« 髪型変わった眞鍋さんのニュース深読み | トップページ | どうする阪神、でもK本は偉かったの「マネー」野球激論 »

2012年11月25日 (日)

超速の女王降臨!歴史的名勝負だったジャパンカップ

 

瞬速の貴婦人、いや、超速の女王降臨である。

音速の貴公子→アイルトン・セナのパクリだけど、

相手がセナなら不足はないんじゃないかジェンティルドンナ。

 

当ブログがいみじくも指摘した通り、上がり32.8秒!

オルフェーヴルも32.9秒だから相当頑張ったが、

超速女王にとっては普通、むしろ遅いくらいだ。

それはあのメンツを後方からごぼう抜きは無理と見たのだろう

前に位置して後ろから来るライバルを待ってから

スパートする作戦だったからではないか。

 

後ろから来る奴、予想されるのは勿論、オルフェーヴル、

そしてルーラーシップ。

きゃつである。

オルフェーヴルのライバルは、

なんだかんだいってきゃつしかいない。

 

理由は恐ろしい程の底力。

その威力は一貫していてブレがない。

それでも勝てないのはレース運びが下手だから。

今日のジャパンカップでもあれまぁのスタートミス。

なにやっとんねん。

高速馬場だぞ。

おまけに高速馬場大得意の超速女王がいるのだ。

 

スタートの瞬間に3着確定と見たが、

なんの天皇賞の失敗は繰り返さないとばかりにポジション回復、

オルフェーヴルをぴったりマークする態勢に入った。

しかし、オルフェーヴルはさらにポジションを上げてゆく。

 

女王の上がり32秒台をどこまで意識していたかは分からない。

ラスト直線、先にスパートをかけたオルフェーヴル、

インに押し込めて女王の瞬速を封じようとしたとも見えた。

だが、女王はインではなくアウトに馬体を寄せてきた。

岩田はんが横を見たから、合わせにいったのではないか。

馬体が接触したので審議となったが

モータ-スポーツならよくあるレベル。

 

ここからはガチンコ勝負だが、

スピード勝負なら任せなはれの超速女王。

キングとクイーンの一騎打ちは女王に軍配が上がった。

同馬場、同距離で出したオークスのレコードを0.5秒短縮。

斤量差もあっただろうが、タイム的には女王本来の力。

実力の勝利である。

 

そしてルーラーはやはり3着。

ルーラーシップという奴、最強のナイトである。

 

1211251_015_01
   

ということで今日の「競馬BEAT」

京都競馬場特設ステージからの公開生放送。

一着予想はオルフェーヴル、ルーラーシップ、

フェノーメノと分かれたが、

ジェンティルドンナを推したのは

ライバル・ヴィルシーナの馬主である大魔神・佐々木さん。

あの手この手で闘い続けた一年だっただけに

「牝馬じゃない」の一言に実感がこもる。

 

その女王、-14kgはどーよと思わせたけど、

パドックをちょんちょんと小刻みに歩くとこ、

他の馬なら問題行動だけど、女王に関しては好調の証。

馬場に入るや「ウリャアッ!やったんどワレ!!」と

気合を入れる姿を見たら、これも他の馬なら問題だけど

いや、これはいけるかもしれないと確信させるのも女王。

貴婦人にしては、ちょっと品がないけど。

 

1211251_020_01
  

杉崎美香りん姐さんもこう予想してた。

衣装から見て二週間前だと思うけど、

一貫してジェンティルドンナ推しの姐さんだ。

 

当方も宝塚記念に続いて1~3着的中!

ただし、意外に意見の合う人いなかった宝塚と違って、

1~3番人気の1、2着入れ違いだったけどね。

 

だが、最後の直線で女王が馬群を3馬身以上引き離す

共に抜け出して競り合うのはオルフェーヴルとルーラーシップ

という展開はある程度まで当たったし、まぁいいとしよう。

馬券は買ってないけど。

 

三歳牝馬のJC制覇は史上初だが、牝馬三冠を達成すると

その後はGⅠで勝てないというジンクスも破った。

おまけに今年GⅠ4勝目で最多勝確定。

さぁ、どこまで勝ち続けるのだろうか?

 

|

« 髪型変わった眞鍋さんのニュース深読み | トップページ | どうする阪神、でもK本は偉かったの「マネー」野球激論 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 髪型変わった眞鍋さんのニュース深読み | トップページ | どうする阪神、でもK本は偉かったの「マネー」野球激論 »