« どうする阪神、でもK本は偉かったの「マネー」野球激論 | トップページ | 正解してもオチはつけます眞鍋さんのハッとしてキャー »

2012年11月27日 (火)

原発問題争点化にあれやこれやのゴールデンラジオ

 

眞鍋かをりさん、昨日の出演番組の事も書きたいのだけど

事態が風雲急を伝えてきたのでこっちを先に

「大竹まこと ゴールデンラジオ」の眞鍋さん。

 

20121127web

 

マドモアゼル?なんて思ってしまったのは

以前見たファッション誌の表紙の為か。

色違いで似たような服と帽子で後ろにエッフェル塔

ってな構図だった。

周りに誰もいなくて一人だけなら

170㎝くらいありそうに見える眞鍋さん。

エッフェル塔よりは低いけど(当たり前だ)。

 

赤坂のキャバクラでぼられたらしい大竹さん。

眞鍋さん、キャバ嬢というお仕事、

「一番大変そう」なので一度経験したかったとか。

「向いてないけど」の一言にオッサン達「いけるイケル」

最初は普通に否定していた眞鍋さんだけど、重ねられたら

「そう?今から行ってもいい?」

 

ただし、もてるモテるというのでよく聴いてみたら

「キャバクラでモテる」だったというモテ自慢には

「片腹痛い」と痛撃。

金払ってくれるいいお客ってだけだしね。

 

それはホストクラブでも同じだが「桁が違う」と眞鍋さん。

「一度№1になったら辞める」なんて誘いに乗って

思い切り貢いでしまったお友達がいるらしい。

眞鍋さん自身は「イケメンカフェくらいでイイ」らしいけど。

 

 

風雲急を告げたのは滋賀県の嘉田知事による新党旗揚げ。

農学博士、自然保護の大家による卒原発、消費増税凍結を

真正面に掲げる党の誕生で「脱原発世論の受け皿がない」と

かねてより主張していた大竹まこと翁も当然、注目。

 

受け皿がなかった訳ではないし、「第三極」騒ぎを演出したい

マスコミの路線から外れていただけ。

新党結成の裏事情についても当方、

かねてよりちょっとした風聞を耳にしていたが、

裏を取れる環境にないので多くは語れない。

 

突然TPPを争点に持ち出し、

選挙制度改革を一緒にやりましょうよ的解散劇に

「そこじゃねーよ」と思っていたのは

眞鍋さんも大竹さんと同じだったらしい。

 

大竹さんも言っていたが福島第一原発からは今も

毎時1000万ベクレルの放射性物質が放出され続けている。

この事実は当ブログも以前書いた通り。

そもそも政府自身による緊急事態宣言も解除されていない

(規制庁人事で国会承認をパスした根拠になっている)。

 

それに何より15万人にも及ぶ避難者の生活をどうするのか?

国連人権理事会は福島県民の健康と人権保護について

侵害していると日本政府に勧告し、代表が来日して

記者会見までしているではないか。

 

維新の会の石原代表は昨日の記者会見で

原発ゼロを目指さないと明言、橋下さんの脱原発発言は

個人的見解で党の方針ではないと語った。

その橋下さんは放射線での健康被害なんて「都市伝説」

と明言している。

 

嘉田さんの新党についても、

脱原発を言うだけなら「市民運動のレベル」って、

市民運動の人がビックリする発言もしているけど

府市総合エネルギー戦略会議の飯田哲也さん

嘉田さんの新党に参画している。

府市総合エネルギー戦略会議は「市民運動レベル」

だったのだろうか?

 

山口一臣さんも、そもそも今回の総選挙は

消費増税について信を問うと約束したからと指摘。

TPPや果ては改憲、国防軍構想まで出てくるのは

争点隠しだという。

「原発と増税ですよね」という眞鍋さんに

「ピンポン!」と山口さん。

 

大竹さんは「政策なんて些細なこと」と言い

「小異を捨てて大同に」との石原発言に

「政策で選ばずして何で選ぶの」って懐疑的。

眞鍋さんも「政策で選ぶ選挙はポジティブ」だけど

そうでないと「消去法で選ぶ感じ」という。

 

一部マスコミの「第三極二分化」は正しくないという山口さん。

有象無象がまとまりつつあるのだというが、確かに

15も政党あったのに無理やり三つにまとめてその他無視

って報道姿勢がそもそもミスリードだったのだと思う。

 

ポジティブに選びたいものだが、維新の主張は多分、

嘉田新党出現と世論動向に合わせて変わるだろう。

大阪での街頭演説では「消費税5%で足りるんですか

と訊いたら誰も答えられなかった」と言っていた橋下さん、

今日は「消費税を5%も上げようとしているんですよ」って、

どっちなの?

 

違うと思ったらすぐ変更する柔軟性は

橋下さんの優れた資質で批判には当たらない

と当方は思っているが、

選挙政策がこんなに頻繁に変わったのでは

何を基準に選んでいいのか分からない。

そろそろちゃんとして欲しい。

 

ついでにテレビ局には政治的公平性

放送法第三条第二項の遵守を御願いしておこう。

 

|

« どうする阪神、でもK本は偉かったの「マネー」野球激論 | トップページ | 正解してもオチはつけます眞鍋さんのハッとしてキャー »

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

前から気になっていたのですが、「橋本」という表記には何か意図があるのですか?

投稿: | 2012年11月27日 (火) 23:03

わぁっ!スイマセン、単なる間違いです。「ハシシタ」と敢えて書く感情的批判には反感があったので「ハシモト」と打っていたら橋本になってしまったようです。訂正します。

投稿: KenNagara | 2012年11月28日 (水) 03:59

本日の朝日新聞の天声人語に、新党の動きに早速、小沢一郎、亀井静香、河村たかしの各氏ら、ひと癖ある政治家が呼応い始めた。誰の仕掛けか、生臭くもある、と書かれていたがどうなることやら、サッパリ分からん。

投稿: isakazu | 2012年11月28日 (水) 17:07

ひと癖どころか、最後の戦いに賭ける小沢さんの剛腕炸裂ってとこでしょう。生活が第一の予定候補は原発、TPP、消費税で研究会を重ね、みっちり理論武装してるので、ここなら負けない、ならば戦う場を俺が用意してやろうってとこじゃないかと思います。その一方、経済政策で自民と、地方分権で維新と、選挙後に共闘可能な余地も残してるのですからふた癖三癖、今さらながら侮れないオッサンだと思います。

投稿: KenNagara | 2012年11月28日 (水) 17:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« どうする阪神、でもK本は偉かったの「マネー」野球激論 | トップページ | 正解してもオチはつけます眞鍋さんのハッとしてキャー »