変えない、

白を黒と言いくるめるところは官僚と同じと岸博幸さん、

ここだけは藤井先生と意見一致のようだ。

 

1212081_027_01

 

最後の拉致問題が何故解決しないのか、

アメリカなら救出作戦やってるぞの質問。

中国が緩衝地帯としての北朝鮮維持を志向している以上、

アメリカだって簡単に手は出せないと思うが、

憲法9条を変えるしかないと青山繁晴さん

やっぱり出たかの発言。

 

交戦権を認めていないから

相手が国だと分かったら手が出せない。

ん?自衛権は認めてるんじゃないの?

交戦もやむを得ない態度を担保にして

初めて実効的調査ができる・・・けど、

9条を変えることは戦争できる国にする事だ

という田原総一朗さんの発言はミスリードだ。

なんで?

 

9条もなく、軍隊を保有して北に

いつでもやるぞの構えを見せてきた韓国でも

多数の拉致被害者がいる。

9条変えて自衛隊を軍隊に替えたら解決する

ってな問題ではないと思う。

中国問題をクリアできる訳じゃないし。

 

疑問は尽きないが、来週、当の田原総一朗さんが生出演。

次週に持ち越しということでお終い!

波乱含みだけど、そんな生放送を任される眞鍋さん、

信頼度が高い証拠だね。

 

| | コメント (2)

2012年12月 7日 (金)

話も写真も色々豊富な眞鍋さん旅インタビュー~『今こんな旅がしてみたい』

 

当ブログ既報ってか眞鍋さんのブログに予告されていた

眞鍋かをりさん巻頭インタビュー掲載の本日発売

『今こんな旅がしてみたい 今旅2013』

なかなか味わい深い。

 

4ページだけど衣装変えてスタジオ使っての写真色々

 

Img073_13

 

どうやって持つんだってくらいデカい旅行鞄に座った

ブログと同じようなスタイルのもあって、さすがの美脚。

 

29歳まで東京の電車の乗り方も知らず、

東京をマスターしたら次はパリだって、

そーゆーことだったのか2010年の正月。

「ココだけの話」最後の更新は

パリから足を伸ばしたモン・サン・ミッシェルだったね。

 

全て自分で手配する一人旅、準備が忙しいし

自分でやることが多いから余計なことは考えずに済む。

色々大変な時期だったけど、心の健康を保てたのは

旅のお陰もあったらしい。

 

気ままな一人旅、それだけに大変でもあるけど、

外からの縛りがない解放感。

初めての街、道を間違えたら戻ればいい。

どんな生き方したっていいんだ ・ ・ ・

 

よしっ!明日からドロボーになってやるぜ、ふっふっふ

ってな話では勿論ない(ある訳ない)。

独りよがりの自分探しでもない。

自分再発見、無念無想、悟りへの道だったか。

 

とかなんとかいっても、実は

理屈に溺れず自然体なところが

本当の眞鍋さんらしさなのかもね。

 

 

そんなことやあんなこと色々気付くこともある

インタビュー掲載の同誌は880円。

結構ボリュームあって

旅行を計画中の人には役に立ちそうだ。

 

| | コメント (0)

2012年12月 6日 (木)

アップに耐えるにも努力あり眞鍋さんの女神ビジュアル

 

眞鍋かをりさん、最近、レギュラーみたいになってる

「女神ビジュアル」、昨日のテーマはアイメイク。

 

1212051_039_01

 

「メヂカラがない」が一貫したコンプレックスだと眞鍋さん

一同「へー」って感じだが、あればあったなければないで

とかく悩みは尽きないもの。

 

イラストなどで釣り目に描かれる事が多い眞鍋さん、

目尻だけのことで柴崎Kさんみたいに

目全体が斜めになってる訳じゃないんだけど

「メイクに気を付けてる」と言ってたのは7年くらい前だったか。

 

1212051_034_01

 

だからといってドアップにし過ぎじゃないでしょうか。

なんか今回はこんなのばっかりだったけど、

大丈夫、アップに耐えてます眞鍋さん。

 

ちなみに紹介されたメイク術、

さすがに皆さん実践済みだったよう。

安田美沙子さんが釣り目防止メイクしてたって

なんでやねん。

気にし過ぎってのは他人の無責任なのかな。

 

1212051_014_01

 

さらにドアップ眞鍋さん、ここまでするか。

ってことで目の下の皮膚が見るからに薄い眞鍋さん、

一番の悩みはたるみが出ること。

 

