« 究極の選択は眞鍋に学べの「マネー」 | トップページ | 盛況だったらしいチーズフェスタの眞鍋さん »

2012年11月11日 (日)

当てる人は当てる驚きエリ女の競馬BEAT

 

秋雨に煙る京都競馬場に一条の虹

なんて放送原稿みたいなこと言ってる場合じゃない。

エリザベス女王杯を制したのはレインボーダリア。

なんだなんだ、誰だどうしたと大騒ぎだが

28戦目にして初のGⅠ制覇である。

 

それを見抜いていたのは「競馬BEAT」

パドックレポの鈴木由希子さん。

冷静に分析しつつも馬大好き、愛情いっぱいのレポは

いつも傾聴に値するのだけど、この日は

注目馬に上げた三頭が1~3着!

恐るべし、由希子はん。

 

1211111_003_01
  

てなことで杉崎美香りん姐さんも晩秋ルック。

雨でなければオープニングは外でやる予定だったか

しかし、淀は本降りの雨。

 

ヴィルシーナがこの条件でこの馬場を走ったことあったか

データははっきり知らないのだが、

速い展開についていけない傾向はあった。

今回はスローペースだったが、それは重い馬場のせい。

秋華賞の再現のようなレース運びで

後ろから来た虹花にぴったり合わせるところも同じ。

競り負けるところまで同じ。

 

だが、相手が違う。

ジェンティルドンナはいかなる展開からでも

上がり32秒台を叩きだす高速女王。

今回は勝たねばならぬ場面だったのだが・・・。

重馬場がペースの割にスタミナを浪費させたのか

こんなもんでいいと勘違いしているのか。

由希子はんの見解や如何に。

 

GⅠ最多勝ほぼ確実の高速女王に

次点のタフネス金船ゴールドシップ、

三歳馬が強い今年の競馬だが

ダービーを制したディープブリランテの引退は

乾坤一擲、魂込めた一勝だっただけに痛恨の極み。

ヴィルシーナの最強2着馬はイイのか悪いのか。

 

その代わりって訳ではないだろうが、東京の武蔵野S、

とんでもないスタートミスからあれよあれよとぶっちぎった

イジゲンも三歳馬だ。

あまりの展開に美香りん姐さん、

川島アナと顔を見合わせてビックリ。

ダートも面白くなりそう。

 

オッサンで気になるのは漆黒の稲妻ショウナンマイティ。

結局、天皇賞にも姿を見せず、心配だ。

このまま引退とかなりませんように。

 

 

眞鍋かをりさんのイベントはどうだったのかな?

最近、生放送が多くて錯覚していたけど

「マネー」の生放送は先週と来週。

なので眞鍋さん、イベントにも余裕だったと思うけど

体調には気をつけてね。

 

|

« 究極の選択は眞鍋に学べの「マネー」 | トップページ | 盛況だったらしいチーズフェスタの眞鍋さん »

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 究極の選択は眞鍋に学べの「マネー」 | トップページ | 盛況だったらしいチーズフェスタの眞鍋さん »