超ハードスケジュールだった2007年頃は

疲労がはっきり出てることが多くて

死んでしまうのではないかと思ったくらい。

たまりかねて始めたのが当ブログの出発点でもある。

 

やっぱりメイクだけではなくて

血行をよくする為の適度な運動が必要みたい。

 

1212051_022_01
  

去年、格闘技とか筋トレ始めたのは

良かったのかもしれないね。

旅やチーズもそうだけど、

やったことが全て身につき次につながる眞鍋さん。

 

でも、「最近2kgくらい痩せて」ヤバい状態とか。

そんなの簡単、食べればいいのです。

で、適度に運動して、かつ疲労を溜めないようにして

 ・ ・ ・ や、やっぱり大変だ。

 

頑張れ!眞鍋さん!!

 

| | コメント (0)

2012年12月 5日 (水)

寒風吹き抜けない眞鍋さんと始まりましたねのゴールデンラジオ

 

なに、愛媛の西条市で寒風が吹き抜けてるって?

どーゆーこっちゃといえば「松山は大都会」

なので松山に寒風は拭き抜けてないって

自虐なのか違うのか。

 

20121204

 

寒風の地からやってきた眞鍋かをりさんの弁。

しかし、例のナイトショップいしづちでは弁当を

「ぬくめる?」「かまん」

なんて会話が交わされてるって、

なかなか暖かい話ではないか。

ちなみに「かまん」とは構わないということらしい。

 

なんでそんな話になったのか「大竹まこと ゴールデンラジオ」

お子さんの世話を焼く髭男爵が自らが芸人たるもの、

そんな日溜まりの温もりにホッとしていてはいけないのだと

ガールズバーなんぞに行ってぼられたという話。

 

「暖かい気持ちを抜くのに何でいいとこ行くんですか」

鋭く追及する眞鍋さん

「場末のおばちゃんとこに行って下さい」

なんて言ったもんだから

場末とはなんだ松山のことかとなったので

眞鍋さんが冒頭の反論。

まぁ冬だし、日本列島どこへ行っても寒風は吹いてるよね。

 

 

総選挙が公示されたねの話、

○○に投票しましょう的な選挙運動は候補者以外でも慎む傾向。

一人だけ例外な方がおられるが、その方が成立させた

政治的中立性を確保するための組織活動の制限に関する条例

ってなんなのだろう?

第二条の(1)に「市長」と書いてあるように見えるのだが。

 

「政策で選ぶといっても民主党政権みたいになったら」

と疑問の眞鍋さん「出来そうな実行力」を重視したいと見解だが、

実行力にも色々ある。

「途中でコロコロ変わって揚句に政策なんて大したことじゃない

とか言われたらどうしたらいいんだ」とは大竹さん。

やらないと言ったことをやったりやるなと言ったことをやってたり

言ったことをやるとは限らないから実行力って言われてもね。

 

どの道、単独過半数は難しそうなので連立か

政策ごとにくっついたり離れたりが予想される。

そういう意味では政策を見ておくことが大切だと山口一臣さん。

原発問題一つとっても先送りなのかすぐに手を打つのか

それくらいは見ておきましょうというお話。

 

「脱原発は大変だから続けようとしても

そっち(先送り)の方が大変かもしれない」

眞鍋さんが言うとおり

ここまで泥沼に足突っ込んでしまった以上、

進むのも抜けるのも容易ではないが、

「引くも地獄」(大竹さん)とは限らない。

崖に向かってただ走るより

新規事業に結び付けて足抜けした方がよい。

そして何より今をどうするのか、

国民の安全と被災者の生活保障について

語らないとこは削除。

 

原発、社会保障、財政、円高デフレ、外交と全てにおいて

整合性のとれた政策を持つ党はないと個人的には見る。

だから議会があるのだし、

政策ごとにキャスティングボードを握る党があった方が

むしろいいとこ取りしやすいのではなかろうか

なんてことを思いつつ、

では当地ではどうしたらと思うとなかなか決めかねる。

最後は直前情勢で判断しようかな。

 

 

 

*:この例を見る限り、候補者本人でなければ

  ネット選挙は解禁になったようである。

 

| | コメント (0)

2012年12月 4日 (火)

ボケて良し答えて良し眞鍋さんの頭脳回転すし

 

昨日は「頭脳回転すしQ兵衛」の眞鍋かをりさん

今年も多いぞのミニスカ美脚。

 

1212031_002_01

 

お喋り女子チームという設定で

この三人にレギュラーのフット岩尾さん。

「クイズらしいメンバー」ということで、

大阪の番組なのに、イイ落ち考えろのボケ合戦ではなく

まともにクイズやるのかと思ったのだが ・ ・ ・ 

右隣の大先輩が曲者。

 

「だって分かったんだもん」

「分かってない」「間違ってるやん」の大暴走。

 

1212031_009_01

 

「貴理子さんだけ許可を得てからボタン押してください」

ダメ出し眞鍋さん。

でも、眞鍋さんの凄いリアクションを見ると

プロレス的ショーアップだったのかもね。

 

ってことは、眞鍋さんは真面目にクイズをやる役目。

でないとハチャメチャになるぞのはずだったのだけど

 

1212031_015_01_2  

 

御愛嬌で一発ボケてみました正解は日馬富士。

確かに肌荒れ感は似てるから案外マジボケだったか。

 

だが、負けてられるかと大先輩、スーパーボケ大乱発。

四人で一人ひと文字、正解単語を作れとなると

最初のひと文字が大切。

「大丈夫」の大先輩、あまりにひどいと眞鍋さんに交代。

ところがところが最後尾になったのに先に押して誤解答

って、あり得ない反則技に眞鍋さん、笑うっきゃない。

 

1212031_031_01
  

こうなったら正解するしかありません眞鍋さん。

ボケを封印して本気モード。

 

1212031_041_01

 

一人全問正解で、ちょっとどや顔。

でも、大先輩の暴走で「今までで一番グダグダ」チーム

なんて烙印押され、チーム戦では大差が。

 

そこで大先輩、「ここで眞鍋ちゃんがやるのよ」

え~と ・ ・ ・ 

 

1212031_048_01

 

「え?私?」と、戸惑い眞鍋さん。

解答席に座ってるの矢口さんだし。

 

でも、勝ち抜けで眞鍋さんが二人倒したから

「やる」はやったに違いない。

ボケも真面目も両方できる眞鍋さん面目躍如。

でもって

顔とは別に教養人の岩尾さんが最後決めて逆転勝利。

エーッて感じだけど上手くまとまりましたの大団円だった。

 

| | コメント (0)

2012年12月 3日 (月)

ミニワンピ眞鍋さんの2013新春「眞鍋流」

 

『マネーポスト』の連載「眞鍋流」新春号のお相手は

SBI FX株式会社の尾崎文紀社長と藤田行生取締役。

 

Img072

 

シックに決めたミニワンピの眞鍋かをりさん。

何故お二人かは分からないが

できたてほやほや半年余りの会社。

でも、SBIリクイディティ・マーケットの100%子会社で

実績はあるのだってことらしい。

 

でも、やることは大胆で1通貨単位から取引可。

「それって米ドルだったら1ドルってことですよね」

ビックリ眞鍋さん「1ドルで取引している方って

なかなかいらっしゃらないかと」

それがいるらしい。

 

デモで良かったからと始めてみたが

デモのように動かんではないかという声があってはいかん。

で、デモサービスなし。代わりに1ドルから本物の取り引きを

って仕掛けのようだ。

 

いきなりFXから入る若い人や初心者を対象にしているそうだが、

眞鍋さん、若い人たちの取引の仕方に興味を持ったらしい。

でも、結構堅実で社会勉強の一つとして取り組む人もいると知り

ちょっと安心した様子。

眞鍋さんも堅実派だしね。

 

てなことで『マネーポスト』2013新春号は定価600円也。

 

| | コメント (0)

老化防止は冷え防止と気合の眞鍋さん

 

1212021_005_01
  

いきなり出ました眞鍋さんのお笑い的名言。

「体温が下がると老化が進む」のだそうで、

この冬は防寒に気合を入れているとか。

 

てなこと言ってた昨日の「ヒットの泉」。

省エネ、温故知新に新技術でヒットの新商品。

ステルスこたつって何だ?

ステルスというからには見えないけど実はある

というのは考え過ぎでホントにない。

 

1212021_016_01

 

何がないといえば布団がない。

空気を暖めるのではなく輻射熱で直接、足を温める。

実は似たような事、机の下に温風機を入れてやってるが

旧式なので電力消費量が大。

こっちはかなり省エネにできているらしい。

 

1212021_025_01

 

「へ~」と笑顔の眞鍋さん。

フローリングに直に座ってる写真、

以前、自分で公開してた眞鍋さんだけど、

さすがに冬はやってないだろうなぁ。

この学習机タイプはPC用にイイかも。

 

1212021_030_01
  

「あ~」って、風呂にでも浸かってるみたいな眞鍋さん。

変な形だが便座カバーではない(そんなの首に掛けない)

凄い売れてるらしい柔らか素材の湯たんぽ。

ウエットスーツの素材を流用とは考えた。

 

柔らかいから応用範囲は広いぞと長靴タイプも。

「なんかキャラクターみたい」と眞鍋さんが言えば、

お隣のキノコヘアのおじさん「サンタみたい」だから

「クリスマスプレゼントに」

 

1212021_031_01

 

「クリスマスだったら別のものがいいなぁ」

確かにそうだけど、お湯に足をつけるよりいいし、

冷え症眞鍋さんにはもってこいかも。

1~2カ月待ちらしいけどね。

 

頑張れアンチエイジング眞鍋さん!

 

| | コメント (0)

2012年12月 2日 (日)

眞鍋さん、声も裏返るビックリ事情色々「マネー」ポストチャイナ選手権

 

さて、眞鍋かをりさん、昨日の生放送二弾目は

「たかじんNOマネー ポスト中国№1決定戦」。

 

1212012_010_01

 

といってもインドネシアやタイなどの大国や

既に進出著しい国は取り敢えず置いといて

ベトナム、フィリピン、カンボジア、マレーシア、ミャンマー等

目新しい国々を敢えてエントリー。

 

実際、中国に進出した企業でも

儲かってるところは少ないらしい。

撤退によるプラスマイナスを計算してるとこは

現実的にかなり多いようだ。

 

1212012_017_01

 

治安の心配があって東南アジアは

ベトナムしか行ったことがないという眞鍋さん。

一番手はそのベトナム。

ゲストの元外務官僚・天木直人さんからは

勤勉、優秀、そして「強い」という言葉が出る。

 

モンゴル帝国の侵略を撃退したのはベトナムと日本、

マムルーク朝エジプトくらいか。

最近では仏、米、中の大国と立て続けに戦って勝ったが、

いずれも防衛戦争であってカンボジアとの戦争も

征服戦争とは言えない。

「好戦的」なんて声もあったが

「屈服しない国」と言った方が適切か。

 

もう一人のゲスト、ジャーナリストの富坂聰さんによると

そういうベトナム、外交交渉でもかなりタフな相手だとか。

だが、大国に屈することを潔しとしないので

チャイナリスクへの対応を考えると頼もしい相手ではある。

 

1212012_029_01

 

「へ~・・・エーッ!!出入り自由!?」

眞鍋さん、声が裏返るほどびっくりしたのは

フィリピンの治安事情。

金さえ渡せば刑務所に収監されてても出入り自由だとか。

 

当方が裁判で戦った相手も同国に別会社を作り

金を逃避させていたが、現地の仲間が仲間割れなどして

結局、金もどっかに行ってしまった。

くそっ!

 

1212012_031_01

 

「誰か止めようって言い出さないんですか」と眞鍋さん、

「このままじゃヤバいって」

ごもっともだけど平和な発想。

警察官も副収入がないと生活できないらしい。

 

とはいえそれでも大分良くなったとかで、

チャイナリスクと向き合う上でも大切と青山繁晴さん。

尖閣を含む海洋権益の観点か。

 

1212012_024_01

 

ポル・ポト政権以来中国べったりのカンボジアは

それが戦争の原因になったのに今も変わらす。

「法治主義の概念がない」

「国という考えもないんじゃないか」

と須田慎一郎さんボロクソ。

 

逆に中国離れが始まっているミャンマーは

軍事政権ではあるけど今の内に

食い込んでおいた方がいいという指摘が。

独裁政権の方がトップダウンで決まるので

進出しやすいと、まぁそうなんだろうけど

なんだかなぁ。

 

1212012_035_01

 

ってことで電話投票を含めた総合得点、

やはりベトナムが一位で確定。

 

オープニングトークは青山さんとの掛け合い。

硬骨漢の青山さん、頑張っておられたけど、

面白トークに関しては、やっぱ眞鍋さんかな。

 

 

| | コメント (0)

ドタバタ「みしらん」も結果OK眞鍋さん

 

さぁ、眞鍋かをりさん、昨日は大阪で四連チャン。

内二つは生放送というハードスケジュールだが、

一発目はお馴染み「みしらん」。

 

1212011_005_01
  

取り敢えず腹ごしらえと行きたいところだが、

最初のお題は冬らしく鍋。

流行りはトマト鍋らしいが、四年前、

「ココだけの話」で華麗に公開された「ま鍋」もトマト鍋だった。

 

なのでコラーゲンの塊に煮詰めたチェリートマトを加えた鍋

なんてのも紹介されたのだが、毛蟹にズワイ、タラバ、

伊勢海老、ホタテにアワビと山盛り鍋に

「野菜も欲しいんですけど」と眞鍋さん。

 

1212011_025_01

 

でも試食に出てきたのはジャスミンプリン。

「飲める」と眞鍋さんがいう製法は企業秘密。

 

この日はいつにもましてドタバタ風。

「西と東で食文化が違う」という振りで

冷凍食品の売れ筋ランク東日本編を紹介していたのに

「では西日本の売れ線ナンバーワンは」の問いで

答えは東日本と一緒。

 

1212011_030_01

 

「ちょっと待って!」と眞鍋さん、激しく抗議。

シャンプーハットのアラブ人が加わると

「おっと凄いクレーマーが現れました」って

ますおか岡田さん、ひょっとして段取りミス?

それとも、正解を見てなかった?

 

こうなると頼りは局アナの小寺ヌーさんなのだが、

流行語大賞の伏字当てで、

「イチロー選手が活躍した年の大賞はイチロー」って、

答え言ってまっせ。

 

1212011_006_01
  

さらに、「あの監督が活躍した年の大賞」のはずなのに、

伏せられていたのは「チョー気持ちイイ」。

「勝ちたいんや」はその前年。

眞鍋さん、再び抗議も

「(テープの)貼り間違いだと思います」

めげずにどんどん行きましょう!

 

1212011_015_01
  

そんなこんなもあり~の、「このコーナー好き」

と眞鍋さんが言う「シェフ~知恵袋」。

出てきたのはサッポロ一番塩ラーメンを使ったふかひれ風。

「何これ!?」連発眞鍋さん。

「高級中華料理店で出てきてもおかしくない」

 

堅めにゆでた麺を泡立てた卵白に入れてから薄く焼き、

しばらく冷蔵庫で寝かせる。

ここがポイントらしい。

スープは砂糖、オイスターソース、ゴマ油等を加えると

高級っぽくなる。

片栗でとろみを加えて先ほどの焼き冷やした麺の上へ。

 

即席麺がどうしてフカヒレもどきになるのか

やってみないと分からないし想像もつかないが

取り敢えずおいしいもん食べられて良かった眞鍋さん。

 

| | コメント (0)

2012年12月 1日 (土)

顔本始めてた眞鍋さん

 

ほ!眞鍋かをりさん顔本(Facebook)始めてたのか。

さっそくのぞいてみたけど、お友達枠は既に一杯。

どやねん、っていうか当たり前か。

去年の7月に既に始めてたんだから。

知らなんだ。

 

てな話は眞鍋さんのOfficialBlogでのこと。

昨日の午後8時には更新されてなかったものが

11時過ぎに更新されていた。

なんでやねん、っていうか、

別に文句はないんだけど。

 

文句どころか、いつになく心のこもった一文で、

ちょっとじんと来てしまう。

素顔では思い切り優しい真心眞鍋さんなんだけど、

タレントさんとしては面白さ優先で、そーゆー素顔

あまり見せないしね。

 

顔本は当方も一応登録しているが、

古い友人との連絡用みたいなもんであまり活用していない。

正直、ツイッターの情報量が凄いもんで

そこまで手が回らない状況なのだが、

勿論、眞鍋さんとこはお邪魔する予定。

 

まだ、お試し期間中らしいので

ブログと連動するまではこっちもリンクはしないでおこう。

でも、顔本やってる人は探しただろうね。

ふっふっふ ・ ・ ・ (なにがおかしい!)

 

ちなみに顔本で眞鍋さんが使ってる写真はコレ。

Iu0fr_2
 

去年の6月に撮影されたというか

眞鍋さんが自分で撮ったらしいもの。

プロの写真じゃないのはお試し期間だから?

手作り感があってこれはこれでイイかも。

  

| | コメント (2)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »